‘出逢い’ カテゴリーのアーカイブ

密談…じゃないけど

2023 年 1 月 26 日 木曜日

昨日は 寒波!と言われていたものの

保育仕事の後

いつも開かれているわけではない 秘密っぽい「星空カフェ」へ

密談…ではなく

美紀さんちの 逝ってしまわれためんこいちゃん(ねこさま)の たべものたちを 譲っていただくことになり

はじめは お荷物受け渡しだけでも という案もあったものの

以前 パフォーマンスイベントで ご一緒した後 顔本(Facebook)繋がりになって

でも 一度 生身で お話したいなぁ と 思っていた方だったもので

遅くにやってる カフェで…てことで

先日訪れた「木香テラス」の方に ご紹介いただいた「星空カフェ」になったのでした

ここ 普段は 仙台アーティストランプレイスSARP https://sarp-sendai.com/

と 併設の 喫茶Frameなのですが

不定期で19:15〜22:00「星空カフェ」として 開かれるのでした

ひとつひとつが たしかにやさしくおいしい キーマカレーと 星空ブレンド珈琲のセット

少しずつ紐解かれる ふふふ それわかる♪な うれしい あれこれ

むすめ様踊るところの動画を 編集なさった 祈りのような 動画作品(美しいどころの騒ぎではない!)

しかも わたくしの身体の不具合を見て取って

経験したことのない ゆるりらる〜♪て すべてが 曲線なかんじの ほぐし手わざまで していただいちゃいまして

閉店時間まで みっちりと うれしいたのしいありがたいひとときでありました

凍てつく アイスバーン帰路

最低速運転でしたが

吹きっさらしな 陸橋から下ったところの交差点(愛島あたり)で

左折発進時に れろれれれ〜!と 尻滑り状態になり

こりゃもうどこぞかに一旦ぶつかるか!?と ひやり!としたものの

なんとか 乗り越え

対向車も後続車もおらんかったの幸いで

しばし 心臓ばくばくしちゃってましたが

気持ちだけは ふかふかほかほかで 

帰宅後は あれ?なんか食べ物?持ってきたんなら出すのが当然だべよ!!てな にゃんこら包囲にあい

わたわたしてたら 日付変更線越えてしまってました

ま とにかく いろいろと ありがとうございますた〜

素敵カフェ♪

2023 年 1 月 14 日 土曜日

昨日 Yちゃんに 教えてもらった 素敵カフェは

「長刀丁 木香テラス」というところ

マンションをリノベーションして 先月 オープンしたばかり

今の所 一階の パン屋さん 惣菜屋さん カフェが並んでて

ゆくゆくは 2階に キッチンも兼ね備えた フリースペースも オープンして

「たのしいことはもちろん、学びの場所としても」活用できる とのこと

パン買って お惣菜買って 奥のカフェで 食べる…とかも あり

お惣菜屋さんでも 食べることはできる

昨日 ラベンダー酵母!?と 驚き 美味しく頂いた パン

「麦薫る風処 萌芽(ほうが)」さん

地域密着の自然派パン てことで 

ここいら周辺の素材を使った 自家製酵母で 作っておられるそうだ

多賀城の「しろのむらさき」という 古代米を使ったパンも 買ったよ

パンフレットには「耳の聞こえないパン職人」と 書いてあったもんで

お会計のとき ありがとうございますの 手話をしてみたものの

「耳が聞こえない」ということと 手話で やりとりをすることは イコールでないかもしれないな と ふと 思ったりもして

間違ってたらごめんなさい

真ん中の KITCHEN DELICA meguruさんの 謳い文句の 一文に「仕事や育児で忙しい毎日を送る人にこそ、選んでほしい手作りのおいしいもの。」とある

スタッフさんも そういう経験を経た方なのだろか

なんだかとても あたたかく 包容力のある 空気

優しくて大好きな親戚のお姉ちゃん…みたいな感じつうか…

ほぼ お惣菜が売り切れている中

南瓜と椎茸のカレーを いただいた

そして 奥の 喫茶 meguruにて ご飯お喋り会

3人の日替わりマスターが おられるそうな(木香テラス発起人さんたちらしい)

