‘歳時記’ カテゴリーのアーカイブ

鬼がいる胸のうち

2021 年 2 月 2 日 火曜日

鬼はうちのなかにおるな未明

3時半くらいから

母 叫ぶ

「いたいよおおおぉう あやこおおおぉ あやちゃあああぁん おねがいしまぁすぅ あやこおおおおぉ!」とね

火傷きっかけ 麻痺してる 左半身 特に 足が まるごと一本 異常痛覚にて 痺れ痛むのだというのが

長引いておりますが

痛んだら叫んでマッサージしてもらう(少し紛れる)て 回路が 暴走してました

ん~

やり過ごして しばらくして落ち着いて眠るパターンも あることはあるけど

間歇泉のごとく

ほどなくして「あやこおおおおぉ!」が はじまり

5時まで続いた

ひいぃ

叫ぶときの音程は 大体おんなじで

それを 延々と 聴くというのは

辛くなってくる

音による 拷問て あったっけなぁ なんてなことを ぼやんと 浮かべて すこし 冷静になろうとする

本日は 車で出掛ける予定が ないことはなかったものの

出勤とか

きつきつの 予定ではなかったので

ある程度 やり過ごそうとせず 応えたものの

マッサージして のち

布団に戻って 30分もしないうちに 叫ばれると

またかよぉぉ と

苛ついてくる

何度目かの時

んがあああぁっ!と わたくし 叫んでしまいました

横のベッドの 父見たら

目をぱちくり 開けてた

…すまん 母が痛くて何度も 叫んで わたくしを呼ぶので ちょっと 苛々して わたくしまで 叫んでしまったのよ と 話してみる

こたえはない

あぁ このままいくと どんどん乱暴になるな

たぶん怒鳴るであろうな

実際 マッサージが マッサージどころか

揺さぶるみたいになってる

怒鳴ったり 恨み言ぶつけたり 暴力的に接するのは 簡単なことなのだ

しかし やはり それでは よろしくない螺旋を ぐるりぐるりと 滑り落ちてゆく感じ

まずいぞ

親に手をかける…という 三面記事的な 感情の種 ここにありますがな

あぁ

ぢっと 手を見る

そういう 扉を開きたいわけではない

どうしたい?

苛つきたくない

痛みを和らげてやりたい

しかし その能力はない

一時しのぎでも いいではないか と 思いつつ

互いに よい方向に向かってない気持ち

うまくやるにはどうしたらいいかな

噴出したものを そのまま吹き出させず

冷却装置の小箱に 流し込むようにして

取りあえず 無言で マッサージして なおれなおれなおれ と 念じる

朝御飯の時は だいぶ 落ち着いて しかし 無口なわたくしで

昼寝助太刀の時 寝てすぐさま マッサージして!が 始まったので

取りあえず 伝えてみた

今はまだいい

んでも 繰り返されると

仕事があるときの 未明に これが重なると

苛々して ご機嫌でいられなくなっちゃうんだ

そこんとこ 自分 ご機嫌でいられるよう頑張りたい

母も 癒してやれたらいいなと思うけど

ずっとそれに携わって 自分がやりたいこと少しも出来なかった てな 思いばかり たまってしまうとまずいと感じてる

たのむ すこし わたくしを呼ばるのを 我慢してみてくれないか?とな

「あんだには 悪りぃど 思ってんだげんともぉぉ」と 半泣きで言う

悪いと思ってくれてんのもわかるけど 悪いと思ったら も少し こらえろや

…最後はふざけてるような でも ちみっと ドスきかせちゃって 鬼ですがな

節分 本日は 外の鬼寄せ付けぬ 鬼娘

これ以上 鬼 要らんわっ!の 豆撒きと なるでしょう

鬼がいる 胸のうち

いやはやほんと

心狭くてすまんね

でもね

投げ出したいわけじゃないの

些細な 良からぬ思いの 積み重ねに うっかり 呑まれたくないの

しなやかしたたかに

どんなときも 笑って まるめたいの

だいぶご機嫌取り戻せました…たぶん

さぁて も少しあれこれ整えて

また次を始める

毎日 節目節目

We will lock you!(rockじゃないよ)

2021 年 1 月 24 日 日曜日

うぃーうぃるろっくゆーWe will rock youならば クイーンですが

わしら あんたらを ゆさぶっちゃるけん…てな意味ですね

どこの方言だこりゃ!?

