‘葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・’ カテゴリーのアーカイブ

ひとつひとつ大事なこと

2021 年 3 月 1 日 月曜日

ぽぽ~目覚める?本日は 母だけ デイケア 送り出し

父は 介護タクシーで 病院

わたくしは 愛車 ほびおさんに 父の荷物(酸素マシーンとか デイケアセット) 積んで 後追い

いつもならぬ 流れになると

何か 漏れはないか!?と 心配だけ膨らむけど

ひとつひとつ

だいじなこと

大事に 見送っていけば 大丈夫だ

冬眠ぽぽーの種

水に浸けといたのが

まるで こちらじっと見るように

泡の 目玉 光ってた

ふふふ

こんな風に 見つめあえるのだから

なおさら 大丈夫だ

過保護決定

2021 年 2 月 25 日 木曜日

蛹さま 過保護無事羽化できますように

犬走の あがり石(…というのかどうか定かではない)の横っちょに 蛹場定めた クロアゲハ様らしき お方

支えの糸が 一方切れてたけど

雪でも 強風でも 無事 おられたものの

猫らの さかり そぞろった どたばたの 今日

すべての糸が ちぎれ

ぽたり と 落ちてしまった

むむむ いかん!

そっと 拾い上げたら

なかなかの 重み

ご健在でおられるようだ

数年前

やはり 枝から 落ちてしまった 蛹さまを 保護した 羽化補助台

羽化できた記念に 空になった 蛹殻?ごととってたもの あった

そこに 乗っけてみる

ただ置いとくと 心許ないので

アボカド植木鉢のとこに 瓶の 下のとこ 少し埋めて 置いてみる

春になったら 羽化できるといいな

しばし 過保護してみる

心中雄叫び

2021 年 2 月 24 日 水曜日

おおいぬのふぐりが朝 そこそこに いい感じで 準備できて

さぁ あとは 父の お出掛けズボン 穿いてもらって お支度出来上がり…と 思いきや

うんこさんおでましてて

うあああぁ!

お迎えまで あと 8分くらい

できんのか わたくしの技術で マッハ御襁褓替えなど…

以前よりは 進化してるはず と

御襁褓替え 決行

替え終わりで 玄関のチャイム

やった!

しかし ズボンまだ 穿かせてなくて

おしっこ袋ちゃん…フォーレの 中身も棄ててなくて

すみませぬっ!今 うんこさんおでましてて替えたばかりなんです!!と 言ったら

お迎えに来てくださったデイケアの スタッフさんたち

「ありがとうございます~♪」ですて

なんで お礼言われるのかよくわからんけど

どでばだどでだだだっ!と ズボン穿かせてあれこれ整えて

送り出した

ふうううぅ

水曜日朝

怒濤のピーク

はかはかして 息が浅くならぬよう

つとめて ゆっくり息を吸ったり 吐いたりする

ふと 足元に

おおいぬのふぐりが

様子見みたいに 膨らんでたの見えた

雪ちらつく 強い風のなか

挫けず咲こうとするとこ

みならおう なんて思ったりしながら

ぬぎすてて のびてゆく

2021 年 2 月 13 日 土曜日

ねこやなぎ身の程知らず と 落ち込む

でも 身の程なんて 知らなくてもいいか とも 思う

だって すぐに 今 なんて 脱ぎ捨てて

のびてゆくのだもの

猫柳みたいにさ

せいのびして

空を あおぐ

夕方なのに 洗濯物を干す

朝からチリモンに 撫でてもらう

2021 年 2 月 11 日 木曜日

ワレカラ?かにっぽいけどふなむし?

旬もの 生わかめを 湯がいたら

チリモン的なの みつけた

母が 昨夜から 未明にかけて あまりにも おんなじトーンで「いででででぇ!」を 言ってるので

心配するどころか

なんとなく それを もう 背景のなかに溶け込ませるようにして 受け流してしまい

母の朝ご飯の 整え 助太刀したあと

食事中の いででででぇ!も 聞き流し

チリモン調べに熱中してしまった

「ワレカラ」っぽいけど なんだろ?

蟹っぽいけど「メガロパ」でもなさそうだし なんだろなんだろ?