パンとお惣菜を食べるときは ハーブティー「ぽかぽか」をいただいて

食後に 珈琲 スペシャルブレンド( 淹れていただいた

軽やかで 美味しい♪

それぞれに合うスイーツまで ご紹介いただいたら たべないわけいかんじゃないのよ!と

わたくし カタラーナ(ご近所の パティスリーエピスさんもの)

Yちゃんは 朝日町の林檎で作った アップルケーキ

うひゃあ 幸せになる味〜♪と

喋ったり食べたり食べたり喋りまくったり

今回の 珈琲淹れてくださった方は

他にも カフェキートス や

星空カフェ や

cafeフレキシブル などにも 関わっておられる

すごいなぁ

うれしいなぁ

居心地いい空間を

食べ物を

人の出会いを 

あちこちに 種を蒔くように

笑顔が咲くように動いておられるのだな

やさしいなぁ 

また 行こうっと

しあわせふわふわ

2023 年 1 月 13 日 金曜日

本日 財団会議の後

かつて 財団の会館での ピアノレッスンに 来てくれてた Yちゃんと 再会のご飯会

わ〜 もうなんか 胸いっぱいうれしくて 

はしゃいでしまいそうで

そわそわしちゃってた

いろんなあれこれを経て 今に辿り着いて

目の前で 笑ってくれている姿が

ものすごくものすごく まぶしくてうれしくて

不甲斐ない わたくしの あれやらこれやらは なくならないとしても

それでもよかったんだよ と 慰めてもらえたようで

感極まる

先月 オープンしたばかりの 素敵カフェを 紹介してくれて

そこで 食事したのだけど

スパイスきいてる カレーのせいにして

ちょっと 鼻水と涙など 拭った

先生 と 言われるようなこと 何一つ 受け渡せないまんまだったけど

その へろへろなとこから 掴み取り

活かしてゆける うでぢからと センス

素敵だぁ と 思う

椎名林檎さんの 楽曲の面白さとか 教えてくれたの Yちゃんだったんだよなぁ

また こうして あってくれてありがとうね〜

あまりにもうれしくてふわふわしちゃって

父の 薬受け取りに 薬局閉店時間前に 辿り着けるように…の 己縛りを 手放し(でも電話して 明日でも良いことにしてもらえた)

帰り道の いつも曲がるところを 曲がりそびれ

ちょいと どころか

だいぶ 危なげな感じでしたけど

幸せ気分のまんまだから まぁいいや

ありがとありがと〜

これからも そのまんま いるだけで光…の 存在でいてくれろ〜

画像は そのカフェならびの パン屋さんで買った ラベンダー酵母のパンの あんバターサンド

ラベンダー!?に びっくり

おもしろ美味しい

夢中で食べて あっ 写真撮っとくんだった!と 気づいて 5分の1くらいになったとこ 撮りましたる

カフェ全景とか Yちゃんとツーショットとか 撮ればよかった…てことも あとから気づく

やはり はしゃいでいたのですわね わたくし…ははは わらすこかよ!?だ

新春ありがとうコンサート〜仙台寄席 なんだりかんだり〜

2023 年 1 月 10 日 火曜日

「なんで 教えでけんねがったの〜!?」て ちょこっと 叱られた

いやいや この コンサート

一般公開 お客さんどうぞどうぞ と違って

あいコープの 会員さんとか

社会福祉法人 みんなの輪の 支援メンバーさん向けの 回だったようです

一応 保育園の 玄関とこに貼られた チラシ画像は アップしたのですけどね(日時の宣伝とかは 確かにしてなかったかも)

ぶんぶん…の プロフィール写真のとこに 丸囲みで「森先生です」とか 書いてくださってた…てやつ

気づいた かあさまたちの「え…?」という 一瞬の 戸惑いの後の

「あぁ なるほどぉ♪」てな 合点がいったような表情

何を思っておられるか 薄々感じ取れたりして…ははは

んで 今回のこの舞台のこと「表も裏も楽屋も やさしい」て 先日 のっけましたけれど

主催者のスタッフさんも 福祉プラザ職員さんも お掃除スタッフさんも

出演の みなさまも

人の良さだけでない 居心地の良さに

うおぉ 人による 温泉的!とか

のっけから ぬくぬくしてしまったのでした

六華亭遊花さんの 繋がりによる 出演メンバーということが 大きいのだろうなぁ

司会の ゆさみゆきさんは ソツなく

しかし どこか ふわん と 抜け感あって お茶目

安心しておまかせできました…て 議員さんでもあるってか!?

