‘おんがく’ カテゴリーのアーカイブ

カーネーション

2022 年 5 月 10 日 火曜日

かつて 母が

「カーネーション あんまり好きじゃないんだよね」て 言ってたので

もう 三十年以上 カーネーションを 買わずにおった

二十代 半ばに『たとえばカーネーション』という 歌を作って 贈ったのが

カーネーション関係の 締めだったかも

しかし 今年は 母自ら

ばあちゃんに…と カーネーションのこと言い出したので

母リクエストの 白いカーネーション 3本

そして 母へは 赤カーネーション一本と かすみ草(他のリクエスト いぶりがっこも買ったよ)

玄関には 誕生日で し〜ちゃんが 心込めて作ってくれた カーネーションのレイ…の ドライになったのが 掛けてある

♪照れくさい「ありがとう」は たとえば カーネーション

いつもの 意地っ張りは

真っ赤な襞に かくして♪

かつての 歌を うたってみる

真っ赤なの 一本しかないけどね

4日前の投稿だけど 改めて『水平線』

2022 年 5 月 9 日 月曜日

『水平線』という歌を知ったのは

Kevin’s e Roomの 三人が 

チャンネル登録 百万人記念で 三ヶ国語で 歌った 動画にて

↓↓↓↓↓

素敵な歌だなぁ て 調べたら

back numberさんて 方々のもので

この歌が作られたのは

二年前 

始まって以来 初めて インターハイが コロナの影響で 中止になって

それまで 開催に向けて 奮闘してきた 高校生の 実行委員の人が

開会式に 歌を歌うことになっていた back numberさんたちに 何か なんとかできぬものか…と お手紙を書いたことが きっかけだったとか

音楽をやっているものとして できることは 音楽を…という ことから 思いを歌に込めたらしい

そんなこんなの思いも back numberさんの 公式動画には
明示してあります(タイトルのとこクリックすると メッセージが書いてある)

なかなかに素敵

そのコメントを 読んだあと

また この音楽を 聴くと

更に 迫りくる 伝わる

↓↓↓↓↓

何度も 聴きたくなる 歌

ありがとう

動画沼 まだまだ続く

2022 年 4 月 30 日 土曜日

動画沼に はまり

抜け出せなくなると困るので

なるべく 漫然と観ないようにしてるつもりが

つい

ついつい…な…

何かを観ると

それに関連した 動画の お誘いみたいなものが 表示されて

つい

ついつい

ついついつい…

大好きな Kevin’s English Roomの かけちゃん やまちゃん ケビンが

憧れ眼差しで 語る「ワンオクの takaさん」という 名前

気になっていたら

ライブの動画のお知らせが表示されて

開けてみた

ワンオク→ONE OK ROCK(わんおくろっく…と 発音するらしい)

初めて 観たのは『Wasted Nights』ライブバージョン

ひ〜

突き抜ける声

声がいいから 声量があるから…と ぶっ飛ばすでない

届く 旋律と言葉との うねり

世界スケール!(海外レーベルとも契約して 躍進しとるとな)

夢中になって

次々 聴いてしまった

そのうち 彼の弟は「マイファス」→MY FIRST STORYというバンドをやってる hiroだ とか(こちらも 手のひらの上で やさしくひびく感じ 素敵だ)

彼らのちちははが 森進一と 森昌子だとか

佐藤健と デビュー前からの 親友だとか

次から次と 芋蔓式に 観てしまった

インタビュー動画などもみてしまったけど

話す言葉も 届く 重み

すごいな

なんて つぎつぎ 夢中になってみてしまい

誰か俺を止めてくれぇ(映画『ヒッチャー』の ルトガー・ハウアーの 声色で)とか言ってたら

牛太郎の ちくちく時計 発動 未明3時

いてててて

ま でも いまさらながらでも こんな 素敵な歌歌う人がいると知ることができて

うれしいやらなんやら…

がったがた アラベスク

2022 年 4 月 26 日 火曜日

心身の調子の バロメーター

ドビュッシーの『アラベスク第一番』

久しく 弾くこともせで 居りました

関節の不具合のため 大事を取りすぎたのね

本日 弾いてみたらば

びっくりするほど がったがた

一瞬 見失っても 大枠は 把握してるので すぐたち戻れる…と 思いきや

枠の 実線が

ぼやけ 霞み

てん てん と 消えかかってる感じ

うわ…

寄る辺ないよな 空白部分を 

少し先の 見えるところへ ええいっ!と 跳躍するように 進んでみる

瓦礫のような 外れ音 や 

がつ ざつ ぎし びし と 尖った 欠片を ばら撒くようにして

なんとか 仕舞まで 辿り着いた

いや…ついたのかこれで!?

