‘歳時記’ カテゴリーのアーカイブ

ひな祭り便乗メニュ

2020 年 3 月 5 日 木曜日

紅くるりぶたのしっぽ風さくらでんぶを目指す 鯛のあら手間隙かかる出来上がったかと思いきや海老はあとからトッピング

一昨日の 桃の節句

祭り的なことを 全くやりませんで

でも「ひな祭りっぽいもの 食べなくちゃねぇ」なんて 言い出す 母と あんちゃ

んでは やはり ちらし寿司

大雑把に こさえてみました

雑把とはいえ

こういう 素材それぞれ 別味のものって

時間かかるのだよな

しかも また「さくらでんぶ」を 手作りしてみよう と

更に 手間隙かけたりして

だいぶ 遅くなっちまいました

昨年は 確か さくら色…のはずが

梅紫蘇 混ぜて

黒っぽくなっちまい

「梅でんぶ」などと おされに 言ってみたものの

「ここには 要らない すっぱ味」と

結構不評だったので

今年は 目指せ桜色 てなあたり

いきあたりばったり

たまたま 買ってた 紅芯大根 紅くるり…てな

子豚の おけつみたいにかわゆい大根を すりおろした汁で

鯛の粗煮の 身を 煮詰めてみた

わかるかわからんかぐらいの 桜色

これはこれで 趣ある…といっておこう

でも お弁当でよく目撃した「さくらでんぶ」の 面影はない

まぁ「さくらでんぶ」自体 謎の食べ物っぽいもんな

あれが 魚でできてる てこと 知ったときは

かなりの 衝撃だったんだ

…ま それはさておき

国産蛤が あまりにも 高値だったもんで

北寄貝の おすまし

台所窓辺しげしげさんの 一員 芹を 贅沢に(森家比べ)散らした

これはこれで「あり」だなと 思った

そんなこんな もう 雛の祭りだとか 節句だとか 意味合いは

どこにもなくて

ただの 便乗メニュでありました

半分以上食べてから

あっ!茹でといた海老 乗っけるの忘れてた!!と

あわてて トッピング

一見 海老率 かなり高い 豪華な ちらし寿司風にもなり

あぁ なんだかいつも どさくさしとる と

相変わらずさに

ぷす♪ と 屁のような 笑いなど ひとつふたつ…

残念どんと

2020 年 1 月 14 日 火曜日

さびしいのぉ消してるとこうしはなわ暁粥

本日の どんと祭

ピアノ仕事 終了後

あんちゃが帰宅したとこで

外した 松飾と共に

や~ほいほいほい 叫んで うちの周り回って

天神社 着いたのは 8時20分くらいだったか…

すれ違った方が「もう火 消えてんのよぉ」と 声かけてくださった

え?

燃やしてるはずのとこ

消防団の方々が せっせと 水かけておられた

「燃やしたいもの 横においといて」とな

…残念

現場にこれない 母から「煙に あててきて」と 託された ハンカチと 父の腹帯

取り急ぎ 消えゆく煙に 晒すようにしてみる

同級生 げっぴくんの 宮司さん 曰く「これでも だいぶ ひきのばしてもらってるんだけどね」とのこと

昔 じいちゃんとやってたときは 真夜中 零時の 時報と共に や~ほいほいほい~♪やりはじめたのにね

今は 翌日が 成人の日で休み…てんで なくなっちゃったしね

やりにくいよなぁ

時代と共に 変わってゆくのだとしても

なんだか さびしいのぉ

帰宅して 仕込んどいた 暁がゆ 食べながら

来年は もっと早くにいった方がいいかな

年賀状も も少し早めに 書き進めてたらいいな

…なんてなことを思いつつ

締まりのないまんま

締めの行事 終了

息抜き抜き…抜きすぎつつ

2020 年 1 月 12 日 日曜日

色入れ中こんなとこで木蓮は ことしも葉っぱだけかなぁ伸びゆく猫柳いのちはなつ

み~っちり 同じことしてると

手の痺れが ひどくなったり

やることが 粗雑になってくるので

息抜き抜き

塗った色が 乾くまで

茶や 珈琲 飲んだり

庭の 木々草ぐさ 見たり

…息抜き過ぎですけど

色入れは あと 200枚で 完了するので

本日は 午前中に それと

墨すって「あけましておめでとうございます」部門に 入りたい

母と あんちゃの 朝御飯が終わるまで 本格的に始められないものの(飯台で 作業しとる)

朝飯前に ちょこっとだけ 色入れるかな

ふぁいっ!

