2016 年 6 月 のアーカイブ

留巣!?

2016 年 6 月 26 日 日曜日

朝 書いた お手紙

封はしておらず

贈り物の アールグレイに いれて

お渡しするばかりだったものの

なにか もやん としたものが どこかにあって

コンサート会場に着く前の 信号待ちで

ふ と 出して 読み返してみた

ん?なんだろ 

違和感?

どこだろ と も一度 読む

あ…

留巣…て 留守だよな

やっと 合点がいく

きちんと 記憶にとどめていないようで

お利口な 脳細胞は

間違いを とらえていたのね

それなのに 自意識…つう ばかものが

はいはいもうできあがり~ て 流しちゃってたのね

ありがとうよ

おかげさまで めでたく 書き直して お渡しいたしましたる

馬鹿だけど利口…

使いこなせるかどうかは その日の 体調次第…てな有り様の わたくしでした

清水明子先生!

2016 年 6 月 26 日 日曜日

ブーケの会 主催「Linder -Spinnrad 歌曲の糸車~お話と朗読と歌で紡ぐ歌曲のたのしみ~」イタリア古典声楽曲

堪能いたしましたる

歌い手さんたちが お行儀よく お座りしていて

清水明子先生が 小話や 歴史や

ご自身の 解釈を お話ししながら

代わる代わる 歌われてゆく

はじめは お堅い感じだったものが

だんだん お客様も 温まってきて

やわらかな 笑い声も 生まれる

清水先生の 番になって はじめにうたわれたのは『Le violette』

純粋に 鑑賞する…てよりも

やはり 思いを重ねてしまうのだな

お声を 聴いたとたん ぶわわっ!と 涙 噴出

うおおおぉ

自分でも 焦る

手を ぎりぎりぎりと 握り合わせたり つねったり

歯を食い縛ったり…まてよ なにやってんだ?

要らん思い重ねず

も少し 冷静に聴こうや と

先生のこと

かつてあった 恩義てんこ盛りの日々のこと さておきにして

凪ぎの気持ちで 歌に集中する

…すると 人の声の 聴き心地の違い

やわらかな ほあほあ感

ぴん と まっすぐ射し込む 鋭角な 光り感

独特の 傾ぎかたや 角度

艶めいていて 弾力のある 訴求力…あっ やっぱり このお声は 先生だ…また 泣く

30年近くたってて 何?この つやぴか感

せいのびではない

高みを わかっていて さらに上から 撫でるような 弾力というか

ソプラノなのに 太く深い響き

やっぱり すごいんだ

こんな わたくしさえ おいで♪と 手を広げ 興味をもって 受け取ろうとしてくださった あの日の 包容力 お人柄のまんま

お歌も 高く広く深く温かなのだな

そんな日のことなんて 先生は お忘れかもしれないけど

確かに あの日 わたくしは 救われたのだ

だからこそ 今こうしてここにいる

これが 泣かずにいらりょうか…

舞台後 お見送りのとき

先生は わたくしの顔を 覚えていらっしゃらないだろ と

名乗り ご挨拶したら

「あぁ♪いつも お手紙ありがとうね」と お年賀のことで 名前は 覚えててくださって

感極まって えぐえぐしてしまい

うまく 話せなくなってしまった わたくしを きうぅっ と 抱き締めてくださった

涙 更に だばばばば

あの日覚えた アールグレイのことなど お話しして

ぐずぐず顔のまんま お写真 ご一緒させていただいた

「遠くまでありがとうね 今度は 仙台でやるから また遊びにいらっしゃいね」と

ぽぽぽぽぽ と 肩を 叩いてくださった

何年か前に お連れ合い(やはり 声楽家であられた)亡くされて

現役も引退なさる…なんてなはなし おうかがいしたものの

こんなかたちの もっと 歌を手元に引き寄せたかたちで 紡いでゆこう と なさってる

まだまだ これからだ

「うちの息子『聖飢魔II』の エース清水なのよね…だから私『世を忍ぶ仮の母親』なのよね ふふふふふ」て

20なん年か前に いたずらっぽく笑った あの 表情も そのまんま

ぜひまた♪

今度は も少し めそめそせずに 聴かせていただく所存です~

「パンも食う」

2016 年 6 月 25 日 土曜日

お昼

ちちははは お茶漬け

二人の分揃えて

そののち わたくしの 食べ物…パン準備しておったら

食べ終えた父「パンも 食う」とな

食事的なパンなら 今 温めたけど といったら

甘いのがいいそうで

甜菜糖の みつあみパン ちみっと 切りました

「ちみっとでなくていい」…て いうけど も少し 惜しんで 食ってくれまいか…

んで どう?と きいたら

指で おっけサイン出して

モグモグしてました

パン好きぼっちゃん…て 感じ

なんだか 可笑しくて 写真とっちゃった(カメラ目線は くれない)

