‘与太話’ カテゴリーのアーカイブ

褌ぺろり

2020 年 5 月 19 日 火曜日

母 お昼寝から起きる助太刀して

さてと 午後の 用足し 始動だ

まてよ その前に ポータブルトイレの中身 始末して

コピーせねばならん 重要書類持って

あっ その前に 母にお茶 出して

飲み残しの 珈琲飲んで

買い物メモ書き あと足りないものなんだっけ えとえと…と 思いめぐらせつつ ふと 見たら

ぺろ~ん と ズボンの 腹のとこから 出てるは

褌の 先っちょ

ぎゃあああああぉ!

さっき 近所の コンビニエンスストアまで
コピーにいっちゃった

いやまてよまてよ さっきは 腰冷やさんように 腰巻きみたいな 布 巻いていったから 見えなかったはず と 思いたい

いや 見えても 褌とは 誰も気づくまい

とほほほほ

こんだぁ 気を付ける

こんなこと わざわざ言わなくてもいいんだけど

己の戒めのために

しっかりしろおおぉ!

身支度確認してから出掛ける

画像は 身支度の素敵な みのむし様(あまり関係ないけど…)

シンクロあほう

2018 年 6 月 23 日 土曜日

本日の ステージで

「くだものかいだん」のとき

おきゃくさまに 果物の名前出してもらって

からだのどの部分で それを 示すか…も

アイデア出してもらってたのに

「苺」出してもらったとき

つい 鼻を つまんで 誘導してしまった感

これは 昨日 顔本(Facebook)にて きのちゃんと やりとりしてるなかで

シンクロということばがでてきて

思わず シンクロナイズド・スイミングを 思い出して

鼻に 洗濯ばさみを とめてみようとしたけど 鼻でかい わたくし とてもとまるもんじゃなく

鼻が 真っ赤な苺になりかかっただけという間抜けないきさつを 思い出したからなのでした

あほぅで すまぬ

3本箸

2018 年 6 月 6 日 水曜日

とてぱたと

朝御飯と 弁当準備

なんだか もたもたしてしまって

詰めようとしてたおかずを こぼして

落ち着けわたくし と 深呼吸

しかし 手元の 箸をみたら

三本で やっていたこと

あとから気づく

まるで ギターマニアの三本ネックみたいとか 言ってみる

違うよなぁ

一人 失笑

パンツとスパッツの間

2017 年 9 月 9 日 土曜日

昨日 パントマイムお師匠 はとちゃんまんちゃんちから 辞したあと

あれれ 持ってきた手拭いのうち 一本が 見当たらないぞ と 気づいた

いやいやまてよ リュックに ぐいぐい押し込めたから 

奥の方に入ってるかも…と 思いつつも

使うつもりでいたやつ

そんなしたには 入れてないはず と 

浅く がさがさ 探してみたものの

ない

まぁ ありふれた 年代物のやつ

何本もあるし

柄が 気に入ってる…て わけでもないけど

かつて ばあちゃんが 踊りならっているときとか

何かに 用いていたらしく

「とし子」て 書いてあるやつで(本名「トシ」なのだけど 「子」が流行りだして 通称に 自分で つけてみてたらしい)

やはり そのあたり 愛着ある

んで はとちゃんに メールしてみた

手拭い 落っことしてないですかね?なんてね

見当たらない てことで

あとで あらためて 荷物すべて ほじくりかえしてみよう と 切り換え

人との待ち合わせもあったので

そそくさと 電車に乗った

んで 目的駅について

出すもんだして…と トイレにいったらば

あらやだ

手拭いが パンツと スパッツの間に 挟まってました

むむむむむ

はとちゃんまんちゃんちで トイレにいくとき

ぽっけのない 寝巻きみたいなもん 着てたから

手拭いを 首に巻いていたのだけど

それ 落っこちて 挟まったのか?

以前も 人の車に乗っけてもらって 

食事など しにいったのち

髪留めが なくなってることに気づいて

食事どころや 駐車場や 車のなか 探してもらったのに 見当たらなくて

ああぁ なんて 諦めたら

パンツとスパッツの間に 挟まってたこともありましたっけ

なんなんだまったくよぉ

失せ物は まず パンツとスパッツの間を 探せ!てことか?

