‘言の葉’ カテゴリーのアーカイブ

同じ轍を踏む

2019 年 4 月 18 日 木曜日

外れちまい釘拾いマグネットとりいそぎとめてみた

機械式時計 ハミルトンさん

ベルトは 仙台の銀と革細工の お店のもの…を わたくしが がたがたに 継ぎ接ぎ修繕したのを 用いてる

のだが

先日 ダンスブルームさん舞台楽屋にて

時計を 外そうとしたら

びぢっ!と

時計と ベルトを留めておく 軸の棒が弾けとんだ

ぬあぁ!と 声をあげるやいなや

近くにおられた 照明の 亜希さんが しぱっ と 見つけて 拾ってくださった

ありがたや!

軸の 筒状になってるとこ ちみっと 割れてるが

取り敢えず も一度 時計をベルトに留めて

近々 修理に 持っていきます ありがとうございます~♪と

ご挨拶

さて翌日

本番前 さぁて メイクしよ と

時計 外そうとして びぢっ!

ぬあぁ!!

既視感たいむすりっぷでじゃびゅ…

ただの 学習しない あほう!

床に 五体投地よろしく 這いつくばり

うろうろじろじろ

ゆきこさんもむつみさんも あちこち 探してくださってるとこに

舞台監督 こうさん 登場

事情聞いて すぐさま 共に 五体投地状態になって 探したてくださりましたものの

見つからず

あぁ もう これ以上 みなさんの貴重な時間を こんなことに割いていただくわけにはいかん

どうせ 軸割れてるものだし みつかったとて 使えんのだから…と 捜索中止していただいた

…のだけど 気持ち 諦めつかず ついつい 床を じろじろしてしまってた

そんなとこに 照明の亜希さんと 音響の 本儀さんいらして

昨日拾っていただいたってのに またやっちまいまして なんだかすみません と 言ったら

えっ と お二方も すぐまた 捜索態勢にはいってくださって

「そうだ 釘拾いのマグネットがあるはず」と 10-BOX事務所に 借りにいってくださり

再び 大捜索

…しかし 一向に 姿を表さず

もういいです申し訳ない…と 言いかけたら

「でも 見つかったらうれしいですよね♪」て 亜希さん

…そうなんだ

自分でもわかってた

見つけても 役に立つわけではないものになってしまっていたとしても 見つけたらうれしいだろうな てこと

すぐ諦めようとするとこ

その場を 納めようとして 本意でない道を 選ぼうとしてしまうこと

無駄だとしても 喜びは生まれること

…なんだか 今回の 創作を巡る 己の癖とか 課題と 同じ有り様を 突きつけられた気持ち

爆裂に 反省しながら

無駄でも見つけたいんだよぉし!と 気持ち改めた

マグネットさえ 吸いつけられなかった その 二ミリほどの 金具

結局 わたくし すわっとった テーブルの キャスターの下あたりに 潜んでたの

わたくし 見つけることができました

どんだけ人騒がせなんだかもおおおぉ!!!

己に びんた 気分…でも みつけられたことは うれしかった

ご用事から 楽屋に戻られた こうさんに

うれしさのあまり ぴょん♪と 飛ぶように立ち上がり

こうさんっ♪と 声をかけたら

勢いつけすぎて 心つんのめるように 言葉を失った

…らば

いなりはなしかけたのに「あっ みつかったの?」て

やさしい おとうちゃんみたいに 笑って言ってくれた

うわああぁ…なんて 察してくださるんだか

諦めないこととか

汲み取ることとか

掬い上げて 救うこととか…

いつもいつもいつも この方々に 支えていただいてるなぁ と 思う

素敵すぎる

楽屋でも 涙滲んじゃったよ…

ほんっとに ありがとうございます

んで その後 時計屋さんに 修理に もってゆけぬまんま

取り敢えず 銀ワイヤにて 仮留め

これはこれで たのしいけど

また 人を騒がせないよう

ちゃんと お直しに行かねばね

んで すっとんだ 二ミリ金具…

割れた方の 筒状の 金具と一緒に 補聴器ケースの磁石のとこにくっつけて 持って帰ろうとしたら

筒状のと違って 磁石にくっつかないこと判明

どうりで マシーン持ち出していただいたのに 見つけ出せなかったわけだ

ほんと ひとさわがせ!

春ば ひとっつ

2019 年 3 月 19 日 火曜日

春ば ひとっつごりごり味噌

めんこいめんこい…ず

ながめったらば

だいぶ おがっつまったげんとも

ひとっつばり くないなぃん つって

摘んだった

ちょっこら 湯がいで

味噌ん すた

春ば ひとっつ あがらっしぇ

言いかける少し前の

2019 年 3 月 10 日 日曜日

あける

…と

ほんの 爪ほどのうたかたの 生まれそうな疼き

言いかける 少し前の あたり

浮かぶに任せず

そんなこと言ったって と

押し込める

なぁ

じゃあ どんなことなら 言ってもいいんだ?

