‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

代わりに 「人生」を あずかる

2020 年 7 月 14 日 火曜日

車検も早めに車検が切れるのは 8月頭なのだけど

早めに 引き受けてくださる連絡あり

先ほど 愛車 ほびおさん 取りに来ていただきましたる

たしか 大きい部分 交換せにゃならんのだったよな

覚悟

しかし 色々と 本来ならぬやり方を 受け入れてくださって 助けられてる

いつもありがとうございます Honda Cars角田中央店 天野さん

今回の代車も「人生」だ

前に お借りしたのとおんなじかな?

駐車場で 戸惑わないように キーホルダーに ナンバーが 書いてある…助かる

しかし これは 落としちゃったりすると

まんまと 乗っ取られちゃう可能性も 大なので

今まで以上に 気を付けねば!

「人生」を あずかる重み…とか 言ってみる

…車の名前が 人生(life)なもんで

ついそんなことを わざわざいってみた

深い意味はない

車の 性格というか クセが 若干違うであろうから

その点も 気を付けねば

アヒル口風?

2020 年 7 月 14 日 火曜日

棒が一本あったとさ…風?小タオルで こさえた

試作 マスク

母からは「ちょっと重でぇ…」と

やんわり拒否され

わたくしが用いることにしましたが

ざっくり縫っただけなので

保冷剤も入れられるよ…の 入り口部分が

いろんな形に 沿わせられて

なかなか よいかも

保冷剤は やはり 入れると 重たすぎて びろ~ん と 下がってしまうので

その案は ボツ

んで あれこれ 形 変えてみてたら

なんか アヒル口みたいにも見えて(かわいこぶる表情で やるやつ…わたくし できない)

かわいこぶったりできるかな?と

自撮りしてみた

…んが しかし

見れば見るほど「棒が一本あったとさ」の

蛙みたいな コックさん風でもあるな

むぅ…そう思った方が しっくりくる

そういや でかい唇がたの マスクもあったのではなかったかな?

真面目なとこには つけていけないか…

夏場の ツラいマスク事情

楽しく乗り越えろっ

ほっとしてほしいだけ

2020 年 7 月 13 日 月曜日

あまびえさまなどかいてみたがあげられるものが ほとんどないけど

そんな 「持たぬ」わたくしのようなものでも

楽しんで生きている…ということが 誰かの ほっ に 繋がることがある

安心してほしいなぁ と思う

父に 母に

何かあったらいってね と 声かけて

ほとんど 根本的な 解決はできないのだけど

言われたことを受けとることで

ほっ としてもらえることがあったりする

近くにいるからね 安心してね と

不安の 種のはずの むすめっこがいって なにになる!?とも思うけど

一瞬でも 安心に繋がれば ひとまずいいや と 思う

舞台でも そんなことを思ったりする

ざわざわ不安になるような ネタも やっちゃったりするけど

んで 本日は

直接だったり メールだったり 電話だったり…多方面から いろんなご心配をいただいた

お稽古のことについてとか

舞台のことについてとか

仕事のこと

行動範囲について

まぁ コロナ絡みでの こと ほとんどでしたけど

お話の最後に ほとんどのかたが

「あなた一人のからだじゃないんだから」と 締められた

ありがたいよ

それは わたくしの 生きる力にもなってるよ説得力に かけるかもしれないけどさ

でも

そんな 役立ち感は おまけみたいなもので

本来は 一人のからだだとしても

得難き生命体の ひとつとして

胸はって 大事に生きていいものなのだよね

思考とか ちゃちいものじゃない 偉大な 生命の記憶を内包する 細胞たちが 生きようとする限り

生きてゆくのだよ

…何の話だ?

