2019 年 9 月 のアーカイブ

残さず

2019 年 9 月 30 日 月曜日

先日

ばんげの支度が 遅くなりそうで

天婦羅揚がるまで 枝豆でも食べててね と

あぐりっとさんで 買った 秘伝豆 茹でたやつ

茶の間に 出した

二つほど 味見したら

ぱんぷくりんに 肥えふとって あまみうまみ ぱん♪と 弾ける感じ

んまぁ♪

天婦羅 揚げ終わったら ちと 冷めてしまってるだろうけど

きっとこれなら 冷めても美味しいだろな るる♪なんて

楽しみにしてましたものの

ごはんできたよぅ と 母とあんちゃ 呼んだら

あんちゃに 車椅子押してもらってきた 母の お膝に

空っぽの皿と

てんこ盛りもりになった 中身食べ終えた 豆の鞘容れ

…あれれ?全部食べたの?

「んまかったよ」

いや わたくしの分とか 残すという気持ちは?

「え~?だって 何も言わなかったから」

…てことで

自分の分 取り分けておかない わたくしが 悪うございました

んまかった 証しでもあるよね と

気持ち 収めようとしたけど

収まらん

本日 リベンジ的に 再び あぐりっとさんで

秘伝豆 買いましたる

悔いなきよう食うちゃりますわ~♪

初々しい恋人同士みたいに

2019 年 9 月 30 日 月曜日

先週土曜は

母と さなおばと 共に

父の病室を訪ねた

お熱 下がってきたとはいえ

視線定まらぬような 感じ

声をかける

目が泳ぐ

からだに触れる

焦点が 絞られてくる

今日は 母と さなさんときたんだよ~!と 耳元で 改めて 伝える

ゆっくりと 母のおる方へ視線向けて

ふわりと 左手を そちらへ 差し伸べた

「おとさん!おとさん! わがっかい?五十鈴だよ 早ぐ いぐなってね 待ってっかんなぃん!」と

父の 手を 握る 母

母が動かせるのは 右手なので

左手と 右手

ちょっと 握りなれてない 初々しい恋人同士みたいに

時々 ベッドの手すりに ぶつけたりしながらも

ずっと 繋いだまんま

ゆんゆん ゆすってた

何十年もの お互いの 日々

通じ合うものが

今できる すべてを持って いい方へ 流してくれるといい

頼むよっ!

打ち合わせ前に うたた寝

2019 年 9 月 29 日 日曜日

本日は 夜8時から 打ち合わせがあるから~ と

母と あんちゃに しかと 報告しておき

ばんげも 滞りなく 済ませて

さぁて 準備も整えて

余裕で

茶の間に 腹這うて

うっかり うたた寝

8時5分前に 手に持った 携帯が ぶぶっ となり

顔本(Facebook)メッセンジャーにて

「打ち合わせ場所に 着いてます」 連絡

おわわっ!と 目覚め

あわてて 体勢たてなおす

ちみっと 遅れますが まいります返信して

どだばだどさくさ と 出掛けた

いやはや

余裕ある時って

むしろ こんなことになるのだな

余裕あるるるる~♪とか

調子に乗っちゃ だめだ

近場で よかったです

とほほ

ご心配お掛けしました

んでもって

とても わくわく 楽しみな 来年三月イベントの打ち合わせ

ありがとうございます~♪

もすこし 手話 覚えとかなくちゃ!

