2020 年 8 月 のアーカイブ

母横付け

2020 年 8 月 28 日 金曜日

火曜日

うちピアノ仕事の間

空調の効いてる 父ベッド横に いてねっ と

またもや 母車椅子を 横付け

互いに 伝わらぬもどかしさとかで どうにかなってるだろか?と

仕事後 覗いたら

母が なにやら 手を振っておる

歌番組つけてたので

歌手に向かって ペンライトの動きみたいなのやってるのかな?と 思ったら

「肩痛くて 体操してた」のだと

なにやってんだ?とばかりに 目を剥いて 母を凝視する 父の 表情が 愉快で

思わず 連続写真 撮ってしまった

肩痛いから体操してたんだって と 父の耳元に 伝えたら

にやり と 口角あげて 目を閉じた

「さっき おとさんさ『どごさが 行ぐでぇどご あっかぃん?(何処に か でかけたいとこある?)』て 訊いだらば 『どごも ねぇ』どよ」というので

父 どごさもでがげでくねぇっつうのは 家さ いでぇってごったおんなぃん?と 声かけたら

うんうんうん て 頷いた

動けなくても

家で みんなといられるのがいいんだよね

そう思ってくれて ありがどなぃん

なかなか 快適な 助太刀ができてないとしても

懲りずによろしく

7daysbookcoverchallengeSpinoff「人」テーマ その4

2020 年 8 月 28 日 金曜日

己の読書を 振り返る日々

活字中毒 復活か!?

7days book cover challenge の ノリ

多くの人が忘れても

ずっと 続けてる 物好き?

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

今週の テーマは「人」

4日目は

『シネアルバム20 ポール・ニューマン 孤独な彷徨とロマン』責任編集/三谷宏次 梶原和男(芳賀書店)

芳賀書店の シネアルバムシリーズ

あろうことか 口角のあたり「父に似てる」なんていっては

周囲を唖然とさせた

ファザコン?

もしくは

節穴ですか?目…

好きになり始めたのは

小学五~六年生くらいで テレビで観た『タワーリング・インフェルノ』だったかな

非常階段だったかで 爆発にあい

床が抜け

手すりだけになったとこ

腕ぢからだけで からだを引き上げた姿に 惚れた!?

かつて 好きになると その人みたいになりたい てな 思いも生まれてしまうもので

腕ぢからだ!と 思い立った わたくし

次の日から うちにあった ブルワーカーで 腕を鍛え続け

提灯袖みたいに 筋肉つけちゃったことあり

これは その後 中学になって 教室で けつまづいて 転びそうになったわたくしを さっと 支えてくれた ちょっと 可愛い男の子が じっと 顔を見つめるので いやん何か素敵な展開でも♪と 思った次の瞬間

「森…腕 太ってぇ!」と 叫んだことで

大爆笑になった…てな 苦い展開あり

…ま それはさておき

『暴力脱獄』観たあとは うちにあった卵すべて茹でて食おうとして 家族に叱られるとか

車に興味もないのに ポール・ニューマンが イメージキャラクターになってたから…と 日産の 会員誌 取り寄せたり

インスタントコーヒーは やはり ポール・ニューマンが コマーシャルしていた ブレンディしか飲まなかったり

ポール・ニューマンブランドの ドレッシングや パスタソース 買ったり(その頃 料理なんてほとんどしなかったのに)

初めて買った サントラ盤は『明日に向かって撃て』だったのではないかな

ファンレター書いて 事務所から送られてきた ブロマイドは

今でも 写真立てに いれてある

見事な ミーハーファンでした

ちょっと まぶしいな

かつてのそんな熱情が…

殺戮…すまぬ

2020 年 8 月 27 日 木曜日

罪もない命を

根刮ぎ 殺戮など

猟奇以外の何者でもないのに

すまぬすまぬすまぬすまぬ

わたくしたちの生活を守る為に

…そうはいうものの 命が脅かされてるわけでもないくせに…

循環器にとってもよろしくない とか

隣近所の方々も 戦々恐々となさっておられるだろう とか

言い訳並べて 決行(胡桃についた毛虫殺戮)

胡桃だけ 食べる 呑気な イモさんだけかとおもいきや

アメリカの あれの コロニーもあった

うううううぅ

脚立の最上段だと 危険なので

上から二番目のとこまで のぼって

ちょっきん&密封ぐるぐる

伸び放題にしておったけど

こうも 己の手に追えぬものになってくると

いささか 考えを改めねばならんな

人里離れたとこに暮らしてるならまだしも…ね

葉柄だけでなく

ちょっとした枝の 一部も ギリギリと 切り落としてしまった

これでも 地域社会生活のこと 気にしてんのよぅ(無患子の お隣お邪魔さまは まだ 切ってない)

汗だく 猟奇者

水分補給して からだを冷ましてるとこ

洗濯は 昼下がりからにしようかなぁ(やる気あまりない…)

あれもこれも読みたい!が

2020 年 8 月 27 日 木曜日

高野秀行さんの 予約注文しておった『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた<サピエンス納豆>』(新潮社)

届いた♪

ううぅ 待ってたのよ うずうず

しかし 読んでる途中の『中山七転八倒』と

同じく 中山七里さんの『作家刑事毒島』(幻冬舎文庫)とか

あれとかこれとか

うわああぁ

なんか 読みたいのに 一度に読めない 煩悶

一度に読めたとて それがうれしいかどうかは別だけど

のんきな 悩み

楽しみの気持ち

あぁ でも 今日は 洗濯と 胡桃枝再びの 大量発生もぞもぞを 剪定せねば…

汗ばみながら

取り敢えずは

もう一杯 茶を淹れて

本を読む

7daysbookcoverchallengeSpinoff「人」テーマ その3

2020 年 8 月 26 日 水曜日

己の読書を 振り返る日々

活字中毒 復活か!?

