‘出逢い’ カテゴリーのアーカイブ

宝物時間

2018 年 10 月 14 日 日曜日

建物うたえる階段降りたね天井蔵王満喫しよう

昨日の 現場 蔵王自然の家は

やはり 小中学生の時 何度も 訪れた「蔵王少年自然の家」と おなじところでした

40年ぶりなのに

思い出すことのなかった 構造の詳細さえも

見覚えあるっ と

脳細胞が じゃわめき始める

わあああぁ

そのまんまなんだ

増築部分はあるけれど

改築改修なく つかわれているそう

平成十三年に「少年」の 文字を外して もっと多くの人たちの利用へ と ひらかれたそうだ

そうそう この歌 この天井 この剥製…

ああぁ ここでご飯食べたんだったな

テントに 泊まるはずだったのに 大雨になったことあって このホールに 雑魚寝したんだったなぁ…

担当のかたが来られるまで うろうろじろじろして

懐かしさ じわじわじわ

するとそこへ にこにこと 所長さん 登場

初めまして…的 ご挨拶をして お話ししてるうち

「いや…実は 森さんには 以前 お目にかかっているのですよ」と 所長さん

かくだ田園ホール こけら落としの時の ぶんぶん うろちょろパフォーマンスだか そののちの『道化が 語る ものがたり』の ときだか(ちゃんときけよっ!わたくしよ…)みていてくださったとか

やややや そうとは知らず失礼いたしました…と 言うたら

「でも もっと前にも 会ってるんですよ」と 繙かれゆく過去

「千秋の兄です」

なぬうううぅ!?

幼稚園の時 転園してきた この世にこんなかわゆい子がおるのか!と 周辺が 騒然となった あの 千秋ちゃんのっ!

すぐ仲良しになって 頻繁におうちに(お屋敷)に 遊びにいかせてもらった あの笹森家の!

小学生で 推理小説など 書いちゃってた 素敵な お兄さんがっ 今この目の前のやさしく微笑む所長さんだとはっ

「昔会った『あやちゃん』のまんまですねぇ♪」て

あわわわわ

驚きと懐かしさ 大爆発で

舞い上がる

かなり 余裕もって 到着したため 思い出話までも いっぱいさせていただいちゃいまして…本題からそれまくっててすみませんでした

こちらの 催しに たどり着かせていただいたのも

えずこホールの玉渕さんが 幼馴染みの 吉田さん(自然の家におられる)に つないでくださったことから

やさしくあたたかな ご縁が はじまり

んでもって 色々あったろうに「 蔵王少年自然の家」は

どきどきわくわくの 楽しさだけが ぱんぱんにつまった まるごと宝物の思い出の場所で

思い返すだけでも ぽわ と 胸のうちが

あたたまる

灯る

んで 本番は サプライズみたいな 位置付けいただいての 登場でしたが

「おわあぁ なんだこれ~!?」てな 驚きと共に 出迎えてくださって

まぁ なんというか

いや いうまでもなく

週末に ここ親子で 蔵王の秋を満喫しよう 共に楽しもう と やってこられた方々だから

心開かれてるというか 耕されてるというか…

とにかく ショーを 観てくださる間も

みんなでやってみようコーナーでも

なんとも 愉快なやり取りが弾んだ

楽しみに向かおうとしてくれてありがとう

楽しんでくれてありがとう

この日の 瞬間の数々が 一滴でも 宝物のひとつになりますように

宝物の人生でありますように

そんなこと 改めて 願った

わたくしにとっても とっておきのひとときとなりました

繋いでくださって ありがとうございます~♪

お土産と 心意気と

2018 年 10 月 7 日 日曜日

心意気このはたにちゅうもくあっつあつアメリカンドッグ

お仕事上がり

キッチンカーへ 小走り

閖上たこやき タコ唐揚げ 鳥からあげ 肉巻きおにぎり アメリカンドッグ

全種類 ぎりぎりのもあったけど 残っててくれたもんで

全種類 土産にっ と 買った

もう店じまいしてもいい時間なのに

あっつあつに 揚げてくださった

太っ腹にも 端数銀貨 おまけしてくれるなんていうで

その心意気 まんま 北海道の地震へのお見舞い箱に 入れさせてもらった

お土産とかいっといて

お色直しに 控え室に戻り

あっつあつの たこ焼き一本(串に刺さってるのが 閖上たこやき方式?)と タコ唐揚げと アメリカンドッグを

はふはふはふっといただいた

ばあちゃん お孫さん いい仕事っぷりだよっ なんて

空仰いでみたりして(いや…室内だから 天井だったけどさ)

