‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

ことほぎ

2019 年 10 月 19 日 土曜日

ウエルカムボード

本日の 心暖まる ことほぎのこと

まっすぐ育ててくれたひとたちの こと

またあとで

それぞれのやり方で

2019 年 10 月 19 日 土曜日

やさしいきもちまだまだ 困難な 状況の 渦中におられる方も 多い

それぞれのやり方で 助け手を のべていたりする

できない と もどかしい思いで 心を寄せてくださる方も おられる

台風後の もろもろどこ吹く風で 日々をゆく人もいる

それぞれでいい

いのち あまねく 安寧にいてください と思う

角田の 東仲町の 交差点にある 美容室さん(名前失念して ごめんなさい)が

然り気無い貼り紙 水のことで困っているかたに 無料で シャンプーします…て

断水してしまっていて ここへ たどり着けるかた

やさしさを 受け取ってくだされ

水を渡り

2019 年 10 月 18 日 金曜日

無事で水しぶき

昨日から 元気な お百姓のお店「あぐりっと」さんが 再開した というで

本日 どきどきいそいそと 向かった

道路に ハードルみたいな 注意喚起の ゲートが 置かれてる

でも 通行止めにはなってない

この先に 不具合あるけど 自己責任で どうぞ てな感じかな

打ち上げられたような 稲藁 堆積や 泥砂 避けながら 注意深く 走行

田圃は 田植えの前みたいに 満々と 水を湛えていたりして

ただ そこにまだ刈り取られなかった稲穂があったり

稲藁ロールがごろごろぷかぷかしていて

どきりとする

少し沈んだ 道路のとこ

モーターボートみたいにしぶきあげて 進む

あぐりっとさんでは

相変わらず 朗らか愉快に 迎えてくださり

互いに それぞれの「おうちどうでした?」の 言葉を交わす

「うちは たまたま…」と 微笑みつつ

だからこそ今ここにいられる とか

よかったけど よかったとばかりもいってられないんだけど まずは よろこぼう とか

みなまで言わずとも なんとなく 言葉が纏う 空気が 似ている

元気でよかった…なんて

また 何をか含みつつ

「今日もまた雨だって言うし…気をつけて 」と 思い 渡し合い

また 水を 渡って 帰った

きっと 元気でまた

再びの ぴろりろりん♪

2019 年 10 月 18 日 金曜日

警戒レベル3病院にて

ゆうちょさんたちとの 手続き なんとか終えて

父と おだったことを言ったりもして

帰ろうとしたら

どこからか 懐かしい ぴろりろりん音

…わたくしの 携帯電話ですぢゃ!

またもや 警戒せよとのこと

うあぁ

明日にかけて…か

明日は 母 初の ショートステイで 送っていく&おめでたい 結婚式お呼ばれだぞ

ゆるんでいるあちこち

困っているひとたち たくさん

たのむ

ひどいことにならないでくれ!

深呼吸して

念ずる

間に合う

2019 年 10 月 18 日 金曜日

ねむ水 木は どうしても 仕事の関係上

面会時間を過ぎてしまう

それでも 開かない扉を

インターフォンで「○号室の 家族のものですが お襁褓ゴミの確認です」てのを 口実に 開けていただいて

父の顔を 確認する

毎日 少しでも 生身で 触れたい というのは

わたくしの中の事情でしかないとしても

それにより 少しでも いい刺激にもなればよいな と

都合のいいことを 思う

昨日は 久しぶりに 面会時間終了前に 到着できた

睡眠導入剤が 効いてて

あまり 目覚めた感じに 出会えないけど

ちょっとだけ やりとりできた

前後の繋がりは 難しくなってるかな と 思うものの

うっし~ 不在のときは

帰ってこないんだよ と 伝えたら

「なんだ!?昨日も帰ってこなかったんでねぇか?」て 言ったり

四日ぶりに どこも汚くなく 怪我もなく 帰ってきたんだよと伝えたときは

「無傷でか!?」なんてなことも 応えた

繋がるとこは 繋がるのだね

本日午後は 保険のことやら口座のことやら 委任状書けないことに関する 直接面談

どうなることやら どきどき

いや この どきどきは

きちんとしなくちゃいけないときに よく いろんなもの すっぽ抜ける 自分に対する 不安だな こりゃ

抜かりなく行かねば

いつもならず

2019 年 10 月 16 日 水曜日

道路崩落台風被害

自分ちの 中が さほど 影響を 受けなかったからとて

日常すべてが 何事もなく 繰り広げられるかというと

とんでもなく 甘い考えで

JRも 運休

阿武隈急行線なんぞは 再開の目処立たず…なんてな状態により

昨日は あんちゃも やむを得ず 休んだ

しかし そうそう 何日も 休むわけにもいかぬ

「運行してる駅まで 行けたら出勤できるし 7時前には その駅に 着ければいいなぁ」

しれっと 言う…送ってくれ てことか

行ったとて 帰りは バスとなると 母のデイサービスからの帰宅から 大分遅くなる

問題は 母が どれだけ トイレにいかずに 過ごせるか…だ

おしっこ助太刀のための 早めの帰宅ができぬ

ぬぬぬぬぬ!

