‘出逢い’ カテゴリーのアーカイブ

あたたかなごやか

2024 年 4 月 14 日 日曜日

昨日 東仙台駅の コッペ&エフブンノイチプラスさん カフェオープンのこと

投稿できぬまんま 翌日となってしまいました

概ねわかってる場所だし…でも一応 迷子の天才わたくしなので

念の為 ナビゲーションシステムさんにも 道案内お願いして まいりました

…らばっ!

そこにそれっぽいのあるけどそこの道じゃないっつってるし と 斜めったところ 入っていったら 

絶対ここじゃなかろう なとこで「案内を終了します」ときたもんだ

おいおいおいおい!と 機械に ツッコミ入れつつ

もと来た道に 戻ろうと ぐるっと回ろうとしたら

斜めったときに入る前に見た「それっぽいの」が まさに 目的地でありました

あぁ もぉなんて 相変わらず 迷うかな…

と すこぅし ぐにゃけそうになったとこ

わたくしが コッペさんお店の前に停めた 車の 前を 通らんとす 小学生低学年くらいの お子が

「おはようございまぁす」と 声かけてくださった

うおぉ♪

東仙台に越してから 35年になるという コッペさん

この街に馴染んで 愛されておられる てことではないかな

到着するやいなやあったかな気持ちに させていただきましたる

もうとにかく そこにおられるかた みんなみんなみんな やさしいさんばかりだ

いいのか こんなにしてもらって!?とか わなわなしてどうする!?だよ

ステージご一緒する方々も 

はじめまして なのに 気構え 身構えみたいなものが やわらかくて

居心地の良い方々ばかりでありました

んで 始まる前になんだか 気になる 魅力的な方がおられて

話しかけてみたいけど 緒が見つけられないかなぁ と ためらってたら

どうやら「紙と包む仕事」という 名前で 何かしらやっておられる方だとか

それについても知りたい!と 思い切って声をかけたら

純子さんが よく「美枝先生の手仕事ワークショップ」とか 投稿しておられた その「美枝先生」でありました

うひゃあ なんか うれしくて あれこれ お喋りしてしまった(手仕事ワークショップを ぜひ 仙台YWCAでも!とかな…)

パフォーマンスは んもぅ 仕込みのお客さまか!?くらいの ノリノリツッコミしてくださって

やってるほうが 愉快な気持ち いただきましたる

パフォーマンス後に いただいた カフェの ナポリタンの 贅沢なこと!

うちだと 薄味にしたいのとか 

あんちゃが トマト味 あまり好まないことで

レトルトなどで こさえる時は 一人前を 野菜やらなんやらで 嵩ましてるもんで

こんなに ふんだんに トマトソース!なる スパゲッティ 食べたのって 初めてかも!?なくらい

トマトソース好きは ないてよろこぶよ この 大盤振る舞い

きっとまた 訪れて 他のメニューも 食べたいぞ

あれこれ わくわくなもの お買い物して

ばんげのおかず用の マイロさんの ハンバーグやら 新鮮野菜やらも買って

まるっと 楽しみに行ったような一日となりましたる

純子さ〜ん 楽しいきっかけを ありがとう ありがとう〜

揺れながら 揺り戻る

2024 年 4 月 6 日 土曜日

昨日は うっすらと 気持ちが下向きであった

己の作品への迷いや 定まらなさ とか

自分ではどうしようもない いのちへのこととか

懐綱渡り芸人的なとこの あわや転落!?とか

なにからなにまでが ぢわぢわと 注がれてきて 湿り気を帯びて

しまいにゃ たっぷり水を含んだ真綿の敷布団の下に 横たわる心持ちのような

このままでは 全てにおいて 駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ…と 念仏のように 唱えて歩いてしまいそう と 