またきっと 買いにいきますね

あっつあつの んまいものと その心意気を

人に集うということ

2018 年 10 月 5 日 金曜日

まりえさんとわたくし談笑南部一郎さん?わかきさんにとっていただいたしゃしん

昨日の 午前中

蔵王の 円田にある 會田(かいた)果樹園さんを 訪ねた

顔本(Facebook)ご縁で 繋がった方なのだけれど

いつも ふんわりあたたかな お心寄せてくださっていて

こりゃぜひとも 生身でお目にかからねば と 思っておったのでした

なんとも!

こんなに ふんわりと かわゆいお方だったとは!

どきどきふがふがしちゃった♪

わたくし参ったとき お客様がおられて

そのまんま お喋りに混ぜていただいてしまった

その方々は 山形から 訪ねてこられた ご夫婦で

四年くらい前に 會田さんから 梨を買ったのが うれしくて忘れられなくて

また会えないかなぁ と 探すようにして 再会できたのだ とか

「おくさんの お人柄が素敵でね」と おっしゃることば

わかりますわかります♪て あいづちうってしまった

梨も しっかり おいしいけど(行くなり「味みてみて」て渡してくださった梨…ないふもあるて うかがったのに 皮のまんま まるかじりさせていただいてしまった 食いしん坊…いやすこ…わたくし)

それ以上に 日向でたっぷり おひさまを吸い込んだ ふかふか お布団みたいな まりえさんに 会いたくて

訪ねてくるのだろうな

大通りに面している販売所ではなくて

ちょ と 奥まったところ

それでも おきゃくさまが いらっしゃる

お茶飲み処みたいな くつろぐスペースに

あとからあとから 訪ねてくる人 みんな やさしい空気で にこにこと 集う

買い物した以上に いただきもの てんこもり

てんこ盛りのてっぺんは まりえさんの ふんわりえがお

また絶対 訪ねたくなる

しあわせなるであい

ありがとうございます~♪

涌谷で ひがしむいてわらう

2018 年 10 月 2 日 火曜日

棗の木生棗枝ごと庭に蛙…いいなぁありがとうございます~♪かどぅさん

昨日 甘えた ことばというのは

わぐや(涌谷)の ナイスガイ かどぅ(加藤)さんからの

「棗(なつめ デーツ عناب)なってるから 拾いにきていいよ」

なのでした

三年越しの 願い

生棗

韓国料理や アラビア料理で

乾物 ドライフルーツ でしか お目にかかったことなかったもんで

庭に 木がある と 聞いたとき

日本にもあるのか!?と うずうずわくわくしたのでした

仕事合間に いそいそのこのこ お邪魔して

迎えてくださったのは「ゆかり」さん

かどぅさんの おつれあい

お初にお目にかかりましたが

なんとも ふんわり あたたかくて 気さくで

こころたのしくなってしまうおかたでありました

よく かどぅさん 投稿に 登場なさってたけど

あぁ そうなのか このかたなのか…と

今までの 空欄が すべて 柔らかに明るい色で 埋められてゆく感じ

仕事の合間に 駆けつけてくださった かどぅさんと 並んでおられると

お二人の これまでの日々までも あらためて じんわりと 思わせていただけるような 空気感でありました

感動しておりました割には

ついつい 蛙を 追いかけるなどと

失礼千万でありました…すみませぬ

生棗 人生初 齧り

東向いて 笑った

地元に生まれ育ちいきつづけながら

さらに はぐくみつなぎ

多くの人たちにも 喜びを届け続ける わぐやにこの人あり!の かどぅさん

また 遊びにゆかせてくだされ(ぐみのきせつにも♪…て 食い気かよっ!?それだけじゃないけどよ)