ま それはさておき

我が家では We will lock youつう 感じですか

猫らが 何かやろうとすると やって来て 動きに鍵かけてくる(今も 明敏携帯電話持つ手の上に 一匹おる)

lockかけてくる

そのたび クイーンの この曲が流れてしまう

まぁそれでもそんなロック外し外し

年賀状「あけましておめでとうございます」部門

残すところ あと 200枚となりましたる

それ終わったら 本文部門

本日中に 入れるかなぁ

珈琲飲み終えたら 買い物行って ばんげの支度前に やれるかどうか…だな

のろのろりろり~

かわりばんこ?

2021 年 1 月 23 日 土曜日

乗るな!今朝もはよからお邪魔

一匹 退けたら

また 一匹

かわりばんこなのか?

でも 挫けない

年賀状「あけましておめでとうございます」部門

引き続く

かつては「今頃何やってる?世間はもう とうに『寒中見舞い』だよ」なんていってた母も

「ここまで 遅くなってんだから 無理なく焦らず(自分のお世話もしてね)」なんて のんびりのろのろなることを 後押しするようなことを言っとる

ほんとに 出すつもりあるんか!?ですが

出します

お年玉年賀の番号も ちゃんと 調べずに出します

今日は どこまで行けるやら

のろのろり

やっとこさ 墨を磨る

2021 年 1 月 22 日 金曜日

墨を磨る昨日 年賀状 絵部門 終了

やっとこさ 墨を 磨る段階に入りましたる

「あけましておめでとうございます」部門

お気づきのかたもいらっしゃるかもしれぬが

今まで「墨を摺る」と 書いてましたが

墨は「磨る」だそうで

墨を作るときの話かと思ってたけど

書き良い濃さに 磨りあげてゆく てので

腑に落ちた

今回は ちょいと ブレンドもしてみたりして

いい墨になりました

たのしんで 書く

訪問看護師さん 来るまでに どこまで行けるかな?

お構いなしに

2021 年 1 月 15 日 金曜日

おたきあげひにあたるきょうだいはなわおやくそく暁粥塩竃藻塩

昨夜は あんちゃ帰宅を 待って

やーほいほいほい~♪言って 家の周りを回った

どうも今年は今までより 少なめだったな「ほい」が

昨年までは もっと 声張り上げて「や~ぁ ほいほいほいほい~!」て 叫んでた気がする

毎年のことだが あんちゃが嫌そうに 恥ずかしそうに 後ろからついてきて

「ほいほいほいっ」と 小声で言うので

早く終わらせてやりたいような気持ちもあったかも

まぁ そんなこんな 毎度のこと

本来なら(じいちゃんがいた頃) 真夜中 零時からやってたもの

未だに収まり悪いような 譲歩気分ではあるものの

滞りなく「おでんずさん」に おさめてまいりました

おたきあげの 煙(けむ)に じっくりまぶした 母のストールと 羽織っていった ねんねこばんてん

それぞれ はは ちちへの 土産にしたよ

いつもと違って

ばんげ 食べるまえにいってしまったもんで

遅めの食事

では 参った後の 暁粥は も少ししてから…といったものの

小豆も 粥も あまり好きではない 母とあんちゃ

わたくしが 翌日の ステージのものもの 準備してるうちに

とっとと 寝る準備などして

「や…もう 食べらんないなぁ」なんて しれっと言うので

翌朝ご飯は炊かずに 暁粥とする 宣言してみた

「え~!?」ぢゃねえぞこら てな 顔で 睨み返してしまい

ちみっと 反省しつつ

わたくし一人で 締めの 暁粥を いただきましたる

…とかなんとかいって

朝 暁粥だけでなく ご飯も食べられるように 炊いたりしちゃってるんだけどね

ま 美味しく召し上がれ

塩竃の 藻塩 フラワーソルト 散らすと んまいってばっ!

