‘言の葉’ カテゴリーのアーカイブ

文字化けか

2022 年 8 月 25 日 木曜日

商品発送の お知らせメールに

絵文字!?

文字化けの一種なのでしょうけど

「芹沢銈介(せりざわけいすけ)」の「銈」の文字

普通変換では出てこぬ 漢字

金属製の 角っこある玉のことで

今は 名前に使えない漢字なのだとか(参考にした ネット記事→ https://kanji.jitenon.jp/kanjip/7618.html#:~:text=%E9%87%91%E5%B1%9E%E8%A3%BD%E3%81%AE%E5%9C%AD%E3%80%82,%E7%A4%BC%E5%99%A8%E3%81%AE%E9%A1%9E%E3%80%82)

ふぅん

しかし それがなんでこんな 竪穴式住居みたいな絵文字になったかな?

いや この絵文字 そもそも何を表してるか わからんのだが

ま とにかく 漢字を一つ覚えました(忘れるのも早そうだが)

せとかけ

2022 年 5 月 17 日 火曜日

3月16日の 地震で 欠けた 湯呑

いつも使っているわけではないけれど

ときどき 出して 眺めて 用いたりもしてた

小学一年生の頃 もらったもの

その頃にいつも使っていたのは

内藤ルネさんの うさちゃんのやつ

五十年 ずっと「普段」じゃない

ちょっと 気分変える時の 予備っぽい 位置のまんま

そんなこと思うと 切ない…なんて

またも アニミズム ぶっ飛ばすが

金継ぎするほどの 意欲気力も 今はないものの

そのうちなにか…と

またもや 棄てずにおる 

いつものこと

そういや 茶碗の割れたのも いつもとっておいてしまう

ちちはは は すぐ燃えないゴミに出してたけど

そっと拾って 畠横に 置いてみたりして

…そうすぐに 土に還るものでもないのにな

「せとかけ」て ばあちゃんが言ってた ことばがあった

ことばがあるということは

その存在も なにかしら はたらきがあるかしら なんて 思いながら

こんなもんとっててどうすんだ邪魔だろうが…と 言われることもなくなってるのに

そっと 人々の見えないところに 置いて

そのうちなにか と また あてもないことをおもう

あてのない

しかし そのうちするかも…な わたくしの個人的 

楽しみの部屋に 仕舞う

わたくしの たのしみのため はたらいてくれてる てことか

ははは

ありがとう

今日やらねばならぬことの 最優先事項に 洗濯が来てしまった(父のうんこさんお出ましへの対応が ちと遅れて 漏れあり ぬぬぬ〜!)

がんばれ わたくし!

お湿りだろうが 洗ったるわい

おたずねごと

2021 年 7 月 18 日 日曜日

お尋ねごと
この画像の 漢字 読めるかた
教えてくだされ
神戸文学など 研究なさってるかたも
ちょいと 戸惑っておられるのでした

空を満たしながら

2021 年 6 月 5 日 土曜日

あぁ 空だ

なんて 美しい 空だ

それに引き換え…と うちがわにまるまって 己の卑小さに うなだれてないで

あの色を 吸い込んで

そらを満たしながら

あの色のなかにいる

ここも ひかりであることを 思い出す

なんおくねんものいのちのちえを!と

呼び起こす朝

おはよう

おはよう

まだ 遅くない

黙して染まれ

2020 年 7 月 14 日 火曜日

桃色

薄紅

赤ちゃんの 頬色

淡く 明るんだ

なんとも あたたかくやわらかなきもちになる

ピンク と 丸めてしまうには

あまりにも 惜しい

語彙の 貧しさに

口ごもり

むしろ

黙って 同じに 染まるがいいのかもしれない

ことばに裏打ちされた思い

2020 年 6 月 9 日 火曜日

ちくまプリマーブックス129『女の日本語 男の日本語』佐々木瑞枝 著

読み終えた

何気なく 用いている ことば

男尊女卑の 志などないつもりの わたくしも

知らず 用いてる 男目線の「こうあってほしい」性差というよりも 願望から 決めつけられてきたもの

あるだろなぁ と 思う

仕組みやら 歴史やら

その裏側に こめられたもの

「そういうものだ」と 決めてかからず

やわらかしなやかに

みつめながらゆけたらいいな

積ん読サグラダ・ファミリア 偶然の 雪崩落ちの 出会い直しよ

ありがとうよ

若旦那!?