690分の1

2020 年 1 月 8 日 水曜日

難し本日 お手渡しする 年賀状

一枚だけ 完成

690分の1

道程遥か

でも きっと 挫けない

毎年 年賀の時使う お習字セットに

中学3年の時の

冬休みの宿題 お手本が 挟まってる

こんな字 書けたっけ?

「梅香」?

そんな ぼう とした 霞む 思い出の 海に

一瞬 船出しそうになる

いかんいかん

玄関前 雪どけて

車椅子 支えながら スッ転ばぬようにせんと!

ふぁいっ!

勝手 原点回帰

2020 年 1 月 7 日 火曜日

おぎょうはこべら芹唱え文句せりにんじんおぎょうはこべらごんぼっぱすずなすずしろ今年の七草今年の七草粥…茶色っぽいのは 塩昆布のせい

七草粥の日

かつて ばあちゃんは 雑煮の汁に 七草 足して

餅と ご飯粒を入れたのを「七草粥」として 出してくれていた

いつもの んまい 鶏と 根菜の 醤油仕立て

…でしたが

母が 台所 受け持つようになって

ある日「本式の 七草粥は 違うらしい」と

白粥に せりなずなおぎょうはこべらほとけのざすずなすずしろ…てな 春の七草を 入れて 炊いて

「水溜まりくさい」

「鶏小屋 思い出す」と

不評

しかし わたくし 請け負うようになってからも

それを ずっと 続けておりました

しかし この 春の七草ってもんが

この季節 気軽に 採取できるわけではない

ついつい スーパーマーケットに 出回る ぼったくり すれすれの「七草パック」に 頼っておった

一昨年あたり購入したパックに「おぎょう」が 入っていないことに気づいたのは

買い物した 翌日

まな板に広げた 早朝

むうぅ!

今さら 返せない感じ

パックも すかすかゆるゆるで 隙間あいてるもので

スーパーマーケットのせいではなく わたくしが 運んでいる最中に ほろったかもしれぬ

とほほ

そんなこともあって わざわざ 道端もの 買うのも なんだかなぁ とか

こんなことせんと 執り行えぬ 民間信仰行事って 嘘臭くねぇ?とか

むずむずもやもやが 膨らんでもおりました

んで 勝手に 原点回帰

身の周りの 七草で 七草粥 やっちまえプロジェクト♪

ただのけちん坊とか なんとでも 言ってくだされ

庭には おぎょう と はこべら は 確実にある

ほとけのざ も あったはずだが 見つけられず

なずなは なかったかなぁ

…てことで 代替え案

芹(台所窓辺 しげしげさんとこに 通年ある 芹)

人参(これも 台所窓辺 しげしげさんとこに 葉っぱのとこ繁らせてる)

おぎょう(庭から)

はこべら(庭から)

ごんぼっぱ(台所窓辺 しげしげさんとこにあった 牛蒡から 出てくれてる葉っぱ)

すずな(台所窓辺しげしげさんとこの 蕪頭の 葉っぱ)

すずしろ(やはり 台所窓辺しげしげさんとこの 大根頭の 葉っぱ)

