‘出逢い’ カテゴリーのアーカイブ

愕然としたまんま

2021 年 9 月 20 日 月曜日

とても大きな存在だった

延原にいちゃん

難病の 数々と 格闘しつつ

「もちろん また 一緒に ライブやろうね 宮城にまた行くからね」て 言ってくれてた

またあちこち連れ回したいとこあるから 覚悟しとけ〜なんて 笑いながら言ったのに…

昨夜 旅立たれたこと

お連れ合いの方の 取り急ぎの「報告」投稿で 知った

しばらく 愕然としたまんま

頭の中に ずっと にいちゃんの『秋の日の想い出』が 巡っている

「出逢うべき人にはちゃんと出逢えることになってるんだよ」て ふんわり笑ってくれた顔

震災後の浜辺で たくさんの声を受け取ったことを 伝えてくれたこと

あとから あとから 浮かんでくる

「まだまだ伝えたいことあるんだ」て 言ってたから

今度やるとしたら また タイトル『伝えたいこと』その2かなぁ なんて 

あぁ…

かつての投稿たちを みてしまう朝

暮らしのあれこれに 紛らせながら

しばらく 愕然としたまんま

You Tubeに いくつかある ライブの様子も眺めたりして…(本人 生で聴いていただくのが一番だから と 音源を 積極的に 残してなかったものの 知り合いの方が アップしたものでしょう…あぁ 相変わらずの トーク)

近々…の 一冊

2021 年 9 月 19 日 日曜日

信州くるみ日和近々 送っていただく予定の 一冊…てのが 届きました

わ〜い♪

『くるみの里のレシピ集 信州 くるみ日和』日本くるみ会議編(ほおずき書籍発行 星雲社発売)

わたくしの 大切な 場所

もう一つのふるさと

今につながる始まりの場所ともいえる 旧 東部町…現 東御市 発信の ご本

くるみ愛に

地元愛に

満ち満ちてます

ふむふむしたり

よだれたれそうになったり

うつくしくてたのしくておいしそうで

うきうきしちゃう

本のあちこちにある かわゆいイラストは

くるみの青皮から作られた インクで 描かれてるのですて

パントマイム お師匠 はとちゃんまんちゃんに巡り会えた 1994年

「あそびにおいでよ」と 誘われて ふらふらと 参った 日韓マイムフェスティバル(後の「アジアマイムフェスティバル」)

それが 東部町だったのでした

以来6年 続いた フェスティバル

夏から秋口にかけたあたり

鈍行乗り継いで 行ったっけな

宿舎に 泊まり込みで 神社の歌舞伎舞台や 道端での パフォーマンスを 盛り上げた日々

あそこから始まったこと

いただいたことが

たくさん ありすぎる

そんな 懐かしさも相俟って

うわぁ♪て にこにこしながら

涙が ぼだぼだっ と 落ちたりして

お墓掃除行こう て 準備してたの うっちゃって

読み耽っちまいました

お師匠たちと共に フェスティバル立ち上げられた メンバーの 一人

商工会の 熱き おにいさんから おんちゃんになりかかる頃合いだった としおちゃん…今や 立派な 東御市の 市長さん

そのお連れ合い かつ子さんが この ご本の 編集長ですて

くるみ菓子「花岡」の めくるめくお菓子も 盛り上げておられる お忙しい中 送っていただいちゃいました

あ…あまぞんさんとか hontoさんの ネットショップでも

一般 書店でも 取り寄せできますの

わたくしが うっかりアマゾンさんには 関わりたくない…なんてこと 言っちゃって

今回 編集長 自ら 送ってくださったのでした

お手数おかけしてすみませぬ…後ほど お支払いいたします

欲しいわっ♪て 方は 本屋さんへ ご〜(もしくは ネット注文ぷりーず)

NAOさんからのお写真

2021 年 9 月 13 日 月曜日

received_444728123733792received_1617105105163866received_941411899921191received_281700807101780received_161053619435678received_402593464548740received_551732759585217received_1300993823653246received_1516568532011652received_272266721176130ミドリイロのわけ寝酒

先日 出演させていただいた「私たちは『買われた』展」

出番前 音出しの お願いをせんとす てなとこで

突然行っても大丈夫か クエスチョンのまんまですが 行ってみますね…てな メッセージあったこと 発見

ジャズ・シンガー NAOさんから(NAOさん情報は ブログをどんぞ)

