‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

駆けつける

2019 年 8 月 19 日 月曜日

ぬいぐるみ熊ちゃんみたいにお注射足に

土曜日は 病院いけない と 言ってたものの

だめでもともと 行ってみるっ と

女川から 午後五時過ぎに出発

渋滞も さほどなく

面会時間終了より前に たどり着けましたる

「毎日行かなくちゃないってことはないんだから無理しないで」と たくさんたくさん お気遣いいただいてるのですが

行かなくちゃ じゃないのです

行きたい のです

心が求めるものに向かうちからは

疲れを 呼び出さないでいてくれる(やり過ぎ注意だけど)

脳梗塞ののちの 出血

しかも かつての 脳腫瘍手術跡の 目覚めつき?

また なんて 病気のデパートおっぱじめてくれてんだ このとっつぁまは

でも 今までみたいに 乗り越えるべね

脳腫瘍だって 癌だって ストーマだって 臓器不全だって 歩行困難だって あれこれ 越えてきたんだ

「治る」て 自分でも言ったんだ

入院当初のような 気丈な 意識の 輪郭 ちみっと ぼやけているけど

失ってはいない

何かされることに 不安を 感じやすくなって

看護師さんに 拒否を示したり 怒りっぽくなっているとか

線をはずさぬよう お手て袋つけて

ぬいぐるみ熊ちゃんみたいになっとった

「娘さんからも声かけてやってください」というので

「父っ 看護師さんの言う事 よっく聞いで ごっしゃいでわがんねぇがんなぃん!今日女川で舞台やって そこに来てくれたお友だちから お父さんにって どら焼きもらったげんとも 今 食べらんねぇべがら 冷凍しとくよ 治って 帰って 食うべねっ!」と 耳元に 叫ぶ

「ん゛あぁ!」と 唸りごえ

わかったんだかなんだか

何が保たれていて

何が失われているか

まだまだ わからぬことばかりだけれど

父が 父であることは なにも変わっちゃいない

よびかける

受け止める

希望は捨てない

どうか まだまだまだまだ 携わらせてください

どうか

情報量の多い日々

2019 年 8 月 18 日 日曜日

炭酸こことこ 日々 情報量とか

思うところ 多すぎて

出口に 殺到して だぁれも出られない…に なりがち

わたくしの 日々のことなど

別に 書こうが 書くまいが

世の中にとって なんの 意味も 意義も ないとしても

己の 必要として

やはり 無理にでも 少しずつでも 出さねば

苦しくなったりもするので

…病っつうんですかね?

性癖とでもいうのですかね?

生きること 表すことの 渇望切望の中のひとつに

書く ということもあるなぁ と 改めて思う

やらねば さえ さておいて 書くなどと

「そんな暇あんのかよ?」と たしなめられても

そんなことへの暇は めざとく みつけ作るのでした

昨日周辺の 大量洗濯物終えて(それでも全部ではないという お馴染みの有り様)