そうだそうだ 聞いたことあったぞ と あとから 気づく

一輪車ダンスの お二人 ひなたさん 沙樺さん(遠野一輪車クラブ)

遠野では 一輪車ダンスが 盛んで かなりお馴染みなのだそうだけど

ただ アクロバティックじゃなくて

ソシアルダンスとか フィギュアスケートに通じる 芸術性

華だわ〜

遠野出身の 遊花さんつながりでの 出演ということもあるだろけど

舞台周りでの 身の振り方など さり気なく 伝えておられる 遊花さんの お姿に

ただ頼んでるだけでなく 育んでいる感じなども あって

そんなあたりも 惚れ惚れ 見つめちゃったりしていたのでした

漫才の まつトミさん お二方は

初めてお会いしたのは パントマイムの さとうゆみさん主催の ワークショップにて

二日間 ご一緒したのだっけ?

それが とても 濃ゆい ひととき

よそよそしいご挨拶交わす前に 既に 己のむき出しの表現をめぐることのあれこれ…てな 時間だったためか

もう 随分と長く深く お付き合いしてたような気持ちにもなっちゃったりして

…いや かってに わたくしが 大好きになって 懐いちゃった気持ちだったのだろうけど

そののちは お二方の 出番と すれ違いで おんなじ現場にいた とか

コンテスト形式の 舞台に 投票者として 駆けつけたとか…そんな感じばかりで

生身でお目にかかるのは たいそう久しぶりだったのに

あらいつもどうも〜な ご挨拶いただいてしまい

たしかにいつも近いとこにいて 笑わせてくださる 安心感みたいなもの あるものね

気遣い気配りサービス精神の 心地よさ

場をほぐす達人でもあり 楽屋も ライブ会場みたいにしてくださる まっつぁん

わたくしの 聴こえ難ありのことを 知ってくださって 届かなことないように みんなへのお知らせなど 誰かから 発せられると さりげなく 近くで 伝えてくださる トミさん

そのやさしさに ずっと ほぐしていただいておりましたよ

そして今回初めまして の RAUMI(和太鼓 和笛)三浦さん 保科さん

巧みなる和太鼓は そこそこ 聴いたことあるけど

彩り豊かな音色としても 響いてくる 三浦さんの 超絶技巧

すごいだけでなくて 楽しい♪

高い波長が 苦手…というか ほぼ聴こえなくなっておる わたくしの 耳の奥まで届いてきた 保科さんの 和笛

かつて 「耳が良すぎる」とか 嫌味半分で 言われたりもしていた頃みたいに

まあるく輪郭がふんわりした音色も

光みたいにまっすぐさしてくるような 鋭い音色も

なんで 手触りみたいなものまで 今 聴こえんの!?と

ちょっとした 驚き

スピーカー通すと 結構な 削ぎ落としみたいなものが生じて むしろ平面になってしまうことが多いのにな

思わず 有能補聴器オーティコンアジャイルプロライトミニさん 外したりもして 聴いてみたよ

たまたまなのかな?

わからないけど また聴きたいな と 思った(翌日すぐ ライブあるとおしえていただいたのに 行けなくて 残念)

確かな技術と それを伝えてゆく しなやかあたたかなる 風を孕んだような 感じでもありました

そしてそして もう 言うまでもなく 「みんなが大好き」と 言ってしまっていいかと思うほど 六華亭遊花さん

奇を衒うとか 斬新さを!とか 気負い力みなく

そこにいて そこだからこその はなしを 繰り出して あたため 沸かせること

懐深く広い 話芸の人だなぁ と しみじみと 思う

わたくし パントマイム…ということで 出させていただいたものの

ピンマイクも ご用意頂いちゃってたもんで 

ショーの最中 べらべらと 喋り始めちゃったことなんかも 枕で ご紹介いただいたりして

いやぁもぉ あれで良かったよね♪てなふうに まるめてくださって ありがとうございます

社会福祉法人みんなの輪…の みなさんが

一見 黒服軍団おっかねぇ みたいなのに

いちいち やさしくて おもいっきり 舞台を観て楽しんでいらしたりもして

うれしくなった

打ち上げの「馬鈴薯」でも これでもかっ!てなくらい そこにおられる方々の人の良さ 満開♪

お料理は お店の方が 赤字覚悟だったのでは!?てな 一週間分のカロリー充填ほどの ご馳走

一人に リブロースステーキ2本ずつって何!?