あわわ お返事できぬまんま 

そんな あたふたな気持ちでおったところ

ふわり と 風を孕んだような お方が 入場なさる姿

うおぉ まさしく NAOさんでした

お写真も 撮ってくださりました

いつも たのしいこと おいしいこと きれいでいること 命を愛すること 

そしてなにより うたうこと

怠りなく 素敵にしておられる

「キュート」て言葉は NAOさんに 捧げたい

実は 今 わたくし こっそり 足の 薬指だけに ひっさしぶりに マニキュア 塗ってるのって

NAOさんが やっておられた ネイルの お手入れ画像を見て

あぁ 華やぐ色って いいなぁ て 思ったからなのでした

NAOさんの オリジナル曲『ムラサキのわけ』もじって

「ミドリイロのわけ」なんて 心でつぶやいてみてた

あぁ 関係なさすぎてごめんなさい

しかし 保育仕事場で ちょいと 足袋を 脱いだとき

とある お子に

「あれ〜?もりせんせ なんかついてるよ〜」といわれ

あぁ これは マニキュアというか ペディキュアというか…おされのつもりなのだけど

と ごもごもいったら

「え〜 おしゃれじゃないよ ピンクじゃないもん!」と ピンク信者の Hちゃんに バッサリ切られた物言いされましたけどね

三十五年前くらいに買ってた 緑色のマニキュアでした

好きなんだけどな 石っぽくて…

ま それはさておき

キュートな NAOさんに 1ミリも あやかれぬまんま

昨夜は

いただいた 渋めの おつまみ(黒トリュフ塩ナッツ)で

寝酒など しみじみと頂いて 

おっさんのように 寝転がってしまってました

つかれがのこるからだでありますが

こころは ほぐれておりますよぅ

和田さんからの写真

2021 年 9 月 12 日 日曜日

received_651236395840223received_381885783315763received_443128963758780received_978626806326606

顔本でやり取りしてたけど

舞台を見ていただくに至っておらなかった

和田恵秀さん

役者

シャンソン歌手

風刺画家

切り絵作家

…と 色々な顔を お持ちの 和田さん

福島にて「心滋館」というのを 開いておられます(アトリエなのすか?喫茶なのすか?とにかく 鎮魂の作品やらなんやらも みられるという)

パントマイム観に来てくださりました

原発問題を 原発自身の立場になって書かれた『ごめんなさい、ずっと嘘をついていました。福島第一原発ほか原発一同』加藤就一(書肆侃侃房)をもとに

ちょっとした 企みあり(…はっ!これって言っちゃってよかったのすか!?プレッシャかけることになったりして…)

そんな企みやら 社会問題?やら 与太話やら

舞台の後

ちょっと 盛り上がっちゃって

ハンバーガー屋さんにて

「あの あの…お食事のあとは マスクして お話しいただくとありがたいです」て

お店の方が 申し訳無さそうに 言いに来てくださったっけな(食べ終えて だいぶ経ってからかも…)

和田恵秀さん笑顔とかポーズとかさすが役者さん

サシで お話したの 初めてだったのだけど

愉快でありました

ぜひ 企み 実現させましょう!

うれしくたのしくなつかしくはじめまして

2021 年 7 月 27 日 火曜日

明才展熊野那智神社で版画三枚のお札たくさんのひとが行き交う気持ちのいい木がいっぱい銀杏ど~ん詩誌御神籤みたいなもの

先週土曜 打ち合わせ未満が 早めに終わりそうなら

も少し 北上して

熊野那智神社で 開催されてる「明才展 ボタルヤのおしごと」に まいろうという 目論見あったものの

展覧会終了時間過ぎに Dao Taoを 出たもんで

こりゃ 最終日に 駆けつけにゃ と

奮起

日曜に

何かのついででもなく

いくつかの用件を ブッキングもせず

そのものだけのために出掛けることって

なかなかに どきどきと 贅沢気分

午前中のうちに 帰っからよぉ と 家族らに 宣言して

お出掛けました

ひやあぁ♪

こんなにうねうね高いとこ

よくぞきりひらいて 建てましたね!の

熊野那智神社

結構な 由緒正しき

しかし みなさんようこそ~♪な 間口広いというか 懐が深いというか…

たくさんの人々に 愛され続けてるの わかるわ~♪なとこでした

海も見える

風が吹き抜ける

社殿に近づく前に もう どきどきわくわくするような

勢いのいい木々が

ぞ~んぞ~んぞ~ん!て 聳えておる

そんなとこでの #明才展

#ボタルヤのおしごと

#歩く民芸

明才さんの お連れ合い…みとむおにいさん こと 坂部認さんは

イベントで ご一緒したことがあり

タイ舞踊の おおらか優雅な動きのなかに

めくるめく ジャグリングが 繰り広げられる 素敵さ♪

ジャグリングてぇと これでもかっ!な 業物 がつがつなものが よくあるけど

みとむおにいさんのは 違うんだ

すごいのに すごく見せないけど すごいのだ

まるで スローモーションにしたような 空気のなかで

お手玉たちが 踊るような

滞空時間が ふんわりと 長い感じ

お人柄も なんだかそんな感じ(どんな感じだ!?)

