2020 年 6 月 のアーカイブ

受けて立つぜ

2020 年 6 月 26 日 金曜日

肺気腫の 重い症状で

三分の一くらいは 駄目になっとるとか

声を出すのもしんどいようで

ほぼ 頷くとか 首をふるとか

無音声で 口を動かす…てのが ほとんどになってしまってる父

しかし 昨夜の 痰吸引の 抵抗のとき 激しく「やめれっ!」と 三度ほど 叫び

本日は「おしっこ!」と 叫び

そののち なんにゃらか 覚醒した風でもある

しかし だ

自分がトイレに行ける という 強い思いの覚醒で

何度も 「早くつれていけっ」

「なにしてんだもたもたしねぇで起こせ」

「待ってたんだ!いいから早くっ!」とまぁ

言い含め 納得したと思いきや 次の瞬間「早くっ!」だよ

ううううぅ

とにかく何度も何度も何度も何度も

ほらどうにょうかてーてるおしっこぶくろちゃんにおしっこでるようになってらよ便利だようんこはさっき始末したよいきたい気持ちわかるけどリハビリしてたてるようになったらいこうねがんばろね今立てないから残念だねでもきっといけるよ

…を繰り返し

一旦 へとへとして 泣いてしまいながら 手を握ってさすってたら

少し静かになって 手を握り返してくれたりもしたけど

ふっ と振り払い「いいから早くっ!」の 振り出しに戻る

やるね

こっちも 阿呆のように また 繰り返す

んで 一度 起きてみようか と ぐいぐい起こして 座位でも保ってもらおうかとして

ほら まだ 難しいでしょ?だから リハビリがんばろね わかった? と 言ったら

一応 首を縦にふったが

まぁ また その思い 立ち上がってくるだろうね

今日はそんな日なんだろな

ある意味 いいことだ

他のよいことも 覚醒して 立ち上がってもらおう

筋肉たちにも 立ち上がってもらおう

よっしゃあ かも~ん!

痰吸引できず

2020 年 6 月 26 日 金曜日

昨夜は 夜 痰吸引で つまづき

それまで 声など全く出さなかったのに

激しく抵抗する父に

なんだべ ゲロゲロ自分で出さんねぇがら とんなくてないのに やんだ~ やめろ~かよっ と 言ったわたくしの言葉 まねたか

「やめれっ!」と 声を振り絞る 父

声 出せんぢゃん

嬉しい反面 ここで どこまでやっていいか…と 迷ってしまった

迷ったらやれないもんだ

激しいゲロゲロがないから とりあえずやめてもいいのか?

んだらば 自分で ゲロゲロすんの かああっ ぺっ!て 自分で出してみてね それできたら やらないですむからね と 言ってみる

しょっぱなからこれかよ…と うなだれつつも

まぁ そのお陰で 時折の 気になって ふと目覚めて 父の様子確認は したものの

ぐっすり眠れちゃいました

不安は ない訳じゃないが

焦らず リズムつかんで ゆくべ

7daysbookcoverchallengeSpinoff「日本の芸能」その4

2020 年 6 月 25 日 木曜日

読書習慣拡大や

自粛おうち時間をたのしく…と 始まった

7days book cover challenge

そこから勝手に派生させた

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

人が飽きても

自分も ちみっと 呆れても

やるんだも~ん♪

今週の テーマは「日本の芸能」

四日目は

『新版 香具師の口上集 坂野比呂志のすべてCD付』室町京之介 著(創拓社)

浮世絵のような 今村恒美氏の 挿画も 素敵

そういや 読み終えていなかったらしいぞ これ

本棚の奥の奥に 飾ってしまってた

おたのしみと おどろきは まだ 続くってことだ

おかえり 10か月半ぶり

2020 年 6 月 25 日 木曜日

10ヶ月半くらいぶり?

父帰宅

いろんな機械説明とか やり方のとか打ち合わせとか

どうにかこうにか 一段落

うんと動いたわけでなくても

頭みりみり 眠い感じ

あんちゃなんて 打ち合わせ中に がくん など 寝落ちしそうになってて

いやはや

父は ふわん と してて

状況がわかってるようなわかっていないような

それでも しつこく話しかけると

小さく頷くような 反応はある

うちに帰ってきたんだよ~ 安心して(安心できんとしても)ゆっくり休んで~!と

何度も耳元で叫ぶ

痰吸引の抵抗は やはりあるけど

すまんくるしかろがわたくしがんばっからちちもがんばれ!と また 叫ぶ

デイサービス帰宅の母 と
対面も果たし

ほっ

ちょいと ごろごろしたら ばんげの支度と 胃瘻の準備…と うとうとしてたら

母に 飲んでもらおうと 茶を 沸かしてたの 忘れて

今さっき ごろごろの 二階まで 香ばしいような匂い漂ってきて

あわてて 降りた

あぶねえあぶねえ

まぁ とにかく 久しぶりの 四人家族

味わおう

薄れゆく

2020 年 6 月 25 日 木曜日

わたくしの 愛車ほびおさん

前の ナンバープレートが やたらと 薄くなってきてる

そんなに 過酷な道 走った覚えないのにな

この夏 車検だから

そのあたり いった方がいいんだろか?