2種類のパスタって!?

みんなが おいしくてたのしくてしあわせでにこにこで

たらふく食べました!てなだけでなく

ぽんぽんに膨らんだ風船みたいな幸せ感

ずっと ふわふわしちゃってましたの

遅くなって長くなって すまなんだす

混ぜていただいた 光栄に おごることなく

精進せねばな!とかも 思いましたる

ありがとうございます〜

心馳せながら

2022 年 12 月 30 日 金曜日

ご案内 送っていただくばかりで

なんの支援もできぬまんま 

NPO法人「国境なき子どもたち」へ

しかし 今回は 少なからず ご縁をいただいた パキスタン緊急支援には

ほんの ちょっぴりだけ

今こうして の〜ん としてる間も 困ってる人おられるのが なんとしたものか…と じりじりはらはらしつつ

無理しすぎず

こうして 思い馳せ

己のこと

周辺のこと

安寧を ととのえながらも

それが も少し先にも ひろがってゆければいい と 思う

迷子の才能

2022 年 11 月 19 日 土曜日

昨日は 仙台でのワークショップ(受ける側)

ナビゲーションシステムさんの 言うことをちゃんと聞けて

現場付近に 50分も 早く到着して

まず 場所確かめたら あと 車に戻って 本読んでてもいいし〜♪と 鼻唄 うたいて 歩いてたら

雨脚次第に強くなってきた

現場に早めに入らせてもらって

お久しぶりのお話とかするのも 楽しいかな〜 と 思った

…がしかし 

そこいら…のはずの現場が 見当たらない

うろうろぐるぐるしてるうち

だらだらに濡れて

こりゃまずいぞ と 車に戻って

からだ拭いて 傘持って 出直し

新たな区画整理とかに 対応できぬ 古ナビだからこんなこともあるわな

ここはもう 携帯電話の 住所入力経路案内機能使ったほうがよかろう

苦手だけど…

しかし だ 

さいしんしきのばずなのに

住所入力がうまくゆかぬ

入れても 案内開始すると 数字が表示されない

文字数多いから 隠れて 表示されないだけで ちゃんと 案内してくれてるってことかな? と

あるき出した

…らば 庁舎到着

庁舎?

この中の部屋を ワークショップ主催のお友達が 借りてる?

特別イベント的な 張り紙は 運輸局の なんちゃら試験のみ

やはり違うだろな 

建物の名前が 集合住居っぽかったはずだぞ

おい も一回案内してみろ〜!と 再作動させるも

もう着いてるから案内終わりだも〜ん的な態度 携帯電話

「迷ったら電話して」と言われていたのに

まだ 迷ってないつもりで

でも 一応 メッセンジャー…顔本(Facebook)の メールやり取りみたいなもの…出してみた

まず ワークショップ現場近くにある 有名施設に向かってちょうだい指示をいただき

てくてくしてみる

駐車場から 九百メートルくらい?