自分のことながら 危惧もしており

振り払うように していた

…のだけど

運転する道々 山のあちこちに 今まで鳴りを潜めていた 山桜が

ふは と 笑い漏らしたかのように 咲き始めていて

その後 ちょ とした 懐困窮への救いの 一手が 延べられて

心上向きになりかかり…のとこ お三越で 買い物してたら

人波で わちゃわちゃなる中なのに お声がけくださった方がおられて

えっ!?こんなとこでよくぞ見つけてくださった!と うれしいびっくりもあって

なんだか ちょ としたことに

ゆんゆん と 上へ 揺れながら 揺り戻していただいた感じ

ありがたい

…ま ひとつひとつは たいした 悩みでも 命に関わることでもなかったとはいえ

重なってくると 結構な 抑圧になるものだね 

よろしからぬこと ひとまとめて 抱えぬように ひとつひとつ ばらばらさせて 風に当てて置く感じが良いのかもな

なんてこと ぼやんと 思ったりして

早掘りたけのこ なんてものを 買ってみる

明日 母の誕生日に 筍ご飯を炊こう

ご機嫌朗らかな 試食販売の お母ちゃんに声かけられて

北海道ざんぎ 買ってしまったけど

朗らかな気持ちにも 拍車かかったし

それを 差し入れにもできたし

うん 万事なんとかなる

はっぴ〜ご〜らっき〜♪

昨日の行き帰り

2024 年 3 月 23 日 土曜日

昨日 中新田児童館に「十二時〜十二時半くらいに 入らせていただきます」てなことを 言ってたので

どこかで 昼食とるのではなく

車内食堂だな と 

お握っていった

昨年漬けずじまいだったから 多分 一昨年の?紫蘇の実塩漬け 解凍もの(フリーザーバッグにちゃんと書いとけよ!だ)

現場付近の コンビニエンスストア駐車場にて はむはむして

そこで買った ちょこれいとも 食後のおやつで 食べて 出動した

今回も Rice Fieldは 横目で ちら と 見流して がまん

ぜったい の〜ん と くつろぎたくなるから

急いでいるときは 寄らぬほうが 身のためなのでした

帰りも 寄りたい気持ち 抑え込み

一路 帰路 邁進

…あ でも 再会 かっぱちゃんと お写真は 撮った

何年か前も 黄昏時に かっぱちゃん 撮影したっけな

色麻町は 「かっぱのかっぺい」キャラクターができたばかりの頃

NHKテレビ『小朝が参りました』公開生放送が 色麻町にもきて

その時 お世話になってた イベント会社が 絡んで かっぺいの 中の人になったご縁

ぶあっつい台本いただいて

わたくし出番「上手より カッパ登場(たのしげに)」と 一行

その後は 小朝さんに 絡まれ 地元名産品を 紹介するテイで アドリブで 動く…という 役回り

その頃 車の免許なかったので 送迎していただいたのでしたが

早朝集合 

帰りは ピストン送迎のため 一番最後…で 真夜中

一日の 四分の三くらい 待機時間だったか?

