‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

のろりと庭へ

2018 年 4 月 22 日 日曜日

つめくさ本日 一応 朝早くには目覚めたのですが

絶不調

天井回ってました

二日酔いとも違う

あぁ これは 三半規管だろか

耳の調子 悪かったもんな

震災前に 補聴器を作ったほうがよかろうかと 考え始めた頃の 症状に似ていたんだ

聴こえのいい方の 耳が 雑音ざかざかと 入ったりしてた

寝ていて目眩てのは 重症だな 

しかも ここで うんこさん気分発生

腹痛を伴うとは 消化器官も やられてるのか?

出したいもん出さないと 悲惨なことになるぜ と

ぐるぐるのまんま とりあえず 座る方のトイレ目指すため(それは 階下)

万が一 人を呼ばねばならなくなったときのために ちちばんどなど装着して 髪まとめて 身支度

どうにかたどり着いてから 一時間近く 籠ることに…

目眩して おえ と 嘔吐になるかと思いきや 

そちらは 無事でありました

全身びしょ濡れ汗

たいへんに よろしくない状況というのは わかるが

まだ 自力でなんとかできる感じ

白湯 一口飲むため 台所へ

その 道のりの 長いこと 長いこと

途中 父やら あんちゃに 何か 話しかけられたのに

応えることもできず…

結局 白湯も そんなに飲めず

口ゆすぐ程度で 

再び 自室へ

昼時は あんちゃが 支度してくれて 呼んでくれた

ぐえぇわりぃ…と よろよろのろのろ 降りてって

白石温麺 一口二口で ギブ…

黒豆茶 沸かして ポットに入れて 再び 自室に戻り

夕方まで こんこんと 眠りました

お陰で ぐるぐるは 退散し

なんとか 起き出したのが 5時過ぎ

庭風に当たっても 気持ちいい と 感じられて ひと安心

いやはや まいったまいった からだ まいってた

こんだけ 眠ったから よかろ?と 訊いてみる

まぁ 無理せず ゆるりのろりとゆけよ と 呆れてる風でもあり

いろんな連絡事項 滞らせてごめんなさい

なんとか 復活ですわ

つめくさと 夕日に そよがし 流す もにゃもにゃ気分

うちあわせて

2018 年 4 月 21 日 土曜日

1524303458675826123781

ダンススタジオグァテマラの とみ子さんと 

8月17日(金) 戦災復興記念館での ステージ打ち合わせ

呑んでませんで(うまいもん酒場 たまやさんは とみこさんの 息子様がやっておられる)

