‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

光陰矢のごとし…的な

2018 年 2 月 20 日 火曜日

光陰矢のごとし…的な早すぎる

うちの 応接間にある

電波を受けて 時間を合わせる時計

こことこずっと 合わずにいて

電波 どうなっとる?と 思ってましたが

昨日 ふとみたら

高速で ぐるりぐるり回ってました

光陰矢のごとし…的な 戒めですか?

いやいや きっと 合わずにいたの 悔い改めて

これから 時間ぴったりになったら 止まるかな?

しかし 現在時刻を すっ飛ばして また ぐりぐりぐりぐり

まるで ホラー映画の なにかが始まる前触れみたいな 有り様

うひゃあ

それ 今日になっても続いてて

うちに ピアノに来た お子達が

うひゃぁ…と やはり 驚いてましたる

ちょ と こわがる お子

うひひひ て 面白がって 楽譜も見ずに 時計ばかり見て 弾く お子

なんか…すまぬ

うちの時計って いくら 合わせてもすべて それぞれ勝手な時間指してて

もう 諦めて

概ね そんなあたり 程度で 気にせずにおりましたが

この 高速ぐるぐる時計は どうしたもんかいな と 思いつつ

いつまで回るか 面白がって ほっといてる

あんちゃから「止めてやったら」なんて

時計を 労うような言いかたされたが

電池なくなったら 止まるのかな?