昼下がりの 給水時間に ごろりとしながら

触れる

2019 年 8 月 15 日 木曜日

駅であんちゃを拾うあんちゃと 父

昨日は お盆ということもあって

保育園の お子たちも 三人だけ

父入院の どたばたのことを 心配してくださって

園長先生から 「夕方 早めにあがっていいわよ」と お心遣い

ありがたや

お言葉に甘えました

あんちゃの 退勤と 同じくらいなので

連絡とって 拾って

共に 父の病院へ

丁度 担当の お医者 おられて

話を聞けた

今日の CTでは 出血の場所「めちゃくちゃ大きくなってるわけではない…変わらない状態」と 思われる とな

しかし 発熱あり

出血のためか

痰が からんでいるので 肺炎的なものか なんとも 判断できないけれど

血圧や熱が 上がりすぎないような 治療をすすめています とのこと

発熱ということは からだが 戦おうとしているということだな

父に「どうだぃん?」と 声をかけると

目を開き「具合わりぃ」と いった

「がんばらぃん!」には

「何 がんばんのや?」と いうので

「具合わりぃのとか 熱下がるように 治るように がんばらぃんつうごどだ」と 言っといた

ぶふうぅ と 息を吐く

いつもより あたたかい おでこや頭に 触れる

熱よ 力よ 気力よ 頼む と 念じる

がんばれよ

がんばるよ

狼狽えてないわけではない

2019 年 8 月 13 日 火曜日

はなめど病院での話は

父の容態が 思わしくない方向に すすんでいる ということの 説明であった

くそぅ

そうきたか

思いが 吹き出るようになったり

いさめ おさめ 拳を握り

波をやりすごす

感情に呑まれても いまここでは いいことなどないぞ

まぁ まて

落ち着け

落ち着け と いいきかせるのは 落ち着かなくなりそうだということなのだが

狼狽えるな

いや 狼狽えてもいいから 見失うな

今やれることは 相手の 話を聞くこと

変わらず 願い祈ること

思いを伝え続けること

父とは 会話のような そうでもないような 言葉は交わした

ふざけて 額や頭を ペタペタさわったら

掠れた声で「なんだ もう 寝せでけろわ」と とろり と 開けた瞼を 閉じた

寝る子は育つ 治る

治れ治れ治れ と 念じてみる

ベッドの 手すりから 覗くと

高い鼻の 鼻の穴

はなめど~ と 言いながら 写真撮ったら

気づいたのか「むうぅ…」と 唸られた

治れ治れ治る!

断定的に 言ってみる

回復力 かも~ん!

頼む

駆け足取り急ぎ

2019 年 8 月 13 日 火曜日

びふぉあふた

母 昼寝の 間に

しぱぱっ と 墓草むしりくらい…と 出掛けたものの

一時間もしないうちに おしっこ助太刀要請電話あり

あと 10分待てるっ!?と 電話に 叫びながら

取り急ぎ 線香つけて 引き上げる

草むしったけど

花は活けたけど

お茶は供えたけど

墓石 拭かなかった

相変わらず 雑で すまぬ またね と 辞す

まぁ ここに みんながいるとは 思ってないけど

足掛かりとか よりしろみたいなもの?

帰宅したら 病院から電話あり

医師からの 病状についての説明とかなんとか

そんなに 長々と話する訳じゃないにしても

行って帰ってくるに 一時間半くらいは かかるかな?

母一人で待っててもらう ここ最近のタイムリミットかな

しかし あんちゃが ふいにでかけちゃってる不安とかなのか

しっこののち お腹いたい感じ …とかいって

再び うんこさんのため トイレ助太刀

むうぅ

こりゃ 一人で いてもらうの 辛いかも…

いっそ 病院に 一緒に 連れていくか?

念のため あんちゃに 帰宅時間など 訊いてみるメール

今度は 返事がすぐきた

あと 30分後くらい とな

ならば 少し待ってから出掛けるか と 安心したものの

つい

出掛けるなとは言わないが 今非常事態みたいなもんなんだから どこ行くとか何時に帰れるとか言ってからにしてくださいね…なんてな ちくちくメール 出しちまった

ああぁ

なんだか いいんだか悪いんだかよくわからないことやっとる わたくし

焦るこたぁない

も少ししたら あんちゃも帰ってくるらしいし

も一杯 お茶飲んで 出掛けるかな

クールダウンしながら

2019 年 8 月 13 日 火曜日

のさりと 這う「今日は出掛けない」と 言っとった あんちゃが

「行ってきます」と

母が「どごさいぐの?」と 問いかけると

「仙台」と

フェードアウトしながら 出ていったそうな

おいっ!