以前 多夢多夢舎中山工房の 支援員など なさっていたけれど

今は 理事ですけ?

そして 発達支援塾 TANEさんの アートマネージャーやら やっておられる

その 素敵な おにいさんが 関わるイベントチラシや

手拭いや

ノベルティなどで 見かけていた 明才さんの 版画

あぁ この感じ とても好きだなぁ て 思っていた

うれしくなる

たのしくなる

初めましての絵なのに なつかしくなる

明才…と書いて「めうさい」と 平仮名がついていたり

「meosai」と あったり

旧仮名遣い 読みでいいのかな…と思いつつ

発音に 迷っておりまして

会場で どうみても このかたが 明才さんであろう と 思ったものの

なんて発音すればいいのですか?と きこうかどうか 迷ってるうちに

わ~♪なんて 作品に見とれ

売り切れちゃった 手拭いに う~!なんて 唸って

展覧に 選んだ場所の 見事さに…そして そんな場所を 選び重ねておられる センスに い~♪と 感じ入ったりして

終始 母音なる わたくしでありました

危うい感じだぞ だいじょうぶか?

あとで「みょうさい」て ふりがなを見つけ

あぁ…と 思ったものの

お客様と お話しなさってたので

また 声かけるの躊躇った

たぶん 口を開くと 愛の告白みたいになりそうで

照れたのだな

ははは

歩く民芸…という 謳い文句もあり

民芸と言えば 芹沢銈介を 思い浮かべるけど

熟知してないのに いっちまうと

芹沢さんの 植物グラフィック~とか

デザインテキスタイル~な 大きな感じ

ちみっと 遠くにある感じより

もっと 人に近いとこに 寄り添ってくれるような 明才さんの作品

触るまえから 手に触れている 温かさみたいなものが 伝わってくるようだなぁ なんて

勝手にうれしくなっていた

とても好きだ♪

手拭い 入手できず(結構それが主なる目標でありましたが 行ってすぐ 二枚残ってるの見て あとで買おう…なんてのんきにしてたら 帰りには 売り切れてた 残念…)

お札(「家内安全」「交通安全」「技芸上達」)と 御神籤? 買いました

御神籤?は「鍵 アケル シメル」とあり

面白いな

己で解釈せよ てことか?

タロットカードみたいだな

ま そんなこんな

またきっと 見たい出会いたい 作品たちでありました

出会わせてくれて ありがとうございますた~♪

お初に差し向かい

2021 年 7 月 26 日 月曜日

つきだし濃厚ブルーチーズパスタ豆乳ちゃいコーヒーブラウン

土曜に おもしぇ企画 打ち合わせ未満 お喋り会at Dao Taoは

きょんちゃん こと 内出京子ちゃんと

もともと お友だちのお友だちに フルート奏者がいるよ~♪てな 情報のみ

だいぶ前から 名前だけ知ってて

生身で会えたのは

みぽこさんの コンテンポラリーダンスライヴwith 重松壮一郎さん の 受付してた姿

そののち オーガニックカフェ Dao Tao(旧)にて

ご主人 菅野さんが

「ほら きょんちゃんて知ってるでしょ?」と

すでに仲良しだろ君たち的な 脈絡で 話し始め

「この間 カラオケもやってさ 楽しかったんだよ」て

にっこにこで きょんちゃんや みぽこさんやらが 愉快そうに 写ってる 写真を見せてくれた

くそぅ さそわれてたいみんぐあったら こんだぁさんかさせてもらうかんな…てな ふざけたうけこたえをした

その後 きょんちゃんのフルートライブ Dao Taoでやるから 来れる?てな 菅野さんからの お誘い

いくいくいきますこんどこそちゃんとおはなしできるようにいきますとも♪と 返事して

しかし ライブ近くなっても なんの音沙汰もなく

あれれ?詳しい時間とかも まだ きいてなかったよな と 問い合わせようとしてた矢先

仙台の 勾当台公園の あたりを 仕事の合間に ぷらぷら 歩いてたらば

偶然そこを 自転車で 通りかかった きょんちゃんが

「あっ!森さんっ!!」と 声かけてくれた

たぶんそのとき 有能補聴器オーティコンアジャイルプロライトミニさん 装着しておらず

そのまんまだったのか

慌ててつけたのだったか

定かではないのだけど

「菅野さんが…」とか

「らいぶできないことになっちゃって…」とかは 聴こえて

実はその頃 だおたおご主人の名前を「菅野さん」として 認識していなくて(知ってはいたけど)

