‘ご本のこと’ カテゴリーのアーカイブ

緊急出版ですて

2022 年 5 月 8 日 日曜日

今日は国連の「第二次世界大戦で命を失った人々に対する記憶と和解の時」という記念日だ と

移住連さんから 送っていただいた カレンダー(金井真紀さんのイラスト)に 書いてありましたが

戦争が「過去のこと」「遠い国のこと」ではなくなってる今

今まさに 命を失ってゆくということを これ以上増やさないよう

もっと 自分のこととして 考えねば!という 焦り

おぢ関わる かもがわ出版さんから

緊急出版される ご本…深読みNOWシリーズの一冊です

先日ご紹介した ウィシュマさんの事件周辺についても 志葉玲さんが 深く拾い上げてくださった『難民鎖国…』と同じ 深読みNOWシリーズのようです(投稿 消えてしまってるので おいおい 顔本から拾って 遡って貼り付けていこうと思ってます 気長にお待ちくだされ)

以下 おぢの 顔本(Facebook)から 抜粋コピー・ペースト

↓↓↓↓↓

元外務省国際情報局長・孫崎享さんの『平和を創る道の探求-ウクライナ危機の「糾弾」「制裁」を超えて』が、緊急出版されます。ロシアのウクライナ侵攻は2ヶ月経っても収まりそうにありませんが、紛争の本質と解決方向を論理明快に示しています。なにより当事国国民の命を守ること、そための外交は「妥協する力」を発揮できるか否かだと言います。ここまで深読みした提案は、欧米ではまだしも、日本ではまだほとんど見受けられません。ぜひご一読を。

7daysbookcoverchallengeSpinoff「今読んだ」テーマ シーズン1 その⑦

2022 年 4 月 28 日 木曜日

誰も覚えてなくても わたくしは 覚えておる

#7daysbookcoverchallengeから 勝手に 派生させた

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

以前もやりましたるテーマ「今読んだ」再び

たぶん このテーマで また やるかもしれないので

シーズン1…とか かっちょつけてみた

べつに かっちょいいわけでもないが

その⑥から だいぶだいぶあきました

その⑦『難民鎖国ニッポン ウィシュマさん事件と入管の闇』志葉玲(かもがわ出版)

刊行されて すぐ 入手して 読んだものの

あまりのショックで

しばし言葉を失っていた

読んでいる最中も

うそだべこりゃ!?と 嗚咽のようなものと共に吐き出ることば

ちょっと 手が震えるほど 

今の日本ですか?

強制収容所 もしくは 拷問施設ですか?

同じアジアなのに 差別意識を持っている人が多いのだろう 

「難民なんて受け入れたら どんどん押し寄せてきて 犯罪も多くなる」なんて 言ってた人 いたっけな

そういう先入観

いかにもありそうなこととして言われてるけど

難民の方々の 犯罪率なんて 高くないぞ

「押し寄せてきて…」とかいうけど

タイで ベトナム ラオス ミャンマーの難民の方々を 日本に受け入れる お仕事してた方 曰く

「日本に行きたがる人は いなくて」むしろ 日本あるよあるよ てな 安売りお誘い的に 言って回ったとか…

日本は 冷たい国 ひどい政策らしいよ…て 知っておられたのかな?

三権分立してない 三権集約機関のようだという…出入国在留管理庁

だからこそ そこで 尊大な振る舞いやら 人を人とも思わぬ仕業を 平気でやらかす怪物みたいな者になっていったのか?

そして そんなことが行われていたなんてこと 国民には ひた隠しにしてきたのか?(明るみにするつもりもないのか)

犯罪者が 管理人なわけ?

殺人罪 殺人未遂罪とか 問われないわけ?

こわいぞ

良い方もおられると信じたいけど

そんなもんたちが 公務員なので?

なんでこんなに風通しよくないのだ?

自分らだけで楽しくやれたらいい みたいな 島国根性?

地球 宇宙規模で 共に 生き合えたらいいのに…

こういうこというとかならず「あたまおはなばたけなこといってると あの国その国から いきなり 攻めてこられて乗っ取られるぞ」とか 言ってくる人いるけどね

こんなとこのっとったって いいこと一個もねえわ!て わかってるでしょうよ あそこもそこも…

漁業のこととか 領土のこととかで あれこれあるとしてもさ

なんとか 穏やかに 棲み分けたり

分けっこしたりできんものかな

まんずとにかく 胸ざわざわだけど

国と国と(政と政)では いまいち ぴりぴりになるとしても

ひとりとひとりが 向き合うと 仲良くやり取りできる てこと 手応えとしてあったからこそ

希望は捨てたくない

なんとかならねぇか おい!

