‘保育仕事まわり’ カテゴリーのアーカイブ

そこまではまだ…

2022 年 5 月 21 日 土曜日

昨日の 保育仕事

Yくんと ヘラオオバコを 摘んで

ちょうちんあんこうだぞ〜 なんつって 追いかけっこしてたら

森見知り 克服中の Zくんが

「はいどーぞ」と イネ科の 草を 渡してくれた

なんとなく仲間入りしたそうでもあり

んでは その草を使って

はいぱーちょうちんあんこうだぞ〜 と

二人を 追いかけてみた

2人ともおおよろこび…と 思いきや

途中で Zくんが

立ち止まり

とててて と わたくしのとこにきて

「んっ」と 手を出して 草を渡せ てな 感じの眼差し

はいどうぞ と 手渡したら

ちょっと 離れたところへ 草を ぽい と なげた

あぁ

楽しい半分

ここまでの遊びは(森が追いかけるという恐怖) まだちょっとこわい て ことかな

ごめんごめん ちょっと こわかったね と いったら

いひ♪てな 苦笑いして

「あっ へりこぷたーとんでるよぉ」と 指差した

まるで わたくしの機嫌を損ねないように…とか 気を遣ってくれてるようではないか?

なんか…すまぬ

ありがとうね

すぐ溶ける魔法だとしても

2022 年 5 月 19 日 木曜日

原っぱ 

白詰草 花盛り

昨日の 保育仕事 お散歩

久しぶりに 編んでみようか と

もぞもぞしてたら

「なにしてんの〜」と Kちゃん

お花 つなげようかな〜って…と 言いかけたら

「ちょうだいっ!」と 畳み掛けてきた

お花の冠とか 見たことあったっけ?

去年 大きいさんたちが かぶったり 手にかけたりしたのは 見てたかな

わかったわかった 腕輪を 作るよ と

続きをやってるとこに

おともだち よって来るやいなや

「これはKのっ!Kのだからっ めっ!!」と

誰もなんにも言わないうちから 威嚇しておった

だれも そんな おっかないあなたの横取りしようなんて 思わなそうですけどね…

遠巻きに見ていた Zくんが

Kちゃんから 見えない角度に そっ と 寄ってきて

「Zも ほしいの…」と 告げてきた

ちょい 前まで 森見知り 激しかった 

実は今も 朝会った瞬間は びく…てな感じで 顔が歪む

しかし 前みたいに 泣きじゃくらず

ぐぅ と こらえてのみこみ

無理矢理にでも 笑顔を作って 笑ってくれるようになっとる

…なんでそこまで恐怖に思わせてしまうかな自分…と 申し訳無さと 

健気さへの 感謝など 湧くのでしたけど

昨日は 

わたくしの名前を呼びながら 団子虫 見せてくれたり

なんやら また一つ 恐怖(!?)を 乗り越えてくれた感

腕輪も 大喜びで 眺めて触って

壊れたら 直してくれろ と やってきて

また 腕にかけては うれしそうに ぴょんぴょん 跳ねてた

すぐに 枯れてしまう 魔法のような 腕輪だとしても

その ぴょんぴょん の 胸の内の躍動は

生きてゆく力の根っこのところに 蓄えられる と 信じている

…あ もりあやこへの恐怖を乗り越える力も もちろんね

そんなこんな 大切なひととき

居合わせさせてくれてありがとう

壁絵 いろいろ

2022 年 4 月 28 日 木曜日

保育園 壁絵

3月から引き続いて

スライドして こさえたものの

も少しなんとかしたかったかなぁ てな 物足りない気持ち

お子たちが お昼寝している間の

先生方 昼食 休憩 日誌書き 作成 事務仕事などなどが もわもわと 融合した時間内に 作業するので

日誌書きの助太刀やらしてると

作成時間は ほんの僅か

あとは 現在手持ちの 絵の具が 残り少ない ということもある

取り急ぎ 手に入れた 100円ショップ アクリル絵の具が「透明」とあったことに あとから気づいた

ダンボールに 透明絵の具は イマイチだなぁ

やっぱり リキテックスが 恋しい

まあ そんな中でも

遊ばせてもらいました(仕事だけど)