さぁて 出掛ける準備だ

凍る日

2021 年 1 月 6 日 水曜日

つららもながくなる七草

なかなか まるまらない さらさら雪

つららも ながながと のびて

凍る日だった

のびきらない感じの腰

どうにか 悪化させずに 保育仕事 終えた

ふぅ

明日は 七草粥の日

明日朝をもって しるかけごはんと 四つ足が解禁になる 森家

そして 明日の 七草粥は

よくある日本の 七草粥ではなく

森家ルールの 七草粥 復活させることにした

とある時期まで うちでは いつもの雑煮に 七草ぷらすして

ご飯粒が混ざっている というものだった

それは どうやら じいちゃんが 「本来の 七草粥は んまぐねぇがら んまぐくうために」と

森家独自伝統を こさえたらしい

母が ばあちゃんにかわって 台所にたつようになって

「本当の 七草粥は こういうのだよ」と やったので 初めて 知って

ショックを受けたのだった

水溜まりの味がする と 思っちゃったのだった

ハコベが 一番 そんな味を 彷彿とさせるのだよな

かつて 飼ってた にわとりが あまりに うまそうに ハコベを 食うので

どれどれ と 食べてみたのだったよ

ま それはさておき

明日朝 あんちゃは 早いので

今夜のうちに 仕込んでしまった

雑煮の汁こさえたのち

七草叩きを唱えながら

七草 刻み

汁に混ぜた

無病息災日常感謝五穀豊穣心身健康森羅万象六根清浄

あれこれ取り混ぜ 感謝です

とどめたりながしたり

2021 年 1 月 3 日 日曜日

ぼんぼやーじゅ初夢 宝船

風を読みつつ

角田橋の上から 放った

水量少なめ

中洲 大きめ

一艘だけ 中洲 水際のあたりに 舞い降りてしまったけれど

まぁ そのうち 風に 吹かれ

もしくは 増水したときにでも

流れてくれろ

いろいろ こじつけることはできるかもしれないけど

とどめたりながしたり

よりよいところへむすべばよい

なみのりふねのおとのよきかな

ぼんぼやーじゅ

ことしも なかきよの…

2021 年 1 月 3 日 日曜日

墨をする母のもじどうしようもない書き初めみんなが起きてくるまで邪魔されたり

昨夜 初夢宝船 回文

なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな

今年は 母が自分で書く と 言ってくれたので

痛いのなんのと ぼやきも 紛れるか と

墨擦りもしてもらう

やはり わたくしの うにょうにょ字より

母の字は よいね

普通仮名と 万葉仮名のと 二種?

わたくし 年賀状作成滞り中なので

年賀状の「あけましておめでとうございます」部門ではなく

ただの 便乗 書き初め

身も蓋もないことを書いてみる

宝船は にゃんこらの分も入れて 10枚 折り

それぞれの 枕の下に 入れましたる(どこで寝るか定まってなかった にゃんこ数匹のは あんちゃが請け負った)

一富士二鷹三茄子夢は 見られなかったけど

二十代の頃に 作った歌を 延々と 歌っている夢を見た

初々しい 想い 涙で 見送ったときのやつ

ひゃ~

なんすか!?今頃…

あとで 阿武隈川まで 流しにいこうっと

改めて 初々しく 立ち戻った 思いは 手元に残しといて…なんちゃってな

みんなが起きてくるまで

静かな気持ちで 年賀状作成の 続き…と思いきや

遊ぶ時間宣言の 仔っこらに 邪魔され

ちょいと横に置いとく

本日も どさくさしておる 三ヶ日

思いは込める

2021 年 1 月 2 日 土曜日

輪通し玄関飾りi遊膳御節豆とか人参するめとかつるたいかまぼこシンプルつどってみる笑おう

正月の整え

かなりの 手前勝手

輪通しも

玄関飾りも

正月になってから

遅刻的だわな

そういうとこ のろのろなのに

親戚の 割烹「遊膳」からの頂き物の御節は 瞬殺

三ヶ日もたせなくちゃだめぢゃ~ん!とか ぶーたれながらも

美味しく食べたのだから まぁよしとするか…と

切り替え

作りおきの 人参するめ 浸し豆

親戚の 新澤さんから お酒と共に 「ご近所からの頂き物のおすそわけ」の 赤豆黒豆

目出度い柄物 蒲鉾

あとから 出してみたりする

家族揃っての写真 なかなか撮れないから 撮ろうぜ と

父ベッドのとこへ 集ってみたりする

何事も どさくさとしてはいるものの

今の 森家らしいかな

いやまてよ

ぐだぐだのろのろまぎわとてぱた…てのは あくまでも わたくしの 乱調性格なだけだな

でも まんなかに 愛の思いは込めてるのよ

…なんちゃって

美しげに いいわけなどしてみる

ま とにかく 新年

どうにかこうにかでも 送れていることに

感謝 最大限

はっぴ~ご~らっき~♪

相変わらずで始まる

2021 年 1 月 1 日 金曜日

大晦日わすれもの餅も気持ちもふくらんで

昨夜のばんげ

年越し蕎麦もあるし あっさり

とはいえ

お煮しめは ちゃんと こさえよう

そう思ってた はずだった

蒟蒻を 入れ忘れてたことに気づく

あぁ

すっとこどっこい

一年の計は元旦にあり てのは

元旦にやらかしたことが 一年続いちゃうよ…て ことではないよね

相変わらずで 始まる てことで

そして「相変わらず」と言える ありがたさ えがたさを

あらためて うれしく おしいただきながら

たのしんで ゆくぞ

あらたまってなくて

でも

餅も

気持ちも

ぷう と 膨らんで

あけました

おめでとうございます