さっき 午前中は ゆっくりして あとで 墓掃除行って 余力あったら 母連れて 父のとこ(病院)行こうかと思うけど…て 言ったの聞いてたはずなのに

それについて なんも 返答しなかったな そういや

出掛けるなってんじゃないけど

言ってくれよ!と ちょいと煮え煮えな気分

「仙台でかけるの!?」てな メールの返事も かえってこない

まずいと思ってるな あのやろ…

まぁ あまり 熱くなっても ろくなことないので

クールダウンせにゃ…

除湿かけた部屋で

Tシャツに 色塗りなどする

今のかたちを受けとる

2019 年 8 月 12 日 月曜日

ご対面手を繋ぐ早くなおろう

昨日は 父のところへ

はは あんちゃ わたくし とで ゆけた

昼御飯中

どうにか こうにか 一人で 食べていた

スペース的に 父の 右側に立つしかなくて

暫し待つ

やはり 右側は 見えてない

視力的に というだけではないようだ

食事終えて

ベッドに 移動するに

看護師さんの 手を借りていたものの

朝よりは「力出てるね♪」とのこと

聴こえは 前にも増して 難ありになったものの

ことばをとらえれば 受けこたえ のろりと 成立する

ただ やはり 文字を 見て 理解することが 難儀になっている

そのあたりの 働きの 脳細胞に いろいろおきたのだね

二日前と おんなじ ここはどこだ?問いもあり

そのあたりは 今後 落ち着くと よみがえるものなのかどうかは 謎

母の時も あんちゃの時も はじめのうち 愉快な程の 錯綜とか 世界認識があったもんなぁ

ま とにかく どうあろうと どうなろうと

今のかたちを受けとる

そうして 次の 一足の 先を 見つける

もつれるようだけど ゆっくりと「迷惑 かげっつまうげんと…堪忍な…」などという

めいわぐなんかねぇでば がんばっぺね まだ 来っかんなぃん と 手をふった

部屋から出るとき すこぅし 滲みそうだったけど

大丈夫

望みは 絶たれていない

うっすらショック

2019 年 8 月 11 日 日曜日

看板変わってた酢のドリンク

昨日 移動の合間に

心のオアシス とみや湯ったり苑へ

しかし 中に入ってから…風呂に入ったあとに 気づいた

「とみや湯ったり苑」改め「極楽湯」になっとる!

うっすらショック

まぁ チェーン店に 吸収されたとしても

十宮の湯…と 誇っていた 泉質は 変わらないし

ゆったりさは そのまんまだけどね

百円 酢のドリンク飲みながら

改めて 新鮮な気持ち

たてなおした

驚異の回復力なのか?

2019 年 8 月 11 日 日曜日

驚異の回復力発揮して父の 変調の はじめの症状は

デイサービスでの ときどきのお楽しみ 将棋指しの時

駒がつかめない ということだった

しかしそれは 二時間ぐらいで 元に戻ったようで

「軽い血栓が 運良く 流れた」と 解釈してしまいたくなるのは 当然で

父本人も「気分悪いわけでもないし」と

ちょっとした 体調不良 と 誰もが 思った

思いたかっただけなのだ

「右目が変」と 気づいたのは 飛び込みで 問診診察から帰ったその夜

そういや 朝から 右目の目やに ひどかったよね とか

歩くのや 座ってから立ち上がるのが 困難なのは

「今日一日 デイサービスから 診察までもあって 疲れた」のだろう と みんなで 解釈してしまい

しかも 翌朝 自分の 力で立ち上がれて

でも 目のせいで 右側に 片寄って歩いてしまってて

それでも 横から もっと右 やら 左にも少し…と ガイドしたら

自分でなんとか 工夫して 歩行器を がしゃんこがしゃんこ すすめてた

このあたり 脳梗塞は じわりと すすんでいたのでしょう

いちど 駄目になった 脳細胞は 元には戻らないというに

驚異の回復力なのか

はたまた 驚異の 引き継ぎ力なのか(別の脳細胞に 経験を引き継ぐとかいうやつ)

診断判断を 見誤らせる 有り様 父

入院翌日行ったら

ここがどこなのか?てのが はっきりしてなくて

中核だよ と 伝えたら

「そうか」と 少しほっとしたようで

「殺す気か」て 言ったことは ぼんやりしてて

おにぎりを食べたことは 覚えてるけど

どら焼きは「記憶にない」とな

証拠写真見せて ほれ 食べとる…しかし 半分しか 渡さなかったから「食った気(け)ねぇ」と 思ったんでないの?と 言ったら

ふはは と 笑った

いろんなことを 忘れずにいよう と している 父としては

良く覚えていないことは ショックだったりするかも と 心配したけど

「今日は何曜日だ?金曜なら おかさんも おにいちゃんも 休みで 家さいるんだな」と

確認するみたいに言ってた

どんなんでも いいんだよ

生き繋いでくれてありがとうね

ありがたい あることを ひとつひとつ 拾って ゆく

はらぺこわらすこ復活か?

2019 年 8 月 10 日 土曜日

一昨日の父一昨日

入院が決まって

ベッドに落ち着いた 父

看護師さんに「ごきぶんは?」と 訊かれ

「腹へった」即答

おい…

さっきも聞いたけど 本日の 父の 夕食は 点滴だから もう いただいてますからね と 言ったら

「なんだ…殺す気か!?」と 返すので

一食ぐれぇ 抜いたって メタボっ腹の蓄えあっから すぐに 死んだりしねぇがら 安心しろ などと なだめにならんことをいう 鬼娘 わたくし

横で くすくす笑いで 聞いておられた 看護師さん

「森さん 食事制限ないし 売店でなにか買って食べてもいいですよ…て 先生からも言われてます」とのこと

なんか お握りでも 買ってくる?と ことばの句読点もつけぬようなあたりに 畳み掛けて

「買ってこぉ」とな

はらぺこわらすこ復活か

なんだか 安心したりもして

おにぎりとほうじ茶と どら焼き(どら焼きは こそっと 半分だけにしといた)

瞬殺…ちょい 噎せ

右目の 視力以外

なにがどう 不具合になって残るのか まだ良くわからないけど

あるものすべて 動員して

がんばろね

おともするぜ