2020 年 6 月 8 日 月曜日

書類と格闘してたとき(闘うような書類じゃないのだが)

電話が鳴った

用いている 電力会社から

もにゃもにゃ よく聞こえん 若者男の声

でも 電気料金引き落としできんとかなんとかではなさそうだし

何のことか きき返すのも 面倒くさいし

わたくしでない人を求むるような 言い方…「旦那さんは…」とか 言ったかな?…なもんで

え~と 今ちょっと入院してて と こたえたら

「では 若旦那さまでもいらっしゃいませんか?」と きたもんだ

若旦那!?

なんだそれ?

わたくしを どういう立場の者と 認識したのでしょうかね?

ちょっと びっくりして

コーヒー こぼしてしまいました

若旦那なんて立場の人 うちにいません て こたえたら

「あっそうですかすいませんではまた」とな

何の話だったんだろう?

女が聞いちゃいけない話だったのかなぁ?

はてなマークいっぱい 浮かんだけど

こぼれたコーヒーと一緒に 拭き取りました

言葉に敏感になれ

2020 年 6 月 7 日 日曜日

ちくまプリマーブックス97『日本語ってどんな言葉?』佐々木瑞枝 著(筑摩書房)

積ん読から 雪崩落ちてきたやつ

読み終えた

どういうきっかけで 手にしたか 失念していたけど

16~7年前 角田の 天神アジア市の 企画で お世話になってた 「しんたな」の たかっさん 中心になって

アジアバザールご縁で 繋がった崔さんが お世話役になっているという 韓国で 日本語教師になるために勉強している方たちを 角田でもてなそうツアー…てのがあって

ちょうどその頃 韓国語を勉強(ちょいかじり)してたもんで

ツアーの あちこち 助太刀させてもらったのだけど

そこで お友だちになった 熱心な 日本語教師目指すさんたちから

頻繁に 普段 考え込むこともなく使っている 日本語についての 質問メールを いただくようになり

こりゃ このままじゃいかんぞ!とか

日本語すげぇ!とか

いろいろ 思い改めることがあって

本屋さんで 日本語についての コーナーを 探索していたことがあったなぁ と 思い当たる

性差についても

文化の裏打ちのある 言葉のこととか

感じること 多々あったのだよな

女流なんちゃらとか

女なんちゃらいう 言い回しに ずっと 引っ掛かりを感じていたりもしたし

やはり その辺りから 手にしたのだろうな

続けて『女の日本語 男の日本語』を 読みはじめて

膝を打ったりしたものの

本日 ちょいと 母の服 入れ替えする予定なので

膝打つのも ほどほどに

熟してないまま

2020 年 5 月 23 日 土曜日

浮かぶ思い

すべて 明るみにするわけではなく

あぁ これは 伝えたい思いだ というものと

これは しまっておこう という 思いもある

とあることに向かうとき

惑っていたとしても

向かうことを 揺るがすような思いは

受け渡さずにいよう と していたのに

本日は

迷いのまんま

渡してしまった

あぁ

熟していないのは

わたくしの姿勢 そのものだ

甘えてる

申し訳ない

明日の わたくしは

きっと 今日より しゃんと 向かっているはず

ましてや その先々は 更に…だ

ぷすん と 情けない音を 出してしまったような日

でも また 蓄えて

こんな日を越えてゆこう

こんな日があったからこそ の 結びを

熟を

つなげ

奮起だ もりあやこ

名残を刻みて たんぽぽよ わたくしよ

2020 年 5 月 19 日 火曜日

かかえていた ものを

送り出した 思いを

見送った いのちを

刻んでいる

存在の 名残を いだいて

生きて

還ってゆく

たんぽぽよ

わたくしよ

同じ ぢびたのうえで

ゆこう