今年の七草♪

しかも 粥を 煮るのに 用いたのは

ミヤギシロメダイズの 塩昆布 浸し豆の汁

「水溜まり臭い 七草粥 やだなぁ」ていってた あんちゃも

「草臭いけど 食べやすかった」と 概ねの 好評価

本日から 汁かけご飯と 四つ足ものが 解禁になるのでした

お年賀 一枚も 書き上げてないってのに

お正月 松の内 一区切り

ふぅ

相も変わらぬ 日々をゆく

色入れ開始

2020 年 1 月 5 日 日曜日

飯台にて 色入れ腰の 不具合

「患部」的なとこの 周りに 筋肉痛のようなものを 感じる

己の回復階段としては 二段目

三段目は「患部」的なとこに 瘡蓋の痒みのような感じが 生まれるはず

きっと よくなってる

腰に りえさんからいただいた ゴム湯タンポ くくりつけて

褌の紐 締め直して

年賀状 色入れ開始 on ざ 飯台

息切れせぬよう

休み休みいきます

流す 託す

2020 年 1 月 4 日 土曜日

2020宝舟かもちゃんふうふ?川下に向かわず川上に車道と歩道の間っこのかもちゃんたちのよこをとおって

昨日(3日)

父の 病室の 枕の下からも 初夢の宝舟 回収して

阿武隈川へ

風向きの関係で

いつもの北側 川下に向かって 放るのではなく

川上に向かって 車道と 歩道の間っこのとこに放った

着水は 成功

淀みに うろうろするもの

とっとと 流れてゆくもの

ちょいと ほどけて 潜水するもの

色々だけど

まぁ よかろう

流す

託す

さぁ 次へと ゆこう

第一段階 終了

2020 年 1 月 4 日 土曜日

自分の住所は書いたぞ年賀状

昨日の夜

自分の住所 書き終わった~♪と よろこんだら

「だって 自分の住所以外 なんも書いてないんでしょ?」と

冷静に 流す 母とあんちゃ

毎年のことなので

わかっておられる

いいの

ささいなこと よろこびながらいく

昨夜 ぎっくり一歩手前やらかしたけど

手前でよかった て よろこぶ

風呂でゆるゆるゆるめて

様子をうかがう

痛みの 支点と

やれること

やらないほうがいいことを 探る

「いばりんぼ関取」みたいな 歩き様だけど

今日一日 悪化させぬよう

下絵入れ 開始だっ♪

言うなればすべてが初

2020 年 1 月 2 日 木曜日

梨と煎餅と薄墨宝船

初○ とか 言うけれど

言うなれば すべてが 初なのだ

そもそも 今日の今この時 てのは 生まれてはじめてやってくるのだものね

とはいえ 新年あけまして…となると

なんにでも 初 と つけたくなる

父への くんくん刺激 2020年初は

JULESVELNECOFFEEの珈琲豆と

父 同級生の 頴川さんとこの 梨と

甚五郎煎餅 伝統塩バターからでした

すこぅし お熱あったようで

ぽわん と 赤い 額と 頬で

それでも お喋りだったりもして

匂いを 嗅ごうとしながら

食べたそうに ぱくぱくと 口を動かしてた

こっそり 梨の汁を 舐めてもらった

味 わかるかも…てな 表情で うんうんしてた

ほんとは うちでの 書き初めは 二日にしてたのだけど

母が 乗り気になってたので

元旦に 宝舟用の 回文「なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」と共に

書き初めてもらった

今夜(二日夜) 枕の下にいれて寝る

父のとこにも届けた

猫らのもある

いい夢見よう

いいことに繋げよう

明日という 真新しい日に

にこにこと いられるように

もたない!

2020 年 1 月 2 日 木曜日

御節もち雑煮人参するめ昨日の昼

いただいた 素敵な 御節皿で 三ヶ日を…と 思ってたのに

なんで 一日で きれいにしちゃうのですかっ!?

雑煮の汁も 三日分と 思ってたのに

もはや 失くなる

惜しんで食えよっ!…てな みみっちい思いで じりじりしたものの

いかんね

美味しく食べられるのだから

食べさせてくれて

食べてくれてありがとう と よろこびつつ ゆこうか

めでたし