‘布’ カテゴリーのアーカイブ

探しているものじゃないものが見つかる

2020 年 4 月 6 日 月曜日

メリンスぼろぼろさきっぽ一家ほのちんも こうちゃんも 社会人になったってよカタバミ模様が素敵

いつものことなのですけど

探し物をすると

探しているものじゃないものが見つかって

そこに引っ掛かって

先に進まなくて

もう 今日は 寄り道のまんまで いいかぁ なんてことになる

むうぅ

本日探しておったのは

スペースenさんで 買った(ほぼ買い占めたみたいな!)茜染め 手紡ぎ毛糸で 編んだ 帽子

ゆったり編んだやつだから

暖かくなってきた 今日この頃でも 被れるなぁ と

二 三週間前に 変なとこに 紛れ込んでたの 見つけて

被ろうっと と どこかに 置いたはずなのだけど

そのどこかがわからなくなっちまったという…

どんだけ広い家に住んでるのか!?ではなく

どんだけ 片付けられてない 混沌におるのか!?てことですかね

あ…頭ん中もね

うぅぅ

今日はもう諦めて 布もの 発掘に シフトチェンジ

帽子作りに凝って キャスケットみたいなん バンバン作ってた頃に こさえた 手縫いの ガーゼの帽子

こんな ネグリジェみたいな 帽子 いつかぶるんぢゃ!?

…て 実は おんなじ 生地で ネグリジェみたいなもん こさえたから 言うのですけど

これまた 縫い目隠しに メリンスなど用いてたもんで

ごっつり 虫喰ってました

ほどいたら

あら!?ツバのとこ 折っただけで 立体マスクみたいに なるぞ

帽子 本体の 裏地に 別のダブルガーゼハンカチ 使ってるもんで

なかなかに 立派な マスクが作れそうだ

実は とんでもなく ガーゼマスクあるので(捨てるに捨てられず かなり昔のから とってある) 作る必要など無いのかもしれないけど

おされな 手作りマスクしてる人みて

なんかいいなぁ て 思ったからなのですけどね

そして TAP SHOTS仲間 さきっぽ一家が 転勤で 引っ越してしまう前に

タップで よく穿いてた トレーニングパンツみたいなやつに サインしてもらったのだけど

それが ボロボロになって 穿くには ちょっと…になったやつ

サインしてもらったとこを 切り取って

帽子に仕立てたのだった

佐紀ちゃんは 巡りめぐって 仙台に戻ってきて

二人の お子たちは 社会人になったとな

いやはや もう 二十年くらいたつのだな

感慨深い…

そして ざった屋さんから 買った 和服端切れ布で こさえた ズボン

裾のとこの すずめのはかま(カタバミ)模様の布がそれなのだけど

模様が見えなくなるのが 惜しくて スリットみたいにしたのだった

こさえた頃に 凝ってた 吉祥結びを カタバミの 花みたいに 見立てて…なんて

かなり気に入って 穿いてたのだけど

今 穿こうとしたら

ホックはとめられるけど

ファスナーが 閉められない

かなり 肥え太りましたね わたくし

いやはや こことこ ウエストを きゅう と しめるようなもの 一切 身に付けないからな

どうしてくれよう…

ベルト芯に 畳縁を用いてるやつだな

にょろ て よれてる

ずっと 連続して 生きてきてるのに

かつての自分に 隔たりを感じたりもして

わたくしごときにも 歴史ありだわぁ なんつって

痩せようとか そういうところに 一切 気持ちが向かない

のんきな昼下がり

夕焼けや てこちゃんのことや

2020 年 4 月 5 日 日曜日

夕焼けとか てこちゃんのこととかほつれた メキシカンドビーの 裏打ちに 用いてみたのは

紋金紗に 手描きみたいな

夕焼けっぽい 柄

かつて 通いつめた 古道具屋「ざった屋」さんの てこちゃんから

ただ同然で 引き取った布

これ なんすかね?て 訊いたら

「踊りかなんかのじゃない?こういうの あなたしか 持ってかないから やるから」て

他に いくつか 見繕った 和服地とともに 袋に入れて寄越したのだった

今日は 曇って 夕焼けが いまいちだけど

これが かわりに なってくれるね

お店閉めてから 久しいけど

てこちゃん 元気かなぁ?

