‘葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・’ カテゴリーのアーカイブ

埋めるぞこら

2020 年 7 月 12 日 日曜日

にょきにょきほったらかし農法!? 荒れ地畠には

生姜が埋まってるのですが

その後 音沙汰なし

いやはや 失敗かな

それなのに

台所で用いてる 生姜が

生姜ストックの お椀(かつてあんちゃの汁椀だったのだが 割れ目から漏れるようになったので 物入れにしてる)に ころがしてあるやつが

軒並み にょきにょきしてきてる

おい…ヤル気満々じゃないのよ

埋めるぞこら と 声かけてたら

あんちゃから「マフィアか?」と 突っ込まれる

今からでも遅くないかなぁ?

のびのびのびて

お花咲かせてもらえると嬉しいんだけどなぁ

初めて意識してみた

2020 年 7 月 11 日 土曜日

こしあきとんぼ侵入保護猫 はな(鼻)さん だーさん

なんやら くわえてきました

ああああぁ

くろあげは

そして 見たこと無い 蜻蛉(とんぼ)

いや 見たことあるのかもしれないけど

意識してみたことなかった

調べてみたら「こしあきとんぼ」の ♀

もう 息も とまりそうなかんじだったけど

せめて 土のとこに と

植木鉢に 安置した

すると おんなじのが

すぐ横の 猫らの 水呑場になってる 石入れ水盤に

卵を生んでいた

むうぅ

そんなとこに生むか…水を切らさぬようにしなくちゃな(ながしてしまわないようにもしなくちゃな)

「幼虫は 汚い水にも強い」てことで

頼もしいやつのようだ

痛ましいできごとのおかげで

新たな 出逢いを いただいたよ

せつないのと

うれしいのの

ない交ぜの午後

蓮に満ちる

2020 年 7 月 11 日 土曜日

蓮さまたち一の二二の一うねる

蓮さま

一輪目の 二日目

何かあったのか

うにゃり と 曲線を描いて いるので

葉っぱに 寄りかからせてみる

三日目以降の感じに 見える

まぁ 咲き方はそれぞれなのだけどね

二輪目の 一日目

すん と 空へ向かう

見る

触れる

吸い込む

蓮に満ちる

あぁ

わたくしも 咲いてゆこう

蓮の朝

2020 年 7 月 10 日 金曜日

その一の 1日目蜘蛛の糸をここからたまらんうつくしさ

蓮さま蕾 その一 開花♪

朝靄の中

ほのほの と 香る

カンダタに 蜘蛛の糸を垂らしたのは ここから?なんてなこと おもったりもして

うつくし…

明日を思う

2020 年 7 月 9 日 木曜日

明日咲くかもしれないもしかして

この膨らみ

明るみ

明日辺り 蓮さま 開花だろか?

なにがあってもなくても

明日を うれしくおもえるということは

しあわせなことだなぁ て 思う

うん

しあわせだ

自慢になんないだろけどさ

2020 年 7 月 9 日 木曜日

おんなじような形だな我が家のほったらかし 荒れ地 畠

いや もう ただの 荒れ地と呼んでも 間違いではない感じ

スナップえんどうが

根こそぎ消えました

かわゆい実が 一つなりかかってたの 見たのが最後かなぁ

根こそぎするほど美味しかったのかなぁ?

獣的な なくなり方では ない 気がする

空豆も まるっと 駄目にしちゃったので

豆は 茎もうまいのかなぁ

畠場から 離れたとこの 小豆たちは 無事に育ってるけどね

んで やまのいもの茎から ぐるぐるされてた 茄子は

縄目もつくことなく

美しく艶ピか 一つ 収穫させてもらった

藪胡瓜は

前に見た「普段あまり用いない会社の ペンシルバルーン」風に膨らんだまんま

全体バランスよく 育つつもりないらしいので(膨れたとこだけが どんどん熟してゆく)

こちらも 収穫してしまった

ばんげに…と 思いつつも

形見てもらう前に 調理してしまうのも 勿体ないというか

一応は 作物的なものがなったんだぞ を みんなに見てもらってから いただきたいので

明日朝の 食卓に 乗っけようかなと思う(あんちゃ 帰宅が 夜になる)

ちちははの 反応は

なんだこれ!?てな 感じだったけどね

仏壇に あげといた

種引っ越し

2020 年 7 月 7 日 火曜日

菫の種春は かわゆく咲くけど

今時分の 菫は

咲かずに 種だけ つけるのだったっけ?

次々と 弾けゆく姿も かっこいいなぁ

うちの 北側の こんくり割れ目から出てるの

いくつか 種 運んで

南側に 蒔いてみる

前もやったけど 日当たりいいとこに 出なかったんだ

北側の こんくり割れ目が 好きなのか?

それでも 性懲りもなく やってみるぜ

ついつい 買っちゃう 紅花

2020 年 7 月 7 日 火曜日

紅花普段 めったに 花束なんぞ 自分のために 買うなんてしないのに

見かけると つい 買ってしまうのは

紅花

染められる とか

効能があるから てのも 頼もしい

でも 染めたのは 一度だけ(『朱花の月(はねずのつき)』を 観たあとに 怒りのような 何かわからん衝動が 突き上げて ぐおおお !つって 染めたのだったな 阿保か!?)

飲んだり食べたりも ほとんどしてない

ただ 眺める

隠し持った力を 思う

にやにやする

それだけ…

枯れてしまっても

そのまんま とってある

以前 酒田で 求めた種を 庭に 蒔いたことあるけど

あまり のびのびと 咲かせてあげられなかった

でもいつかまた 庭に咲いてほしいなぁ

今年は 花束だけで 楽しむことにする

高校生のとき 合唱で歌った『紅花抄』の中のフレーズ

♪酒田さ えぐさげ まめでろちゃ~ああぁ~ はやりかじぇなぁど ひかねよに♪なんて

一人 歌ったりする

ばんげの支度中

いろどり

2020 年 7 月 4 日 土曜日

いろどりが父のベッドの横に 飾っといた くちなし

もう 黄ばみて 萎れかかってきたものの

まだまだ 香りは濃密で

そのまんにしていたものの

いろどりあるものも おいてみようか と

庭の紫陽花を 切って 挿してみた

何かわからないようではあるけど

紫陽花だよ 見える~!?と

近づけたら

うんうん頷く

そのものだとわかったというより

何か見せられているものがあることが わかる…だけなのかもしれないけど

まだ 認識に届かなくても

いろどりが

なんにゃらかの いい動きを 生んでくれると 願ったりもしてる

しあわせの お裾分け

2020 年 7 月 3 日 金曜日

みずいろのあまがえる久しぶりの TAP SHOTS仲間

宏子おねーちゃんから メール

なにごとかと思ったら

むすこくんがみつけた という 幸せの みずいろのあまがえる写真

幸せの お裾分け て

わ~♪

うれしいなぁ

そんな 宏子おねーちゃんの 気持ちが

なにより わたくしを 幸せにしてくれるよ

ありがと~♪