途中 どっか触っちゃったか 雨に濡れたか

経路案内画面が ちっちゃくなってしまい

何度押しても 画面が直せず

ううぅ

ちょっと泣きそうになったとこ

電話いただいて

電話のやり取りどおりに歩いたら

来た道をだいぶまた戻って

やっとこついた

お約束の時間 ぎりぎりな感じ

でも まだ始まってなくて

これからみんなも集まってくるとこだよ〜 と

ふんわり 迎えてもらえて

迷子の才能を 伸ばしまくって ぐずぐずぼろぼろへとへとな心持ち

入口で なでなでしてもらったかんじ

はぁ…

そして 今回の ワークショップは

「アプライドドラマ」

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E

確かに こりゃ 教育現場にあるとよいものだね と思う

思い巡らせる力

人を受け取る器

耕されるよね 

わたくし これを 学びに来たというより

人に会いたくて 来ちゃってた感じ

でも きっと何かしら 活きてくれるであろう

うれしい再会

新しい出会い

わくわくの企み

色々 湧き出して

興味深いひとときでありました

きょんちゃん 企み ありがと〜

つちびとパネル展を 支えてくださる手

2022 年 11 月 15 日 火曜日

本日の 斎理屋敷

和み似顔絵の 熊谷祥徳さんも 来てくださり

以前来てくれた方が お友だち誘って 来てくださったり

なんもしらずに 訪れて 出逢ってくださったり

穏やかに 優しい時間が流れていました

熊谷さんに 至っては ご自身の 身と心の置き所に符合する「まさにこれなのです」と 感慨深い思いで 佇んでおられ

あぁ ちゃんと 出逢ってくださったのだ と

わたくしの方こそ 受けとる思い ありましたる

で「『つちびと』に 寄せて」という チャリティーライブ

12月13日(日) 午後2時あたりから やらせていただこうと思います

わたくしの パントマイム作品上演…てのが 頼りなげで 申し訳ないですけんど

震災周辺のことで 抱えている 思い

可南さんの 届けたいという思いを 繋ぐため

また つちびとに 出逢えるため

出逢ってほしい方に 届けるため

そんな辺りへの カンパにいたすための 投げ銭式に させていただきます

和み似顔絵 熊谷さんにも お仕事かぶらなければ 来ていただくかもしれませぬ

「『つちびと』に囲まれて 似顔絵 描きたいなぁ」とまで いってくださいましたのでね

んふ♪

ま そんなこんな また 強力 助っ人

とんこちゃんと けいこさんに 制作伴走(ほぼおんぶにだっこ!?)していただきまする

いろんな思い 

それぞれが 撫でられながら

大切に 繋がり

受け渡されてゆきますように

うれしたのしみゃくらくなし

2022 年 10 月 24 日 月曜日

保育仕事後

今度の パフォーマンス仕事の 打ち合わせ

ちんどん みやび組の 國分さんと…

現場などでは 何度かお会いしているものの

ゆっくり お話しするのは 初めて

…なのにね

初めてじゃないみたいに

あれこれ お話しまくってしまいました

受け取ってくださるかたなのだ

痛みを知っておられるかたなのだ

わたくしなんかの 与太話でも

一番言いたいあたりを

ふわん と 受け止めてくださる

好きかも…の 匂いは 感じておりましたが

本日 好きだん♪と 

んも うれしくてたのしくて はしゃいでしまいました

これからなにかとお仕事 ご一緒できるのが嬉しいな

なにか楽しいことたくらみましょね てな お話も膨らみ

帰宅後 嬉しさの勢いのまんま

もうかのほし…開けちゃいました

関係ありませんけんど…

「美味しい日本酒と」と 言っといて

父が 残ってた とっておきを 全部飲んじまっており

じゃあ 後日 美味しいの 購入するまで 我慢 と思ったものの

なんかうれしいきもちのまんま

飲み食いしたくなり

唐辛子風味の 安売りジンロとともに いただきました

んまい♪

血なまぐさくなんかなかったす♪

あぉ しかし 書けば書くほど 脈絡ないわ ほんと…

でも そんなこともうどうでもよいくらいに

たのしくて

おいしかったから

いいやい

救われた思い出と

2022 年 10 月 23 日 日曜日

帰り道

裏道的なとこ

昔…と言えるほど 以前は 大抵ここばかり歩いていて

そこにある「Count」という ジャズ喫茶に よく行ってた

SONNY CRISSとか

今でも カンフル剤みたいに 聴く 音楽のいくつかは

ここで 出会いをいただいたのだったよなぁ

三十年くらい前

カワイ音楽教室の バイトをしていた頃

講師として 指導グレードと 演奏グレードを 取ってほしいといわれていて

