‘葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・’ カテゴリーのアーカイブ

かおる

2020 年 9 月 23 日 水曜日

開きかけの金木犀茶の花今年締めのお彼岸に咲いてくれた

空気が かおる

開きかけの 金木犀

茶の花

蓮(たぶん 今年 締めの 一輪)

深呼吸の朝

いい日にしよう

頬すりすりしたいくらい

2020 年 9 月 20 日 日曜日

頬すりすりしたいくらい蜘蛛の おめめを 大写しで撮りたい…てのが

携帯電話写真機能に 使える クリップ式の 接眼レンズを 購入したきっかけなのでしたが

中でも この 蠅取蜘蛛さまが 一番好きで

過去に 満足できる 一枚を撮れて以来

とんと ご無沙汰

しかし本日

久しぶりに 満足できる 距離で 撮れた

まだちょっと ふわふらり しそうな なんとも 覚束ない 体調なのだけど

この写真のお陰で

概ね ごきげんなる日♪と 括れてしまう気持ちになった

るん♪

クンクンしたのち パタパタしたり

2020 年 9 月 18 日 金曜日

忍冬ジャズダンススタジオ グァテマラさんとこ

忍冬の道

まだ ちょい ちょい と 咲き出してるの

見つけるたびに くんくんして

出張タップ稽古へ

FOSSEの ナンバーから

一曲 仕上がった…かな?

沙世さんとやる 愉快なやつ

また 舞台できるとよいなぁ

きっと 来年のお楽しみ

今やれること ひとつひとつ

わくわくと 重ねていこう

なかなかに 素敵な配色

2020 年 9 月 15 日 火曜日

配色すごいね毒なんかないよ

黒字に 赤の差し色

とげとげちくちくな 姿も

なかなかに 渋い

つまぐろひょうもん幼ちゃん

うちの 北側犬走の 割れ目から 出てる 菫を

着々 もぐもぐしておるところ

こんななりして 無毒

誰を脅かそうっていうんだ?

脅かそうという 虚勢?も

脅かされちゃうものがおるかもしれないって ことも

なんだか 愉快

まぁ 本人(虫)にしてみりゃ

真剣 笑いごっちゃないのだろうけど…

「ぼくが鳥でも」

2020 年 9 月 10 日 木曜日

かまさん先日 ふくふくに肥って

もはや 鳥糞 脱皮して

みどりこさんになる日も 近いぞ!の

柚子木のとこの クロアゲハ 幼ちゃん

探せども 探せども

お姿 拝めず

ううぅ

見つけられないだけかな?

でも 天敵の 鳥ら 蟷螂らも まだまだ 元気に そこいらにおるからなぁ…

最盛期!は 過ぎたようであるものの

お隣から ずんずんやってくる アメリカシロヒトリら

今日も 思い出したように もんぞもんぞもんぞ 塀かさ 越えてくるで

こんなにいるんだから 鳥らも こっちで お食事すりゃ いいのによぉ と ぶつくさいったら

「ぼくが鳥でも もぞもぞ毛の生えたやつより 緑の方 食べたいと思うよ」と あんちゃ

なんか そのたとえが おかしくて

しばし 腹かかえた

やっと その魅力を 分かち合えるようになったか♪

んでは 近日中に みどりこさんを みつけたら あんちゃのそばに お連れして…と 言ったら

「おことわりっ!」と 即答

ちぇっ

まぁ いいや

鳥みたいに 食べたくなっちゃう気持ち 生まれさせても いやだしね

だって 生きていたんだもん

2020 年 9 月 8 日 火曜日

せみやかまきりやかなちちょやかまきりの蝉の

毎日

だれかしら 逃がし

弔いて おる

猫らが咥えてきたもの

生きていたものたちだから

掃除してゴミ箱に ぽい もできず

庭の 土の上へ

もしくは EM堆肥の 容れ物へゆく 三角コーナーへ

「それもどうかとおもうけど」と あんちゃに言われたりもしつつ

また 生きていたものたちを 拾い上げる 夏の日

どうしたもんかね

2020 年 9 月 7 日 月曜日

げんのしょうこ週末

北隣の 空き地部分の 木から

ざんざかざんざんざんざんざん~と

あめりかしろひとり団が 塀かさ越えて やってきとった

うひ~!やめれ~!!とかいいながら

いちいち ぷち したり

玄関あたりの 壁登りしとるのを 荒箒で 払い落としたり…

ああぁ 消耗する

しかも…て まとめちゃいかんが

父 髭剃りと 口腔ケアを 断固拒否キャンペーンでも 始めたか

頑固ちゃんの 数日

なんか 痛いことしちゃったかな?

