2013 年 9 月 のアーカイブ

いいことある

2013 年 9 月 30 日 月曜日

林檎を 磨くと 幸運がやって来る とか

磨いた林檎が 幸運を呼ぶ とか

映画『ポケット一杯の幸福』で いってたかな

ご近所の 松本さんが

母の入院を知って

お見舞いかたがた 「いただいた林檎が美味しかったからおすそわけ」と くださった林檎

林檎見本みたいにきれいで

磨いてみた

なんてぴかぴか♪

いいことあるといいなぁ みんなにも…と

おすそわけ

便乗デザート

2013 年 9 月 30 日 月曜日

そういや 戸棚に どら焼あるの

父知らないだろうな

おやつに食べといて…と 仕事先から電話した

すると「明日 おかさん 外出すんだと」とな

は!?安全ベルトで ベッドに寝てる

左半身動かん人が そんなことできるんか!?

どうしても!!と お医者に頼んだら 二時間の外出が許可されたから 特別なタクシーで うちまで来るのだ…とのこと

嘘ではないようですな…病院からの電話だというし

リハビリの病院転院も 来週に決まったとのことだし

やおら慌ただしいことになりましたる

いいんだかなんだか…いや いいんだなこれで

ちょっとびっくり

明日 母に頼まれたあれこれをしなくちゃ…の 時間が まるごと 外出に当たるので

これは 何をどうやりくりしたらできるのか 今ちょっと頭回らないのですけど

とにかく 喜ぼう

危険のないように

母の満足に 繋がるように あれこれやろう

母探して 鳴いてたぴち…違うようすの母みたら どうなるであろうか…車椅子なんて やっぱり驚くだろうけど

猫の手で 力くれたらよいな♪

心配と嬉しさないまぜ

とりあえず遅めの昼食を 佐世保バーガーで がつっととって

なんとなく ぷち お祝い気分でもあるもんで

食後に ソフトクリームも たのんじまい…

なんつって

ただの便乗 いいわけだけどさ♪

きょうだい日月潭

2013 年 9 月 30 日 月曜日

わざわざ なにかを食べるために 遠出をする…なんてことが

久しくなかった

まぁ それは 家族の 健康問題とか あれこれあったし

薄味が好きなもんで

外食で ガッカリしちゃうのが 悲しいのもあるのだよね

でも 昨日は あんちゃと二人

なんとなく 母の様子も いい感じだし

どっかで 食べてから帰るか~てことに

「日月潭」だと 遠いし

その前の日も 父とあんちゃで 中華料理食べちゃったていうし

…なんて呟いたら

「いいこと思い出させてくれたねっ♪」と うきうき顔の あんちゃ

そう 車ないと なかなか行けぬ場所なのですね そこ

でも遠回りだし カロリー的に どうかと思うのだが…と 最近の あんちゃの 天高く肥ゆる有り様の心配なども 並べたけど

「もう僕の頭のなかは 日月潭で 膨らみましたから」なんて きっぱり

ひさびさの わざわざ 食べにいく…を 決行いたしました

以前の これでもか!!ボリュームよりは タイトになっていたものの

まぁ 相変わらず 色々を 安く 提供してくれるまんまでした

前来たとき 冬の寒い日で 暖房あんまり効いてなかったよね…なんて

ちょ とした思出話もできるなんて

短期記憶の どうこうなんて あんまり問題ないよね…なんた笑えたりもして

食べ終えたあとに

車降りたすぐのところに わたくし 小銭いれ財布を 落としていたことに気づいて

それがまんま そこにあったからよかったようなものの

「ほんと ダメダメだね君」と 呆れられ

でもその後 買い物の時 あんちゃが わたくしの車を どこに停めたのか わからなくもなったりして

すっとぼけ抜け抜けきょうだい これから大丈夫なのか!?と

むしろ 母のことよりか 心配はここにあるのかも…なんてな 思いもよぎった 日曜の昼下がりでありました

そんな 間抜けな 子らを 心配のあまり

おちおち 恍惚にもなっていられぬ 母父であるのなら

それはそれで 親孝行…てことで

よしとしてくだされ

紫蘇の実をしごく

2013 年 9 月 30 日 月曜日

昨日は 病院から帰ったあと

洗濯しなくちゃ

制作仕事の 手紙書きしなくちゃ

月曜にやる 子育て支援わいわいひろばの準備しなくちゃ…

と色々のことをかんがえ

しかも

母から言われたものが 探しても見つからない…てなことで

一つ一つやれば なんてことないことばかりなのに

気持ち的に いっぱいいっぱいになっちまい

逃避しました…畑に

壊れた折りたたみ椅子の尻あて部分

父がハリガネニテ直してくれてました

紫蘇の実を 無心に じぞぞぞぞ…と 茎からしごきとるのは

カタルシスに 近いわぁ…なんて

己が すぐにてにできないものの 代わりに…てな

代償行為っぽいのわかってますけど

幾分 気持ちはスッキリしたぞ

でも 他の作業は 一個も 進んでいないので

何の解決にもなってませんでしたけどね

翌日の準備して 部屋にいったら そのまんまめるとだうん(この言葉…今や特定のものを連想させるのでちといやですね)

気づいたら朝でした

取り急ぎ 洗濯してご飯食って 母のとこに 尿取りパッド届ける…と

とてぱたしてたら

父が「洗濯物干しは 俺やるから お前は 慌てないで 余裕で 気を付けてでかけろ」とね

ないす!!