見届けたい気もしつつ

次のお子達が また 怖がったら

はずすか…

風を受けて

2018 年 2 月 20 日 火曜日

風を 受けて 風に 任せて 

もう過ぎたことで

知らなかっただけで

なんてことなく暮らしていたのに

知ったとたんに 

かなしくなって

うなだれたりもして

そんな一喜一憂で 出来事のなにかが 変わるわけではないのだに

これからも そんな風に 揺れるのだろうけど

吹かれる風 受けて かわして 乗って 任せて

時に 風を 孕んで ゆく

弱っちいけど

やわじゃないさな

顔あげたら

風を受けてゆく 雲

よぉし そんな風に…だね

ゆくよ

長引くげほ

2018 年 2 月 20 日 火曜日

用足しいかにゃ母担当の ケアマネージャーさんとの 面談

いつもながら やさしく ほのぼのと 安心の時間

しかし 母 まだ 体調体力 いまいちなもんで

面談早く終わんないかな表情 ありあり

目を閉じて 話 聞き流しぎみでした

ケアマネージャーさんに 申し訳ないような 気分にもなっちまいました

父のげほぶり返しも なんだか 心配で

母と わたくし 揃って

布団に 寝るか 病院行くかしてくだされよ と 言い過ぎて

ぷんむくれさせてしまいました

まったく この わらすこめぇ

父も 気持ちしっかりしているものの

からだの面での 要支援か 要介護に 当てはまりそうな感じで

前から 相談していて

本人の 自尊心と 自覚との 均衡もあり

「角田は 厳しく審査するというよりも 汲み取ってくださる 良心的なところが 大きいって 多くのかたが おっしゃってるようですよ」と ケアマネージャーさん

確かに

母のときも とても 丁寧に細やかに 話を聞いていただいた感じだったもんなぁ

また これからの 力加減が 変わってゆくのだろうけれど

時にじたばたおたおたもしつつ

粛々と 受け取って 添うてゆく て ことだな

うん

現実把握も 曖昧なまんま

自分に 頷いてみたりする

ホープすずかけさんの 手作り大判せんべい かりかりしたら

用足ししてこなくちゃ

淡雪踏んで

2018 年 2 月 19 日 月曜日

ゆきもう あらかた 雪はとけた と 思いきや

仙台の ビル陰は アイスバーンのまんまだったりする

スッ転ばぬよう 気を付けつつ

本日の 河北TBCカルチャーセンターの 稽古のことなど 思い返す

本来 開講できん 少人数であるけど

残していただいてて

いてくださる方々は 選りすぐりの 熱心さんたちで

なんだか とても 頼もしい

本日の 壁と 火事テーマは

それぞれの 経験 お人柄 よさが 滲み出てて

おおおおぉ と 心のなかで 唸る

そして こうした方が「動く」から 「見せる」になれるな と

かつて お師匠 はとちゃんに 言っていただいたことだなぁ てなことが みえてくる

熱心さんたちの 姿に いただいた あれこれが 映し出されて

果たして 己は どうであるか と 突きつけられるものもあり

毎回 わたくしが 学ばせていただいてる

ありがたい ひとときなのでした

がんばろ と 改めて思う

手作り化粧水

2018 年 2 月 19 日 月曜日

化粧水先日 ご近所の Kさんに 手作り化粧水を いただいた

もともとは うちの母が 作り方を 教えたらしい

ひところ どこかで聞いてきた アロエ化粧水作り 

凝ってたっけな

アロエも 育ててたっけな

倒れてからは もう作らず 使わず

大分前 洗面台の下から 謎の 黴黴ラベルの 容器を発見したけど

それは かつて 母が作って 仕舞い込んで そのまんまになってた アロエ化粧水だったっけな

Kさんは 作り方を聞いてから 作り続け

オリジナルレシピも 開拓なさってるとのこと

素晴らしいなぁ

一人で つけるの難しそうだから

マッサージのときにでも 用いてみようか…

「ずっと お届けしたかったのだけど なかなか うかがえなくて…たくさん作ってしまったから お母様にどうぞ」て

気遣わせぬような お気遣いやら

ちちははの 体調のことも 気遣ってくださって

化粧水だけでなく そんな 温かな 思いも 受け取った

あまりたくさん言葉を交わしたことはないのだけど

とある イベントの現場でお会いしたとき

普段の きりっ とした 表情よりも ずっとずっと やわらかく 華やかに おられて

あぁ 笑顔 花開かせる趣味をお持ちなのだな 素敵だな と しみじみ 感じ入ったのでしたわ 

ありがたく 使わせていただきますね

母にも 花開く思い また やってこい~ と 願いつつ

小湯たんぽ活躍

2018 年 2 月 19 日 月曜日

小湯たんぽ

使おう というよりも

めんこい♪なんつって 無目的に 買ってた 小湯たんぽ

母の足元に 活躍してもらってる

あたたかさと

今しばらくは わたくしもうちにおる という 安心感で

風邪 なおれなおれなおれ~

おすそわけ

2018 年 2 月 18 日 日曜日

15173965528471235996274雪の ちらつく 宵闇辺り

小走りしてゆく サラリーマン風の 男性

ちょっと 弾むような リズム

うれしい 楽しいことに 向かってるのかな? 

誰かが 待っててくれるのかな?

なんだか 心持ち ふんわり あたたかくなった

見知らぬひとの 幸せのおすそわけ

ありがと~♪

本日は これにて

2018 年 2 月 18 日 日曜日

本日はこれにて本日のミッション

サグラダファミリアみたいに 溜めに溜め込んだ 洗濯物

ノースサイドの 八割は やりましたる

なんだそれ?

いやまぁ なんつうか これでも まだ ほんの一部

ノースサイド てのは 風呂場の辺り

母の デイサービス お着替え洗濯物袋を 積んでおりましたる

明日 復活予定の 母デイサービス お着替え中心に 洗い

洗濯筋肉痛 腱鞘炎が 発症しないように(洗い すすぎまでは 手でやる) とか

もう 干せる 場所も 衣紋掛けも 洗濯ばさみもない とか

諸事情により 

本日は これにて 仕舞いとす

ノースサイドの 残りと

サウスサイド…わたくしの部屋に うず高く 積み上げてある 歴史的 建造物洗濯物は

今後の課題です

わはは

昨年の新年の目標は「洗濯物を溜めない」でしたのにね

とほほ

今年は「まめに 洗濯をする」にしよう

空き地

2018 年 2 月 17 日 土曜日

1518770097980-921258920かつて 図書館もあった 区民会館みたいな 建物の 跡地

都会は ビル解体ののち

次のものが決まるまで 有料駐車場になったりすることも多いけど

公の建物であったところは

大抵 次のものが決まるまで 更地になってるね

瓦礫やら 硝子片も 見当たらない

見事に さらされたところ…だのに

あぶないのですて

なんか変なもん埋まってる?

そんなわけでもなさそうだけど

次のものが決まって なにか始まるまで

ご自由にどうぞ空き地にして 開放してくれたらいいのにな

交通量も 多い 道路に面してるから

なんか 危ないことされて 事故起こると 責任問題になっちゃったりするからかな?

遊び場としての 空き地

少なくなってるよなぁ

合理的有効利用(経済効果おり)ばかりが目立つ

仕方ないのかもしれないけど

ゆとりのなさなど しみじみ感じて

残念

あたたまるまで

2018 年 2 月 16 日 金曜日

あたたまるまで母の お薬もらい 受診

ついでに げほについても 診ていただけたら…と 

期待半分 病院へ

車椅子 押されるだけの母としては

いくら 達磨みたいに 着ぶくれさせてても

冷たいの寒いの と からだこわばり…

あたたまるまで 手のマッサージなどしてたら

なんだか 竹久夢二やら 林清一の 描く 美人画の 指先みたいに ほの赤くなってきて

あらま 五十鈴お嬢様ったら 美人画 などと ふざけてみたら

となりの おんちゃんが

ぷす て 笑った

ははは

ちょ と 照れ笑い おやこ