2016 年 5 月 のアーカイブ

かまってもらってるのは

2016 年 5 月 22 日 日曜日

一回でると

一時間は 戻れぬな…

でも お子たち のみならず

いい歳のかたがたまで

かまってくれてありがとう♪

近づくと 泣いちゃいそうな…でも 風船ほしいし 怪しいものを も少し 遠くから みていたい 涙目の ちっちゃいおんなのこのために 

半分 柱の陰にかくれるようにして つくっとったらば

「おぉ♪」と 感心するような声で みてくれてる おにいさん

思わず あっ おにいちゃんも 風船膨らましてみね?なんて 声をかけてしまった

剃りあと つやぴかの 

お手てにも 刺青なさっとる…ファッションだけではなさそうな 筋の方

ちょいと 乗ってくれました

無理矢理風船渡しちゃってごめ~ん なんて 手をふった

しばらくしたら「舎弟」らしき 若者に持たせてる

さっきは どうもすんまへん と 声かけたら

「いいんだ こいつに持たせてっから」とな

んも 若衆に 持たせちゃってあんちゃんよぉ と うりうりしたら

こっそり へへへ♪とか 笑った

若衆の方には あまり見せないのな 笑顔とか

立場上でしょうな

はじめ 剣だったものが 

後に 会ったら 鉢巻きになってた

若衆も 剃り剃りの 頭

似合いすぎる…

去り際「うっす」などと ご挨拶されて

こちらも うっす などと 返す

お祭りならではの やりとりだなぁ

ヘロヘロになる前に 控え室に 戻って 一息二息

贅沢な 個室ですで

黴とか 履きっぱなし靴下みたいな かほりもあれど

くつろげますわ

ありがたい

も少ししたら また出動しまする

サンファンパークで 再会

2016 年 5 月 22 日 日曜日

一年ぶりに ただいま気分

石巻 サン・ファン・バウティスタ復元船のある サン・ファンパーク

第23回 サン・ファン祭りに おります

あちこちイベントで お声をかけてくださる おんちゃん…たしか みちのくYOSAKOI まつり 司会してたときも 声をかけてくださってた方から

「おぉ♪お久し振り 今日も角田から?」なんて いっていただいたり

毎年 サン・ファン祭りで 朝から いい気分で酔っぱらってる おんちゃんからも

「お~ なんだ 今年も 来たのがぁ♪」なんて やはり れろれろ 声をかけていただいて

いい気分だね

ふんわり パントマイムしたあと

ちょちょ と 風船作ったり

出店の方と 仲良しになったり

夕方4時までなので 飛ばさず

ゆるりと(だらだらと?)お祭り 楽しみながら

うろうろいたしまする

まあるく うなづく

2016 年 5 月 21 日 土曜日

やえさんの 作ったものが食べられる チャンスのひとつ

Sawa ‘s Cafe さんのところでの「やえコト ごはんのじかん おちゃのじかん」

土曜なら タイミング合わせられそう…と うきうき 近いうち なんつってたら

諸事情で 本日最終日

先日そんなお知らせを 顔本(Facebook)で みかけて

あわわ…と 慌てておりましたらば

やえさんから メッセージいただきまして

こりゃ 万難を排し万障繰り合わせて 参らねばっ!などと

鼻息荒くなっておりましたる

素敵な おやすみ食べどころ「green ひるず」さんでの お惣菜担当のときに いただいたことはあるものの

すべて 整えられたものも 食べたいなぁ と思っていたのでした

店主の さわさんの 思いを 形成した「シェアカフェ」という 形態も ずっと 気になっていたところ

きちんと 出逢って(真摯に 深淵まで)繋がっていくもの ひと が なごみ和らぐところに

やえさん ていねいにていねいに お仕事しておられました

ああぁ わたくしにたりなすぎるものが 目の前にある…

ひとつひとつ 考え巡らせ 撫でるように作られ 整えられたものたちだ

もしや サラダの 葉っぱの裏の 葉脈の辺りも じっとみて 撫で撫でしたのではあるまいか?くらいの 心配り

手から手へと 受け渡される いのちの 脈絡みたいなもの

あぁ いただきました

ごちそう…いのちの恩恵さまでした

パイナップルと 河内晩柑の 煮込み紅茶も 

目の前に 出していただいたとき

器のなかだけでなく

登りゆく 甘い香りも ふぁああああん と

まるごとまあるく 包まれる

わ~ こういうひととき しあわせ♪

その後 ご縁あるかたと 繋いでいただいたり

ほんわり 周りのかたの くつろがれる空気などに ひたり

やえさんさわさんの 立ち働き 人と 向かい合い やりとりする様子など うっとりながめ

珈琲までも いただいてしまいました

あぁ なんて 良い場を作り上げる方々なのだろうね

これから 形を変えながらも

よりよく 気持ちよく いのちたちによいことを 繋いでゆかれるのだな

ほんに やえさんの 思い願うことそのまんま

「まあるく」うなづきましたよ

ありがとうござります~♪

つやぴか背中に お願い

2016 年 5 月 21 日 土曜日

うちの庭の 苺たちも 色づいてきた

だんごむしたちも 大喜びだ

みんなで 苺方面に 大移動しちゃうかな?