研ぐ

2019 年 9 月 29 日 日曜日

幼い頃

日曜になると 父が 刃物を研いでいた

研ぎ石が いっぱい あった

研ぐ 刃物もいっぱいあった

あるときなんて 錆びた 日本刀を 短く切って

細工用の 短刀 こさえたりしたっけな(銃刀法違反にならんように届けてあったものが何本かあったという話)

触らせてもらえなかったけど

仕込まれたわけでもないのだけど

わたくしも 研ぎが 好きだ

先日 投稿を見て 女装ダンサー愛ちゃんから「錆びてるぢゃん」て 言われた 包丁を

研いだ

うぅ

気持ちえぇ♪

にやり と ほくそえんでしまう わたくしを

斜め後ろを通りかかった あんちゃが

「なんか こわあぁい…」と 乙女のように 言って 過ぎる

分かち合えない 快感だな これは

ふふふ

大根がよく切れるぜ

茶を飲もう

2019 年 9 月 29 日 日曜日

退っ引きならないことは 何一つ解決していないのだけれど

何があったわけでもないのに

ふと 気の 持ち方が 変わる

じりじりひりひりした 思いに 風穴があく

茶を 飲もう

茶を 飲める 今

取り敢えず 生きている自分がいる

ならば なんとかする

なんとかなる

社会も 人も

いきなりすべてを 寸断してくるわけではないのだ

やさしい

ありがたい

二煎目には

お茶請けのことなど 思いめぐらせたりして

戻り来る 楽観 楽天

ははは

他愛もない

要らん手間暇

2019 年 9 月 28 日 土曜日

昨日は ゆとりの一日…の つもりが

仙台出張タップ稽古のあと

父の病院 顔出して

帰宅してすぐ ケアマネージャーさんと

来月 母初ショートステイの 契約さんとの 面談と

…で 終了したら ばんげの時間

ご飯も炊いてなかった

まぁ そんなに きっちり暮らさねばならないこともないのだけど

概ねの流れは 大事にしたいものよのぉ と

幸いにして 冷凍にしてあった ご飯を 温める

あとは あんちゃが 職場のかたに 北海道土産 として 頂いた 缶のラーメンスープを 何とかしようとしたものが 大鍋一杯にあり(もともとは ちっこい 缶に入ってるものだったのだけど うちが とんでもなく薄味なもんで ちょうど良い味にしようとしたら 寸胴くらいの鍋に なみなみくらいになっちまってた)

それを 応用しようかと 思いきや

母姫は「味噌汁がいい」とな

…だよね

馬鈴薯 わかめ あぶらーげの 味噌汁

ほかは 作りおいてた 切り干し大根の 煮物やら

わかめきゅうりちくわポン酢あえとか

いつものやつ

しかし も少し 動物性蛋白質も あった方がいいかな と

冷蔵庫見たら

見切り品で 買ってた 立派BBQフランクあり…

これは 先日 タコさんウインナ着想からの

おおだこ擬き 宇宙人ウインナこさえたのと おんなじもの

やおら 細工魂 目覚め

彫刻刀なんぞ出してきて

研いで 細工してみる

あまり懲りすぎて 遅くならんように取り急ぎ

こんどこそ 目のある たこさんと 鯉を~♪

結果「目のあるタコは むしろ気持ち悪い」とか

「鯉の亡骸のよう」とか

前回以上に 不評

確かに こんな感じの 雷魚とか

どぶ川に 浮いてたよなぁ…とほほ

食べる楽しさ というよりも

作る楽しさとか

驚き呆れる顔 見たさなのだな と

薄々わかっていたことを

改めて 確認した

というわけで 誰も喜ばないけど

今後とも 気分次第で やるかもしれん

「要らん手間隙」ウインナ

ご立派くろあげはさま

2019 年 9 月 27 日 金曜日

その後

庭の 鳥糞幼ちゃん どうなったかなぁ と

行ってみたら

うわわわわ!

別の ご立派 みどりこさん おられることに 気づく

たぶん くろあげは

うわ~ん

うつくしくて

震えちゃうよううぅ♪

これだと 近々 蛹になっちまうだろな

今朝 息が 白く見えるような 冷え込みだったけど

羽化までたどり着くかな?

蛹のまんま 越冬かな?

