‘葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・’ カテゴリーのアーカイブ

いつからいたのか?

2021 年 9 月 26 日 日曜日

植えた覚えないとこのほうが いきいきしとる段戸襤褸菊とうもろこし茎 甘いせいようおとぎり?茶サフランゲンノショウコ幼ちゃん

藪庭 徘徊

見晴らしのいい 原っぱでは

足元にあるような 草ぐさが

わたくしよりも 背高になってしまっている 

切磋琢磨 とか 言うんですかね?

背高泡立草が 名にし負う 背高っぷり

引き抜いてしまう ナンバーワンな感じで 申し訳ないが…

鳥らの仕業か

あちこちに ピラカンサ

藤もほっとくと 庭中に 蔓延るだろな

植えた覚えない場所に いや むしろ 植えたところよりも いきいきつやつやと 紫式部

その横に キク科であろうが 見覚えのない 背高さん

グーグルレンズ検索機能によると「段戸襤褸菊(だんどぼろぎく)」なんともごついお名前の お方

もう 実りはおしまいかと 引き抜いた ポップ種の 茎

結構みずみずしいので 噛んでみたら

あら 甘い♪

うっかりしてたら

茶の花も

サフランも

ゲンノショウコも 盛りをすぎんとす てなあたり

今年はもう 諦めたほうが良いのかなぁ と 思ってた 柚子の木の あげは幼ちゃん

秋の子たちが 結構 お太りになってて

うれしい♪

しかし 過保護しないと にゃんこらに 捕獲されてしまう恐れもあり

悩む…

動くたびに 今度はなになに!?と 興奮して 飛び込んでくる にゃんこ仔っこらを 踏んづけないように 

しばし あちこち 戯れる

まだまだ 元気な しましま軍団が

お食事のため 纏わりつく

しまった どくだみチンキ 噴射してこなかった…

かなりの かいかい土産

いくつか草引き抜いたとはいえ

見た目 ほぼ 変わらぬ 藪庭

それでも 気持ちには だいぶ よい 風通しになるものだ

アオキさんの引っ越し

2021 年 9 月 26 日 日曜日

アオキさん引っ越しました

母が 参加している 地元の 短歌会 

鳳仙歌(ほうせんか)

8年前 そこで 締めの挨拶をしている最中に 脳出血で 倒れたのでしたが

7月に 通常開催ではなくて

母が参加できる日に と 設定していただいて 

8年ぶりの参加

「おかえりなさい」と 迎えていただいて

会員の お一方から フラワーアレンジまで いただいてしまったのでした

んで お花が枯れてしまっても

その中の 緑要員の アオキさんが ずっと つやぴかだったもんで

コップに 挿しといたら

根っこ にょきにょきしてきた話

以前 投稿いたしましたが

そのまんまにしてたら

コップ 跨いで 外に出てしまいそうな 伸び具合

秋刀魚焼いたときの 煙が あたって 

3枚くらい 葉っぱが 黒くなっちゃったけど

衰えぬ 元気

こりゃ 土に行って頂いたほうが良いかな?と

植木鉢に お引越しいただいた

うまく 馴染んでくれるといいな

さっそく にゃんこ 仔っこらが 新しきものの 出現に くんくんしはじまったけど

どうかしばらく そっとしておいてくれまいか…

場合によっちゃ 屋内 退避かもしれぬけど

ま とにかく

達者でいてけろ

今までだって 力があったわけでもないのに

2021 年 9 月 23 日 木曜日

救えなかった無力感

そんなあたりが ごっぷり溜まった 洞穴の蓋を 開けちまったらしい

今までだって 力があったわけでもないのに

なにか成し遂げたような立派な人生でもなかったってぇのに

役立たずな わたくし とかいう 鉛の塊みたいなものから

後頭 ごう〜ん!と 直撃された感じ

誰も何も助けられない

みすみす命を見送るしかなかった

いや

むしろ かえってそちらへ 押しやってしまったのは わたくしの手

もしくは言葉もか?

