‘応援しちゃうぞ’ カテゴリーのアーカイブ

虎バター(ぎー)の 日本語訳

2017 年 6 月 12 日 月曜日

ギー看板ざっくり甘い澄ましバター♪とはこれが好き

『ちびくろさんぼ』に 出てくる 

憧れの「虎バター」

インドあたりで よく用いられている「ぎー」という あぶらなのですわね

んで 何のどんな油かというと

バターを 更に 精製した 純粋なものだとか

仙台の 花京院にある ねぱーるからやってきた シュレスタさんご夫婦でやってる「H&S SendaiZAKKA」さんに

ぎー ありまして

うれしくて 買いました(ちょ と 前の話)

なるほど 牛マーク

バターより ねばつくような重さはなくて

香ばしさのある 油

なかなかに素敵♪

んで 本日 久しぶりに お店に行って

インドの ぎー入り 菓子 発見

もんのすごく 食べたいタイプではないかも知れなかったのだけど

「ギー」のところに 「澄ましバター」て 訳が載ってて

おぉ なるほど そう訳すのか♪と

ぽん♪と 納得

ちょ と 感動したので

思わず買ってしまいました

そんな ひょんなことも

出逢いのきっかけのひとつ

甘さに 爆撃されたい方には おすすめです(兄 ともども 撃沈)

しっぶい お茶とか

濃いめの珈琲となら 相性よさそうであります

はじめていって 買って以来 ずっと ハマってる 塩とレンズ豆とピーナツ油だけの シンプルな揚げ菓子も 買いましたる

本日は たくさんの お買い物に来てる方やら おしゃべりに来ているらしい方々で 賑わってて(近くにある 日本語専門学校の 生徒さんかな?)

異国の地で 懐かしい味や 通じ合う言葉に 出会える 憩いの場なのだろうな

みんな くつろいで 楽しそう

いいな♪

いつも ふんわり やさしい気持ちになる

たどり着いたのは

2017 年 6 月 9 日 金曜日

入り口劇場だなぁ双眼鏡どうぞ(逆に覗き込んだあほう)特別チーズプリンしっし~ ありがと~♪

大好きな「大陽と月の珈琲」つくば店

来週をもって こちらのお店は 閉じてしまうと 聞いて

珈琲と 空の劇場を 見ぬまんまなのは 残念だ というのとか

しっし~に 会いたいとか

まぁ いろいろの 理屈つけて たどり着いたわけでした

素敵だなぁ

珈琲を 楽しむための 空間演出だなぁ

たまらん

そんな 隅々に 思いの詰まったここ

閉じたとしても

次への扉 きっと その先に また 素晴らしい出逢い
あるね

よかった

よくわからないくせに 光が見えたよ

来れてよかった

またね

山の海ちゃんとこへ

2017 年 6 月 4 日 日曜日

海ちゃんワカメうどんシンプルな素材冷凍保存おっけ

しばらく 行けなかった 山の海ちゃんとこ…七ヶ宿 水守の郷 海藤節生さんがやっとる ピザやさんに

本日昼下がり 行ってきた

またもや ピザを ゆっくり食べる時間はなかったもんで 

十三浜 わかめ麺 取り急ぎ 買うだけだったけど…

震災後の かさ上げ工事のために 移転を余儀なくされた 工場で作ってる うどん

蔵王の小麦と 十三浜のわかめとで 作られた うどん

海を いのちを 大切にしようと

山の 水や木々を 守り育ててゆく

そこで 学ぶ 健やかさを 招く

そんな 海ちゃんが つなぐ 絆のうどん

いつも よりよいことへと 進み続ける人

海ちゃんは いつも素敵だなぁ

かつて HOUND DOGに おられた…というときの 歌声を 

たぶん わたくしは 聴いていない

2年前の 角田の「うぇいく夏の音楽祭」で 初めて 生でお会いして

その気さくさ温かさに ふわわん♪と いい心持ちになったとこ

佐藤美佐子さんとの デュエットで 歌われた『ハナミズキ』

射抜かれました

…いやまてよ それよりもっと ゆるやかで 

でも 確実で

じぃんわり 奥の奥まで 染み込んだ感じ

元歌 聴いたことあったけど

それ もう 思い出せなくなる程

お人柄が 声の 歌の 輪郭を 縁取るみたいな…

いのちとして 健やかであろうとする人

きっとこれからも 海ちゃんが やろう と 思うことは

おおぉ♪と 突き動かされたり 応援したくなるだろうな

みなさまも よかったら 健やかに おいしい 十三浜ワカメうどん

食べてみてくだされ

毎週金曜 製麺ですて

れっつ 購入 応援♪

高校生開発商品

2017 年 5 月 29 日 月曜日

宮城県水産高校の水産高校生徒さんたち桜坂高校の桜坂高校の生徒さんたち

昨年 サンファン祭りで 買った

宮城県水産高校の 生徒たちが 企画開発販売した 秋刀魚の水煮缶詰

すんごく 綺麗に 詰められてて

しかも 味も 綺麗に んまんまだったの

今年も 販売ブースあって

パフォーマンスやる前に 買いましたる

お一人様 5個まで てことで

勢い 5個

隣の 石巻桜坂高校ブースもあって

鯨と 秋刀魚の梅と檸檬 3種も 買いましたる

昼下がりには 撤収されてた てことは

飛ぶように売れたのかな?