今年の お年賀のお返事はなかったなぁ

なんだか 無性に 会いたくなる人の 一人

店主と お客の 間柄だった だけなんだけど

身の回りに てこちゃんからいただいたものが

ものすごくあって

手持ち無沙汰でも

なにかしら 慰めになってくれるもので 満たしてもらえてる感じ

いつも 支えられてるんですよ~

きっとまた いつかどこかで…

びっくりとうっかりと

2020 年 4 月 5 日 日曜日

ぢょんみさんの CD午前中

布いじり

永遠に続くかもしれない ネパールズボンの 繕いつぎはぎ やら

気に入って着倒して 襤褸にしちゃった メキシカンドビーの 裂け目 補修

しのぶさんに 届けていただいた 李政美(いぢょんみ)さんの 『おとと ことばと こころで』の CD 聴きながら

…あぁ 変わらずに 美しいなぁ

声も ことばも

美しすぎるくらいだ

そんな風に 軽やかに 聴いていたものの

ふ と

ある音楽で 滂沱!

なんだなんだなんだ!?

どうしたわたくし!?

涙のわけがわからず

聴いたことがあるのかどうか わからないけど

聴き覚えは 無い 気がする

わからないうちに

こんなことになるなんて

音楽(匂いもね)の 脳への刺激って

なんというか 意識上を 素通りして 意識下に 刺さるのかな

あ~ びっくりした

済州の 民謡『龍泉剣』ですて

改めて 読んでみても

も一度聴いても

あぁ と 合点がいくようなことは 全くないのが

不思議

行ったこともないのにな

しかし 済州の 血をもった人との 出逢いはあったから

なにか 届いていたのかな

ふぅ

気を取り直して また 縫い始めようとしたら

ややややや!

ソファーカバー共々 縫い付けてしまっとる!

ああぁ もぉ

しかし 早めに気づいてよかった

取り返しがつく感じだ

もしや さっき 涙で 中断したのがよかったのかもしれない

ふふふ

ありがとうよ 済州民謡よ

♪ちぇじゅ あっ ぱだ たるまち かじゃ♪

布と戯る

2020 年 4 月 2 日 木曜日

なかからのぞく母が デイサービスから帰るまで

ネパールズボン 二本

いじりはじめたら

まぁ 次から次へと 襤褸が みつかる

襤褸ができる…

延々と 繕い物をしとりました

内側から覗くと

擦れて薄くなって これからほつれる気 満々の箇所

まだまだありますわ

永遠に続きそうだな こりゃ

そんなこんな

本日も 敷地内から 出ない日

テレワークもなし(んなもん できんわ)

いくつかの連絡事項 やりとりのみ

わたくしが うちにおるから あんちゃは 急いで帰らなくても大丈夫だよ と 伝えたら

「は~い お言葉に甘えて 寄り道して帰ります 夕食いらないよ」て

うきうき 外食してくるとな

そういうことのために いったんじゃな~い!

コロナ持って帰ってくんなよっ!と

冷たい返信した

当事者意識まるでなし

基礎疾患家族なのに

気休めでも マスクしてけっ!て 言わないと しないし…

心配しすぎですかね?