捕らえられた 雀

もう駄目かと 思いつつも 救出して

籠に保護して

でも わたくしの手からなど

水も ご飯も食べない

籠の中で 果てさせるのか もしくは やはり野生に返して 弱肉強食の 渦中に 放して 果てるのか

…と ぐなぐな 考えていたら

流れた血も止まり

力強く羽ばたこうとする

猫らの目を盗んで 外へ ゆき

今度は捕まるなよ と 放したものの

程なくして

再び 猫に 咥えられてしまった

放さんかこらぁ!と 口を開けさせようとしたけれど

横取りされまいと

前より がっつりと 牙を突き立てていた

ここから 救い出した気になっても 助かる見込みもなさそうで

結局 わたくしは 何をやっているのだろうか

全てにとって 良くない余計なお世話様をやらかしているのだろうな と

眼の前のことだけでなく

救えなかったあのときのことそのときのこと

友人の 呑み込まれそうな 困りごとからさえ

1ミリも 救い出せてないこと

よろしからぬ と 考えているのに やはり 大きな 流れに 太刀打ちなどできていないことまで

怒涛のように 噴き上げてきて

泣きながら

わかったよもうわかったからいえのなかでやるなよもう!と

雀を咥えた猫ごと 庭に放り出す

己の無力さを見たくないだけか?

見なけりゃいいのか?

切り替えて 外で美味しく召し上がれ…とも 笑えず

うまく収められない気持ち

今に始まったことではないのだけど

今日はきっと 暇だからなのだわね

も少し建設的に 動かねば…

でも

ま 

こんな日もある

父の うんこさん滞り 出てこいや〜!てことなど

そっちに 集中しようか

その前に 鼻かんで 

珈琲 淹れよう

今日は 自分がとても めんどくせぇ

行ってきたものの

2021 年 9 月 21 日 火曜日

森家の墓よりにもよってざっそうといわれるようなものですがかわゆいのよ

日曜に 墓掃除 行ってきてた

しかし うっかり 花を持っていくのを忘れたので

お墓の前の草むしりで 抜いた 莎草(かやつりぐさ)と  お墓横の空き地の 荒れ地瓜を 取敢えずで 挿しといた

翌日の 彼岸の入りに 改めて 庭の花を切って またいこう と思っていたものの

延原にいちゃんの 訃報で 呆然として

いろんなことが 抜け落ちて そのまんま

しかし 傍から見て「いつもの もりあやこ」でした

いつも 抜けてるもんねぇ

うつつを暮らす身なれど

心ここにあちらにそちらに縦横無尽…とでも言っとく

ひたひたにひたす

2021 年 9 月 14 日 火曜日

吾亦紅今まさに咲かんとす和薄荷ゲンノショウコ

とてぱたと 小走りばかりしてたら

庭の 美しい あれこれを 

見流してしまいそうだ

あんちゃが うっかり 切り倒した 菊芋林の中に 

吾亦紅もあり

あぁ 今年はもう 咲くところ見られないかも と 諦め半分でいたら 

刈り残りから 今まさに 花 咲かんとす ての ありました

和薄荷ちゃんも 籔草むらなど何のその

藪と言っても みんな愛しい 草草

ゲンノショウコも花盛り

金木犀色の空気 吸い込んで

今日も 良き一日を

つやぴか〜♪

2021 年 9 月 9 日 木曜日

茗荷ど〜ん!遠回りなのに

汗だくで 採ったであろう 収穫を

惜しげもなく 分けにきてくれた

つやぴかの 茗荷

でも なにより ちょこっと ひさしぶりの その姿とか

これからの 楽しみのこととか

話してもらえたのが

つやぴかに うれしかったんだよぅ

これから 勿体ぶらずに ど〜んと 甘酢漬け 仕込もう

ありがと〜ありがと〜

平常心で乗り越えろ(もしくは なるべく過剰興奮せずに…)

2021 年 9 月 7 日 火曜日

あんこのっけ母の診察

血糖値の 改善&良好さ

もう少し経過観察してから

糖尿外来から 通常内科診察に 戻りましょうか てなことで

とりあえず ほっ

引き続き ひどいことにならぬよう

しまっていこう!