きょんちゃんが 共演する予定の 誰かが 具合悪くしたってことかなぁ なんて

ぼんやり思ってた

それが だおたおご主人のことだったと すぐあとに 知って

あれよあれよと言う間に

逝ってしまわれた

菅野さんを 偲んだ お喋り会の お誘いも いただいたものの

参加できず

でも きょんちゃんとは その後 繋がった 顔本(Facebook)での やりとりで

そうそうそれそれんだがらんだがら♪と

前から よく知ってたよね♪的な 気持ちになっており

一昨日が はじめての 差し向かいお喋りであったと

信じられない思い

出掛けるときに「今日はなに?」と 母から 問われ

えとえと…打ち合わせみたいな~なんて 応えてたのだけど

これなんか重要な打ち合わせとは言えないよね?てな ノリで

五時間近く

わはははは

でもとても 心地よい手触りの

この先の 楽しみの光みたいなものさえ さしてくるような ひとときでありました

お仕事の合間合間に「なんかノリノリでずっとしゃべってるね~」と Dao Tao受け継がれた現マスターぶんさんや ふみえさん

お初にお目にかかります お客様や 常連さんも

なんとなく そこの 居心地よさの 一員で

きっと 菅野さんも そこいら中に 満ちて

にこにこでいたんだろうな

きっとここで

おもしぇ 企み

実現させるよ

また うきうきわくわくしようね

させてね

そんな気持ち

ありがと~♪

五年前の今日も

2021 年 7 月 24 日 土曜日

五年前

岩沼の オーガニックカフェDao Taoで

売り物じゃない バリ島の塩

譲っていただいた

その ご主人亡きあと

お店を ご縁あるかたが引き継ぎ

本日 そのお店で

打ち合わせというか

なんにゃらか 楽しいことやれたらいいよね~♪の 打ち合わせ未満の お喋り会?with きょんちゃん…しに行って

ヒマラヤブレンド塩を いただくという

あぁ なんか

ここから 行ってしまったあとも

いろんな出会いを 繋げては

ふふふ♪なんて 笑っておられるんだろな

ありがとうありがとう

素敵な人たち つながってるんだよ

これからもよろしくお願いしますね なんて 言ってみる

お通夜のとき こっそり

ぽへ♪ て 鳴らした 鼻笛

やっぱり まだ

ぽへ♪てしか 鳴らせないけど

きっと わあ♪て 楽しくなるような 演奏できるようにしとくね

「んもぅ 森さん うるさいよ」とか 言わせないくらいにね

お空から

もしくは 肩のあたりで

見ててよね

乞う御期待!

