‘るん♪’ カテゴリーのアーカイブ

草笛吹いて

2011 年 4 月 18 日 月曜日

昔は そこここで見た 「すずめのてっぽう」
最近あまり見ない
・・・てなことを 去年あたりも ブログに 書いたかな
んで 庭に 種飛んできたのか 芝生の間から ひょんひょん 出てきたのを
後生大事に 植木鉢に植え替えて 存続させようと がんばったのだけれど
どうも うまくいかなかったようす がっくし
まあ 植木鉢で 育ったとしたら 
もったいなくて 草笛にするために 摘んだり出来ないだろうな
そんなことを思ってあきらめていた
今日 仙台の 北四番丁歩いていたら ビルの前の植え込みに都会っ子のすずめのてっぽう
発見! 「すずめのてっぽう」・・・こんなところにいたのねあんたっ! 一本いただいていいっすか!?
一人で歩いていたので 全部は 音声にしなかったものの
「くぉんなとこ・・・」まで 口に出しちゃいました
早速 摘んで ぴす・・・いや このままぢゃ 聴こえぬな と
有能補聴器 オーティコンアジャイルプロさん 装着
んが しかし 勢いよく吹きすぎて ぶび と 裂けてしまいました
あああ 残念 無念
すまん
また 寄っていいですかね? と 
まだ 何本か 生えている様子確かめて 
あまり長居すると 往来で 怪しすぎるので そそくさと 辞す
いや でも まだまだ 絶滅ってわけじゃないんだな 
今回 鳴らせなかったけど
気持ちの中では ぴー♪ て 鳴った
嬉し♪

完璧を絵に描いたような

2010 年 11 月 10 日 水曜日

始まりの虹のはじ今朝 見事な 虹を見た
初め 一筆 するりと はしらせたような 
ほんの 断片だったけれど
すべての条件が ぴったりと そろったのか
国道を 曲がったあたりで
これ以上ないくらい まさに 虹というものはこういうものである と 
揺るぎない形で 虹!
うわああああ もうう 運転してる場合ぢゃないっ
みんな車止めて ゆっくり 虹 みようよおおお~!と 心で叫ぶも
1人で止まるわけにも行かず
横道停車するような スペースもなく
もう少し行けば 停車できそうな場所あるけど・・・と 思っているうちに
夢のように その完璧な 半円は 消えてしまった
すぐそこの 小山の 手前から 立ち上がる虹の根元
そのあたりを 通る頃には 虹は見えなくなっていたけれど
もしかして そのど真ん中に突っ込んだから見えないだけなのかも
いま 光の帯の 真っ只中なのかも・・・なんて思って ぞくぞくした
余分な湿り気は きらきら光りうけて 七色に分散して 蒸発しちまえたような
うっとり気分でした

敢えて避けていた ツボを押す(もしくは ツボに 嵌る)

2010 年 10 月 27 日 水曜日

前を通りかかってから ずっと 気になってました
たたずまい ラインナップ・・・どれも 絶対好きな感じだ と
でも なかなかゆっくり出来ない時間に 通りかかったり 
車で行きすぎたり
お金がなかったり(別になくたって よかろうが 絶対 買えずに悶絶するだろから)
で 今日 初めてじっくり(ほんとは もっと じっくり していたかった)行くことが出来た
「古本と珈琲のみせ マゼラン」 
わいやーどすこてぃっしゅてりあ?だかなんだか そんな犬が ちょろ・・・と覗いているような イラストの看板が 可愛らしい
往来から 店の入口までの小道へ 一見雑多に並べてある 本の様も 分別も
もうそこでしばし 凍結したように 見入ってしまった
ああ 以前ネットで ご立派値段で買った ホイジンガの『ホモルーデンス』すんげえ 安い!くううう
絵本も結構充実しているし 永田農法の本 あ!小泉武夫先生 おお店の中には稲垣足穂さま~! 心の叫び
ここに来るチョッと前に 営業用 代用ペンシルバルーンを(いつものメーカーのが手に入れられず ドンキホーテで とりあえずまかなうことに)買い込んだり 
マジック用品など 買ったことを 大後悔 
ま、またくればいいじゃないか 今絶対買わなきゃいかんもんでもないし・・・と ぐるぐる 頭の中で考えながら
結局 『ぼくはおおきなくまなんだ』ヤーノシュ著 (文化出版局)
『かえるのエルタ』中川李枝子 著(福音館)
『世界文学「食」紀行』篠田一士 著(朝日新聞社)
・・・購入
いったん会計済ませて 店出てから 外に陳列してあった 
『これがC級グルメのありったけ』小泉武夫 著(ビジネス社)を やっぱりほしい・・・と 戻って 買いましたす。
本が好きで 好きな本を並べて ゆったりとした時間を過ごしたい・・・と思っている方が 開いたお店なんだろうねぇ
とても優しいお兄ちゃんが お店で応対してくれました
こんだあ 珈琲も飲めるくらいの時間と 懐具合で行こうっと
財布にゃ 168円しか残ってなかったけれど なんか ふかふかな気持ちになった♪