髭剃りに関しては

①わたくしにされたくない

②自分でもやらない

③お馴染み高山床屋さんに来てもらいたいわけでもない

…床屋に出掛けていって剃ってもらいたいとのこと

やる気だね♪

それはいいとしても

口腔ケアだよ

かつて 入院してたとき

「なんでこんなに 口腔 荒れてんの!?」てなことあったけど

こんな 断固拒否キャンペーンで

一時 誰にも さわらせないやらせない てなことでもあったのかなぁ

そこをうまく 誘導してやってくれよプロたちよ…とか

思ってたとこありありでしたが

さぁて うちではどうする!?

説得懐柔諦念強制

どれも うまいこといかず

打破には至ってない

口内炎でもあって 痛いのかな?

…といっても 磨かないから 口開けて見せて~!も 拒否なので

確認できておらず

金曜朝は いつもより べろが 白っぽく見えた気もするが…

まぁ たかだか ここ三日のはなし

いずれまた なんとか 動いてくれるかな?

父は 前日やら ちょっと前のことを きっちり 覚えているわけでもなさそう と 思ってたのだが

この 断固拒否キャンペーンをみると

全く 覚えてないわけでもなく 蓄積されたなんにゃらかがあるからなのだろか?とも 思ったりして

まぁ まだまだまだまだ

さぐりさぐり

挫けるもんかね

こうして なんだりかんだりと 共にいて

一喜一憂してゆくこと

それこそが 望んでいた暮らしだもの

庭の げんのしょうこ が 花盛りだ

くろあげはさまだ

2020 年 9 月 6 日 日曜日

美しき臭角くろあげはさまだ虫嫌いな人も

このくらいなら大丈夫かしら?

おそるおそる

庭の 柚子の木に

小指ほどになりつつも まだ 鳥糞幼ちゃんのまんま

この ルビーより美しき 臭角

くろあげはさまだ

明日辺り みどりこさんになるかな?

どうか 達者で 次の形へと ゆけますように

なんでかどたばた

2020 年 9 月 4 日 金曜日

むしみておちつくしばし 週一だった 保育仕事

今月は ちょこちょこっと 金曜も 出ることになり

ちちはは デイサービス送り出しもないし

あんちゃがいてくれるので

久しぶりに 余裕で 出勤のことだけ考えてれば

…と おもいきや

そういうわけにもいかず

昨夜 とっとと めるとだうんしてしまったために

なんもととのえてなかった 朝のしたく

己の弁当

訪問看護師さん 来てくれたときの 必要なものの 整え(あんちゃへの 申し送り)

ばんげの 支度一部

父の 様子見(御襁褓換えには 至らなかった)

あっ 髪洗いたかったんだ!とか

んもう 結局 どたばたしてしまい

「余裕で」とか いってるときほど

油断のあげくに どたばたしちまうんだったな と

へとへとな気持ち

虫さまみて 落ち着け

虫さまみて クールダウン

2020 年 8 月 31 日 月曜日

青葉羽衣鳥糞ちゃん秋には蛹になるのかな

父の 不安の原因

自分の都合でなく うにょうにょと 動く 電動エアマットベッドのせいもあるか?と

低反発マットに かえてもらう

それから 表皮剥離の原因かも知れぬ ベッド枠や 引っ掛かりどころのクッションを つけてもらう

福祉用具のお店から

「今 おうちにおられますか?」との 連絡

おりますおります 今ならおります と

来ていただくことになった

…はいいが

「今から行きます」て 言ったはずが

五十分経っても 音沙汰なし

あれれ?

「今から」じゃなかったのかな?

聞き間違い?

でも 今ならいます てこと 受け取ってくださったとしたら

あとには出掛けます…て 汲んでくれてる…よね?

買い物にも行きたいってのにさ んもうこりゃ 出掛ける準備万端にしといて すぐにこれないのかどうか確認の電話かけるか

…てな段で

ピンポーン♪とな

遅くなって…どうこういう ご挨拶も全くないってことは

やはり「今から」てのは 聞き間違いだったのかなぁ…と 思ったりして

いますぐっつったのになんなのや!?の 苛っ とした気持ち 萎え萎える

むしろ それがよい

あれこれ替えるの 7~8分で 終了

頭の上の板の 穴を 保護するものは 無かったようだ

引き続き ジェネバ(林檎)を 守っててくれた ふわふわ網に 活躍してもらう

ベッド枠 まるごとのカバー…掴みどころがなくなってしまって

父としては かえって不安になるだろか?

まぁ とにかく様子見だな

買い物は タップ出張稽古 お出かけついでに 回ることにしよう

焦ってあれこれしたり 苛々したりするの

徒労だな とも思い

庭に出て 虫さまみて

気持ちクールダウンする

青葉羽衣 めんこい♪

今年もう出逢えないかと思った あげは幼ちゃんの 鳥糞状態ちゃんにもあえて

満足

ふぅ

早めの昼御飯でも 食べよう