お襁褓でいてもらうのは 避けたい

あれこれ 検討しても 八方塞がり…てとこに

早朝 さなおばから 助っ人 どうにか つとめられそう連絡もらい

あんちゃの 送迎の帰りに おば迎えに 車回すことになった

まだまだ 冠水通行止めの箇所あって Uターン

やはり 槻木方面ぐるっと遠回りして 角田へ戻る

戻りも 劇混み 渋滞

朝出てから 二時間以上経ってしまってる

母 やきもきしてるんではないか と 想像して やきもきして 寒気してきたり

まことに 精神衛生上よくない

保育仕事は できれば早めに来てほしい遠足の日だけど

母デイサービス 送ってからの 出勤で
むしろ遅くなる

しかし このままでは 母デイサービスへ わたくし 送っていくことも できそうにない…てとこを

あれこれ変更して

おばに 送り出してもらえるから ホームに お迎え頼んだ

ふぅ

これ このまんま 連日 続けるのは 無理だな

明日はもっと早くでたほうがよいよね…なんつってるし

おば たのめるかわかんないし

阿武隈急行線の 代替えの バス出てくれないかな

ヘルパーさん頼む お願いするのがいいかな?

それやるにしても 契約は金曜にできるのかな?

打破できるかな?

かなかなかなかなかなななな…

ちょっと 季節外れの ヒグラシ…その日暮らしに 泣きの入る もりあやこでした

ふぁいっ

火事場泥棒横行

2019 年 10 月 16 日 水曜日

ツイッター画面顔本(Facebook)からの シェアですが

火事場泥棒が 年々 巧みになってます

多分こういうの 専門の プロ集団

県外ナンバーで 来るなんて 間抜けなことせず

そこらへんも 用意周到のはず

冠水放置車は バールでこじ開けられたりしてるって…

東日本大震災のとき 繋がりある方の 父様の車が こじ開けられて デジカメやら ステレオシステムとか がっぽり持っていかれたとか…

それから 台風のあと

わたくしの携帯やら 自宅電話に

資金融資やら リフォームの会社から 電話あった

おいおい お見舞いと称してても もすこし待ってくれよ と 思う

なるべく 心穏やかに 復旧にいそしみたい

目まぐるしい数日

2019 年 10 月 15 日 火曜日

水没の道をゆく携帯電話の 写真保存のとこ

開けてみれば

あぉ これはあのときの とか

この日これをしたのだったなぁ と

大抵わかるのに

ここ五日間の 画像が

一瞬 いつのだか なんなのだか?と

浮かばない

写真の「プロパティ」というのを 開いてみて はじめて

あぁ この日のこの時間か だとすると これかな?と

やっとこ繋がる

やはり 牛の不在と

台風警戒の ぴろりろりろん♪てな 警報メールの夜と

台風一過の 濁濁流にて 目まぐるしく 翻弄されまくってたのだな

連絡とれてなかった 丸森の 友人知人の消息が ちら ほら と ついてきて

少しは 穏やかな気持ちで 振り返ることができる感じ

少しずつ いこう

台風のあと

2019 年 10 月 15 日 火曜日

顔本(Facebook)でばかり

情報を シェアしていたけれど

丸森の その後の状況

まだまだ 混乱してるのに

野次馬やら

やみくもに 駆けつける人で 混雑して 緊急車両が通れない事態もあるとか

具体的にわかっている 助太刀のところへゆくのでなければ

今は 少し 控えた方がよいようだ

専門家に任せつつ

物資の支援など

請われたら 動き出す方がよい

以下 イベントでお世話になった 紺野さんの 投稿からの コピー&ペースト

↓↓↓↓↓

【丸森2日目】
福島に泊まったので母の病院に立ち寄り、昨日に引き続き支援物資の水を届けがてら、土砂撤去をやろうと来たのですが、本日は既に10人を超える方々がお手伝い頂いており、ほぼ私のやることなかったですw
2日目ということもあり、まだまだ至るところが山崩れや、道路の崩壊などがあり本当に危険な状況です。なんとか白石からは遠回りですが来れるようになりましたが、丸森の市街地や角田からは来るのも難しいでしょう。
あとは今夜の雨を凌げればでしょうね。
被害が広がらなければ良いのですが。

今の今まで沢山のシェアやリツイート本当にありがとうございます。
おかげさまで報道でも少しづつこの大張地区も孤立していることを報道し始めてくれているようです。
ただ支援物資は個人宅というよりも、取りまとめているところにお渡しし、そこから振り分けてもらったほうがいいかと思います。