昨日 慌てていたわけではないのに

財布落としたり お金まるごと落としたり

全部戻ってきたとはいえ

全くもって ダメぶりに拍車かかっているのを

苦々しい顔で…でも 心配もしていてくれているようで

お言葉に甘えました

ほんと 気を付けなくちゃね

南瓜花色

2013 年 9 月 30 日 月曜日

南瓜の花 色の ひかりで 包む

五穀ならぬ御黒ぱん

2013 年 9 月 29 日 日曜日

パワーある トースターで

岸和田タマヤパンの

石臼ひき全粒五穀パン 焼いてまして

んで さなおばと メールやり取りしてたら

うっかり パンの存在を忘れ

視界のはしっこに 何やら動くもの…と

そっちみたら けむ(煙り)!

あが~

縁が 炭化して

五穀ならぬ 御黒ぱんになってました

とほほ

こそげて 食べたよ

んまかったす

Seedahmed先生を囲んで

2013 年 9 月 28 日 土曜日

Seedahmed 先生に YWCA にきていただいて

講演みたいなんを していただくにあたって

わたくしが窓口になるだけでは

何をどうしたらよいかの検討つかぬ…てことで

企画する 委員会の方々にも

もすこし 知っていただければ という 目的のもとに

本日 Seedahmed 先生をかこむ お茶会

質問したりお話ししたりして 「こういうこともっと知りたいわ~」と なっていくはずでしたが

なんとなく お抹茶 点てて 日本文化の 紹介みたいになっちゃって

なんだか すみませんでした

でも いつものように Seedahmed せんせは にこにこしながら

「わぁ すごいですすごいです…すばらしいです」と 受け入れてくださってた

色々なことを知って

手を繋ぎあって 仲良くしていくって

基本だよなぁ…

笑われて紛れる

2013 年 9 月 28 日 土曜日

昨日

午前中と 母の病院いってからのち

紫蘇の実とりしました

まだまだ しましまの蚊が 元気ななか

…かいかい

んで 手元が見えるうちは 続けよう と

夕焼けが色濃くなりつつあるあたり

あと 十五分くらいかなぁ…と思っていたら

ぴちぴち…と 弾ける音

もしや…と思うまもなく

座っておった 折りたたみ椅子の

尻を置く 布を接ぎ合わせている 糸が ぶちギレまくり

どす!! と尻餅

しかも 紫蘇の実も ひっくり返り

一部 取り返しがつかぬような 土まみれ

…あああああ

ちみっとは 回収したものの

もういい…来年芽を出してくれや…と 見送る

まだまだ畑には 取り切れない実がなってますしね

…なんて 己に 言い聞かせてみても

なんだか 絵に描いたように 間抜けな有り様

「ぶぁか なに おだってんだ!?」と 呆れて笑う父の顔

まぁ 笑うゆとりが出てきたのが 見られて うれしいよ

とほほ気分は 紛れましたわよ

ありがとね

大丈夫にしていく

2013 年 9 月 27 日 金曜日

ここしばらく なんとか散らしていた…など 豪語しておりましたる 腰の不具合

ちょっくら まずいぞ 一歩手前まで 接近…

まずいぞ

とか 言いながら 紫蘇摘みしたりして

身のほど知らずですけど

一応 悪化は させておりませぬ

大事をとって そりそろりあるいていたら

父から「俺の真似してよたよたすんな」などと 言われてしまいました

車運転するのしないの とか

出掛けると言った時間に わたくしが仕事の電話のやり取りがあって

若干 ぷんむくれ父

電話口に 届くような 「出掛けるっつった時間になにやってんだいったい!!」の声

仕事の電話っつったろうがよぉ…と こちらも ささくれだった 返しなどしつつ

父の車に乗り込む

まぁ 今までなら その後 お小言やら むっつりが続いたりもしたのですが

今や 状況が状況なだけに

父から歩み寄りのような 世間話っぽい話題が繰り出される 車内

おぉ 意地っ張りさんが めざましい 新展開♪などと 不届きなことを思う 娘でありましたよ

母 病室へ向かう よたよた 父娘

作業療法リハビリの様子も 見られて

とんちんかんと きちんとしゃん の 混ざりっこの 会話なども交わして

なんとか 字を読めることも わかった

うたも 詠んだらしい…入院して長い一日の終わりに お墓参りにいけなくてごめんなさいと手を合わせるような歌

でも「ありがとうって 手を合わせようとすんのに こいづ(左手)こねぇんだおん」とぺちぺち と 左手を叩いたり つねったりした

そんなんしないで ゆっくり やっていこう

もしかして 驚くべき能力開発が なされて

動いたりなんだりと この先 あるかもしれない希望のために

痛め付けないでおこうよ

んでもって ほれ 笑ってみ…と いったら

にやり♪してくれました

毎回 たのみごとあるのに なかなか来てくれないといわれるのは

やらなくちゃと思っていることがたくさんあって

やれない というもどかしさばかりがたまっているのだな

なかなか 解消できないのだけど

だからこそ やらなくちゃ…てな前へいこうという 推進力 生命力も 生まれている ということだよね

安易な 「大丈夫」が 言えなくなったりもして

大丈夫にしよう

大丈夫になってもらわんと困る

大丈夫まで行こうね

どんなことがあってもそれで大丈夫にしていく

そんな言葉ばかり 頭をめぐる

でも それでも やってゆくのだよね

完璧な その形

2013 年 9 月 27 日 金曜日

完璧に 飛ぶための形の あなたが

飛んでくれるから

飛びたいとは

思わない

ここでみているよ

とぶすがたをみているよ

完璧な 何かの形のはずの わたくしを

思いめぐらせながら

ここで生きていくよ