しかし バイトではなく

本格就職的位置に入ってほしいから…みたいな話をされていて

バイト扱いのままいたかった わたくし

試験は 緊張しちゃうし 

本当は 受けたくなかったものの

「演奏グレードだけでも 取ってほしい バイト代も 割合が上がるから」という言葉につられて

受けることにしたのだった

んも なんか 人前で 審査されるための演奏なんて 

緊張感 何十倍も増し増しですがな!と

逃げたくなったりもして

…しかし その時 お世話になってた先生が 審査員だったりもして

逃げるわけにもいかず

受付の後 試験までの待ち時間

会場にいると 頭痛くなりそうだったので

ほど近い「Count」に 逃げ込んだ

いつもは レコードなのに

その日に限って レーザーディスク(時代!)が かかってて

ウィントン・マルサリスの ワークショップのものだった

クラシック畑の人が 多い ワークショップだったのか

一人ひとりに フレーズを演奏してもらう…というところで

「君たちは なぜ演奏してるの?楽しいからじゃないの?ワークショップで 一人ひとりに 演奏してもらおうとすると クラシック畑の人たちの多くは 自分の出番が来るまで しかめっ面で この世の終わりみたいな顔をして 緊張して 終わった途端にホッとする…そんなに 演奏をしたくないのかい?」てな感じのことを 言った

今の わたくしに向かって言ってる!?くらいの タイミングのよさったら!

確かに 受けたくない 試験ではあったけれど

なんでピアノを演奏してるの?嫌なことなの?楽しく美しいものだったのではなかった?と

自問自答…

そうだな 楽しもう

審査されることは 怖いけど

だからといって おんがくそのものから 逃げる気持ちは 手放してしまおう と

単純にも すがすがしい気持ちになってしまい

会場に戻って

んもうどうとでもなれやたのしむわい と

試験に 臨んだ

相変わらず ばさばさと 雑なタッチではあったろうけど

のちほど たきたせんせいから

「ミスタッチあったけど どこのピアニスト!?てくらい 堂々と入ってきて ニコニコ演奏してたの よかったわよ」と言われ

見事に 合格を いただいた

その後 もひとつ上の グレードも 受かり

「もっと上の受かると カワイ音楽教室主催のコンサートに 出演させてあげられる」と言われ

それは 勘弁してくだせぇ!と 逃げた

その後 音楽教室講師は 

本腰入れないのであれば やめてもらいたい…という話も出て

なんだりかんだり すれ違いなどもあり

たくさんたくさん かわいがってくださった たきたせんせいからも 離れてしまい

お目にかからぬまんま 逝ってしまわれた

頂いた勇気のこと

勇気不足で 再びお目にかかれなかった悔やみ

いろんなことが渦巻くので

この通りを避けてしまっていたのだなぁ なんてことを

改めて思い出した

今度また Count に 行ってみよう

今の気持ちで 音楽シャワー 浴びたいな

みんなに元気を

2022 年 10 月 23 日 日曜日

昨日

講演会現場へ向かう途中

定禅寺通り 真ん中 緑道地帯で

チャリティーコンサート的なもの

珈巣多夢ご主人 いっちょかみのやつ 見かけたものの

集合時間 遅刻してたもんで

素通り

帰り道に もう店仕舞いせんとす…てなとこ

突撃

その後 ピアノ仕事もあったもんで

ライヴそっちのけで 申し訳なかったす

抜いたコンセント戻してくださり

珈琲 一杯 淹れていただきました

相変わらず おりたてネコものがたりさんへの 募金もやっておられるので

猫手貯金箱へ 一枚

写真撮りはぐったとこ

もうお一方(出演なさってたか?の うつくしきひと)いらして 募金もなさったので

その瞬間を!と 思いきや

わたくしの 永遠の襤褸継ぎ接ぎネパールズボンについて 問いかけてくださったので

うれしくて 調子にのって 喋ってしまい

猫手瞬間 のがしてしまいました

わはは

まぁ いいや

また ちょくちょく 定禅寺通りでの イベントなさるであろから

そのときにでも〜

んでもって 特許取られたという ドリップして 甘くない 本格珈琲味のゼリーができるパック あるのですてよ

わ〜♪

甘くしたいときは クリームで 調整するとよいかも

作ってみたい♪てかたは

定禅寺通りの 珈巣多夢さんへ ご〜!だ

集う人たち みんなを 笑顔にしてくれる 珈巣多夢 ご主人 ばんざい

「あいじんさんびゃくさんじゅうさんごう」とか いうけど

前に「さんじゅうさん」て いってたぢゃんか〜!とか 返してみる

オヤヂギャグも 相変わらず お元気

また たのしいこと よろしくお願いいたします〜♪