ずれました

まぁ とにかく 頑なになってるのじゃなく

迷いながら

なるべく ほっとしてくれる人が多いことを選びたいと思ってます

本日も 宮城県内で 陽性反応が出た てな ニュースのこと

母が 特に 不安そう というでもなく 口にした

まぁ そんな なかで

より よいやりかた 選んでゆきます

引き続き ご指導ご鞭撻 叱咤激励

懲りずに よろしくお願い致しまする

こっそり じんわり

2020 年 7 月 11 日 土曜日

退院の日の豚カツ…父 食えんのに煮出し麦茶出汁こっそり

父 退院の日は

豚カツを(母にはササミカツを) 揚げたのだったよ

父が食べられないとしても

お祝い気分を 母とあんちゃと 盛り上げたかった

しかし

おめでたい というよりも

この先 大丈夫なの?という 不安もあってか

母もあんちゃも 微妙な感じでいたのは確か

そんな表情を見て

「きっと 父は 大好きな『我が家』に 帰りたいはずだ」と

わたくしの 独り善がり的な 感情で

看取りの場としての 帰宅を 決めてしまったのではないか…と

もやもやくよくよは

ずっと 付きまとっていた

揚げ物するとき 条件反射的に ぷしっ♪としてしまう ヱビスさまも

ずっと 呑めずにいた(いつなにがあるか わからんしね)

生身で 触れて

携わらせてもらえる喜びありつつ

いつ よろしからぬことが おこるか と

不安な気持ちは いつもあって

喜ばしいことがあっても

毎日続くわけではない と

楽観に 溺れすぎないようにもしていた(今もそれはある)

でも 今日も 経管栄養のときに

そのうち 口からもなんか食べられるようになるといいよね~ 何食べたい?と訊いたら

しばし 目をキョロキョロさせて

「ステーキ」って言った

鸚鵡返しでなく

候補を出したわけでなく

父の中から 涌き出す思い言葉に繋げてくれているのは
たしかなことだった

病院側の所見「うなづきや 表情で 意思の疎通可能」だけじゃないんだぞ

「うちにいる」という 何よりの お薬が 効いてきてるのだと思う

まぁ 楽観しすぎず ですけどね

望み てばなさず

よろこびをもって

撫でるように

愛でてゆく日々

そんな日々を生きさせてくれてありがとう

父 退院後の 恐る恐る 手探りの一週間で

しっかり 食べて 眠っていたに関わらず

わたくし 体重が 四キロほど 落ちてしまってた

しかも 関節の不具合も ありありだったので

今 呑んだら よろしくないことになりそうだな…と

ずっと ヱビスさま詣でも せずにおったけど

本日は二週間と ちょっとぶりに

父の ベッド横で

ぷしっ♪としてみた

おしっこ袋ちゃんの 横でもあった

色 おんなじなんですけど

わはははは

でも 馴染みのヱビスさまの 美味しさ ちゃんと 感じた

わたくしの 健康バロメーターみたいなもの

健やかおっけラインだ

ゆくゆくは 父も 大好きなお酒 呑めるまで 復活できるといいね

世迷言でもなんでもなく

本気でそんな日を 信じている

煮出し麦茶と

日高昆布と 石巻 丸平さんの 古枯れ節でとった 出汁

なん匙か 飲んでもらったりもしてる

主治医も まだ奨励してないけどね…

危険なことがないように

細心の注意払いながら

復活の日々

こっそり

じっくり

じんわりと

ゆく

うっかり転じて らっき

2020 年 7 月 10 日 金曜日

ザクロジュースなどのんで

お襁褓がえのとき

うっかり シーツに お印つけてしまい

あわわ すまんすまん 言って

父を あっち向いてこっち向いてまたあっち向いて~と

ついでの シーツがえでも どまづいて

ごろんごろんころがしてしまう すっとこどっこい娘わたくし

いやはや

そのうち 滞りなくできるようになっからよぉ…と

ぶつぶついいながらやってるのを

時々 顔をしかめながらも

しょうがねぇな…てな 諦念なのか 父よ

慌てずやれよ…だね

どうにかこうにか 終えて

溜めといた洗濯物も 一気に洗った

しかし

保護猫こっこらの うっかり うんこさん重ね重ねためちゃってた 布地は

さすがに 風呂場で洗うのは まずかろ…と

翌日 庭で洗おうと 持ち越し

今回また スッ転んだりしないように

細心の注意払い

あせだくだくになって 終了

すぐに干したとて

雨降ってるし どうせ 乾くまい

んだらばすこしやすもう と

ザクロジュースなどのんで 和んでたら

訪問看護師さん いらっしゃった

あれれれれ?