そんな気持ち

小さなことから 動いていく

これを書かれた 志葉玲さんは 今 ウクライナ入りして

現地のことを 伝えておられますて

ひとり ひとりの 声を 聞こう と 思う

もりだくさん!

2021 年 5 月 22 日 土曜日

夕方の 企画プロジェクトメンバーとの 打ち合わせの前に

『仙台本屋時間』(Biblantern)を 手にするために

book cafe 火星の庭へ

久しぶりだけど

あまりゆっくりもしてられない時間割

でも ゆっくりしたくなる この 空気

ひたひたしすぎないように 目的のものをっ!と

目を凝らそうとしたら

あらやだ「かもがわ出版」という文字

『パレスチナの ちいさな いとなみ』高橋美香 文・写真 ×皆川万葉 文

ひた と 手が吸い付くように そこへ

あっ 先日手にした 『地域人』もある

『てくり』も あるぞ…敦子さん元気でやっておられるんだろな

うおぉ パレスチナの「ザアタル」ですて♪

きつねこぱんの 全粒粉食パンも…

といった具合で

なまじ ギャラ的なものを 手にしてたりすると

ゆるむのね

時間的なことまでも ゆるんでしまい

打ち合わせに 遅刻してしまうという 体たらく

いかんいかんいかん!

なのに打ち合わせは 夢のようなワクワクラインナップで

実現したら 今年度も すごいことになるぞ!と

すこぅし 震える

また しくじりやらかさんとも限らんが…の 不安を

打診の段で

「好きに生きていこうよ」と 背中押してもらえた

うん 結ぶよ

頑張るよ

そんな思いで 胸ぱんぱんふくらんで 帰宅したら

あわわわわ~!事案が 待ち受けており

どだばだあたふたしてしまい

なんとか 片付け

暫し放心

気づいたら 日付変更線 越えてた

うん

まぁ そんなこんなもあり

暮らしながら

つながり

結びながら

結実させてゆくのだ

また 諦めずにゆくぞ

明日は 雨が降ろうが槍が降ろうが

洗濯大会やらねば

来月の舞台の作品への 注ぎも

年賀書きのひとときも

たのしみながらひとつひとつ

盛りだくさんだ~

悔いなくいぜ

お~♪

三匹らしい

2021 年 5 月 21 日 金曜日

どこぞかで産んで

わたくしの部屋の かつての勉強机の 奥深くに 仔を 咥えてきた だーちゃん

今朝 あんちゃの部屋に 引っ越したようだが

先週の時点で 手を突っ込んで 写真撮ったら

三匹らしい とは確認できてた

赤茶 雉っぽい灰茶 黒

しかし 引っ越したのは 二匹

も一匹は 後からか?と 思ったものの

そのまんま

げげ

もしや わたくしの部屋の どこかに 挟まっちゃったり出られなくなったり

なにか 問題あったか!?

先週の「三匹らしい」ののち

そんなにちゃんと 覗いてなくて

チラ見したときも

赤茶いろと 黒いのしか見えなくて

かなり高難度の あれやこれや衣類本ものもの よけて

挟まり落ちそうなとこも 手をいれて 確認してみたものの

気配も 手触りもなし

何処行った!?

もしやまた はな(鼻)ちゃんとこに 仔が 増えたりしてないか?と 見たものの

かわりなく そちらは 三匹

うううむ 謎

荷物どかしに ちと汗ばんだりしてるうち

訪問看護師さん おいでになり

父の 滞りうんこさんのことで なんだりかんだりと 手間取り

昼過ぎ

早めに出掛けようか てのも ちょいと 疲れてしまい

母とあんちゃと 昼御飯 ありもの ごった煮 雑炊(おされっぽく リゾット と言ったら 鼻で笑われた)

いやはや

今夜までに 解決するだろか?あれやらこれやら

ある程度 やれることやったし

困ってもしょうがないので

食後の珈琲 淹れて

ちょこっと 本 読んだら(『まいにちタマゴ 専門家が教える最高の食べ方』タマゴ科学研究会・池田書店)打ち合わせのために 出掛けよう

…つうとこで

霧雨に 濡れた さばちょびが で~ん!と 飛び付いてきて

うぐぐ

拭いたり 撫でたり してるうちに

時間は過ぎ行く

続きは 帰宅してからだな

しかし 謎が多いぞ だーちゃん

見直せ

2021 年 5 月 20 日 木曜日

さがしものをしていて

別の 見失ってたものを みつける ということあり(ちゃんと整頓しとけ!)

かつて タップきっかけで 出逢った 美佳ちゃんが 以前 紹介していた 本

先輩が この本に 関わっていたのだっけ?