4号線北上す

2010 年 10 月 2 日 土曜日

本日午後は 仙台のピアノ仕事後
タップフェスティバルの打ち合わせもあるのだけど 
出席後 夜出発でも 行けなくは無いかな?とか
当日入りできなくもないかな?とか 迷いはあったものの
ナビついてても ナビ読み間違い しちまうこと ちょいとあったりするし 
行ったことないところに 着くまで わくわくどきどきはらはら てんこ盛り
そんな自分のペースを考えると やはり ね
パフォーマンス仕事前の 安心感 大切に・・・なんつって 言い訳めいててすまぬ
頼もしき 祥子嬢&由紀姫に 託して 水沢へ向けて 出発することにしますた
で、水沢 行くだ~と 友人けっけに はがき出したら 早速 電話くれて
日曜忙しいから 土曜の夜に 会うか てことになり
「夜遅くても良いから」 一緒ご飯・・・るん♪
すがすがしいくらいに 真っ直ぐ素直で明るい けっちゃん
出会ってすぐ好きになったんだ
岩手が好きになったのも きっと 彼女に由来するとこ 大きいかも 
大学の合唱のサークルで わたくし部長 けっちゃん副部長
中身スカスカなのに ノリで 部長なんてもんになっちまった わたくしを 
いつも 絞めたり緩めたり 叱咤激励してくれて ほんと 助けられまくりでした
ひねて捩れがちの 屈折遠回り変化球のわたくし 
けっちゃんの 柔らかに 真っ直ぐな屈託の無さが どきどきまぶしくて
憧れにも似た気持で どうしてそんなに すとんと真っ直ぐ素直なのだ?と 訊いたことあったっけね
いろいろあるなか 「あ~ 素直に生きていこうて 思ったんだ」て話し してくれた
もともとの素質もあったのだろけれど 心がけって 大切 と しみじみ思いましたわ
けっちゃんのおねえちゃんとは 偶然 知らず ダンススタジオグァテマラの 舞台に関わらせていただくようになって お会いした
もしかして けっちゃん?いやまてよ そんなはずないな でもなんか すんごく けっちゃんににてる 美女がいる・・・と 思ったら おねえちゃんでした
そういえば けっちゃんの結婚式で ちょ とだけ お話はしましたっけね
そっくりで 美女で やはり からりと明るいの・・・ご両親の育て方大成功でございますがな~とか 酔った勢いで 失礼な物言い いたしましたかも その節は すみませんでした
などなど 初めての場所にちゃんと辿り着けるかな?のいつものどきどき 凌駕して
久しぶりに会えるるん♪に浮かれておるのでした
え・・・と 仕事しに行くこと 忘れちゃいませんが  

決まると良いな

2010 年 8 月 27 日 金曜日

イベントパフォーマンス仕事って
〇月〇日 空いてますか?から始まって
イベントの雰囲気確認 パフォーマンス内容の確認 ギャラの確認などなどしつつ
「んじゃまずその日 仮押さえしといてください」という 形が多い
イベント会社さんのプレゼン 通ったあと 本決まり なのですわ。
なじみの お付き合いのところからや、知り合いの方からの紹介で 
時々「空いてたら即決」なんてのも ごくたまにあり
「すんません 明日なんすけど~」なんて なんの 急遽変更あったのか
切羽詰ったようなこともあったりしてね。
今日 再び 青森・・・て打診の電話あった
昨年 混み混み ど~んと黄金週間真ん中に 一日だけの 青森仕事 てのがあって
四号線を ひたすら北上 11時間 したっけな
ヱビスビールのムックで読んだばかりの 駅前の 美味い店「ふく郎」のこと
そこでであった 宇都宮のナイス酔っ払い夫婦 たっき~さんたちのこと
帰りに寄った 二戸 桂化木地帯での 石拾いとか
懐かしく思い出す 
楽しい思い出ばっかり ざくざく思い出して
さっきまでの どで~んと 重たい感じ
ぽん と 雨散霧消
わはは~ 心のふるさと 青森 また行きたいなあ~