間抜けですんまへん

ちくわを買って 落とし前をつける

2015 年 5 月 26 日 火曜日

夢の話を持ち出すな…とはいえ

いっちゃうんだけど…

先週末 早起きして 出掛けなくちゃ…の いつもよりも 重圧感ありありの 朝だったもんで

妙な 夢など 見続けて

目覚めると ぐったりしつつも おかしいやらなんやら…

夕方みたいな 気分でもあったのでした

1つは かつて 講義を頼まれたことのある 大学に バスで向かっている…バスの乗り降りが 苦手なわたくしは 萎縮している

あれあれあれ?お金いつ払うんだっけ?乗ったからには もうあとで払うしかないんだよな…いくらだっけ?230円だったかな?あっ もう次降りなくちゃいけないボタン押さなくちゃ

…と 現実世界でも 何度も なぞったような 事と 心持ちの展開

んで 焦って 財布開けて お金だそうとしたら 

何故か そこに ちくわが入ってて 邪魔で お金を 出せない

運転手さんが 困った顔をしながら

財布の中から 現金をつかみ出そうとしてくれてる…ちくわを 避けながら…

あまりに時間がかかるので 発車してしまい

バス停を 2つ以上過ぎてしまって

時計を恐る恐る見たらば もう 講義開始時間が 30分も 過ぎてる

なるべく 傷が深くならぬうちに 現場にたどり着くには 

どうしたらいいんだ?と

最善策やら 言い訳やらを 考えて 

なかば 呆然として バスに揺られてる わたくし

…ね

くだらんでしょ?

人の夢の話ほど どう対処していいかわからん心持ち わかっているものの
 
あまりに馬鹿馬鹿しいもんで

ふろいとさんやら ゆんぐさんなど 照らし合わすなんてことは いっさいせずに

ちくわなど 買って 落とし前つけようとしてみる わたくしでした

黒磯で出せるか?

2013 年 9 月 5 日 木曜日

昨日 提出忘れた 保育園 検便を
気持ちよく 朝のお勤めでとって
投函するはずでしたが
なぬぅ!?
でませんでやんの…
朝のお小言
いろんなことさておきにしてなじょして行くの?的
ごもっともさま呑み込んで
共に引っ込んだか!?
うむむ
今回も 無謀無計画旅立ちのなかで
徐々に 予定が転々と定まっていった道行きですが
またひとつ 確かなる 予定ができました…
黒磯あたりで うんこして 検便をとって 投函すること
…実に下らんが
まぁ 忘備録としてね…

バチじゃない

2012 年 9 月 24 日 月曜日

雨…一瞬 上がったと思いきや
ざんざんぶり
わ~
昼の日中から 露天風呂入った バチ当たったかな~
とか言ってみても
森羅万象が こんな 地球の隅っこで
ちみっと 風呂にはいる もんのせいで
揺らいだりするわけないんぢゃ~
…てことで ゆるしてちょ(誰に言うか)
これから ちょこ と 仕事します

うずまき顔

2012 年 9 月 15 日 土曜日

朝方 4時頃
何やら 不快な感じで 目覚める
うらうらうとうと…の真夜中に
蚊のみなさまの 宴会が ちょっと つらくなって
蚊取り線香を つけようとしたのだった…のに!!
あろうことか それを 「つけようとした」途中で 寝てしまったもよう
昨日のしましまどころか
渦巻きが 部分的に ほっぺに…
歳を重ねると
こういう模様って なかなか なくなりませんのに…
早めにきづいてよかった~

そぞろってる!

2012 年 9 月 14 日 金曜日

心 漫ろだと
ちょっとした しくじりをやらかす
舞台前など に よくあるのは
何故か「パンツの裏返し」「公共の場などのトイレの鍵かけわすれ」
下にたいする 頓着が 無くなるのですね どうも
まだ 大事には至っていないのだけれど…
最近 ちょ と そんな 漫ろになるような 舞台もなく
平安に 過ごしていたつもりが
お!?パンツ反対!!
しかも 仕事してたとこで トイレの鍵かけわすれ(誰も間違わなかった)
どうしたこったい!?
もしかして ここ数日 明川哲也さんの 奥の細道周辺のことで
そして ここの 顔本での 素敵な 出逢いや 出逢い直しに
そうとう 浮かれ舞い上がっておる様子
人に見えない部分で 別に支障ないわいな と 思いつつも
明らかに 素敵な模様が 内側に来てたりすると
ショックなのですよ わたくし
はふ とか ため息ついて 風呂に入ろうとしたら
一日はいていた腰巻き状 skirtみたいなもんが 裏返しであったことに 気づいた
う…
これ 加齢のせいもかもあるんですかね?
縫い目とか 模様が 裏表よくわからない インド綿で よかった あはは(同じことを何回かやってるんだ…舞台前に)

ろね→ねろ こも→もこ

2012 年 9 月 2 日 日曜日

どうやら わたくし 唐辛子の 一種「ハバネロ」を
「ハバロネ」と 言っていた ようだ
こっぱず!!
そういう ぷち 間違いが 山盛り あると思うのですね
「ばかだね ぷぷぷ…」て 思っても よいから
どうか 間違いを 正してくださいませね
…とかいってて とある人が 「ペリー・コモ」のことを「ペリー・モコ」と 言ったのを(しかも何度も)
うわ…と 思いつつも
そのほうが 可愛くて 愉快だから そのまんまにしててほしい…なんて 勝手な理由で 黙ってた
すまなんだす