…てなことやってたら

たちまち デイケアお迎え来てくださってしまい

寝坊 あんちゃも 起き出して

二人で あわてて 母 送り出した感じ

あんちゃ 朝御飯に お相伴するみたいに 向かい合って お喋りして(こぼしもあり)

珈琲飲んでるうち

気持ちも 風が通り

なぁ こんな風に いつもご機嫌でいられない状態もあることちゃんと自分で受け取って よくしていこうとするからさ すまんが これからも よろしくね といってみる

「なるべく たのむよ(不機嫌鬼娘少なめにしてくれろ…みたいなこと)」何て言われて

うんと 素直に頷く 朝

誰も気づかんのか!?

2021 年 1 月 26 日 火曜日

巣立ちましたようす仏壇横の ちょっととっておきたいもの おいとくスペースに 見慣れぬ ぶつ

…こ これは ドロバチさまの おうち

しかもかなり大きくて立派で

既に 巣だたれた形跡あり

いつ巣だったんだろう?

いや…それよか 巣作りの時点で 誰も気づかんかったのかよ!?だ

震災後

余震続きのとき

寒くても 茶の間のとこの 硝子扉を ずっと開けといたせいか

テレビの後ろの こけしに きあしとっくりばちさんの 泥巣が 作られてるの発見して

取り去ったら

中から お食事用の 青虫子さんたち うにうに 出てきたことはあるけど

こことこ 開けっぱなしとか してないのでは?

いや まてよ 猫らの 出入りのために

比較的 オープンにしてるな

それでか?

うちの扉は 猫らだけでなく

虫にも 対応してます…のか

中で ぶいぶいぶい とか 飛んでるの

虫網で つかまえて 逃がしたこと何度かあったな

そんなかに ドロバチさまも いたかもな

むうぅ

なんにせよ お達者で よかった…と言っておこう

お芽出とう

2021 年 1 月 25 日 月曜日

芽が!他の方々も

中まで真っ赤 素敵林檎ジェネバ

酵母おこしや ジャムで 楽しませてもらった

惜しみ惜しみ

…しかし

惜しんで 大事だいじしすぎて うっかり ひとつ

野菜室の奥の奥で ぐなり となってるの 発見

ぎゃ~!

ごめんなさいごめんなさい

土に還る色になっちゃったのね

土に 還ってもらうね

せめて 種は 出しとこ と

めろめろめろ と ふれなばおちん 柔らかな実のなかから 種部分探ったら

おおおぅ!

芽がでとる!!

お芽出とう!!!