昨日 駐車場に並んでる 他の車と比較しても

格段に 薄いもんで

ちょいと 気になった

道路交通法に 違反してるのなんの でなければ

わたくしとしては 別段 構わんのですけんど…

7daysbookcoverchallengeSpinoff「日本の芸」テーマ その3

2020 年 6 月 25 日 木曜日

読書習慣拡大や

自粛おうち時間をたのしく…と 始まった

7days book cover challenge

そこから勝手に派生させた

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

人が飽きても

自分も ちみっと 呆れても

やるんだも~ん♪

今週の テーマは「日本の芸能」

三日目は

東書選書96『芸能語源散策』小池章太郎(東京書籍)

芸能のこと…というよりは

芸能のことが もとになって 日常に 溶け込んでいることばたちについて

二枚目やら 十八番 なんてのは

よく知られた その筋から来たものだけれど

とちる

おでん

のべつまくなし…

あれもこれもそれもか!?と

おどろく

使い始めた頃は

日常でない 憧れの晴れの場から 引っ張ってきた

ちょっとばかし 粋なことばの使い方…と 洒落があったのかもしれないな

ふふふ

大サービス

2020 年 6 月 25 日 木曜日

今朝

糾励根(きうれいこん)を 貼りかえよう と

粉に水を(自分で 練って作るのよ)入れる時

うっかり だば! と 多めに入れてしまい

うああ

これは 一番 よい 打開策って

粉を足すことですかね?

結果 通常の 三倍くらい できてしまい

もうこうなったら 出血大サービス的に 貼ってみる

患部と その周辺

不都合はないけど よく 痛んだりするとこ

まるで 糾励根漬け物

今日は かなり 香り高い わたくし

ごめんしてね

フェイスシールドで ごー

2020 年 6 月 25 日 木曜日

ダンスブルームの ゆきこさんが 気遣ってくださり

振りうつしの時に フェイスシールドを くださった

思いの外 水中感というか 宇宙感

反射のせいもあるかな

結局 マスクのみで やらせていただきましたが

これはこれで みんなで 宇宙感みたいな

体感劇に なりそうだね

今回はそういうのではないけど…

四月の公演を

7月18日(土) 19日(日)に 延期開催決定するまでに

どれだけの思いで 迷い 考え巡らせ

そして今も 迷いながらも安全 最善を尽くしつつ そこへむかうぞっ と 気を引き締めておられるか…

それなのに いつも あたたかくやさしく見守ってくださってる 主宰の ゆきこさんの 思いこめられた ステージ

わたくしも いまだからこそ の 思い込めて

向かいます

場所はお馴染み 仙台 卸町 10BOX

はりきる♪

7daysbookcoverchallengeSpinoff「日本の芸能」テーマ その2

2020 年 6 月 25 日 木曜日

読書習慣拡大や

自粛おうち時間をたのしく…と 始まった

7days book cover challenge

そこから勝手に派生させた

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

人が飽きても

自分も ちみっと 呆れても

やるんだも~ん♪

今週の テーマは「日本の芸能」

二日目は

『いつもお祭り気分』筏丸けいこ 著/田巻照敏 写真(亜紀書房)

『幇間(たいこもち)の遺言』悠玄亭玉介… 聞き書き 小田豊二(集英社文庫)

粋ってぇものを 思う

色気というものを思う

人間の魅力

アクアパッツァも 知らないけれど

2020 年 6 月 23 日 火曜日

先日

手羽先の 唐揚げ 甘辛タレ(辛味は 生姜)まぶしを こさえたものの

ほとんど 食べられる部分がない!と 不評

それもそのはず

手羽先の先の先

ほぼ 身がない部分の 大安売り

ラベル見たら

「手羽先」ではなく

「鶏ガラ」くくりでして

どうりで 良い味出してたわけだ(そう思ったのわたくしだけ)

母もあんちゃも

「頑張って食べようとしたけど…」と ことばを濁しておった

それならば と

翌日 穴子の開きを 甘辛タレ絡めにしてみようか…と

やってみたらば

これまた 穴子が ふわっふわで 甘辛タレ絡めでないほうが 美味しかったかもしれないけど これはこれでありだな♪と うれしくなってたら

母「ごにゃってしてで なんだがあんまり…」ときたもんだ

母は 魚自体 あまり 好まないので

正体不明になるくらい かりっかりに焼いた方が 食べ易いと思ってるのでした

残念

あんちやも あまり うれしくなさそう

不味くはないけど 好きなおかずではない…つうね

なんだか 残念続き

本日は リベンジの リベンジ

マカジキの 照り焼き…と 思ったのに

なんとなく かっちょつけた名前で 煙にまいてやれ なんて思って

「アクアパッツァ風」にしてみた

もう 元ネタから 遥かに離れて

リベンジでもなんでもないが…

「アクアパッツァって 何やぃん!?」て こたえられぬものが

調べもしないで何やっとるか!?ですが

憶測料理

アクア…つうから 海とか水のもん メインで なんかすりゃよかんべ?てな 感じです

ここ数年 一株だけ 生え続けてくれてる おらいの パセリも ちょいと おされにトッピングすりゃ

きっと 物珍しさに 呑まれて 食べてくれるかも?

こんなにしてまで 魚 食べてもらわなくても いいのかなぁ

母 かつて 栄養士だったくせに

魚の 栄養の 好ましさについて ほとんど 興味ない

二年くらい前 テレビの影響で八十年目にして 初めて鯖(缶詰)を 食べました…てな 奇跡の出来事以外

「もう魚に 関わらなくてもいい」てな 風情

新鮮な魚 買ってきて わたくしは 生で食べて

母とあんちゃには 正体不明の カリカリ煎餅みたいに 焼いたり揚げたりするとか

やっぱり分けて作った方がよいかなぁ?

そう思いつつ

本日は 煙巻きアクアパッツァ風で どうにか…なるんだろか?