初めに買っといてよかった♪(仕事しろよ!)

お写真 先生に お断りして 撮らせていただこうとしたら

「あっ 私がとりますっ」て

なんか 舎弟みたいな言い方で 笑っちゃった

未来の水産業界を たのむよ~♪

凸凹ズ特集

2017 年 5 月 22 日 月曜日

凸凹ズやり取りがやさしくてゆかいでいいコンビ

あまりに ナイスな 夫婦善哉ぶりに

うれしくてたのしくて

つい目で追ってしまう

たくさん写真とっちゃったから

まとめてみた

医療関係の仕事もしつつ アコーディオンやら 一輪車やらのパフォーマーとしても活躍中の ほりかーさんと

コントなどやっとった そっち系(どっち系)山本ともだちくんの

めおとになって そんなに長くはないものの

やり取りの 絶妙なる 間合いと おかしみが 

素敵だ

しっかりきっちり…と 思いきや とんでもなく思いがけないところで すっとぼけたようなひねりある

お茶目な ほりかーさんと

ぼくとつ ほんわり…と 思いきや 結構 細やかな ともだちくん

これからの二人の やりとりに 期待♪

とっし~♪

2017 年 4 月 23 日 日曜日

とっし~ポーズ決める前たくさん撮ってくれたようだそんなにとってどうする

美里の 歌うシソ王子 とっし~ こと 粟野敏夫さん

ますます 小粋なトークと 歌声に 磨きかかっていました

シソドレッシング販売もあるかと 思ってたら

今回は 歌手としてのみの 出演

いやぁ それぞれの道が 濃く太く長く ひらかれてゆくなぁ

素晴らしいぞ

こそっと(ぶんぶんなので こそっとしてても 目立ってしまって すまなんだす)舞台横から 写真撮ってたら

青いおにいさんが

「俺が 撮りますよっ 一緒に写ってください」と

気をきかせたか?

何枚か 撮ってくださった

仕事せずに ミーハーなことして 楽しんでる風

…まぁ 楽しんでるのは 確かだ

これからも ご活躍くだされ

がん家族を支える

2017 年 4 月 21 日 金曜日

さきほど 載っけた

たえさんの 支援の方法など

A-Portという クラウドファウンディング

https://a-port.asahi.com/projects/gankanbyou/

だそうです

こちらに登録して 入金していただくシステム

一口 3000円のものからあります

目標達成金額にならなくても

入金した分が

起案者に届くとのことでした

哀しい出来事を 涙だけでなく

だれかの 光にするために 邁進する たえさん

応援していくんだ~♪

ついにたどり着けた♪

2017 年 4 月 18 日 火曜日

門前喫茶Norah 三塚さんプロの手元すぐ飲んじゃったなごむおちつく

同級生 もりもっちゃんの お店「1965」開店してすぐ お邪魔したときに おられた

珈琲淹れてくださった 三塚さん

ちょ と ことばを交わしつつ いく種類かの 珈琲を いただいたのだけれど

その 味の立ち上がりの 鮮やかというか なんというか

飲んでいて 感動的に 楽しかった

んで その 三塚さん

定義山の 五重塔庭園の 門の前に

ご自身のお店「門前喫茶 Norah」を 

昨年 10月に開かれたのですが

昨日 やっとこ たどり着けましたる

もとあった 建物を 自力改装…という 力業

じっくり吟味して 納得のいく 材質 サイズ レイアウト

こだわりの思いが 

押し付けがましくなく

やさしい風合いとして その場所を 形作っている

なんとも 入った瞬間 居心地よい♪と うれしくなった

んも 時間もあまりないけど(たどり着くまで 実は ふらふら 迷った…タイムリミットあるのに)