もう この間で締めだったのでは?

今後も お願いしたい話したとき

「今後のことは ケアマネさんにまず相談してから」てな 話だったかと?

来てくださった方も あららら?な感じで 確認とったりなんだりして

連絡ミス(新しい予定表を 渡さなかった…てな感じの)であったようだ

でも お陰で 来週の 舞台周辺で 不在のときの あんちゃワンオペ介護の サポートにはいってもらえたら…の 話が

すぐに 検討事項に 入れていただけたようで らっき

本日 来てくださった Tさん…二回目なのだけど

支える側の 気持ちが無理なくやり易くいられることへの 心寄せ方が やさしく 素敵だなぁ…と しみじみと 思う

思いが

ことばが

これでもかっ!てくらい

行き届いてる と 感じる

ほんに ありがたい

これからも たくさんの方の 力いただいて

気持ち おだやかにゆけたらいいな

いろんな うっかりも 転じて らっきとなる日々でありますように

…いや うっかりは 無い方がよいとは思うのですけどね

いいこと続け!

2020 年 7 月 7 日 火曜日

家族で暮らす喜び本日 父 退院後 初の 訪問診療

訪問看護師さんには 来ていただいてたものの

主治医さん 初

短期リハビリ施設での 状態も あまりよろしくなく

快復を望めないであろうことや

施設だと 夜に 看護師が おらぬことが

命の危険に 繋がる状態…ということもあって

施設から 病院へと 移って

意思確認書の 書き改めやら

覚悟を決めねば…のあたり

色々と お話しくださってたもんで

本日の診察のとき

「おうち帰れた効果とはいえ これほどとは!」と 驚き喜んでくださってた

思うように うんこさん でないのが 悩みの種ではあるけど

「少しずつ 適量とか いいタイミング わかってきますよ♪」と

にっこりしてくださった

先々が 安泰と 油断できるものではないとしても

切羽詰まった状態からは 若干でも 離れたのだ と

思ってくださったようだ

よかった

安心しすぎず

でも ささやかなことも よろこびながらいくよ

たくさんの方々に

「無理しないで!」とか

ご心配とか お気遣いとか

日々 いっぱい 心寄せていただいて ありがたく うれしい

自分としても 無理に力んで きつきつになって

息切れせぬように と 心がけつつも

思えば いやいや始めたことではなく

こうしたかったからしたのだよな と

携われる喜びを 日に噛み締めたりしてるのでした

例えば 憧れて なりたくてしょうがなかった職業についた♪てな感じに近い?

己の職業に関しては なりたくてなりたくて!というより やりたいことやってご縁繋がって流れ流れてここにおるので いまひとつ 喩えがうまい具合にいってるかどうか わからんのですけど

やっとこ スチュワーデスになれた人に

「あまり仕事し過ぎないで」て 言うのが

言われた本人「へ?」て ちょっと 驚くような…

それとはちょっと違うか?

でも そんな感じに近いかも

慣れなくて大変なこと 確かにあるけどさ

家族で 暮らすことが うれしい楽しい幸せ大好き

…そんな感じ

今んとこ

これから また 苛っ とかも

生えてくるかもしれないけど

そこいらへんとも うまく付き合っていきたい

ふぁいっ♪

甘えさせてもらいつつ

2020 年 7 月 6 日 月曜日

なんとかもったぞダンススタジオ グァテマラさんでの

出張タップ稽古
、、
紗世さんとの 愉快な ナンバーの 概ね

できてきた

頼ること多くて 申し訳ないけど

一緒に作ってるかんじが うれしいな

いつの日かまた 舞台でやれますように~♪

がんばれっ!応援するぞ

2020 年 7 月 5 日 日曜日

あしあげて 父の眼鏡に気づくの遅く父の 便意

意識できてるのに

トイレに座ってもらう 気力体力技術が わたくしたちになくて

すまんすまん と

ベッドで

お襁褓当てたまんまで がむばってもらうことになっちゃう

つらかろうな

もうしわけねぇな

出たらすぐ出動すっからよぉ と 声かけて 待機

わたくしも お襁褓自分で当てて やってみようとしたことあったよ

震災ののち しばしトイレ使えなかったからね

でも 起き上がって トイレに座った状態で お襁褓あててさえ

出せなかったのだよ

働く自制心 自尊心

人間の尊厳!?