『「あたりまえ」を見直したら保育はもっとよくなる!足立区立園の保育の質が上がってきた理由』監修・足立区教育委員会就学前教育推進担当 /編集・伊瀬玲奈(学研)

紹介してるのみて すぐに入手したのに

なんだりかんだりどさくさにまぎれて

どこかに紛れ込んだか

見失ってたもの

いやはや すまぬ

しかし すいすいと 読めてしまった

あぁ その視点 大切!と 腑に落ちる

まぁ しかし 現場によっては おこをまんなかにやわらかしなやかにかんがえてゆく…ということを言い出すと

「よそでやってちょうだい」なんて 言われかねない ぎちぎちなとこもあるだろな なんて 思う

大人の 懐の深さ広さとか 器が試されるね

闇雲に ただそうとするのではなく「それぞれの気持ちを受け止める」

大事だなぁ

素晴らしき本 教えてくれてありがとね~♪

さがしもののおかげさま

…なんつって ドアノブ修理が 先送り

わはははは

思いがけぬ再会

2021 年 5 月 20 日 木曜日

金井真紀さんが あふりか日本協議会 共同代表理事の 津山直子さんに 取材なさった記事が載ってる…という きっかけで 手にした『地域人 第69号』(大正大学出版会 地域構想研究所)

真紀さん 言う通り

読み応えありあり!

パラリと めくっただけで その重厚さとか 期待感とか 怒涛のごとく ざぶ~ん!と 迫り来る

いや 大袈裟でなく…

母はとこ 森まゆみさんも 連載なさっとる

話題の(未入手なんだけど 明日あたりなんとかできそうかも…)『仙台本屋時間』のことも 載ってる!

どのページも ぞわぞわわくわくしちゃう

編集後記のとこ ふとみたら

れれれ!

「販売」のとこに もしやもしや

1994年~1999年 長野の東部町(現在は 東御市)での アジアマイムフェスティバルにて

すんばらしいお写真 撮ってくださったことのある みすたいとうさんではないかいな!?の お名前発見

かつて お年賀出してたものの

あるときからふっつり届かなくなってしまって

今どうしておられるだろ?と 思ってた あの方とおんなじ名前なのだ

すんごく素晴らしい本に出逢えてうれしいのに

もしも 再会?なのだとしたら

さらにさらにうれしいなぁ

ありがとうございます~♪

『日本の道化師』

2021 年 5 月 19 日 水曜日

平凡新書

Accの 大島幹夫さんの 新刊『日本の道化師』

今朝届いたばかりで

まだ読んでないのに

ふと お世話になったかたや 仲良しさんの 名前が載ってるページに 目が留まる

あぁ あの懐かしい イメージCINEサーカス!!!

わたくしが 駆けつけられたのは

ジアンジアンが なくなる ちょこっとだけ前の頃

ぎうぎうの

熱気むんむんの

濃ゆくてゆかいでたまらなくて

笑いながら 泣いてしまった あのひととき

生身で会えなくなってしまった人

会えそうで会えなくなってしまってる人

いろんなこと わきあがって

危うく泣いてしまうとこであった

いやはや

でも 読み始めるの楽しみだ

またあとで

読み終えるのが惜しい

2021 年 5 月 18 日 火曜日

昨年8月

出版されるとき

予約しといて すぐに 入手したってのに

なかなか 読み終えることができんかった

大好きな 高野秀行さんの『幻のアフリカ納豆を追えれそして現れた<サピエンス納豆>』(新潮社)

読了

難しかったとかじゃない

面白いだけでなく

ひとつのことの 背景にある 社会情勢も

そこから 立ち上がる 人々の色合いも

どこからみても 高野さんの 真骨頂

「納豆って日本独自のものだしぃ」なんて 薄浅い 自負なんて 蹴飛ばすぞ

「自由とはビールを飲みに行く夜道」とか 呑兵衛の 共感で くすくす 微笑ましい思いさせたり

世界的な 食文化研究に 新風吹き込みつつ ひっくり返すような 学術書でもある

縄文時代にも あったかもしれん納豆だと!?

