2018 年 5 月 のアーカイブ

硝子絵 リニューアル

2018 年 5 月 31 日 木曜日

「おひさま原っぱ保育園」の 硝子絵

そろそろあちこち 描きかえんと

ボロボロ剥がれてるとこありありなのですが

空気の入れ換えで 硝子戸開けて

西側の 硝子二枚が 重なったら

蛙の絵の後ろに 小鳥の絵が 重なって

偶然の 蛙天使になってた

おおぉ こっそり楽しい

今度 描くとき

こんな 隠れた 楽しみも 仕込みたくなる

ふふふふふ

近々 東側の 重機絵を どうにかせにゃ と 思ってるので

そこをどうにか 考えてみよっと♪

その後の もんしろみどりこさん

2018 年 5 月 30 日 水曜日

帰宅したら

冷蔵庫の ヨーグルトの蓋の上から 保護した コナガ改め もんしろみどりこさん

食草の かべじ樹から 降りておった

どうやら 蛹場探しらしい

あちこちうろうろされる前に と

しっかりした炭の心棒立てた瓶に 招き入れたものの

気に入らん とな

もとのとこに戻してみたり

あちこち 巡るに任せてみたものの…

このままでは 徹夜してしまいそうなので

あとはもう 成り行き任せにする

どうか 危険なところに ゆかないでくれろ と

祈るような思いになりながら…

使い分ける指

2018 年 5 月 30 日 水曜日

一歳になる前から

握る 掴む 摘まむ…の 違いが 明確だった Mちゃん

今や 一歳七か月で

さらに 指先の感覚が 繊細に 育ってるなぁ と 思う

てんとうむしを

ぷち することもなく

黄色い汁を 出させることもなく

つまみましたよ このお子は!

まだ ことばを明確に 話さぬでも

その動き やることなすことが

何を思い どうしたいか が 明確に伝わる

なんとも健やかなお子でありますわ

ちょ と 惚れ惚れしちゃう

「しんちゃん」の お店『しかいろ』

2018 年 5 月 30 日 水曜日

たみおば 若かりしころ

雄勝で 先生をやっていて

全国の先生が集まる 研究授業(音楽)をすることになり

それはそれは 張り切って

お子達にも いつも以上に お歌の指導をしていたときのこと

誰よりも 張り切って目をキラキラさせて歌っている ○くんが 飛びっきりの 調子っぱずれ

その声さえなければ すんばらしい ハーモニーなのに…と

おばの 心に ふと 魔がさして

「○くん 次 ちょっと やすんでてくれないかな」と 言ったとな

はじめ ? であったものの なんとなく 事情察して 目に涙をためながら 頷いた ○くん

しまった と 思いながら「素晴らしい」指導の結実 授業をせねば!で 頭 ぱんぱんだった おば

先へ進めようとしたとき

「先生 ○くん一生懸命歌ってんのに おがすぐねぇが?なんで休まなくてねぇのや?」と 声をあげた子がいた

学級委員の「しんちゃん」

その声に クラスのみんなも んだんだ と 声を揃えた

人気者でもあったらしい「もりたみせんせい」

きっと いつもと違う 空気を お子達は 感じ取ってもいたのだろうな

そこで おば ガツンと 殴られたような思いで目を覚まし

「ごめん!先生が間違ってた みんなでうたおう」

必死になりすぎて

「よりよく」の意味を履き違え 見えなくなっていたことを あやまって

再び みんなで のびのびと うたった と…

「今 喋っても 涙出る…あのとき『しんちゃん』に言ってもらわなかったら 勘違いしたまま 暴走してた 言わば 恩人なんだ『しんちゃん』は」

何度か聞いた話だけど

やはりわたくし も 涙出る

震災ののち 消息調べて 何十年ぶりかに 連絡がついた『しんちゃん』は

被災のため

雄勝でやっていた お店を ひきはらい

石巻市内の 内陸部で 再び お店を開いたそう

ご近所さんだけでなく

かつてのお馴染みさんも 訪ねてきて 賑わっているようす

京都出張の折りに 再びその話きいて

そのあとすぐに 石巻仕事だったもんで

こりゃ ぜひ 訪ねてゆかねば と 駆けつけたのですが

スープなくなって 終了…でした

はやってるってことだな

なんだかうれしいな

こんどまたあらためて 行こうと思う

いっぱしの畠みたい

2018 年 5 月 29 日 火曜日

今までの ほったらかし農法では

ほとんどの 野菜が 野草化して行く感じ

身を入れて 収穫に向かっていないからだ と あちこちから しかられてます

虫育てるための 食堂 とか 言われるし

しかし今年は 作物っぽいもの 目白押し

馬鈴薯なんて お花咲いちゃったもんね♪

よとうさんあたりが 茎を むしゃむしゃして あわや おしまい?てな 折れた茎が 一番に 咲いたのよ

防衛本能的な なんにゃらかか?