どこが あかなんだよ!?とか

色について 突っ込むお子も おらず

しかし 一番受けたのは

昨日描いた きいろ でした

来月から この時間は

描きためてた お子たちの エピソード漫画(勝手に描いてる 仕事とも言えないもの)に 色を塗ろうと思う〜

…あ もちろん やらねばならぬこと 優先だ(さほど ないけど)

冠を作る

2022 年 4 月 26 日 火曜日

明日

保育仕事にて

4月のお誕生会

お約束の冠を こさえる

何でどう作ってもいいのだけど

こことこ ずっと フェルト

成形が 簡単で

ボロが 目立たないし

うちに まだ ストックがあるから

本来 仕事のものだから

保育園にあるもの使ったほうがいいのかなぁ て 思いつつも

どんな素材があって どれだけ使っていいのか ガサゴソ探させてもらう時間的余裕が あまりないもんで

むしろ 楽

冠というより お道化帽子みたいだけど

色んな色を楽しむ…てのが 密かなテーマなので

ま これで勘弁してくれろ

単語をあまり発さない頃から

「あお」てのは やたらと はっきり言ってくれたっけな

どちらも母音だから 言いやすいのだろうけど

リトミック遊びで 青を探す…てのやると

もんのすごく うれしそうに 青い色のとこにかけてって「あお!」て 言ってくれてたんだよな

いたずらっ子 大全開だけど

とても 素敵なものを持っている Rくん

うれしくてはしゃぎすぎて駆け回って 壁に激突しちゃったりしてるけど

これからも にこにこのびのびしておくれ

彩り豊かに 育っておくれ〜♪と

願いをこめて

虫柄マスク

2021 年 5 月 18 日 火曜日

100円ショップ セリアさんの 虫柄 手拭い風 布

色違いで 買って

先日 マスクに 仕立てたのだけれど

切って ガーゼと合わせて 縫っといたのが もう一組あったので

前回のと 色が反対になるのを こさえた

針に糸を通した 瞬間に 飛び乗ってくる 危険な獣の 攻撃を かわしつつ

なんとか 仕上げられた

画像は いまいち 虫柄 綺麗に写ってないけど

明日 保育仕事で 虫好きお子たち

気づいてくれるかな~?

受け狙い気分 満々

雨の日の発散

2020 年 5 月 21 日 木曜日

自粛やら

雨降りやらで

おこたちにも 鬱憤が溜まり気味で

はじめは はしゃいでいた

「ボール遊びしよう」も

次第に 飽きちゃったさん

ぐだぐだ ごろごろし始まってて

どうにもこうにも不機嫌八つ当たり的な行動も じわり

担当ではなかったものの

横でこっそり 新聞を 破いて見せた

ん? と 顔をあげる ぐだぐだちゃん

じりじりと 匍匐前進みたいに にじりよりてきて

「だいっ(やらせてちょうだい)」と 手を出す

思う壺♪

それから しばし びりびり 撒き散らし遊び

一人のお子は 自分の服の裾の スカートみたいなとこ
に ちぎった新聞紙 集めて

ぶわん と 振り上げて 舞い散らす

いいね 知恵と工夫を 一人で得ているね

さんざん 散らかしたあと

袋のなかに集める遊び

担当の先生が 袋にアンパンマンを描いてくれた おかげで

「お約束なんか守りたくないもん」ちゃんも

嬉々として びりびり集め 熱心にやってくれて

やがて また ボール遊びに 戻っていった

集中 とか 区切りも大切だけど

たまには いったりきたり 散漫なのも よいよね

楽しい気持ちは バネになるだろうし

雨の日の 発散

がむばれ お子たち

かえるのうたがききたいよ

2020 年 5 月 14 日 木曜日

保育仕事の お散歩で 行った 公園の 池に

おたまさんたち

覗く お子達を やんわり 掻き分け

ちょいと 撮影

も少し 至近距離で撮りたかったものの

幼いさんたちが 真似っこして 池に落ちちゃうかもしれないかな と

我慢

大人になって

このくらいの数のまんま いてくれたら

ずっと一緒に 池に入っていたいくらい…とか 思う

庭に 池でも作るかなぁ(これ以上 騒ぎを起こすのは よろしくないと思って 我慢してますだ)