ラッキーおすそわけ

2010 年 8 月 15 日 日曜日

昨日 14日は かくだふるさと夏祭りだったってえのに
今回(も?) 手伝いできませんで
午後 雨降りはじめた頃 TAP SHOTS稽古のため 仙台へ
年内できるかな?な タップライブやら消える前に つかむのだ
来年 1月23日の タップフェスティバル(仮称)の新案ねりねりも 楽しみ♪
今日 初めてさんも 来てくれる・・・とかいってたので 嬉しくて
鼻歌なんて歌って 窓全開で ずぶぬれ・・・しまった・・・
ふとみると ちょいと 雲きれかかり 光が
♪虹でると い~い~なぁ~♪ なんて また でたらめ歌うたったら
あらほんとに虹!
つい 途中で 車停めて 見入っちゃいました
見事な半円が みるみる 薄れてきたので 取り急ぎ 撮影・・・写り悪!
マメ科特有の 甘さと お香が合わさったような香りでも いつも 鼻を楽しませてくれる 葛の花も 近くにあったので
いつもどうも~なんて 言いながら 写真
・・・あやしい おばちゃんだな
ま、とにかく みんなにも いいことありますよに

甘~い!

2010 年 8 月 6 日 金曜日

落とし蓋の陰から うっとり黄色最近の とうもろこしってば
生でも いけます
いただきもの 皮 剥きつつ ほろけた 一粒 
口に入れてみたら しゃくりと 甘い
うわあ うっとり
どんと食えでも とりあえず 茹でることにして
美しい グラデーションの皮 ひたすら剥く・・・こんな色の 服があったらいいなあ と つぶやいて
母から まさか これそのまま着るとか言わないでよね てな 心配される
着ねえっつうの
ぜいたくにどんどん食える喜び色よく 茹で上がりました
母 がしゃがしゃ 噛み付き食い
父 しずしず 列外し食い
あんちゃ ひとつぶひとつぶ 外し食い
わたくしは 合わせ技
みんなそれぞれの食べ方だけど
それぞれで にこにこ満足
これからしばらく  あちこちからいただいて
黄色くて甘くてにこにこトウモロコシ幸福の日々だわ るん♪

身も心も いっぱい!

2010 年 6 月 5 日 土曜日

カニカマ 初日打ち上げに 混ぜていただきまして
仲間に入れてもらったというより
いつも お邪魔しちゃってます 気分ではありますけど
いいなあたのしいなあ・・・と手放しで 心開いてしまう
舞台に携わっている人ばかりぢゃないのだけど
なんでか いつもいて マイム界(周辺)の人・・・て感じの人もいて
みんな しっくり馴染んで 酒を酌み交わしている。
もんのすごく ひさしぶりさんとも 話すことができて 
でも 長い年月なんか どっかいっちゃって
健在を確認しあえて ほろ酔いいい気分
その場を借りてこっそり『去りゆく音 苔むす記憶』の お輿入れ・・・とか思ったら
ちいと お披露目状態になり 知らず 肩に力入った。
でも 引き取ってもらえた嬉しさ
それが「ままや」さんであったうれしさ(リンク集参照)
幸せ気分になっちゃって 勢い ままやさんに作って欲しいなあ・・・て 常々思っていた 物物のイメージみたいなもんを 勝手に べらべらと広げてみた。
また 大切な人と 出逢い直した感じ
たくさんの るん♪ が 鳴り響いた夜

たけのこるるる♪

2010 年 5 月 20 日 木曜日

じゃがいもが崩れるくらい煮るべし!夜遅くに帰ってきたから あまり ご飯はたくさん食べないで
・・・など 思っていたけれど
たけのこの味噌汁だったもんで 
ざぶざぶっと ごはん はがいぐごど はがいぐごど(すすむことすすむこと)
おかわりなんかしてしまい うぶぶ・・・なんて 満腹かかえて しばし 恍惚
あとすこしで この喜びの季節とも お別れなのだろうな
でも旬だからこその 喜びと 名残惜しさと 次回への期待と・・・
身も心も 満ちるるる♪

ゲコライト交換

2010 年 5 月 16 日 日曜日

携帯電話につけていた ゲコライト(がしゃぽんにて入手、シリコーン製 蛙型ライト)
お子達が 結構乱暴にいじったり あちこち出し入れ摩擦のせいでかじか→あま・・・へ 引継ぎ
悲惨な感じに 塗料がはがれていた。
あんちゃから「なんか 不気味」と いわれていたのだが
近くの本屋の店先 ゲコライト復活
早速 一個入手。
今まで出なかった アマガエルだ るん♪
カジカ蛙だったのを ピカピカ緑のに チェンジ
もちろん 隠居ライトも 大切に ピアノの上あたりにおいて とっておく。
がしゃぽん後 あ・・・財布に金がほとんど無い・・・と 気付いたが
きっと 天下のまわりもの、帰ってきてくれるさあ・・・なんて 楽天的に ピカピカ気分