‘布’ カテゴリーのアーカイブ

久しぶりの 肌触り

2019 年 9 月 23 日 月曜日

サンチム衣装ケースの 奥に

わしゃっ と 丸まった 布地

20年くらい前に こさえた 着るもの

若竹色みたいな 紋錦紗

袖のとこ 覚えたての「サンチム」で 合わせ縫いしてる

懐かしいなぁ なんて 思えるほどに

ずいぶんと 袖を通してなかった

ほつれ 直して

久しぶりに 身に付けよう

今時分 気持ちよく 肌馴染む 感触

しゃらり

やっちまった!

2019 年 9 月 16 日 月曜日

あれ?先っちょがない縫い付けてしまったとこ布をほぐすだけにして長さも ボリュームも違うけどこれからの季節に

ぞうさんスカート リメイク

丈短い ブラウスに だだだだだっ と 縫い付けて おしまい

るるる♪と 着てみようとしたら

あら?

ブラウス 胸元の 紐の 一方が 見えぬ

やな予感…

ああぁ…

やっちまったよ

先っちょ 内側に 縫い付けちゃってたよ

もう ほどいてみる やり直す 気力はないよ

…てことで

縫い付けてしまったとこ ちょん と 切って

先っちょ 体裁整えて(フリンジ 縫い付けずに 布をほぐすだけにして)

左右長さも ボリュームも 違ってしまうけど

アシンメトリーの妙味 つうことにして

仕上げたことにする

久しぶりの この布の 肌触り

おかえりなさい

そして はじめまして

また 改めて 始めます

また新たに

2019 年 9 月 15 日 日曜日

また新たに30年くらい前に 購入して

ずっと 愛用していたけれど

いつしか スカートというものを はかなくなり

ここしばらく お飾りになっていたもの

インド綿…ちょいと蚊帳のようでもある
ぞうさんスカート

この度 やっとこ 重い腰をあげて

リメイクのため

ほどいてみる

裏地は ぼろぼろになってしまっていたものの

ほつれやすい生地で

よくぞここまで もっててくれました…てな感じ

縫製が かなり しっかりしてた

中途半端な 丈のため 着るのをためらい勝ちだった これまた タイ綿ブラウスと 合体させようかと 思う

改めてまた よろしくね

もとの地を こえて

2019 年 9 月 11 日 水曜日

どれがもとの生地だか…座布団の 繕い物の 一段落して

その勢いで

元々の生地が ほとんど見えなくなってきてるか!?の

襤褸襤褸 ネパールズボンの 継ぎ接ぎも 再開

しかし 見事に 優しすぎる手触りを 過ぎて

すべてが もろもろほろり と ふけておる

それにつられるように 継ぎ接ぎした布たちも 綻びてくる

…これは なんにゃらかの 相乗作用なのか?

愛着というより 意地で 繕い続けているなぁ

どんどん重たくなってしまうズボンなのでした

褌の紐 締め直すだけでなく

2019 年 9 月 10 日 火曜日

帝人株式会社昨日

ふとした いきさつに触れて

身が引き締まり 背筋がのびるような 思いになり

わたくしも 褌の紐 締め直して がむばります などと 言ったあと

実際に 締め直したりもしたのですが

そののち

ふと 褌の ぴらんぴらんしてるとこが

ズボンの腹の辺りから ぴら…と はみ出していることに気づき

いや まぁ その上に Tシャツが 被さっているから 誰にも気づかれていなかったとは思うけど

こっぱず!

褌の紐を 締め直すだけでなく

褌の端っこ ちゃんと 仕舞いましょう

あれこれ 布 ほっくりかえしているついでに

新しい 褌も 作るかな

絹の 胴裏のと

「TEIJIN」が 「帝人株式会社」だった頃の シルパール八掛地

たぶん 絹じゃないけど 絹の肌触りのやつで

心機一転♪

どこかの「トシ」さん

2019 年 9 月 9 日 月曜日

トシさん海に扇が浮きつ沈みつ海扇流

繕い物のために

手持ちの 布 あれこれ ほっくりかえしてたら

古道具屋さんで 手に入れた 手拭い…着物の 襟元にでも 用いるためにか

縫って 糊付けされている 一本が 出てきた

「トシ」とある

!?

うちの ばあちゃんのが 巡りめぐって ここに来た?

縫い目をほどいてみたら

見たこともない「海扇流」という 名前

海に 扇が 浮きつ 沈みつしてる

そういや うちのばあちゃんも 踊りやってたのではなかったか?

母に訊いてみた

「あ~ ばあちゃんは 踊りやってたってんでなくて じっちちゃんと ばっぱちゃんの 金婚式の時だったかに つねこばちゃんと あさこばちゃんと 三人で 『さんさしぐれ』踊るために 習っただけだったはず」とのこと

ほおぉ

きかないと わからんもんだな

着物の仕立ては よくやってた とは 聞いてたけど…

たぶん うちのばあちゃんとは違う どこかの トシさんなのだろう

ふとしたきっかけで

それぞれの人の 時の流れが

ふと 縒り合い ほどけたりもしながら

しゅるり と 掌に 触れる

味わい深い 思いになった 雨の日

繕い物

2019 年 9 月 9 日 月曜日

襤褸を隠す

運転座布団と

ピアノ椅子の 座布団の

襤褸ぼろりを 繕う

まさに 襤褸隠し

のんびり 雨の朝

ぬり絵

2019 年 8 月 11 日 日曜日

布絵の具で遅帰りの日の 買い物の 強い味方

二十四時間スーパーマーケット「トライアル」

布の成分も 縫製も ちょいと あやうい Tシャツ安売りがあった

どうしても 着たい とか

必要 というわけでもなかったのだけど

むぅ これに 色を塗りたい と 気持ち盛り上がり

購入

まず フラミンゴを 塗ってみる

わは♪ たのしい

少しずつ 楽しむ

一種の 逃避?

2018 年 9 月 24 日 月曜日

怒濤のお針子昨日は

襤褸になりそうだった タイズボンに お師匠 はとちゃんまんちゃんからいただいた簡易ズボン(これも かなり襤褸に…)の ポケットついたまんまの部分 縫い付けて 再成したり

秋口から よく身に纏う 腰巻き的なもの 新調したり

セリアで 買い込んでた なんちゃって蛙手拭いで エプロンこさえたり…

怒濤の お針子状態

そんなことしても 胸のうちにある 飢餓感 欠落感

不甲斐なさの 根本的解決になど ならんのに

でも この 勢いにつられて

他のことも 良いように ゆさぶられればよい

一種の 逃避の いいわけなど ひとつふたつ 浮かべて沈めて

袴みたい…

2018 年 9 月 22 日 土曜日

パンの首袴みたい

明日 福島での「とっておき音楽祭」にて

あんちゃ所属の「ドツタツカホン隊」出場する

先日 えいやっ!と こさえた パン職人被り物は

それに間に合わせるためだったのでした

被るかた 福島出身で

明日の本番には おうちの方々も 観に来られるから「パン職人被り物デビュー」と 張り切ってるとか

なんかうれしいなぁ

あんちゃの 被る パンの 首のとこ 繕いも しといた

楽しんで たのしませてけろ

んで 針と鋏 持ったついでに

久しぶりに 己の穿き物 新調

切り落とすのをなるべく少なく と 大雑把に 縫ったら

袴みたいに ばっふばふのもんができた…

ちと へんてこりんだけど

穿けるから まぁいいや

タイパンツ風 紐結びタイプ

トイレで 落としてしまわんよう

注意だ