たのしみなこと あれこれと みえてきたりして

またまた わくわくを いただいた

疲れ 吹っ飛ぶですだ

いつも ありがとうござります~♪

きれいと思える

2018 年 4 月 21 日 土曜日

きれいだ青葉通り

お前それでいいのかよ お前がやってていいのかよ?気分は 時々やってくる お馴染みのもので

でも まぁ これ

あるからこそ の 練り直しとか 視点変えとか 向上とか 精進とか…とかとかとか…に 結び付いてゆくのだよね

たぶん

昨日 ちゃんとやれてない感について話してたら

「そんななかで すごく ちゃんと やれてると思う」て いってくれた人がいたけど

もやもや思ってても

見え方は 違うものだものね

すべて だめだめ て 否定すると

観てくださった

受け取ってくださった方たちのことまでも 否定することになるのだよね

育ててくださった方々に対しても 失礼千万だし…

そうやって 励まされて

うん すっきりせぬまんまだとしても やりつづけてゆくよ て 思う

見上げた 梢

きれい て 思える

ほんとに だめだめなときって

そんな 心も 動かなかったりするもんな

うん 大丈夫

また 歩いてゆく

よたよたてくてく

2018 年 4 月 21 日 土曜日

ごろごろ朝 母の ちぎり絵教室への お届け物で

車椅子押して 市民センターへ

当初 あんちゃのみ 付き添い予定だったものの

万が一のトイレの心配…てので

母の不安な心 パンパンになっちまい

あんちゃ一人で 介助だってできるのに

疲れてるのに

宿題も終わってないのに…のにのにのに と

なんだか もやもやしたまんま

でもまぁわたくしもいきましょうかね…と 言うやいなや 

「やったぁ♪なんだか 肩にのし掛かってた重たいもの とれた気分♪」などと 返され

それはそれでうれしいけど 気力体力の不安 こっそり小脇にかかえたまんまの わたくしでした

母とあんちゃの ペースに なかなか追い付けず

なんとなく いい方の耳が 不調で 均衡が いづい感じで

へとへとへ~気分

体力的には まあまあ もちました

母の満足そうな顔や

生徒様たちの 嬉しそうな顔みられてよかったし…

しかし あちこち ちくちくと いたんでたりして

情けなや

でもまぁ そのうち 癒えるであろ

晴れるであろ

いい天気だ

ぼんくら森は 喪失記憶を取り戻せるか

2018 年 4 月 21 日 土曜日

記憶喪失復活的

毎度です

記憶喪失的です

レッスンブランクあったとて

日々こつこつやっとれば 済む話です

しかし 昔から 土壇場わたわた

一夜漬けどころか 朝漬けで

記憶を失うのが「天才的」とまで 言われてました(振り付けとか)

半泣きで

でも 自分でやりたくてやってることなので

1ミクロン単位でもいいから

なんにゃらかが 残ってくれれば 御の字 くらいの気持ちで

宿題みたいなものを やってます

しかし この後 母の ちぎり絵教室への 顔出し送迎があるので

タイムリミットまでに なんぼかだけでも…

あぁ 毎度毎度 呆れます

これくらいにしとく

2018 年 4 月 20 日 金曜日

年輪的なとこ若干つやつやに

きりがないので

一面だけ

ちょ と つや て したかな?くらいで 

石磨き戯れ やめとく

広瀬川で こんなに しっかりとした 珪化木石的なものが 拾えるとは思わなかった

なかなかやるなぁ なんてなこと 思いつつ

ふと 何年か前に 二戸で 拾った 珪化木の 数々のことを 思い出す

むずむず…

一生 磨ききれないほどの石

うちにあるんだよなぁ

まぁ 眺めるだけ にやにや石でもあるんだけどさ

ほかになんもしなくていいなら

ずっと石磨いていたい て 思ったこともあったのですけんど

ま そういうわけにもいかないので

距離をとっているのでした

会ったことないばあちゃんのとうちゃん て人も

石磨き道楽の人だったとか

血筋なのか~?

なんなんだ~?

でも 人の反応 関係なく 一人で楽しくなれて うれしいことのひとつなんだよぅ

休日らしいこと

2018 年 4 月 20 日 金曜日

石と遊ぶ

結局 普段の日々と おんなじことしちゃってる感 払拭のため

なにか 休日らしいことをしてみたくなる

ただ の~ん と しているもいいけど

うっかり 寝てしまいそうだしな 

と おもいついたのは

しばらくやれずにおった 石磨きの戯れ

糸魚川ものとか たくさん 磨きたいの あるものの

今日は 先日の 保育仕事で こそっと 拾った

珪化木石的なやつを♪

こういう 暮らしに 関係ないような

作品発表とも違う 行為て

いかにも 休日的だよな と 改めて思いつつ

休養にはなってないような気もしてるが 

まぁ いいや

ふふふん♪

やっと交換

2018 年 4 月 17 日 火曜日

やっと交換角田幼稚園「リズムであそぼう」初めまして仕事のあと

各種 申請手続きやら

頼まれていた 入金事項 片付け

その後 タイヤとオイル交換に やっとこれた

オイルは 予定より800キロ 多目に 走っちまったけど

ま 問題もなく…

こうして ささやかな 安心を重ねる日てのも

なんだか 新鮮な気分

いつもの Honda Cars 角田 天野さんとこで

ほっとひといき

充電できてきた

2018 年 4 月 16 日 月曜日

ふぅと ひといきねむねむで 車運転も 危ないかも と 思ったものの

昼御飯食べて

舞台差し入れにいただいた お菓子や 珈琲 食べたり飲んだりしてたら

目が覚めてきた感じ

電車でいこうか 迷ってたけど

やっぱり 愛車 ほびおさんでいくかな

買い物にも 便利だし

あ…タイヤも オイルも 交換してないんだった

…ま いいか(タイヤと オイルのために 積んである 板を 出さねばならんのが うっすら つらい 面倒くさい 腕筋肉痛の 現在)

ばんげの 仕込みも終えて

昼下がりのぼんやり時間に ひたひたひたる

やまいだれうた

2018 年 4 月 16 日 月曜日

待ち時間に 詠む診察待ち時間

歌でも 詠めば?と ペンと ノートを差し出すと

本日は「やんだ」も言わず

さらさらと 書き始めた

おおむね やまいだれ歌のようだけど

それでも まぁ いいさね

眠い わたくしの 心持ちのほうが 

うっすら やまいだれ