呆然としつつ

もう一度辿る

先程の 空白から 薄らぼんやりと 枠組みが 蘇るところもあった

そしてまた 手探りのような 辿り…

痺れや びり びり と 走る電気のような感じを 恐れず

何度か 辿ってみた

少しずつ また 見えてきた

わかっている

いま 全てが そんな感じなのだ

養生と 怠惰と 焦燥と…

しかし どろどろの マグマにも似た 思いが 噴出を待っている…いう いつもの 火事場の馬鹿力信仰

瞬発の期を 待ち構えているのも うっすら 感じている

しかし すこぅし たち現れるのが 重たく 鈍い

今まで以上に 自分にはなにもない と 狼狽え

しかし だからこそ 思いもよらぬような 新たな 注ぎ込みが 叶うのだ とも 思う

なんだそれ!?だけどな

うまくいえないけど 

そういうことだ

作品への 向き合いは いつも そんな ぐだぐだの 混沌が付き纏う

じたばたしつづけるのだ

錆を落としてゆくのだ

やれるやれるやれるやれる!

すべてを味方につけて

形なしてゆくのだ

『その人は言いました』

2020 年 5 月 15 日 金曜日

亘理の 苺の おばちゃんから 買った 春菊と 菜花を

ちっこいボールに 活けといたら

お花が立ち上がってきて

花束というか

グリーンブーケ

美しねぇ

…あぁ この言い回し

大好きな人が よく 言ってたなぁ

小学生の時の つのぶえ合唱団(だったかな?中学のときだったかな?)で 歌った『その人は言いました』作詩 山上路夫 作曲 池辺晋一郎)をも 思い出す

↓↓↓↓↓

https://youtu.be/Cg6mXowfWEc

YouTubeに 混声合唱のが あって

あらためて聴いたら

涙 ぶわっ なんて でてしまった

いやはや

いまだからこそ また 新しく美しいなぁ

そんな 気持ちも丸めて

ばんげに いただきます

夏が来る

2017 年 5 月 18 日 木曜日

「緑が 空の青さに輝いて 部屋のカーテンと 同じ色になっても 何故かどこか違うのは きっと生きてるからだろうなんて考えて 君に会いたい」

キャンディーズの『夏が来た』だったかな?

『春一番』より 今一つ ヒットしなかったと思うけど

今も口ずさんでしまう 好きな歌

はじめのとこしか 覚えてないので 

そこだけ繰り返しちゃうけど

この最後のフレーズが好きだ

そんな 気持ち あるよね♪なんて 思う

なにか 美しいものを見たり

心が動いたときに

「君に会いたい」て

心のうち震える 振動 波長が 気持ちよく 添える存在だね

よし 会おう に 

生身で 繋げられる人もいれば

生身はいなくても あぁ いる と 実感できるような人

大好きな人

あぁ

会いたい

夏が来るなぁ

舞台袖で 泣く

2017 年 5 月 13 日 土曜日

陰マイク領域で

機材間近にして

うきうき 呑気におりましたれば

あっ!

一部の締めの曲 ジプシーキングス『A Mi Manera(マイウェイ)』だ

わたくしの パントマイム作品『地図にない道』でも 使わせてもらった

かつて 「おしゃさん」が ケイダンシングカンパニーに 振り付けたこれ

ダンスで泣くなんて!というほどに 胸に迫るものが 怒濤のようで

号泣したのだったよ

逝ってしまった おしゃさんを思って

先送りにしてしまったために 繋ぐことのできなかった 思いの無念さを 

自分の不甲斐なさを 

振り切って 

奮い立たせるとき

聴く

泣く

でも 力が湧いてくる

おしゃさん ごめんよぅ でも くじけず頑張るよぅ なんて 改まる

舞台袖で

うっかり泣いてしまった

赤大根で 切替えろ

2016 年 5 月 17 日 火曜日

あと一曲 練習したら 昼御飯の準備だな…と

己の中の 締めに 差し掛かり

曲も 盛り上がりのあたり

やおら がらっ!と 戸が開いて

「ほらっ おかさん うんこだどっ!」と 父

おい 状況読めよ てめえがやってくれよ…と 胸のなか 悪態爆発

その瞬間から ピアノの音が

粉々ギザギザに割れた 硝子破片みたいに荒れるのが あからさま

ひいいいぃ!