舞台袖片隅で ストレッチしてたら

先代 故 桂三木助にいさんが 声かけてくださって

「かっぱさん 頑張ってるなぁ ぼくもがんばらなくっちゃ〜」て リハーサルでも がっつがっつしぼられる小朝さんに まけずにがんばるぜ〜みたいな感じ

すごく気さくにやさしく 周りを 和ませる 素敵な方だったなぁ と 今もしみじみと思い出す

その後 三木助にいさん 訃報に触れ

お姉さんのブログ通じて 三木助にいさんの 噺のCD 入手したのだったな

色麻町近くを通ると いつも そこいらへんにまつわる思いが 切ない

…とまぁ あれこれ 芋蔓式の 帰り道

あんちゃが カレーをこさえててくれるはず と思いながら

イトーチェーン岩沼玉浦食彩館にて 〆鯖高菜巻を 買ってしまった

一つだけ食べて 後は 翌朝にしたけどね

さてさて 本日は 保育園 卒園式

鍵盤周辺担当

しみじみと 見送ろうと思う

はっさいになりました

2024 年 3 月 22 日 金曜日

確か 生まれたのは 午後2時過ぎだったようなので

まさに 今 生まれてから 五十八年目に突入だよ の 瞬間は

「ぶんぶん」でした

明るいとこで撮った写真が 没してしまい

なんか 怪しい写真ですけど…

なんとも すこやかのびやかまっすぐど〜ん!と 向かってきてくれる お子たちに

観ていただいたり 

共に 動いたり

もみくちゃにされておりました しあわせな パフォーマンスのひととき

本来の在り方から 逆立ちしちゃって 母に 腹切りさせてしまって

それでも 生んでもらえたこと

出会ってくださった方々のおかげで

出合えた ものごとのおかげで

出合わずにいられたからあれやらこれやらのおかげで

…だからこその この 今

身体を 思いを 揺らす すべてのこと 

この世界の中にあること

しみじみと そんなことを 繰り返し繰り返し 

味わって 噛み締めておりました

これからも なるべくいのちたちみんなが ここちよく たのしくいられるといいなぁ てことを 真ん中にして

のろのろ あたふた どさくさ とてぱた 

そして ふぅ なんて やすみやすみ いこうとおもいます

ありがとうございます

これからも 懲りずによろしくお願いいたしまするるる♪

へんなおとながまざってる…

2024 年 3 月 15 日 金曜日

本日は NPO法人ハーベストさん主催の トライアルセミナー(以前ご紹介した キャリアセミナーと 同じ)at 田尻さくら高等学校でした

https://www.heartbest.net/

ナビゲーションシステムさんがいうには 2時間ちょいで 到着するでぇ…でしたが

余裕を持って 3時間前には 出発

…しかし 渋滞に次ぐ渋滞で

その上 途中で ガソリンなくなりますよランプ点いてしまい

まぁ 到着までは もつだろ…とは 思ったものの

念の為 給油 寄り道

その後 尿意爆裂膨張などもあり

も一回 寄り道

…などやってたら 集合時間に 10分も遅れてしまいました

そしてそして 入り口間違えて 別棟に 入ってしまい

こっちでないですよ〜と 案内していただいて どたばた駆け込み

…恥ずかしいやつ 大爆発

講座の お教室に 案内していただいた後に

はっ! 駐車するときにつけたハザードランプ消してないかも!?と 思い立ち

確認してきますっ!!!と ご案内くださった先生に 告げたら

柔らかに笑って「どうか 気を付けてください」と言われてしまいました

案の定 つけっぱなし

消してのち

急いで お教室(三階)に 駆け戻る

転ばないように スリッパ 手に持って 走って 汗だくになって はかはかして

ゆったり笑顔で 生徒様たち 迎えるどころか

やべぇやつ いる…てな風情で 申し訳なかったす

45分 ふたこま

そこに 集いきて下さる方々は

講師プロフィールシートに書いてある情報の

「時々保育士」に 興味を持ってくださった方

「心と体をほぐしてうけとる 伝える」というテーマに 反応してくださった方

パフォーマンスやら色々やっている というところの 物珍しさに 注目してくださった方

身体の力みについて や 気持ちが伝えられない悩みを持っている方

別に興味はないけど どこか選ばにゃならないので 当てずっぽうで選んだらしい方…と

いろいろ

あきれたりめんどくせぇとおもったりやだなぁ と思ったら 退席してもらっても全然構わなかったのに

どちらのコマも

ハスにも構えず

ときおり ふっと笑ったり

頷いてくださったり

挙げ句 ちょっと 気持ちよく立つ 立ち方てのを やってみましょか なんてのにも 乗ってくださって

うれしかった

すこぅし 聞きたいわけでもないけどさ…な感じの 方々が

立ち方で あぁ なんて 繊細な部分と 照れと 頑張りが 素直にあられるのだろか!と

ちょっと しみじみと 感じ入ってしまった

実のあるはなし アドヴァイスというよりは

相変わらず 失敗談やら 与太話ばかりだったのだけど

そんなこんなのうねうね道も 寄り道 迷い路も

振り返ってみれば 今につながる一本道で

すべて活かしてしまえればいいわけで

今急いで なにかをめざすのだ!なんて答えなんか出さなくてもいいんだ てこと

ほんの僅かの 安心にでもつなげてくれたらうれしいなぁ て 思う

毎度のことながら

そうそうたるキャリアの講師の方々の中に 混ぜてくださって ありがとうございます

主催の ハーベストさんはじめ

高校の先生方も

歩みを進めてゆかんとす 若人たちに 応援の旗を振るみたいな機会を設けてくださるということ

「おとな」たちも 捨てたもんじゃないよね〜て 思う

…どんな立ち位置で もの言ってるか?だけど

いつも とても やわらかに うれしい気持ちにさせていただくのでした

わたくしも 他の講師の先生方のお話 聞きたいよぅ(お話聞きあう企画もあるようなのだが 参加できぬまま)