わくわくしすぎて

すいすい 読みすすんで 読み終えてしまうのが惜しかったくらい

「なんでかな?」という 素朴な こころの動きから 深められてゆく

そこへ出掛けていって

ちゃんと人と出逢って

その背景までも きちんと見つめて伝えてくださる

すんばらしかった

…そんなこんなで

昨夜は 納豆つまみに 日本酒を呑んでしまったのでした

理由になってない…か

7daysbookcoverchallengeSpinoff「不安」テーマ その⑦

2021 年 5 月 18 日 火曜日

だいぶ あけちゃいましたね

7daysbookcoverchallenge から 勝手に 派生させた

個人的 本の振り返り おたのしみ

かなりの変則

7daysbookcoverchallengeSpinoff

今回のテーマ「不安」

ちょっと たのしくない感じで すまなんだ

こことこ コロナ禍やら なんやら

不安に思うこと 次々やって来て

どうにも 落ち着かぬ

知識をいれたからとて あまり変わらないとしても

判断するための ひとつとして 知っとくのは 悪くはないな と 思う

ネットで 手軽に得られる情報も

…で ほんとのところどうなんでしょう?なんてものもあって

本当に きちんと調べまとめられたものなのか

裏付けまで取ること

なかなかしないもの

偏った情報に 惑わされぬ

見極める 眼差しを 肥やしてゆくのって

なかなかに 難しいけど

諦めずにいたいな

んで

以前もご紹介した本です

単独でやったのだったか
この bookcoverchallengeでやったのか

今となっては昔のことだが状態で

覚えておられるかた すみませぬ

その⑦

『ちいさい・おおきい・よわい・つよい No.107 こどもの空気環境汚染中!?』(ジャパンマシニスト社)

香害ということば

だいぶ 知られてきたものの

まだまだ 蔓延る 香るの当たり前洗剤群とか

強く香る洗剤でなくても

残るものだ

だから「残る」ことを 真ん中にして 開発された 洗剤なんて すごい

特に 介護関係で いろんな臭いを紛らしたいと思ってるのか?の スタッフさんが ちちははを 帰宅介助してくださって 帰ったあと

あれれ?ここに 棒状のにおいがあるけど いつ消えるのだ!?と 戸惑うくらい 漂い続ける

「一週間香り続ける」とか なに!?

兵器級のすごい技術

身体に良いわけあるまい?とも 思う

何度か 書いたことあるけど

保育仕事で お子を 抱っこしたとこに ずっと残る 洗剤臭

香水とも また 違うんだよなぁ

香水は 以前 探求心で あれこれ 集めたけど

今 ほぼ つけないでおる

そんなに 敏感でもない わたくしが 気になるのだから

アレルギーとか

過敏症として 症状が出てしまう方々の辛さ いかばかりか と 思う

根っこから健やかなこと

もっと 丁寧に 見ていかないとね

そういうもの 乗り越えて 逞しくなってゆくことも あるだろう

けれど そんな人ばかりではないのだ

困る人は 少ないいほど よいのだ

これからもっと よろしからぬ 弊害が 増えていっちゃうんじゃないか と

心配なのでした

こちらのごほん あと 数冊ございます

読んでみたいかた お知らせくだされ

頭痛にドッキリ

2021 年 5 月 18 日 火曜日

昨日の朝

ちちはは デイ・ケアに 送り出す前

猫のことやら あれやらこれやらで とてぱたして

さて 母の 朝食の 整え という 段で

とくん!と 脈打つような 頭痛

うお?

めったに 頭痛など 感じないもんで

ちみっと びっくりする

もしも 今 わたくしに なにか 起こったら

一番困るのはなんだろな?と 思いめぐらせて

色々 繋げておかなくちゃないよなぁ なんてなことを 思った

言わないほうが 狼狽えさせないかな?と 思ったけど

少しは 心に留めておいてもらったほうがいいかな?と

母に 今ちょっと 頭が痛くなったのだが もしもそれによって わたくしに何かあった場合 焦らず まずは 119番に 電話してもらうのがいいのかね? あんちゃの時 母がすべてしっかり見極めてやったのだもの できるよね?と 言ってみる

こことこ 弱気になり勝ちの母

やはり 涙目 あわわわ な感じになったものの

朝食後

「あんだ 救急車に 運ばれっとしたら 保険証だの 持ってがねくてねんでねぇがぃん?」とな

うんうん そういうのすぐ携帯できるように しとくわ なんて 応えたりした

日頃の 心身メンテナンスしとくのが もちろん大事ではあるのだけど

予定していることへの 連絡つけ方って

考えといたほうがよいのだろうなぁ

あんちゃの時は

予定帳 みて 解読したり

電話履歴から 連絡試みたっけな

まぁ 整えてなくても それなりに なんとかは なってゆくのだとしてもね

…なんてなことを 殊勝にも 思ったりしてて

夜には るれれれれ~ん♪なんて 納豆つまみに 酒 呑んでしまってました

ほどほどに だったとはいえねぇ…

今夜は 呑みません(車で 仕事に出掛ける前の晩は いつも 呑まないだけ)