しかし「さほどひどくない」なんて 余裕がましておった

隣の空き地からの あめりかしろひとり進軍

数日前から Crescendo的に ぞわぞわぞわぞわ と 増えてきて

本日 結構ひどいことに

ぎゃああ!

虫好きになって

毛虫の毛野路も発音できなかった頃に こんなことになってたら 発狂してたであろうな

毒もないわけだし

心疾患によろしくない…てのが 確かな定説として語られてもいないようなので(ご紹介いただいてかつて見たはずの 記事が 探せない)

無害無毒だけど邪魔だからどけてね〜 て

苛々せずに

少し微笑んで 退治しておりました

…とはいえ これは 殺戮なわけで

決して いい気分じゃないのよ

夢に見るわ きっと

うなされても仕方ない

それでゆるしてくれるか あめりかしろひとりたちよ…

スズメガの 幼ちゃん愛でてたのに にゃんこらが あむっ!としちゃって 怒ったり泣いたり してた ここ数日ですけど

区別してごめんよ

心の整理がつかぬまんまだが

退治続行する

ほんと 勘弁してほしいわ

生活環境改善してないまんまだわ(アメリカシロヒトリに関して)と ぶつぶついったら

母が「もう一回 生活環境課に言ってやれ この税金泥棒!て」

いや あんた あたしゃ 税金泥棒 なんてフレーズ 言ってませんからね

なんて 物分り良さそうなこと言っといて

ふつ と そんな思いも 沸きそうになる

色々他にも大変なんだろうねぇ

でもこのうぞうぞ進軍は

短編なる精神的苦痛を伴うのよぅ

毒撒かれるよりはいいかなぁ て 気持ちを 切り替えたりしながら

やさしい甘さのあんこ 食べて すこうし穏やかな気持ちになって

平常心で乗り越えろ…もしくは なるべく過剰興奮せずに

ふぁいっ!

はばたけ

2021 年 9 月 7 日 火曜日

にょき緑鳥の湖先日 見切り品ワゴンにあった ペルー産の スナップえんどう

素通りしようと思ったものの

なぜわざわざペルーから!?とか

ここまでしおしおになってたら いくら 一袋 五十円だとて 誰も買うまいよ とか

買われなかったら 職員が 安く引き取るとかあるのかな?廃棄かな?とか

うねうね考えてるうちに

ここまで来る道のり 思い巡らせる 脳内ショートトリップ経て

引き取ってしまった

外側まで食べられそうなの あまりなくて

んでは 剥き身で と 中の豆 出したら

にょきにょき やる気 芽出してるのが だいぶあり

水に浸してみた

翌日

瓶の底で 白鳥 ならぬ 緑鳥の湖みたいになってて

なんだか かわゆい

はばたけ♪なんつってな

あぁ ゆかい

あおきねのうたをきけ

2021 年 9 月 6 日 月曜日

あおきねっこのうたをきけ母 短歌の 寄り合いに 7年ぶりに 顔を出した 折りに

素敵な アレンジフラワーを いただいたのだが

花花が 散り終えてのちも

あおもの?として 挿してあったやつ…多分「アオキ」が 

お元気だったので

小瓶に 挿しといた

…らば

なかなかに 力強い にょきにょき根っこが 出てきた

うおぉ!

これは 地植え おっけかな

ちからみなぎる 

あおきねっこのうたをきけ

なにやら かつて歌われた青春の歌のようではないか〜♪

うれしいな

充電危うし

2021 年 9 月 1 日 水曜日

すずめうり?

たぶん二年以上

ヘロヘロしててもよく持ったと思うが

昨日から ほぼ 充電できない感じになっており

いかんな

でも 本日は お店に行けぬな

ううむ

明日なんとかできるかな

…そんな感じなんで

わたくしの 携帯電話に連絡しても 返事がない てのは

たぶん そんなあたり

そんなあたりじゃないことあっても 気づかれなかったすんのか?

それもまずい

なんてな どうでもいいようなことまで ごぢゃごぢゃと まるめて

朝のどたばた(投稿なんてしてんなよ!だが)

一息つくのに 台所窓辺 しげしげさんとこにつれてきた かわゆい うりこちゃんなどながめて

ふぅ

今日も一日 たのしくゆこう