それも きっと そのうち…

ありがとうございました〜♪

今にも起き出すようで

2024 年 3 月 14 日 木曜日

家族葬にするとのことで

その前に「会わせたい」気持ちもあるので と 言ってもらったので

送迎がてら

わたくしも 安置室に 入った

とても きれいにしてもらったね

遺影も自分で 準備していたのだね

すごいね

姿はあるけど

そこにはいなくて

ではどこに?と 虚空をみてもいなくて

でも 声は聴こえる よみがえる

それぞれの中にいてくれることを 改めて思う

久しぶりに出した 黒いコートの 猫の毛が 取り切れぬまんまで 行っちゃって ごめんよ

つい 何かで埋めようと 喋るものの

今は そっとしておいてほしい…というので

黙り込む

それぞれが それぞれの中で その存在と向かい合う

静かな 行き帰り

なんもできん

2024 年 3 月 12 日 火曜日

代わりに やっといて…という なんてことない用事

「危篤」だから という理由

「もう…」と 言われてから

「鎮静に入る」と 言われてから

随分と 頑張ったのだね

いや…無理な頑張りはしない という 選択だったけどね

なんもできんまんま

どうしていいかわからないまんま

その病の「おかげ」で いろいろ 思いがけないことできた て 笑ってた 穏やかな顔

まだ 痛みの さほど出なかった頃

いろいろ 心配やら 思いを届けてくれたこと

幼い頃の あどけない でも 気遣う細やかさ

引っ張り出して

どこに伸ばしたらいいかわからない手を ひとり 握り締めてみたりしたけど

ありがとう と 手をふるよ

また いろいろ 伝えてよ

違う形でいいから

そして 猫の尻など 撫でるしかない 朝

音伽屋さん セッション

2024 年 3 月 10 日 日曜日

昨日は ひさしぶりの LIVE HOUSE

場所は 初めての DIMPLES

ここいらか…なるほど わかりやすい♪と 油断して

案の定 迷う

ブロック ぐるぐるりして

なんだよもう さっき通り過ぎたとこぢゃねぇかよ…と 己の 迷子力に 脱帽…とほほ

篠笛 ピアノ ドブロギター…の 音伽屋(おとぎや)さんに

馬頭琴が 加わる…という

字面では 予測不可能な 感じ

以前に居合わせた 篠笛の 保科利伸さんの 舞台での 奏でに 射抜かれて 惚れておるので

まぁ きっと 今回も 間違いないであろう とは 思いつつも

何がどう出てくるのか ちょ と どきどきしてた

がっかりしたくない…とか 余計な 思い巡らせ

出演者皆様 来場の方と 歓談したり のんだり お給仕さえしたりしてて

この 線引きのなさ

みんな 和んでる

んでもって なんとはなしに るりん と ライブに 流れこむような 始まり

すぐさま がっかりしたくない…なんてな事思っててごめんなさい!な 平謝り気分

気持ちえぇ

一曲目は 篠笛と ピアノ

保科さんの 舞台での 念のようなものを 放つ 奏でとは 違って

もっと 身近に吹き寄せる 風のよう

場所が違うので それは当たり前の事なのでしょうけれど

揺らぐ 風の音色と

音が 揺るぎなく 決まっているピアノだけど

いつでも ここに降りといで〜♪という 大地の豊かさのような めぐさんの ピアノとともに

響く

「演奏する」なんてことを 超えて

楽器が

楽器とともにある その人が 鳴っている

そして 久し振りに 近いとこで聴いた 馬頭琴…笛と とてもとても 添う音だ

これも 風だなぁ 風になびく草だなぁ て

ここではないところにつれてゆかれる音

そしてそして 生では 初めての ドブロギター

あんなん 色々装着せにゃならんようなもの

よくもまぁ 一体と化して 奏でてくださるよ

普段 寝食共にしてるんではないか!?くらいの 一体感だよ

いいな

たのしいな

それぞれの 奏でる方々の ありかたまでもが 心地よいライヴ

ゆやゆや 気持ちよさに漂いながらも

ここで もんのすごく美味しそうな フードメニューを頼んでしまおうか いやまてよ 帰宅後に 食材あるからな…とか

別次元のこと 思い悩んで 眉毛寄せたような顔してたはずの休憩時間

「…あの 森さん…もりあやこさんですよね?」と 声かけられた

ライヴ開始後 ちょっと 遅れて入ってきた

もんのすごく場馴れした感じの 素敵な人

…なに?だれ?と 戸惑ったとこ

「前に タップで ご一緒した…」と 言われて

記憶の蓋 ぼばばば〜ん!と あく

わああああぁ!めいこちゃん!!

にじゅうすうねんまえ出会ったときからかっちょよかったしにせばいさおうのむすめめいこちゃん!!!

こんな暗がりで マスクかけて あらぬこと悩んで 虚空を見つめてるような状態で わたくしだと 見定めてくれるなんて うれしすぎて なつかしくて

ちょっと 頭しびれた

ううううぅ 

すこし 涙目になる わたくしでした

ピアノの めぐさんとともに ゴスペルやらなんやら うたっておられるとな

めぐさんの お人柄あふれる喋りと 豊かな歌声に すっかり魅了されてもおったので

ねねねね 近々 ライヴとか ないの?なんて 訊いてしまった

いやはや びっくり

そして やはり でかけてゆくことの ひらかれ つながり 出会い 出会直せることの よろこび てものを

しみじみと 噛み締めたのでした

夢に見るほどにな

ありがたき ひととき

きっかけを ありがとうございます〜♪

なりすますな〜!

