‘葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・’ カテゴリーのアーカイブ

虫成分も 補充しつつ

2019 年 6 月 21 日 金曜日

もに…かわゆいこのもよううつくし先っちょ

こことこ みどりこさんに 出会えぬ と うなだれとりましたが

先日 ちょい と 草むしりしたとき

もに…と まだ ちっこい べにすずめ幼ちゃん

ぬは♪

愛らし

食べてたのは かやつりぐさ系かな じしばりかな?

んじゃ ここいらへん むしらないでおくね なんつって

話しかけとるよ また

虫成分 補充♪(食べたわけじゃないからな)

しろつめくさ 大漁

2019 年 6 月 21 日 金曜日

四つ葉大漁一昨日

おひさま原っぱ保育園の お散歩で

よく 四つ葉見つけちゃうよなぁポイントで

また みつけた

あれれ まだまだある…と 摘んでたら

「なに~?なに~♪ちょ~だいっ」て おこたちが 集まってきたので

おうちへのおみやげにもいいかな と どうぞ したら

ぶちっ

…まぁ そうくるわな

いいんです ちぎったって

あなたたちは わざわざ みつけなくても 幸運のかたまりですから

とはいえ やはり おうちのかたは よろこんでくださるだろか と

あとで おみやげにできるように みんなのぶん とっておくね~ なんつって 摘みました

先生たちの分も

なんか よくばりみたいだけど

ほんのささやかな「うれしい♪」のきもちが

いろんな たのしいことを 生み出してくれますように と

願いなど込めて

みんな にこにこに なれ~♪

しろつめくさ 勧誘

2019 年 6 月 20 日 木曜日

引っこ抜いてしまいました水に入れてよく見たら四つ葉

一昨日 ジャズダンススタジオグァテマラさんとこへの タップ出張稽古

七月舞台の 振り付けは 完了だ♪

あとは 楽しんで 踊り込むだ♪

浮き浮きの 帰り道

ビル解体後の 更地

大雑把に 駐車場として 用いられているものの

そのうちまた なんにゃらか 建てられてゆくであろう土地

しおしおになりかかった しろつめくさに 目が留まる

うちに 来てくれるかな?なんて 話しかけたりして

ちょいと 掘ってみる

レスキューというよりは ただたんに うちの庭にて 咲いてほしかったのですが(以前 勧誘に 失敗したことあり)

なんとか 根っこ ぶぢっ…とも 切れずに 抜けた

手持ちの 袋に 入れて

近くの自動販売機で 水買って 浸してみる

よくよく見たら ひとつが 四つ葉

おぉ♪

なんかちょっと うれしい

根付いてくれるといいなぁ

勝手なこといってるよね

すまぬ

虫もよろこぶ

2019 年 6 月 15 日 土曜日

立派なぶろっこりiめんこいつやぴかちゃん手乗りころりんぶろっこりポタージュ

わたくしの ほったらかし 荒地畠で 採れたとは思えない 立派な ブロッコリ

しばし 笊に入れて 惚れ惚れと 眺めておりましたが

ぱらぽろりと 蕾 ほろけてきた

いかんいかん と

本日 ポタージュこさえようと 持ち上げた

…らば

蕾とともに よとうさん?