そんなこんなしてるうちに

思いもかけないとこから

ぼこり と

湧きあがる

思いが

ことばが

とりかえしがついたり つかなかったり

そうして 暮れて

あけてゆく 日々

春の うずうず

2019 年 3 月 10 日 日曜日

薄氷やっとこ

薄氷

うずく胸

うわのそら

浮き足立ちて 春

頭の体操

2019 年 2 月 28 日 木曜日

出題は本からだったり隠したりして

二歳さんチーム Yくん

ことばに とても 興味を持っている

最近「さかさまことば」に 凝っていて

夕方の お遊び時間は

走り回ったり ブロックで遊んだりよりも

絵本を読むか

のさり と 膝に 頭をのせてきて

「○○○のはんたい なぁんだ」と 言ってくる

二文字 三文字までなら 素早く答えられるものの

四文字になると ちょ と 四苦八苦

それでも何度かやってると

コツみたいなものが わかってくる

どうもわたくし 知識情報としてとか 音情報の記憶を 逆にたどるとか 苦手で

映像として 浮かべたものを 逆から読む方が 得意のようだ

年賀書きなどのとき 気づいたのだけど

郵便番号を パッと見て 一気に書くことができない

せいぜい 三~四桁がいいとこ

しかし パッと見たときの映像を 記憶すると

七桁を 再生できるのであった

Yくんも 回を重ねるごとに 長いことばを 言ってくるようになって

頭の体操にもなるってもんだ

そういや 壁絵の 「おおぞらえき」の さかさまかんばんも

逆から読んで にんまり 笑ってたっけな

ふふふ

愉快

来月 卒園お別れになる Yくん

あと 約一ヶ月

脳細胞 体操 いっちょ 揉んでくだせぇ

かみしめる

2019 年 2 月 23 日 土曜日

昨日の朝の様子だけどね昨日は 目的地よりも だいぶ遠いところに 車を停めて

歩いた

仙台町中は 駐車料金も 高いし

この頃 時間を きつきつにすごして

つい 寸前に ばばば と 車移動で 済ませてしまう

歩行不足だなぁと 思うしね

「早めに出るのが 一番の安全運転です」て 言ってもらったことば

肝に銘じよう と

パンと ともに 噛み締める

…とか言ってて 本日は 荷物あるので 現場近くに 車 停めるのだが~

過剰に構えすぎ

2019 年 2 月 17 日 日曜日

江戸川区あたり今回

初の 愛車ほびおさんにて お江戸 乗り入れ

過剰に 身構えてました

東京に 宮城の田舎者わたくしが 車走らせるなんて 身分不相応でありますかもすみませんすみません…なんて

卑屈なほどに…

埼玉越える辺り 手に汗 脇汗

肩 張り張り

…んがしかし

地続き 道路

東京になったとたんに 狭く意地悪になったわけでもなく

むしろ 道譲りは 仙台よりか ずっと スマート

なぁんだ わはははは 楽勝!と

胸のうちで ガッツポーズしました

きっと もすこし 都会的街中(品川区とか新宿区とか渋谷区とか!?)でも はしれたら(今回踏んだのは 荒川区 葛飾区 江戸川区)

お江戸に 車で…てのも おっけだ

八時間は 長いけどね…

愕然

2019 年 2 月 15 日 金曜日

ふたりもいなくなるなんて会いに行く て 言ったのに

「なんとかして会いに行くね」て 言ってくれたのに

嘘になっちゃった

くそぅ…

2015年12月の 写真

瞬間 私 沸かし」ていってくれた 英利ちゃん

早いよ!

あがりえおっちゃんと あっちで おちあうのかよ

おいおい…

愕然

春眠

2019 年 2 月 4 日 月曜日

梅 薄目寒さ 緩んで

薄目開けて

でも まだ も少し と

二度寝の 体

春眠の 暁

間近

新宿檸檬

2019 年 1 月 11 日 金曜日

新宿檸檬抱え続けていたものは

時間をかけて 自分で熟成したもので

そう やすやすとは 手離せない

…と 思いきや

一瞬 笑った 隙に

転がり落ちて

消えた

生身で 生きていこう

一人考え込まず

出逢っていこう と 思う

顔をあげたら

檸檬

新宿

なんだか 酸っぱい気持ち

でも すっきり 晴れた

空と

手の内と