2024 年 2 月 9 日 金曜日

顔本(Facebook)てのは

自分のプロフィールを 登録して 表示しながら

投稿をしたり

だれかと お友達つながりになって(友達申請→承認…という過程を経て つながる)やり取りしたりもできるのだけれど

時折 誰かに(有名人であることも 多々あり) なりすまして 友達つながりになって 別のサイトへ 誘導したり 詐欺を働いたりする輩もおる

こちらブログでも 何度もご紹介しておる アトランタの議会議員 アレックスワンさんとか

お医者さん 米軍関係 どこぞかの会社のオーナー…などなど

んで 先程は 安部光俊さんの なりすましであった

わたくし 青春時代に 多大なる心の支えをいただいていた シンガー・ソングライターであり プロデューサーでもあり そのエッセイも ぢわぢわと 心に染み入る お方

今は 仙台在住?にて「とっておきの音楽祭」企画側におられて あんちゃもお世話になってるもんで

ありがたいことに 顔本おともだちつながりも かなったのでしたが

その大切な あんべさんに なりすますだと!?このやろぉ!ですわ

安部さんの場合 数日前に なりすまし発生の 注意喚起を ご本人 なさってたのと

ずっと前の投稿も全て 40分程前にはられたものプロフィール基本情報も 本物の情報をかいつまんだもの…ということで

すぐ気づいて 顔本事務局に報告できたけど

結構 作りがしっかりしてて

安部さんが 注意喚起したものより 正確さが 進化してるので

クセが悪い

わたくしのとこには メッセージなく お友達申請だけがきたのだけれど

ひととおり スクリーンショットで 記録して(貼り付けた画像が なりすましのもの)

事務局報告しといた

ま…ここ ホームページのブログを見てくださってる方々には 預かり知らぬ話で申し訳ないのだけど

ほんと 嘘つきとか 癖の悪いだましってのは

いかんね

気をつけましょふ

あの出会いがあったからこそ

2024 年 2 月 6 日 火曜日

20数年前

毎週木曜 鈍行で 東京へ パントマイム お師匠 はとちゃんの ハトリミームラボへ 通っていた頃

そして 所帯を持とうか と 思い始めた矢先に 相手に 外国のまちなかで あっさり置き去りにされて振られて

見た目 変わりはなくても かなり 胸の奥の根深いところで 意気消沈していた頃(病みかかっていたことに気づいたのは 置き去りから二年後くらいだったという体たらく)

帰路の 電車の 隣の席に座った人…

HAJIおぢちゃんとの 衝撃的な 出会い

それがきっかけで

イスラーム?

アラビア語?

少しずつ開かれてゆく 未知の扉

そして 意気消沈の中

なんでこんなに!?というほどに 心配したり 祈ったりしてくださる方がいてくださるということに

希望の光を ひとつ ひとつ 灯していただいたのだった

震災の時

10日くらい 通信手段が 途絶えていて

やっとこ繋がったら

留守番電話に 10件以上

HAJIおぢちゃんからの 超早口のメッセージが入っていて

何を言ってるか もちろんわからず

その頃の アラビア語の先生に 聞いてもらったら

「あなたがいきているかしんでいるかわからないうちはわたしもいきているかしんでいるかわからないきもちでしんぱいしていますどうかかみのまもりがありますように!!!」的なことを 何度も何度も何度も 繰り返し 言ってくれていたのだ と

数年前 体調を崩しているという メッセージをもらい

頻繁にあった「元気なのか?元気なら私も幸せだ神の平安がありますように」という 電話も 途絶えがちになり

心配していたところ

数年前に 顔本つながりコンタクトをくださった方が HAJIおぢちゃんの 息子さんだったと わかり 

その方から 先程

「父は昨年1月に亡くなりました」との 連絡を頂いた

あぁ…なんとも…

あの出会いがあったからこそ

いまの あれやら これやらに 繋がっているんだ と しみじみと思う

ちょ と あとから追いかけた うちの父にも 面会できたろうか?なんて思う

相変わらず 心配してしまうような 暮らしぶりの わたくしだけど

しょうがないねぇ なんて 笑ってみててくだされ

あの日「ゴハンタベナサイ!」と 手に握らせてくださった 千円札と 電話番号のメモは

今でも 大事大事に 持ってるのです

まだまだまだまだ 活かしきれていないことばかりだけれど

繋いでいきますね

أنا سعيد لأنني التقيت بكم.
سلام الله معكم.