また、支援物資は時間と共に必要なものが変わって来ますので都度確認いただいたほうがいいかもしれません。
必要無いものを送られるとスペースを埋めてしまい、かえって負担をかけることになるからです。
ただし、まだ電話は不通の状態ですので持っていく前に下記後藤様にメッセージで連絡してからお願いいたします。
なお、物資を送る場合は現状では物流が滞っておりますので
ご自身でお持ち込みいただける方のみとなります。
支援物資送付に関する事柄を藤井さんからいただいたので明記しておきます。

【丸森町の現状と支援のお願い】
台風19号により甚大な被害を受けた宮城県丸森町
現在の状況を把握するため、同町役場の八島 大祐さんとメールのやり取りをしております。

現在、物資が大量に不足している丸森町
以下のものを是非ご支援ください。

〇丸森町が必要なもの 191014 13:00現在
・食料、水、飲料
  カップ麺
  ウィダーインゼリー(老人、子供用)
  水
  飲み物(野菜ジュース、トマトジュース、みそ汁)
   ※現在、各避難所に約500名の方が避難
    その数はどんどん増えている状況です。
    食料が足りません。
    日持ちするものや歯の弱い方用のものが必要

・プラスチックコップ
  飲み物を飲むコップ類が不足          

・毛布
  避難所にいる方に配る毛布が在庫切れ
  今後増えることも見込んで、あと1,000枚ほど必要

・簡易トイレ
  断水しているため、水が使えません。
  各避難所で必要になっています。
  既存の洋式トイレにセットするタイプが有難い

〇搬入場所
  丸森町立舘矢間小学校
   現在、丸森町役場が、冠水で通行不可です。
   通行可能となった場合には丸森町役場になります。

 丸森町立舘矢間小学校
   宮城県伊具郡丸森町舘矢間舘山字玉川29-1

 丸森町役場
   宮城県伊具郡丸森町字鳥屋根120

【ご協力いただける皆様へ】

上記物資をご支援いただける方は・・・
私(後藤 好邦)あてに、下記項目をご連絡ください。

 ①救援物資の名称と数量
 ②ご来訪いただける方
 ③運搬方法と日時

私のほうで情報を集約しまとめて丸森町役場に連絡いたします。
https://www.facebook.com/yoshikuni.goto/posts/2510732229004618

~丸森町の現状(八島さんのFBより)~

皆さん、台風19号大丈夫だったですか?
報道等で御存じのとおり、丸森町はたいへんな災害がまだ継続中です。
本日現在では、警察、消防、自衛隊などの協力により、救助活動が行われています。
現在でも、まだ役場周辺ほかたくさんの地域で冠水しています。
土砂崩れ、土石流、冠水により、たくさんの場所で発生しています。
道路は各地で寸断、水道は断水、下水も機能していない状況です。
また、電話の固定回線が繋がりません。携帯電話もなかなか繋がりません。
孤立している地区、集落、家屋、どのくらいあってどういう状況なのか、把握しきれていません。
私は役場で、情報収集業務や、その都度発生するさまざま業務をしています。
自宅は床上浸水でしたが、家族は2階に避難して無事でした。自宅は現在、水がひいています。
どうぞ皆さま、安全第一でお過ごし下さい。

ぐるっとまわって

2019 年 10 月 14 日 月曜日

ホーチキのあたり車内食楽しいひとときありがとう

迂回路 候補

二本目…北角田中学校近く ホーチキから 北郷方面へ抜ける道路が

曲がったとたん 通行止め

ぬぬぬ

三本目は も少し先

かつての 角田→船岡の バス道路…神次郎や 岡に 抜ける道は

ぐいぐいゆく 先行車が モーターボートみたいに 飛沫あげてゆくのとか

かどっこの コンビニエンスストアが 水没して 硝子戸 三分の一くらい どろどろしてたのとか

近隣のかたが どろまみれの 家財道具を 運び出してる様子を見て

これ かなり 水没箇所あるだろし 途中で 行き止まりになったら 方向転換できる余裕のあるスペース 無さそうだぞ…と

早々に 引き返し

槻木まで出て

パチンコやさんかどっこにある 旧四号?途中で リコー横の うねうね道に入り

無事 稽古場 レインボーハウスに 到着いたしましたる

ふぅ

普段かかる時間の三倍弱…見込みより早く 着けたよ

車中で お弁当など もぐもぐしてから 稽古

お仕事場が 浸水して 泥かき 合間に 来てくださったかたまでおられて

本番前最後だけど

いつものように和やかに お喋りしたり おやつ食べたり タップ踏んだり

気づくと 大変なことあったの 忘れてた~♪なんて

笑い合えてた

よかった

帰り道も 迂回

江尻の 349号線の 路肩の 崩壊(アスファルト 割れ割れ)とか

電信柱が 湖状態の 田んぼに 三本ほど 倒れていたりもして

あぁ まだまだ 復旧に時間かかるのだな と

震災後のあたりのこと ゆらりと 思い出して

あの事この事活かして

支えあえたらいいな とも 思う