微妙だなぁ

いずれにせよ 達者で繋いでくれろ~

お気遣いいただきつつ とんでいく

2019 年 9 月 26 日 木曜日

転院してから

面会時間が 早く終わってしまうところなので

水 木 の 仙台保育仕事は 早く上がらせてもらいたいものの

小規模保育園の ツラさ

そうやすやすと 勝手できんのでした

…まぁ 大規模だとて やすやす…なわけはなく

概ね 仕事って そういうもんなのだけど

昨日は

規定やら 監査やらに 抵触しない ぎりっぎりのとこで

園長先生が「今なら あがっても大丈夫」と お気遣いくださり

予定より ちょいと 早めに 上がらせていただいた

すみませぬおことばにあまえますうぅ!と アメリカザリガニみたいになりながら

有り難く 辞す

んが しかし 世の中 帰宅ラッシュの時間

これまた 滞ること この上なし

つい ちんたら走ってんぢゃねえよっ!とか

車線変更するなら早目に方向指示点灯しろやあほんだらっ!!と

心の中で 柄の悪い暴言 暴発しまくり

ああああぁ…社会的人として駄目になってゆく感

ふと 最近 逮捕された あおり運転の ヤバイ人の映像を思い出す

彼は これまでの社会生活で たくさんの ぶつかり擦れを 起こしてきたのであろうな

そういう安易な放出に 慣れっこになってしまっていたのだろうな

…そんなことを 思って 暴言暴発を 冷ます

精神衛生上よろしくない

気を紛らせるために 歌など歌ってみる

何故か 口をついて出てきたのは BARBEE BOYSの『女狐ON THE RUN』

♪うぉっ うぉううぉうお~♪女狐ON THE RUN~♪てな サビのとこで

窓開けてたことに 気づく

こっぱず!

誰も聴いてませんように~!

んで 結局 病院には 面会時間終了してから 12分ほど過ぎてて

それでも 幸いにして 玄関は 開いていて

無事 入れましたる

未捺印の 書類に 判子つけるとか

お襁褓ごみ回収とか(入院セット申し込み コースによって お襁褓ゴミ処理は じぶんちでやらにゃならんことに なっとる)

看護師さんとも すこぅし お話しできて

父の 熱は上がってないようだ てなことも確認できて

ひと安心

いやはや

とにかく 問題なのは わたくしの 逸る心だ

苛っとして 焦って なんにゃらか 問題起こしたら

辿り着けるどころか

元も子もなくなっちまうだ

気を付けよう

車で歌うときは 窓閉めよう(音楽かけるときも 窓は閉めてるんだけどね)

ひかる ことば

2019 年 9 月 25 日 水曜日

胸のうち

ささくれだちそうな夜

ひかることばにであう

なみだがとまらなくなるので

また 明後日

読もう

拘束着が かわゆい

2019 年 9 月 25 日 水曜日

昨日の父

素敵な感じの つなぎを 着せてもらってた

うっかり 大事な管に 触れて

引っこ抜きそうになっちゃうもんだから…と

容易く 肌身や 大事な管に 触れることができないようになっている

複雑な構造だけど

悲痛な思いにならないように…ということか

なかなかに 明るく素敵な色合い

わたくしの 好みの色 てことでもあるが

いいねぇ これ 好きな色だ~♪似たようなのあるから お揃い気分で 着てくっかな♪と 言ったら

看護師さんが 申し訳なさそうに 苦笑しなさった

拘束する…ということに関して 敏感になっているようだけど(これらを身に付けることについて 承諾書かいた)

より安全に 治療してゆくため という 光に向かっていることなのだから

問題ないっす

気になる お熱…ということに今日は 下がってるといいけど

今日は 病院行けるかどうか 微妙だなぁ

うぅむ

今回入院してから 病院にいかない日はなかったもんで

わたくしが 気持ち的にスッキリしないだけ

行けないからとて なんも 誰も 困らない

持ち帰らねばならない お襁褓ゴミが 溜まるだけ(入院用品のセットの コースによって お襁褓処理方法が違ってくる)

まぁ そんな日もある…てことで

切り替えよう