そうなんだ ピアノとの 向き合いのときに 

牙を剥くような思い

よく 露見して 怖いんだ 疲れちゃうんだ

とりあえず 最後の音まで たどり着こう と

何度も 呼ぶ声 やり過ごし

しばし 待たせる

ちちはは やべぇ…触らぬ神に祟りなし的 雰囲気も 滲ませながら

ピアノの部屋から出て来たわたくしを ちら と 見る

「すまん…」と わたくしの 口調真似して 母呟く(「ごめんね」禁止と 何度か言ってるもんで…)

また そんな気持ちにさせてしまったな と

うなだれる心持ち ぎっ と 踏んづけて

母が謝ることじゃないっ と 突っぱねる

昼御飯準備始めるきっかけにもなったわけだし…

そういいつつも なんだか 一挙手一投足 雑雑に荒いまんま

いかんいかん

めでたい気持ちになる 赤大根など 浅漬けにして

美味しく食べて 笑おう

そんな風なこと思い付いて 切り替えろ!

そんなこんなな 雨の日

ピアノ練習

2016 年 5 月 17 日 火曜日

ここ数年 諸事情重なって

家で ピアノの練習というものを ほとんどせずにおりましたる

曲作らにゃ…てなときは 鳴らすし

ピアノ仕事 ちょこ とは してるわけですが

練習するときは 仙台で 仕事で借りてる部屋で…と

ほんと 仕事としてやっててどうよ そういうの?と お叱り受ける覚悟ありますが

30年近く用いていただいた 退職婦人教諭コーラスグループも 今年 諸事情あって 解散してしまい

ますますこれ 練習など しなくなってしまうであろうな…なんて 怠けたこと 思ってました

母車椅子押すときに うっかりやっちまった 右手首捻挫も 

ずっと 治らぬまんまだし…とほほ

なんつってたら 寝耳に水

関わってる 財団の お誕生日に ピアノ弾いてくれ ですと

くりすちゃんあそしえいしょんだで ちょこちょこ お集まりの 奏楽とか させてもらってましたが

周年記念に ミニコンサーとしてくれですと

海外に コンサート巡りしに旅行に行かれるような ハイソな方 たくさんおられますとこで

ピアノ…

ぷれっしゃああぁ!

でも ま わたくしの こんなあんなそんな 長年見てくださってる方々でもあるから

そう大したことは期待しておられるまい

なん周年記念…て 気張らないで お誕生パーティーみたいなことして 和気あいあい お喋りしたらいいじゃないっすか~♪とか 

先日の会議で 発言したの わたくしですしね

ピアノ弾くって 一言もいってないのに…

「今まで パントマイムとかの パフォーマンスみせていただいてたけど 今度は ピアノお願いしましょうね…ここでお教室長年やってらっしゃる先生ですもの」てなことが

理事会で 秘密裏に?満場一致したのだとか

んあああぁ

てなわけで

久しぶりに 練習など…

できなくはないのですよ うちでだって

しかし 手首痛い上に

小指が 突き指みたいな感じになってて

つくづく ピアノの人ではなくなってること 実感…

でも 今の わたくしならでは で やるしかないっすね

んも ラフマニノフとか 遠い世界になっちまったで

気張らず いきます

いてててて

電線譜に全音符

2014 年 5 月 17 日 土曜日

電線譜に お月さま
ちょうど「そ」の 場所だね
小節線もなくて
すべて のばしてしまいましょう の 全音符みたいで
そうそう
生きてきた これまでの日々
うきうき も
とほほ も
すべてあってこその今
そ~~~~~なのよ と
全肯定してもらった気分
おもわず
そ~~~~~だよね♪なんて
うたってみる
そんなふうに 生きてみる