つやぴか

2016 年 6 月 25 日 土曜日

昨日 真理子さんに お裾分けいただいた

見事な さくらんぼ

今年の 初さくらんぼが

こんなに 艶ぴか 素晴らしく甘いもので

うれしいうれしい

思わず 東の方角おしえてもらって

大声で 笑った

んでもって この 艶ぴかさんたち

今ごろ ficcele パン工房の 清美さんの手で

素敵な デニュシュを 飾っているかもしれない

いいなぁ

この 清美さんの 笑顔もいいよなぁ♪

あ…清美さんの なにか 美味しいものに出会ったときに「これならこんな風かな…」て

さらに 美味しく届けようと 思いめぐらせたりする 表情も 素敵なんだよなぁ

うつくしやさし

2016 年 6 月 25 日 土曜日

昨日 石巻 癒しのキラキラ夢工房 真理子さんに お願いしておりましたる ブローチ

ほんものの 紫陽花を用いたものですが

可憐な キラキラ…母好み ど真ん中♪

見えないところに キラキラパーツなど 埋まっていて

これあってこそ「おるごないと」という なんやら 癒しの効果あるということで

きちんとした 単語 覚えられぬまんま

母にも伝えた

母にも 言ったところで 単語など 覚えるつもりもなかろうが

とにかく そんな風に こっそりでも 人の幸せを願いながら 美しいものを作って届けようとなさる 真理子さんの 天使の心は 

しっかりと 受けとりました様子

にこにこです

「今ここにつけようかな~♪」と言ったものの

間に合わせで着せられちゃってた あんちゃの「泡盛」Tシャツ…それはちょっとどうか…

なもんで

お出かけ レースカーディガンに付けて

とりあえず 記念写真

撥水薔薇マットも 持ちたい てんで

なんか わけのわからん 記念撮影もしちゃいまして

横で その隙に 父が 清美さんの あんぱん瞬間消滅させてたことに あとで気づく

黙って 食うなや!と 言ったら

「んまがったど」とな

ま 不在を詫びる前に まあるくおさまりましたで めでたし

たのしおいしやさし

2016 年 6 月 25 日 土曜日

昨日は 

やえさんと 石巻 癒しのキラキラ夢工房&ficcele パン工房へ

なんか ランチデート的だぁ なんて うきうきして 舞い上がり

待ち合わせに 遅刻して(みどりこさんの写真を撮ったせいではない…複合理由)

ランチの予約してなくて あわや 食べられんかも!と 焦ったり

でも 無事食べられて

しかも 相変わらず 素材のよさを まっすぐに届けてくれる…隅から隅 おもてもうらもおくまでも 手抜かりなく きっちりと美味し

やえさんとふたり「お皿下げないでくださいね…んまい ドレッシングのとこ パンで ぬぐってたぺるからっ♪」なんつって

塩パンムッシュ買った

ぬは♪

しあわせ

丁寧に ひとに ものに やさしく 生きる

そんな 天使みたいなひとたちに 囲まれたひとときでした

ありがと~♪

よろこびだらけの日々

2016 年 6 月 23 日 木曜日

かがくいひろしさんの『だるまさん』シリーズの

『だるまさんと』の 最後のページの ピース

まだ ちょき できない 小さいさんたち

なんとか 真似っこしようと 四苦八苦

で ここんとここうやっておさえるのだよ と 助太刀しても

なかなか 思うようにいかぬ

…が 昨日 Hくん 

なんとか ピース保てて

嬉しくて ピースのまんまずっと にこにこ

わはははは

めんこいのぉ

初めてのよろこびだらけの日々

ちょっと うらやましい

「失礼」な奴にも

2016 年 6 月 23 日 木曜日

「失礼かもしれませんけど」という 言い回しを

立て続けに いろんな人の口から 発せられているのを聞いた

んでもって なぜか その先の 言葉選びは

なるほど「失礼と とられるであろうなぁ」というものばかり

まぁ 本人らは 失礼に当たる と わかっているのだろうけれど

その 敢えて ざらつくものの言い方というのは

「失礼を 敢えていう 度胸」に 酔っていたりもするのかもしれぬな

声色が 似てるぞ みなさま

相手が 受け取ってどう思うか…なんてこと

結構 考えちゃいないんだな

もしくは 想像力 創造力の 欠如?とかも 思う(失礼な言い方…わたくしこそ!)

考えすぎちゃうと わたくしみたいに 言い出せずに とか

もってまわったいいかたとか

なにいってんだこいつ?に なったりもしちゃうので 

程度加減ですけど(わたくしは 反省したあと 何倍返しくらいの失礼さ ぶちまけるから 考え気遣いが
 裏目に出たり 裏切りと とられたりする…気を付けよう)

ま どんなでこぼこざらざらでも 添うて いいとこに 繋げられればいいなぁ て 思うので

なんだかなぁ とか 思いながらも

そんな相手にも 受け取れる言葉を さがしていこうと 思うだけは思っとる 

おたまちゃんたち

2016 年 6 月 23 日 木曜日

河原のお散歩

おたまちゃんたち

掬われたものも

掬ったものも

覗いてるものも

みんな

おたまちゃんたち

お煮しめ!?

2016 年 6 月 22 日 水曜日

味噌汁は たいてい 煮干出汁なのだけど

取り外した頭を捨てるな…と 言ってあるもんで

袋の中が 頭ばかり溜まっちまって

本体部分が なかなか探せなくなっておりましたる 今日この頃

別にしとけよ て 話ですが

なんかもう 日々の こもごもに 流され呑まれて

つい やすきにながれて 粗雑になってゆくわけね…

ま それはさておき

一昨日の朝は

あんちゃが 味噌汁を 作ってくれたのですが

煮干本体 探すのが 面倒だったのか

昆布出汁 切らずそのまんま

むぉぉ…お煮しめか?

それはそれで 味わいありましたけんど

ちょいと 勿体無い感もあり

新しい煮干 買ったで

よかったら また 作ってちょ~だい