一昨年の ジェネバからとった 種は

土に埋めても 芽が出なかったけど

これはもう既に出てる

まず 様子見てから 土に 移動してもらうかな

わ~

しくじり転じて よろこびとなる

駄目にしちゃったがっくしを まだまだみてみて♪て

励まされた気分

ありがとうありがとう~♪

さりげない一言で受けとる

2021 年 1 月 18 日 月曜日

薔薇色 野薔薇の新芽本日午前中は

母の 火傷の 診察 その後の ご様子うかがい

愉快な若人てな 風情の 有明せんせい

母が足 持ち上げられたとたんに「いでででてぇ!」ていったら

「は~い じゃあ 痛くなったら 言ってくださいねぇ」と にっこり

「いだいっていってんですけどっ!」とか また 声張り上げる 母

遠慮なく 叫んでましたわ

ちょっと 母 朝「いででで」禁止つったよね

「なんつえばいいんだっけ?」

「ぶぶぶぶ」て 決めたよね

「ぶぶぶぶぶ~!」と

あほうな おやこやりとりしてました

有明せんせいも 看護師さんも おおらかに 落ち着いて笑ってらっしゃいましたわ

「ぶぶぶぶぶ」は

数年前 謎の 背中腰 痛みを 暇なし 訴えた 母に

あんちゃが「いでででばかりいってると うるさいし 悲観的になるから」と

考え出した もの

なかなかに愉快で

聞いてる方も 苛々っとせず

笑ってしまえたっけな

こことこも あまりに 昼夜 のべつまくなしなもんで

久しぶりに 導入しよう と 提案したのだけど

病院では 恥ずかしがって 言わないかな と 思いきや

なんのためらいもなく 言ってくれましたわ

くすくす

「もうじきなおりそうだけど また 来週も 様子見せてね」と にっこり言われ

「えっ!?また来なくてねぇの!?」と キッと 睨み返す 母

良くなるためなんだから がんばろね

その後

近道(職員通用口)通らせてもらって デイケアへ

緩やかで 長いスロープでなく

急で 短いスロープ 後ろ向きで降りようとしたら

ちと バランス崩し

加速して 道路に 転げ出そうになったもんで

腹ぢからで 食い止める!と 踏ん張ったら

ぞぢぢぢぢ と 雪駄が 両方とも 脱げてしまい

ややや 焦ったら やっぱりだめだった 雪駄が 脱げちゃったよ わはははは なんて 笑ってごまかしたら

「大丈夫ですか?」と 柔らかな声

どこの紳士かと思いきや

お米クリエイター 農業愛 の 人 佐藤裕貴さん

お米 配達中らしきとこ

声かけてくださったのでした

うわは 無様な 慌てっぷり 見られちまいましたね

しかし なんだね たった一言だけど

その 声色含め

その人の 人柄のよさとか

ほわん と 伝わるものだね

なんだか まあるくつつまれたみたい

こちらまで やわらかな気持ちに なっちゃうな

ありがたいな

雑は いかんね なんて もう 何百万回めかの 反省などもしつつ

母を送り届けた

寒い日々の 中の 暖かな 日差し受けて

花より 薔薇色の 野薔薇の新芽 眺めて

うむ 大丈夫だ なんて

脈絡ないのに 結びつけてみる

ふゆきたりなばはるとおからじ

呪文のように唱えつつ ゆく

たぬ!?

2021 年 1 月 9 日 土曜日

オープニングアクト たぬ昨日

保育仕事終えて

ざぐざぐの がりんごりんに 凍った 駐車場から 車出すに エンジンかけて ライトつけた

てなとこに 踊り出るは

たぬ!?

しばし スポットライトから 動かぬ

車動かしたら

おっと あぶねぇ…てな感じで 下手(しもて)袖へ 消えた

オープニングアクトかよ!?

なんかやんのか踊んのか!?て ちょっと わくわくした

次回は 本編 第一幕 頼むよ~♪

雪混じりの風 止んで

2020 年 12 月 20 日 日曜日

苔の雪も昨夜から 父

足が痒い と

むぞむぞ 身動ぎ

掻こうとして 折り曲げた 体勢のまんまおって

こんだぁ 膝がいたい とか

声をあげる

しかし なんとなく こことこ 言葉出ることが 多くて

それも 問いかけて 頷くとか だけでなく

自分から 言葉に繋げて 発するのが うれしく楽しい

新しい言葉を 創作しちゃってるようなとこもあり

ちょっとした混乱あれど

脳細胞 活性化してくれてるんかな?と

わくわくしてしまう

どうした?どこいたいの?どうしたらいいんだろ?何かやってほしいことあるかな?といったら

「構っててくれたらいい」ですと

わ~♪すごいな

親が苦しがってるのに 何故に よろこんでるか この娘っこは!?てな 困惑表情になったりしたけど

表情を見て反応すること自体

やはり とても 高度な 作業なのだと思うよ

ずっとそれが続くかどうかは 定かではないけど

なんだかんだいって ちょみっと 諦めかけてたりしてたもんな

いかんいかん

期待しすぎず諦めず よろこびながら いこう

いろんなこと 話しかけながら

膝やら足裏やら 撫でたりして

落ち着いたかなぁ と 思いきや

未明辺りから がだがだ ベッド枠 揺らしたりしてて

不快なんだろな

膝か?足か?背中か?と 訊いたら

「けっつ」ですと

むむ?

どうも うんこさんの気配か?

先週の 糞詰りが 嘘のように 毎日 お目見えしてくれるようになってるから

すっかり出切ったら かえましょう 御襁褓を

…つってたら

なんか ただならぬ 感じで 出まくり

固いのと 固まらないのと

昨日は 夜の下剤 少なめにしたのに

…こ…これは なんやら よろしくないことなのかな?

身動ぎで 一回 外れた 経管栄養管を なんつうことなく すぐ さしこみなおしたときに ばっちいもの 入っちゃって 腹下り的な?

ちみっと 慌てた心もちで

お襁褓かえ

己の服にまで おしるしつけちまって

ややややや!

洗濯物増やしちまったぜ

しかし 滞りよりはきっといいはずだぜ

おめでとういらっしゃいうんこさんとにかくでてくれてよかった拍手っ!と

御襁褓かえ 尻込みしそうな 心持ちに発破かけるように いつもの拍手して

どうにか かえ 終了

午前中のうちに 相馬の サンエイ水産にいって 海苔買いたかったんだけどなぁ

まぁ しょうがない

昼御飯 食べてから ゆるりと いこか

雪混じりの風 止んで

日陰の 苔の 雪も じわりと とけて

むしろ 良いコンディション

さぁ

転じる転じる(よいことへ)