過酷な 荒野的な うちの畠に びったり…だといいけど…

昨年植えた 蒟蒻は やはり 消滅してしまったようなので

その ぽっかり空いたところに

大好きな ヤーコンを 植えてみましたる

いっぱしの 家庭菜園みたいだ~♪

なんの 知識もないくせに 行き当たりばったり

しかし 食料確保の 意欲満々

問題点をあげるならば

成長が嬉しくて 眺めすぎて

食べる時期を失う…てことかな

アスパラさまは 結局 2本出たうち

どちらも 収穫ではなく

鳥に差し上げ

たくさんの花を咲かせただけだった

命の巡りの楽しみとともに

こちらの命を繋ぐ いただきもの…も 今年こそ

本来 畠 て そういうもののはずなんだけどさ

気持ちが動いてくれたらいいな

2018 年 5 月 29 日 火曜日

サンファン館

縮小復元 模型もいっぱいあった

すごいなぁ と 思うと 同時に

あぁ 父も かつて こういうの こさえてたな と

思う

手仕事好きだったのだけど

今は 抗がん剤の副作用の 名残で

指先の 痺れや 感覚鈍麻があって

細かい作業が 困難→やる気喪失→興味もない…てな感じに なってる

もったいないなぁ

出来ぬもどかしさが なるべく生まれず

おもしろいな またやってみたいな どうにか工夫しようかな て

気持ちが動いてくれることあればいいな

かつて 船のプラモデルみたいな(木で できてる)セットで こさえたのち

それとおんなじようなものを 全て 自分で 木から削り出したりして作り上げた人だもん(最後の画像は 組み立てセットで 父がこさえたやつ)

なんか そあたり希望の光みたいなことを 思い巡らせる

温かかった…たこやきだけでなく

2018 年 5 月 29 日 火曜日

一昨年 南方花菖蒲まつりにて ぶんぶんパフォーマンスを 観てくださったとき

「サンファン祭りでも 観だったよ」て 言ってくれた

そのとき 一緒に撮った写真を

「俺 パフォーマンス観んの 好きなんだぁ 写真 送ってけらんねがぃ?」と 言われて

住所教えていただいて お写真 送った「ちぐっつぁん」

その後 サンファン祭りでも 再会して

そのとき「手紙 ありがど おれ 書がねくて ごめんなぃ また あやめ祭り(花菖蒲まつり)さ きてくなぃ」て

地元のお菓子 ラッピングしたやつ いただいた

用意して 駆けつけてくたさったのかぁ て

涙にじむ 思いになったっけな

今年の サンファン祭りでも

もんのすごく 混みあう 雑踏のなか

「お~」て 手を振る姿…ちぐっつぁん

目が合うなり「あんださ やっかどおもったんだ~」て

たこ焼き

温かかった

たこ焼きだけでなく…

ありがと~♪

真剣

2018 年 5 月 28 日 月曜日

そういえば 真剣を 振る…を 密かに目指していたこともあったよな

親戚の おんちゃんたちがやってた

真剣も あった

剣道を続けていたら

そういう道も 開かれたかもしれない

でも ある日 剣道の とある先生との やりとりで

かっ!となって やめちまったんだったよな

小学一年生こが

自尊心 全開にしてなぁ…

そんなことをふと 思い出した

豊穣庵での 朗読劇

2018 年 5 月 28 日 月曜日

何度も シェアしとりますが

ごめんなすって

来週末は 那須町「豊穣庵」に お出掛けくだされ

もうすでに お聴きになったことがあるかたも

会場が違うと こんなにも 印象が違うのか と 改めて 感じ入ることもあるかと思います

那須町も 放射能問題は ないことに されてしまっていた 町でもあります

震災をきっかけに 自給自足さえ 叶わなくなってしまうところを

このままではいかん!と

自らの手で 足で

動き 声をあげ続けることで

今のあり方を 築き上げた 素晴らしき 農場「豊穣庵」(敷地内に 移築されたお堂があります)にて

どうかみなさま

あの日から始まって 終わることのない 日々というものを

改めて 感じ取ってくださりませ

中村敦夫さんの おしらせを コピー&ペースト

↓↓↓↓↓

6月2、3日に那須町で開かれる朗読劇「線量計が鳴る」の時間と場所が決まりましたので、お伝えします。場所は那須町の豊穣庵(お堂です)で、時間は2日が午後5時から、3日が午後1時からです。会場に駐車場がありません。徒歩、自家用車、タクシーなど手段にかかわらず、ご来場の方は開演30分前までに、旧朝日小学校駐車場(那須町豊原丙1340)にいらしてください。係員が会場までご案内します。会場までは徒歩10分です。入場料は2000円。事前に電話受付での完全予約制です。
 予約・問い合わせは070(4555)5024(受付時間は午後0時から8時まで)です。まだ席に余裕があります。

*端末での文字表示による情報保障を予定しています(UDトークにて、協力:メディア・アクセス・サポートセンター(MASC))。ご利用をお考えの場合は、スマホやタブレット端末をお持ち下さい。また、事前に下記URLよりUDトークのインストールをお勧めいたします。当日の会場には、wi-fiの通信環境はありません。
URL=http://udtalk.jp/

気持ちよく へろへろ

2018 年 5 月 27 日 日曜日

サンファン祭り

無事お天気で

無事故

無不調でありました

うれしい再会

楽しい出会い

いろいろあった 1日

んで そののちも

ちょいと移動に次ぐ 移動で

帰宅後 へろへろへ~ と

昏睡してしまい

気づけば 今 真夜中ちょい前

また後程 あれこれ ゆっくり振り返る予定であります

たくさんのありがとう つたえられぬまんま

すまんです