楽観的になれないでおりました

わたくしが 在宅なので デイサービスの 延長なしにしたらば

母 諸手挙げて よろこんで「やったぁ 早く帰れると思うと 心軽やかになるぅ♪」と 言ったあと

「あぁ でも あんだの仕事が 少なくなったって あんまり よろこんだら 悪りぃなぃん…」と 慌てて言い直してた

いいんです そこは

早く帰れること そんなに うれしいんだから うきうきしててちょうだい

さぁて ばんげのしたくでもすっかな

合わせ技

2020 年 4 月 2 日 木曜日

ぐるぐるネパールズボンの 生地は

肌触りがやさしい

縒りの問題なのか

ほつれ易いのは 確か

擦れまくった部分は ダーニング向きではないなぁ

わかっててやりました

途中で こりゃいかんなと 思いました

んで

つぎあてとの 合わせ技に 途中から変更

ちょうど 今朝 乾燥蕨を 水に浸しはじめたところだったもんで

そこからの連想で

春の芽吹きの 刺繍など ちょいと

いや…まてよ

わたくし 刺繍するとき いつも こんな ぐるぐるだな

頭がいつも 春の芽吹きなのかも

わはは

本日のめぐる歌

2020 年 4 月 2 日 木曜日

ダーニングで ダーリングなぎーねえちゃんから いただいた ネパールズボン

今朝 穿いたら

あれれ…すーすー

そういや 尻のとこも 裂けてたの あとで 繕おう と 置いといたんだった

…てなわけで

またもや ダーニング再開

段ボールで 固定したらよいな…と 試みたのが

ちみっと 緩くて

指に 針刺しまくり

いでぇ…

そしたら ふいに 沢田研二の うた

♪ここにすわってくれぇ♪が よみがえる

なんのこたぁない

ダーニングから 連想された『ダーリング』の 冒頭だわね

しかし よくぞ 出るもんだ

もう何十年も 歌うことも 思い出すこともなかった 歌だぞ

人間の脳みその 能力を ちょいと 驚きつつ 受けとる

仕事が ぐぐぐっと 少なくなった 四月はじめ

耐えよ

乗り越えよ

たのしみながら

新旧並べてみる

2020 年 3 月 30 日 月曜日

左が最新作半端丈ブラウスの 裾に縫い付けた

かつてのロングスカート

「出来上がり見せて」と 乞われて

着たとこを 撮ろうとしたけど

なんだか やたらと みっともなくて

服だけ 撮ってみた

半端丈なもんで

着た感じが 変

少ぅし 折り込んで

着ると

まぁまぁ なんとかなる

留めるか どうか

様子見ながら 何度か 着てみますわ

横に並べたのは 半端丈裾縫い付けワンピース風の 一号

ネパールだか インドのネルブラウスに メキシカンドビーてな ざっくりした 織物

気に入って 着たおした は いいけど

メキシカンドビーは 目が 粗いので

普段着には向かない

ましてや 保育仕事など 動きがハードなものには

ほつれた糸が出てきたり

ある日ばっくりざっくり 裂けたりして…ね

しかし 惜しいので

裏布当てて 補強して

また 着たいと思ってる

虫の季節には 草色&虫柄のやつも 復活予定

ほら 楽しいことを 浮かべれば

うきうきだよ♪

…なんつってるとこに 実は 大変なしくじりをしていたことが 発覚する連絡があったりしたのだけれど それはまぁなんとかなることでもあるので よしとする

作りかえる

2020 年 3 月 28 日 土曜日

このタイプのスカートまだまだある二十数年前までは

スカートなどもはいていた

薄手の インド綿の ロングスカート

風を 孕んで 歩く感じ

好きだった

今はもう 穿かないかなぁ

でも 好きだった 柄

手触り

手放すのは 惜しい

そこで 今 身に付けるとしたら の 形に

作りかえてみる

半端丈の ブラウスの 裾に

パニエ風に 縫い付ける

残り布は スカーフみたいに使えるかな

改めまして

今しばらく よろしくね

家仕事

2020 年 3 月 2 日 月曜日

ぼろぼろはつづく焼き小あじ本日予定しておった 財団会議が

コロナ問題により 延期

んでは 母デイサービスへ 見送ったら

行きたかった あそこへ!と 思いきや

臨時休業

気を取り直して 未踏のあそこへ!と 目論むも

時間的なこと ざっくり計算したら

母デイサービスからの お帰り お迎え

本日は 延長無しにしたもんで

間に合わん

むむむ

まぁ いいや

本日は おとなしく 家仕事

手始めに 永遠に襤褸になり続ける ネパールズボン(昨日のダーニングしてるやつとまた別の 二十年近く 愛用してるやつ)の 継ぎ接ぎすることにした

理恵さんからいただいた ゴム湯タンポ 尻に当てながら…と 思いきや

母の 車椅子の 背中のとこに 貸したまんま

送り出してしまった!

むむむむむぅ

まぁ しょうがないや

茶でも 淹れて なごみつつ過ごすんだ~♪

…て さっき 来てくれた ヤクルトさんから 買った 焼き小あじ を お茶請けにしたら

酒のみたくて たまらんくなるという

…むむむむむむむ

父のとこ行くのに 歩いて行けば大丈夫かな とか

朝から 何言ってんだ!?

「む」ばかり 発する 霧雨の月曜日

ぐずぐずだーにんぐ

2020 年 3 月 1 日 日曜日

はりついたまんまちょっと ぐずぐずのまんま

混沌 サグラダ・ファミリア的な 自室

ふとした 拍子に

行方不明になっとった ダーニング(繕い)やりかけの

針が刺さったまんまの ネパールズボンが 出てきた

なぎ~ねぇちゃんから もらって

とっても気に入って 穿き倒しすぎて

膝が もろもろしてきてたやつ

左膝は 繕い終えて

右膝は 広く一時にやろうとして ぐずぐずになって

よれて ひきつれて

挫折してたのだった

挫折したのって 一年前くらいか?

まったくもぉ あぶねぇな などと

他人事みたいに

過去の己に ぶつくさ言っても 始まらんので

ちょいと 奮起

ぐだぐだの続き 引き継いでみた

かなりの よれよれ うにょうにょ 今さら どうにもならんあたり

修正するというよりは

誤魔化し 目眩まし的

重ねダーニング

端っこ ひきつれたまんまではありますが

収拾つかなそうな よれよれは 幾分か ましになりましたる

尻の辺りが じきに ほつれそうな予感もありつつ

今しばらくは このまんま 楽しめそうだ

春めいた 空気に ちょうど良い 肌触だ

うれしいな

るん♪