きっとこれは いいことなのだ

なかなか だせなくて

便秘になりがちなのは 辛いだろけど

座薬とか

誰かの手とか

嫌な思いさせちまうけど

この先の 更なる 復活の日への 足掛かりのひとつってことで

希望の光だと思おう

がむばれ~!と 言ったら

「がんぱる~!」といいながら いきみはじめてくれた

ありがとうよぅ!父 応援しとるでえ!と

ベッド横に 寝転がって 足腰緩め体操しながら 声かけてたら

眼鏡外して「 早く(眼鏡 受け取ってくれ)」と 言われちまった

おっとっと

かさねがさねすまんすまん

すぐ出動…が 聞いて呆れるわな

ふれ~

ふれ~

コロナのせい?

2020 年 7 月 4 日 土曜日

自動車の保険自動車の保険

毎年 Honda Cars角田中央店の 天野さんから

継続の確認の お電話いただいたのち

契約書持ってきてくださって サインして

その後 振り込み用紙が 郵送されてくる…てな 流れだったのだが

今年は

確認電話で

「実は 今回 このまま 継続する旨 お返事いただくことで 継続契約成立できるんです」とのこと

コロナのせい?

よたよたしてたもんで

ありがたい

楽だけど

悪用されんことを祈る

車のことは すべて 安心して 天野さん任せ

しかし さきほど あんちゃが 家の電話受けて「車のことだってよ」とわたくしに取りついだので

天野さんからの なんにゃらかの 付け足し事項かな?と 受けたら

親しげに 話してるけど 親しんだことない 女性の声

ん?と 聞いてたら

「車の買い取りについてのご案内をしてる(もにゃもにゃ…よく聞こえん)ですけどおくさまでいらっしゃいますかぁ?」とな

奥さまじゃないですけど…

「あの~え~と 車の買い取りについてのご案内をしてる(もにゃもにゃ)ですけど 資料お送りしたら読んでいただけますかぁ?」

いや…今ちょっとそういうの介護大変で読まないですたぶん

「お送りさせていただくだけなのでお時間あるとき読んでいただけますかぁ?」

…だからね…ばかなの?

いらねぇ!て 言えばよかったのに つい 勝手に送る分にはどうぞ とか言っちゃって

「どなた宛に」とかはじまっちゃって

住所いってきたあとに「森…何様あてに?」と

やめりゃいいのに「んじゃ『あやこ』宛に」なんて言っちゃって

ああぁ…

「漢字はどのような?」と訊いてきて

ひらがなでいいです

「本名もひらがなでいらっしゃいますか?」

違うけど…説明難しいから

…なんてなやり取りしてしまいましたとさ

あぁ もぉ 疲れてて 油断しちゃった感じだな

介護をいいわけにしちゃいかんけど(よくやってる)

それで 何事もなかったように スルーして 話進める図太さは ちょっと 誉めそうになったけど

買い取ってほしくても あなたんとこには ぜったてぇ 頼まん とも思いましたとさ

ふぅ

営業電話 お疲れさまですわ

むねのうちの 光を

2020 年 7 月 2 日 木曜日

光は胸のうちに朝 湿って どんより

それはそれで 必要な 1日

不都合や

よろこびや

痛みや

いろいろ 抱いたまんま

胸のうちに つかまえといた 光を 思いながら粛々と 今日を 生きよう

胸のうちに つかまえといた 光を 思いながら

快適を ふんわり 抱いたり

横においといたりして

粛々と 今日を 生きよう

胸のうちに つかまえといた 光を 思いながら