かぶりつき 砂かぶりならぬ 汁かぶり?カウンター席

カウンターの 杉材

人肌みたいな温もりだぞ

すりすりしつづけたいぞ

うっとりだぞ♪

お仕事ぶりの手元を まじまじと 見させていただく失礼にも

にこにこ応えてくださった

今回は キリマンジャロと エチオピアを いただいた

ぼんやりな わたくしでも

その味の違い はっきりと 受け取れる

そうか キリマンジャロって こんな風に さらさらり~て 飲めちゃうのだな

いろんなものと 一緒にいても お邪魔しないだろな

まるで 親戚の 新澤さんとこの 究極の食中酒「伯楽星」みたいではないか…などと さりげなく 宣伝などさしはさみましたが お許しを

ま それはさておき

ここでもっと楽しんでほしいこと

これからの 楽しい企みあれこれを ちょちょちょいと お話しいただいたり させていただいたり

うわぁ なんだか まだここにない うきうきが

るるるるる~♪て

リボンみたいに「これから」へと なびいて きらきらしてしまった

どたばたなのに 極上の うっとりをありがとうございました

また まいります

ポイントカードもあるって んもう ポイントおばちゃんの わたくしの 琴線 更に 掻き鳴らされました

自家製パンも んまんまっ♪

定義山だけあって 駐車場は たっぷりありますで

どうかみなさま

わざわざ お出掛けくだされ

定義山名物は 今や あぶらーげだけじゃないぞぅ♪

お会いできたああぁ!

2017 年 4 月 16 日 日曜日

相沢さんとどきどきしちゃった

何度も ご紹介してしまってますが

たった一人で 取材 執筆 編集 校正 出版なさった

すんばらしい東北発ドキュメンタリーフォトジャーナル『INFOCUS 』の 相沢さん

卸町の フェスティパルに『INFOCUS』出店 なさる て ことで

お忙しいのに 合間をぬって

会いに来てくださりました

うわああぁ!あの すんばらしいの 根っこのひとだっ!と

よだれ出てしまうほどに 興奮(ちょっとどころか すごく みっともない ありさま)

ステージ衣装とはいえ おばちゃん割烹着…

でも 心は ドキドキ乙女みたいだったのよ うふ♪(うそくせぇ)

これからも 人に寄り添い

より そのまんまの 温度湿度力加減 伝わる 

ぐっとくる 珠玉のもの

届けてほしいです

がっつがっつ ジャーナリスト臭やら 外連味のない 

とても 素朴に やわらかしなやか 

でも すん と まっすぐ こちらへ向かってくださる方でした

いい人だ~♪

『INFOCUS vol.2』たのしみたのしみ

そのための 資金力 つなげられたらよいな

どなたか ご紹介くだされ

良い編集やら お写真やらの お仕事とか…ね

よろしくお願い致します

「森の幼稚園」という考え方

2017 年 2 月 26 日 日曜日

思いを持った人たち たくさんの寄せ書き熱い思いとしなやかな心

森のようちえん…といっても わたくしの てことではないです

デンマーク発祥の「森の幼稚園」という 確かなる思いに基づいて 繰り広げられてきた 活動

自然に学ぶ 

育ち合う 

お子にたくす 

きちんと把握した上で余計な手出しせず見守る…

昨日 観た 映画『さあ のはらへいこう』は

そんな 森のようちえん活動を 鎌倉で展開しておられる 青空自主保育なかよし会の 記録映画なのでした

お友だちのお友だち…という ご縁で 繋がった おおさき森のようちえん~風の音~の 鈴木聡子さんから お知らせいただいた

宮城リレー上映会の ひとつ

いただいたチラシ見て

おおぉ こんなにも 宮城県内に「森のようちえん」が あるとは♪と

嬉しく頼もしい思いになった

からだでまなぶこと

生きる力

生き合う力を 育むのに

これ以上ない!と 断言したくなるほどの 豊かさ

しかし これをととのえる 大人の力量が 試される

よっぽどの 覚悟と 経験をいかすセンスと 見守るということに徹する 腹くくり

「○○だから 仕方ない」なんて 逃げ口上で 結局のところ 長いものに巻かれちゃう という 批判の矛先を向ける「長いもの」を よしとすることとイコールなことをやらかしている へなちょこには 到底 勤まらんだろう

いやいや やっておられるご本人たちは「そんな たいそうなことではないです~」て やわらかに 笑ったりなさるけど

たいそうでないことを 貫いてゆく 愛あるしたたかさとしなやかさは

並大抵の覚悟では 保てないのだよね

そういう方々は 

周りも 共に 育ち合うものだ

上映会

集う人すべてが にこにこだった

胸に 思い抱え悩んだりしている かあさまたちも

お茶会で お話 やりとりしながら 涙ながらに ゆるんと やわらいで 救われたりしていて

見えないところで 設営や 託児などで 立ち働かれてるかたがたも 

きっと あつくあたたかくやわらかな 思いを持った方がたであったことでしょうね

始まる前の 聡子さんの お話

ほんとうに ここだけで済ませないで もちかえっていかしていきてわらいあって♪と 祈るような思い

じんわり 伝わってきた

素晴らしいなぁ

この まっすぐ さしてゆく 光のような思い

あちこちに届きますように

自分だけでなく 多くの お子たち いのちたちへの愛

ありがとうありがとう