ぜんぶ食わないでてね

わけっこしようね

つやぴかの背中に こっそり お願いなどしてみる

ヱビス様に撫でてもらう

2016 年 5 月 20 日 金曜日

午後3時半から

三ヶ月に一度の 母の リハビリ担当の方々との 面談あるで

それまでに あれやってこれやって用足し済ませて

ばんげの仕込み ちょいとして

できれば ピアノも練習して

…なんて もりもりに 欲張ったこと 浮かべたら

ぎりぎりいっぱいいっぱい

なのに なにかと あれやってくれのこれやってくれのあれはどうしたこれはどうした…と 用事やら おこごとやら…

しょうがないよね できないからいってくるんだもんね

なるべくこたえたいのだよね でもね でもね それ今やんなきゃいかんことですか?絶対やれないことですか?などと

助太刀できたら嬉しいわ♪なんてな やわらかな 心遣い 粉微塵に 吹き飛んで

んあ゛っ?などと ぎざぎざの 声色で 返してしまいました

いかんいかん

んもう こんな言い方したくないのにな 

やさしく返したいのにな…

そう 思いながらも 転がりでた とげとげちくちくは 戻らず

転がりゆく 先々で 誰かを ちくちく 傷つける

泣きたい

泣いてすむ話じゃないけど…

ちくちくと めそめそを ぎうぎうにまるめて

30分だけ ピアノに あたりちらして

買い物にいってくるっ!と また 家を出た

ほんとは、もう 買い物しなくちゃいけないものも そんなになかったのだけど

近くの スーパーマーケットまでの 道々 てくてく

ゆっくり 息を 吐いたり吸ったりして

頭を冷やす

衝動に任せるのは 一人の時や 作品のネタ作りのときにしてくれよ わたくしよ と

やってること やりたいこと ありたいありさま

浮かべたり流したり

改めて 思いを整える

うむ 血迷っていたな

体内の血も 引き潮にて 後押しされとるな(えすとろげんちゃんめえぇ!)

いいぞいいぞ と 自分を 撫でる

かわいらしい ほや 2つ買って 帰って

父に つまみを出す

「なんだ こんなん出されたら 熱燗もだべ」と 父

呑みもんくれぇ 自分でやるんでねぇのかよ? なんて きついもの言い…でも さっきと違って お道化た 声色の やりとり

あんちゃが 外ご飯だから 今晩は あんちゃの苦手なもん大行進だど

熱燗も 準備して差し上げたるわぁ!…などと 宣言して

母も ほっとしたように 笑って 聞いてる

なんだか 懲りもせず おんなじようなことしてるなぁ と あきれながらも

食べ物に ほぐされる 単純さ ばんざい と また 己を甘やかしながら

ヱビスさまにも 撫でてもらった

ぷしっ♪

アンパンマンと 父

2016 年 5 月 20 日 金曜日

午前中

ふとみたら 父 茶の間にて アイロンかけてるとこ

『それゆけアンパンマン』の テレビがついてた

おおぉ♪ 

いつも観てるのか?

そう問うたら

「いや この前の番組観てて そのまんまぬ すっただげだ(そのままにしていただけだ)」てなことでした

なぁんだ 残念

むしろ 積極的に 観る姿勢でいてくれたら 愉快なのにな なんてなこと

本気で 浮かべたよ

かきわけてゆこう

2016 年 5 月 18 日 水曜日

じぶんより せいたかの草 掻き分けて

のぼってゆこう

ほら その向こうは 光だ

拾った蛙に救われる

2016 年 5 月 18 日 水曜日

気分 くさくさ ささくれだっていたとき

ちみっと うつむき加減で歩いていたら

集積後の ごみ置き場に 寝転ぶもの

蛙の 置物

誰かが うっかり落としたのではなく

本日の収集物とは 素材が違うから 置いていかれたか?

ちみっと ファンシーぎりぎりだしなぁ(リアル蛙好き)

でも このまんまここにおっても 踏んづけられたりするだけかなぁ なんつって

拾い上げてしまいました

そんなこんなしてるうちに 気分も 紛れた

今も 台所窓辺で のんきに寝転んでて

なんだか いいなぁ

気づけば 救われてるよ

ありがと~♪

楽譜を見失う

2016 年 5 月 17 日 火曜日

混沌としてたって

大体どこに何あるかくらいは

把握してたつもり

…が この頃 あやしい

んでもって 己の 作った曲の楽譜は

まとめてありました…はずなのだけどね

あちこちで ちょ とだけ 演奏して なんて 依頼に

さっと 一枚だけ持ち出して…とか きっとやったのだろうな

で そののち その時のなんにゃらかに 挟みっぱなしなのかな?

ううううぅ

もすこし 締めまでちゃんと してたはずなのに

お家に帰るまでが 旅行…ていうよね?

問題違うか…

んで あったはずのあれこれの 見失ったひとつ

「あ♪のねの会」の マタニティーコンサート前に

美香さんの ご懐妊あたりで わたくしの中に 結び孕んで 生まれた うた『ノック』の 原譜が ない

いや コピーもないのだけど

ことばが生まれたときの メモ書きは残ってる

むうぅ 

まぁ 簡略化した伴奏なら 弾けなくはないかな?と 思うものの

今度のコンサートでは やらんでおこう

捨ててはいないはずなので

ゆるりと 探しますわ

…そんなこんな「きちんと」ということばの背中を 見送り手をふるような 今日この頃

みなさまにおかれましては

温かい目とか

たまには 叱咤激励など 

懲りずに くだされば

さいわい(ちょみっと 涙目)

はながふってくるとおもう…と

2016 年 5 月 17 日 火曜日

見上げれば 花

はながふってくるとおもう

はながふってくるとおもう

このてにうけとろうとおもう…と

八木重吉さんの ことばが

おもいが ふってくるとおもう

そしていつも 泣いてしまう