7days book cover challenge の ノリ

多くの人が忘れても

ずっと 続けてる 物好き?

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

今週の テーマは「人」

3日目は

『伴淳三郎 道化の涙 』田山力哉 著(社会思想社 現代教養文庫)

物心ついた頃から

すでに 愉快で ちょっと エロい おずんつぁん の イメージだった

できた人 というよりも

いいもわるいもすべてかみくだいてこえて

悟りきってないまんまの 猥雑さも 包み隠さず いだいたまんま 立っていたようなとこ

よく知らんくせによく言うよ…だけど

好きだったなぁ

色々大変だったなぁ

でも そんなでも つぶれることなくいられた時代

むしろ 懐深かったのだなぁ と 思う

いまなら スキャンダルだのなんだのと

清廉潔白漂白無味無臭善良品行方正第一…みたいな 芸能人

つまんねぇ

おしゃれサンダル(の気持ち)

2020 年 8 月 26 日 水曜日

保育仕事

夕方あそび

広告紙 ぐるぐるして

魔法の杖みたいなのとか

武器みたなものとか

頭に回して 冠とか

さんざっぱら 遊んで よれよれになったの

そこいらに ぽい て 打ち捨てられていたので

わたくしの足に くるくる巻いてみてたら

Sちゃんが「なにしてんの~?」と いうので

サンダルにしてみようかな と 言ったら

欲しそうなそぶり

Sちゃんサイズに 作り直して あげたら

かなり適当なのに

申し訳なくなるほど よろこんで うきうき 履いて 歩き回っては

「Sちゃんの サンダルなの~♪」と 触れ回っていた

おうちにも 持って帰るという

…へえぇ

いいんすか?そんなもんでも…もっと 美しく作ってやればよかったかな?

お迎えに来た かあさま

「ずっと 『サンダルほしい買って~』て言われてるのに 買ってやらないもんだから ふふふ」て 笑ってました

ひらひら とか

きらきら とか

ぴんく とかに 目覚めちゃってる Sちゃん

広告紙の サンダルも

うれしさと 想像力とで

ひらひらきらきらなものとして 受け取ってくれたのだな

ありがとうよぅ

7daysbookcoverchallengeSpinoff「人」その2

2020 年 8 月 25 日 火曜日

己の読書を 振り返る日々

活字中毒 復活か!?

7days book cover challenge の ノリ

多くの人が忘れても

ずっと 続けてる 物好き?

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

今週の テーマは「人」

2日目は

『まるまる一冊マルセ太郎』マルセ太郎 山田洋次 矢野誠一 永六輔 他(早川書房)

生身では お目にかかれなかったのではないかなぁ

でもどこかでお会いした気もするのだけど…

こんなに強烈な方なのに

何なんだこの記憶の曖昧さは!?

会えたはずないじゃん という思いと

パントマイム お師匠 はとちゃんまんちやんに 出逢った1994年以降

稽古のために 上京するときは もんのすごく貪欲に

舞台やら映画やら 観まくっていて

そのなかで どうにか たどり着けたのではなかったか!?とか

しかし 貪欲に 観すぎて そのあたりの記憶が すっ飛んでしまったりしてる…

己の 脳みその 許容量を 量らず

1日に 映画四本観て 舞台観て 稽古いって 翌日も 映画観て…とかやって

その二日間の記憶といえば

Panasonic劇場?だか 大久保にあったやつの 開場待つのに

棟続きのように 隣り合わせにあった マンションの 中庭みたいなとこで

座って 本読んでたら 警備員さんに 声かけられ

顔あげたら「あれ!?女性でしたか すみません…今『中庭に 不審な 浮浪者の男がいるって 通報あったもので…』」と

一応 謝られ

しかし 暗に はよここからでていってくれ的なことを言われた記憶…

ぼろっぼろの コートに

薄汚れたような色の 帽子被って

差し入れのための 一升瓶 抱えてたからなぁ…

まんず どうしようもない あほうでありますな

…ま それは さておき

マルセさんのこと

すごく怖いと思ってた

お人柄が ではなく

芸に対する眼差しとか…

映画再現芸は

元ネタより 鋭角になっちまって

あわわわわ!て 思ったのだったな(テレビで観たのか?)