呆然は続くものの

2021 年 7 月 19 日 月曜日

捩花 あっちゃんのことおもいながらの朝昨日の お通夜は

同級生の あっちゃん…馬場敦子ちゃんのでした

前触れの無い 突然のことで

ご家族はじめ

お友だちも知り合いもご近所さんも

みんなで 「うそ…?」て 呑み込めないまんまのようでもありました

お仕事絡みでも ちょっと 頼みたいことがあり

一昨年あたり メールなどやり取りしてるなかで

こんな用事ばっかりじゃなくて お茶会とか ご飯会とか 飲み会とかしようね~♪て 言ったり

機織りしてることと(小千谷あたりにも 修業に行ってたことあり)なんか 愉快な コラボレーションできたらいいよね~♪なんてなこと 言ってた

かつて おうちで介護やらなんやらの日々を 乗り越えてきてるから

「あやぼうも 無理しないでね なんかあったら言ってね」て 気遣ってくれてたっけな

数年前 病を得た後 なんとか 心身ともに 踏み出せる日々になってきた と 聞いてた

コロナ騒ぎも 落ち着いてきたら

無理なく 会えるようになるかなぁ て

数日前に 家の前を 通って 思ったりしてたんだ

何言ってもどうしようもないのだけど

手を組んで 目を閉じている 姿が

あまりにも いつもと変わらなくて きれいで

あの いたずらっぽくて いつも句読点をきちんとつけているような口調で

「うそだよ~ん♪」て 起き上がりそうで

早く目を開けてよぅ て 言いそうになって

のみこんだ

かなしいのとか

どのに向けて良いかわからない 「早ぇよ!」てな 怒りみたいな思いとか

ぐるぐるしちゃうけど

こんなきっかけ なのは かなしいけど うれしいような 同級生との 再会もあって

ありがとね て 思う

でも やはりかなしい

たくさん思い出して 話して

胸のうちで いかしていきていこうね

「時を経る」という 薬が いつ効くかわからないけど

…なんてなこと おともだちたちと やりとり

いろんなこと さておき 先送りせず

日々をまた 味わって 生きていくよ

お年賀渡したり

2021 年 7 月 17 日 土曜日

はしもっつぁんと絵はがきセット売ってます縄文大工さんのとこ

イベントの帰り道

今日なら お目にかかれるか!と

名掛丁入り口付近で BIG ISSUE販売なさる わたくしの アイドル はしもっつぁんの元へ

ひとっ走り

お久しぶりです~と ご挨拶の後

今さら!の お年賀 やっとこ お渡しできた

「お年玉葉書の当選番号調べてませんから~」ていったら

ほほほほほぅ♪て 笑ってくださった

次回出演イベントの チラシ『私たちは『買われた』展』も 受け取っていただいちゃった

最新号から 順番に 遡らず

おすすめを お伺いした

まんず毎度 素晴らしい 読み込み&ご紹介だなぁ

お釣りでないようなまとめかたして

絵葉書も 合わせて 買った

冬の寒さより 夏の暑さの方が ツラい とのこと

ちょっと 暑さ疲れなさってるような感じもあったけど

「元気でいてくださいね」なんて 逆に 労われて 恐縮

抜かしちゃった号は

また 後日 買いにゆこう

いつも 引き締まる思い

励まされる思い

ありがとうございます~

やる気だしてる

2021 年 6 月 2 日 水曜日

ミャンマーの緑豆今年の二月に

福島フォーラムへ 豊田直巳監督の『遺言 第六章 サマショール』を 観に行った 折り

映画館の 斜め向かいあたりにあった

フィリピンのかたが 主に フィリピンの方々向けに 開いてるお店で

ミャンマーの 緑豆を 買った

ミャンマーのことをよく知らずにいる

27年ほど前に かくだふるさとなつまつりの 中で しんたなの 「たかっさん」を 中心にして 企てられていた「アジアバザール」に 関わらせてもらってたとき

アジアの留学生さんたちに 屋台を出してもらって

お国の料理と 文化紹介をする なんてな 素敵な部分の 司会とか

年毎に 勝手に テーマを決めて インタビューさせてもらった

そのなかに ミャンマーの 青年がいた

「ミャンマー」という名前になって 日が浅いけれど

「これからどんどん 作っていきます」と 希望に燃えて

そのために役立つ学びを 日本でして 帰るのだ と 胸を張っていた

やさしく やわらかな物腰だけど 力強い眼差しの 彼

インタビューに うかがったとき いただいた

「ミャンマーのお茶と同じ 飲み方です」という 日東紅茶の ティーバッグに

あわわ!というほど 砂糖をいれて 出してくれた

「日本のお茶の飲み方は 苦いです」と

苦そうな顔をしてから 笑った

とても 美しい日本語を 話してくれた

いただいたキーホルダーは 壺みたいな形をした ミャンマーの なんだったかのかたち

「じゃんけん」を テーマにしたときに 教えてもらったのは

ぐーちょきぱーみたいに 3つじゃなくて 4つだったっけ?

それは 別の国だっけ!?(当時はちゃんと紹介しました 家のどこかに そのメモはあるはず)

…ほんに そんな 記憶力しかなくて 申し訳ない

あの青年は 今 大変な混乱のままの 彼の国で どうしているんだろう と

思いを馳せるだけで

何の力にもなれてない

なにをやってんだろ…と

今まで 関わったことある なんて 言うほどのことでもなくて

むしろ 言うて 何になんのさ!?と 恥ずかしいだけなのだけれども

安寧に繋がるなにかができれば という思いは

諦めずに 持っている

さくやから うるかしていた 緑豆が

にょき と 芽を 出してた

海を越えたとこで 怖じ気づくことなく やる気だしてるのだな

いいぞ

そんな風でいこう

また 会えたら

こんだぁ わたくしが 苦くない 日本のお茶を 淹れるよ

どうか 元気でいて