虫たちも ぽてぽてん と 落ちてきた

蕾 と 思いきや よとうさん うんこも 落ちてきたりして

いやはや 収穫したのちも 虫さまたち 変わらず 食事しとったか

虫もよろこぶ 健やか 野菜だ

ありがたや

よとうさんたちには 他のものを食うとくれ と 外に行ってもらい

無事 ポタージュ完成

虫もよろこぶ…の くだりは 家族らには 未発表

「うちの庭で採れたのに ちゃんと食べられる おいしい」と

なかなかに好評♪

美味しくいただきました

そしてまた 愛玩植物として…

2019 年 6 月 10 日 月曜日

にょきにょきにょきぢうえしたくなる

山わさび…というのだったか

日本のわさびと ちょ と違うやつ

根っこ ごりごりして ご飯にかけて 醤油垂らして食べると んまんまのやつ

…でも そんなに 大量に 食べられるものでもないので

しおしおにならんように 水につけといたりする

すると

あちこちから にょきにょき と

根っこや 葉っぱが 出てきてしまい

あらやだ めんこいわぁ なんつって

いつしか 台所窓辺 愛でものの一員となる

そんなんばっかり

しかし これ 葉っぱも 美味しそうだなぁ♪

バケツ田んぼ田植え

2019 年 6 月 10 日 月曜日

稲藁を底に敷いた小バケツひとつ

昨日 バケツ田んぼ田植えも 完了

…とはいえ

水にひたしてるのを

そっくりそのまま 土と水をいれたバケツに 移しただけ

一昨年の 那須町 豊穣庵さん 収穫祭で 田んぼで 奉納舞?踊らせていただいたとき

拾って髪にかざった 落ち穂から

昨年 わずかな実りを 結んだものたち

食べるに惜しい と 天日干しにしたまんまのを

また また蒔いてみたのでした

今年はどうなることやら

「あわや枯れかかり!」なんてなこと ないように

大事に 育ててゆかねば

虎視眈々

2019 年 6 月 9 日 日曜日

まろい実枇杷枇杷が

光を

雨を

風をうけて

着々と 果実としての道をゆく

熟れる時期を 虎視眈々するものたちとの 競争だ

今のうちに ありかを 把握しておこう

わたくしの目よ

虎になれ!

…心許ないっすけど

場を 弁える

2019 年 6 月 9 日 日曜日

おまえもわきまえろ とやる気あずき

昨日 土に移したら

早速 きちんと 双葉を開いてて

いまこそ

ここならばこそ…と

場を 見極め

弁え

進むのだな

そうあらねばな

わたくしに足りないのは そんなあたりだな

なんだかとても おしえられるわ

草ぐさも 師と 仰ぐ

ちいさき わたくしごとき

開きたいと 足掻くなら

進む足があるのだ

「ここぞ」へ ゆけ

足にて「足りる」に 辿り着け

ぼっくりじゃむチャレンジャー

2019 年 6 月 8 日 土曜日

ぼっくりたち角田で 農業も 作家業も 地域の健やかさに関することも

それぞれ すんばらしく 着実に やっておられる 堀米薫さん(以前ご紹介した ご本『あぐりサイエンスクラブ』のシリーズ…完結が待ち遠しくてさびしくて 心乱れたりしましたっけ)

庭の 松の木を 剪定した折りに たくさんの 若い松ぼっくりが 落ちて

「ジャムになる」らしいということを 投稿なさってたもんで

ほおぉ♪それはしらなかった 是非やってみたいもんだ と 口走ったら

「チャレンジャーですね…よかったら さしあげますよ」とのこと

お言葉に甘えて

イベントなどでも 大忙しのところへ

いそいそと おうかがいしてしまいました

薫さんの 地に足のついた 着実さや しなやかさに あやかれるかしらっ♪てな 思いもあったりして

ふふふ

帰りの車の中が

素敵な 松林香でありました

手強い松ヤニ ベタベタ越えて

ロシアで よく食べられているという 松ぼっくりジャムに 辿り着けるかどうか…

迷子になりませんように

ぼっくりじゃむチャレンジャー いくぜ!

実じゃなくて

2019 年 6 月 8 日 土曜日

実のようなかわゆぃむしこぶ落ちた

鉢の 野薔薇に

きれいな 赤い実♪

…て まてよまてよ

あなたたち まだ 花 咲いてないぢゃろに!

みれば その 赤い玉

葉っぱから 出てますで

蕾でも 実でもない

こりゃ 虫由来のものだろな…と 調べたら

その名も ずばり

「ばらはたまばち」による 虫こぶだそう

ちゅうれんじばち みたいに

葉っぱをむしゃむしゃするわけでもないようなので

まぁ いいか と 思えども

この玉は 野薔薇の 成分が 形成したものなのだろうし

野薔薇にとっては うれしいことでもないのかなぁ?

でも この玉があるところには ちゅうれんじばち幼ちゃんは おらぬので

葉っぱ むしゃむしゃを 免れている感

もしや つけといた方がいいのかなぁ?

そんなこんな 迷い迷い 見てたら

ぱらりぽろり と 玉は 落ちてしまった

落ちても 虫こぶの中身 食べながら 成長するようなので

落ちたまんまにしてみる

それぞれの 棲む世界の ありかた

興味深いなぁ