誰だって 唯一無二だけど

ことさらに そう思える人でありました

「御襁褓」が 反対

2020 年 8 月 25 日 火曜日

最近 お襁褓という 漢字が書けるようになった♪と

胸張ってたら

なんと 今さっき 反対に覚えていたことに気づく

強く→保つで 覚えてたのに

ずっと 書いてたのは「保」が 先に来てた これ→「お褓襁」

ぎゃ~!

ばかだばかだばかだ

わかったと 思い込んだときって たいてい こういうことになるね わたくし

でもまぁ 書いてたのって 公のなんにゃらかとかでなく

日々の記録「介護周辺どたばた記」の ノートにだけだと思う

そうであってくれ!

自戒を込めて 反対だったものを 曝しとこ

いい気になんなよ わたくしよ

こんだぁ 間違えないっ

もりあやこも 七転八倒

2020 年 8 月 25 日 火曜日

未明 3時頃

ひときわ 父の 唸り声が 大きくなる

うんこさん お出ましの 不快感らしい

すまん すぐ換えると また 途中で 出ちゃったりするだろから 落ち着いたら かえるね と 声がけ

しかし そののち

わたくし 寝落ち

あわわ

しかし 父も すやすや 寝入ってたので

検温したり 顔拭いたり 口腔ケアしてから お襁褓 かえっかね なんて

ゆったりしとったら

漏れあり

ぬうううう!すまぬ

これもひとえに 寝落ちとか お襁褓の緩み確認せんかったせいだな

デイケアで緩くしたのではなくて

不快感から どうにかしようとしたか

父が緩めてしまった模様

あぁ あちこち…

取り敢えず 拭き取りとか

ペットシーツ間にはさんで 応急処置しつつ

お襁褓換え

あれこれ終えて

母に寝坊させてしまったの 起こして

やっとこ 珈琲など淹れて

おっ♪ 蓮さま 10輪目?本日開花~♪と よろこんだのち

案の定 二回目うんこさん お出まし

しかも 右手小指あたりにも 表皮剥離 ちみっちゃいの 発生 シーツに 血!

あわわわわ!

いや 慌てるでない

落ち着いて 拭き取りと 交換とだ~~~~~~!

しかし お尻拭き(濡れティシュみたいなやつね)もすこし 使わずに 上手に仕上げる方法を 会得したいものだ

いつかきっとも少しうまくはなるはずだが

まだまだまだまだ…だな

いっそ 洗えばいいぢゃん!な タオルとか手拭いにしちゃえば と 思いつつ

手軽さから抜け出せない

エコロジーもくそもねぇぞ もりあやこめぇ

ふうぅ

そんなこんな 終えて

本日の課題を思う

父をベッドに転がしたまんま シーツ換えって できるかどうか?

あっちこっちごろごろ 方向転換してもらうのは 運動になるだろうし

やれなくもないだろうけど

わたくしの 気持ち的に「しんどい」と 思ってる 今

やはり 明日 デイサービス 送り出したあと

マッハで 交換かなぁ…

それとて お迎えに来てくれる時間や

来てくださる方の 移乗 手並みによって かかる時間 まちまちだから

出勤時間 気にしいしいの どさくさ交換になる

でも 人が乗っかってる状態よりは 楽なのは確かだ

なんてなことを迷い迷い

あと一杯 珈琲淹れて

『中山七転八倒』もちっと読んだら

溜まった 洗濯物の 一部は(←また一部だけかよ!)やろう

『中山七転八倒』

2020 年 8 月 24 日 月曜日

ちちはは デイサービスに送り出して

毎週のお約束 ヤクルトさん 来てくれるまで

一息

中山七里まつり 継続中で

今読んでいるのは エッセイ『中山七転八倒』(幻冬舎文庫)

面白すぎる!

エッセイで 付箋貼っちゃうなんて

今まであまりしたことないぞ

あまりに 小気味良くて ついつい…

物語の中で 主義主張を 披瀝しないのですて

だからこその 幅広い エンタテインメントなのでしょうけれど

『ハーメルンの誘拐魔』だけは例外で

娘さんが 子宮頚がんワクチン接種後 副作用に 苦しまれたことから 薬害エイズと ほぼ同じ構図の事件なのに!という思いがあって わずかに 私憤が混じってるとか…

それを未熟などと おっしゃる

プロだ!

素晴らしく プロの 物語る人だ

主義主張を 込め続けてしまう人の 作風が 同じような作品ばかり 生むというのも

んだんだんだ!と 納得する

んでもって 己を省みて ちと うなだれるが…

あんなに 音楽表現について 深く掘り下げてる 『さよならドビュッシー』も

音楽のことが全くの 門外漢だったからこそ書けたなんて

想像力 半端ないな

なるべくしてなった 作家さんなのだな(ご本人 まだまだ「作家」を名乗ることを 烏滸がましいと 考えておられるようだが)

あぁ もっとよみたい!

己の遅読が もどかしい

初期作品から 順番に とか思ってたけど

もうきっと どこから 何から読んでも このかたのは おっけだ

手に入るのから どんどん読んでしまおう

中古品でなく

図書館でもなく

本屋さんで 買うんだ

素晴らしき作品ありがとうこれからもよろしく🎵の 思いが

印税という 形で 届くように

そんなことでしか 伝えられないけど

中山七里さん ありがと~♪