かえるのうたがききたいよ

居合わせる

2018 年 5 月 10 日 木曜日

本日 あかちゃん部屋…0歳さんクラスに 助太刀で 入った

お昼御飯のとき 

まもなく 一歳にならんとす てな Gくん

フォークや スプーンを 持つことはあるけど

あ~ん で 食べさせてもらってる もしくは

食べ物を乗っけた スプーンなどを 受け渡されて 食べてる

まぁ まだ 急がんでもいいけどさ 自分で こんな風に掬って食べてみるってのも そのうちできたら楽しいね 

…なんて 声かけつつ

スプーンを持ってる手に わたくしの手を添えて 自分で ご飯を掬う…てのを やってみた

捻る角度とか まだ 難しいよね と

また こちらで 掬ったものを 渡そう と 思ったら

Gくん 自分で やろうとし始めた

ほんの 二 三粒 ご飯が 掬えて

それを 口に持っていけた

すごいすごい 自分でやれたね~♪と 言った

次の瞬間

ぱややん♪と 目が見開かれた

それは 自分でできた ということが わかったという表情でもあった

わっきゃっきゃっきゃっ♪と 小躍り状態

んで つぎはまた わたくしが 助太刀を と スプーンを もらおうとしたら

「んが~っ!」と 怒って 拒否

また 自分でやるのだっ

ご飯粒 ぶっとばしても とにかく 自分でやるのだっ てな 勢い

また なんとか 掬えた

またもや 小躍り 

しかも あむっと する前に よろこんで 手足バタバタさせるもんで

ご飯粒 更に 前後左右 舞い飛び散る…

狂喜乱舞 と いえる よろこびよう

いいなぁ 

こんなに 喜べることに出会えるなんて

でも 最後の あつまれあつまれ(ごはんなど 最後の仕上げに 集める)は 

「んが~っ!」と 怒られたけど スプーンを取り返して やらせてもらいました

怒ったけど

ちゃんと 食べてくれたよ

すぐ にこにこに なったよ

これからしばらく 自分ひとりでやるから手を出すな時期に 突入かな?

口に 入る量は 少なくなるかもしれないけど

コツも得てゆくだろうからね

がんばれ~

よろこびをもって~♪

人生初の 現場に 居合わせさせてもらえた しあわせ

ありがと~♪

海苔巻き体験

2018 年 2 月 7 日 水曜日

151798200696812359962741517982070143-11513296931517982119682-114628421815179828401431235996274

エレベーターで 記念撮影

2017 年 5 月 15 日 月曜日

30年近く リトミック仕事で お世話になってる

託児「こどもの家エミール」さん

ビルの二階にあるのですが

ぴょんぴょこと たのしく 活動し終わって

軽やかに 階段かけおりようかな てとこで

ビル掃除の 床乾かしのため

「エレベーターで おりてください」と お掃除の おぢちゃんから 申し訳なさそうに言われ

は~い♪と ボタンを押して 気づく

ここにかよって 初めて エレベーターを もちいるということ

おおぉ♪

なんだか 記念日みたいな気持ちになって

記念撮影などしてみる(ボタンだけど)

なんてことないことでも

その日 初めてのことなんだけどさ

それいっちゃうと おんなじようなことでも 

今 という 今までにはない瞬間な訳で

慣れたふりして だらりと 流すのは 勿体無いよね なんて

気持ち改まったりする

なんかそんな日

ビルのお掃除の お陰だな

ありがとうござります~♪