改めるとか 新たにとか

2018 年 9 月 17 日 月曜日

槻木会場この中の 3エピソードみました珈琲とエンピツ まだみてない

昨日 槻木にて

今村彩子監督さんの 映画上映と 講演会に いってきた

相変わらず 彩子さんは 健やかに吹いてくる風みたいな方だぁ♪

付け焼き刃の 手話が通じて うれしかったり

やはり「手話をやっているであろ と 思いきや ただのオーバーアクションか」と 苦笑いされたり…

映画は『五目ごはん』の 中から 3エピソード

そして 亘理の被災地の取材で 出逢った 加藤えな男さん(「えな」の漢字は 「胞衣…えな…赤子を包む衣」からきている「胞」の下に「衣」と書く一文字 変換できず)の その後

然り気無く 映されているなかに

抱え続けた つらさ かなしみから滲み出る 声なき 叫び

みえない涙

そこに 添うたり 離れた位置から見つめたり…

残酷なる 優勢保護法に 傷つけられ 今も 癒えない苦しみを持たれているかたへの 眼差し

彩子さんの まっすぐだけど しなやかなる思い 伝わる

「にしぴりかの映画祭」実行委員の中のお一人 宍戸大裕監督さんも スタッフとして 来ておられて

後半の トークにて「にしぴりかの映画祭」にまつわる お話で

今村彩子さんとの 出逢いから 開かれてきた扉

進みゆこうと 思い向けられたことがある と 言われ

改めて その しなやかな 温かい思いに 感じ入った

わたくしも

震災以来 ずっと 被災地で 出逢った方々と 繋がり続けておられる 彩子さんのお陰で

隣町なのに 知らずにいたこと 知ることができたのだったな

そこからの出逢いも 繋がり広がっている

「ろう」に とどまらず

大きな流れに乗れずに 戸惑い 生きづらさを 抱えながら生きる ひとり ひとりに 寄り添い

その いのちの 愛しさ 尊さを 人に受け渡そうと 作品に結び続ける

次回作は 来年 2月頃

アスペルガーについての ドキュメンタリーだとか

待ち遠しいなぁ

得難き出逢いのひとときを 調えてくださった 実行委員の皆様

ほんっとに ありがとうございました

またぜひ

今度お目にかかるときは

も少し ちゃんとした手話語彙 増やしときます

出逢い 再会に

気持ち 改めるとか 新たなる思いとか いただきましたる

最敬礼

既に 会っていた

2018 年 9 月 15 日 土曜日

ナトゥーラさん豆乳スープセットぱへ買ったもの

さなおばの 個展にまつわる 準備 助太刀で

ちょいと 運び屋

そののち 連れていってもらったお店「ナトゥーラ」さん

自然食品やら オーガニックもの

作家さんが 丁寧に作られたものたち

「あんだ 絶対 好きだと思って」と おば

あぁ 好きだ好きだ んもぉ♪

かつて 使っていた「パックス石鹸シャンプー」とか

アレッポのオリーブオイル石鹸

外国のアンティークものなども さりげなく 販売されてる

食べ物も からだによいものを 手から手へ届けます てな 美味しさ

すとん とまっすぐ 届きましたとも

んで なんとなく 馴染みある感じだなぁ と 思ってたら

こちらの クッキー

以前「merry merry Christmas land」さんとこで 購入したことあった

素朴な美味しさに じんわり うれしくなって

あちこち さしいれにも もっていったことあったのだったよ

わ~♪こんな形での再会

うれしい

ありがと~♪

はがき

んで そんな 再会を つないでくれた おば…沓沢小波 作品展は 10月4日(木)から9日(火)まで

仙台 青葉通の 二幸和の風工芸館(一番町3-3-6 星和ビル)にて

11時~17時

古布の 服やら 絵本やら 西馬音内盆踊りの着物

舞台衣裳…てのは フジコヘミングさんに こさえたやつかな?

お時間ある方

ぜひ おでかけくだされ

繙かれたり

2018 年 9 月 13 日 木曜日

ど~んと みそ月 二回ほど

中学生のときの 数学の先生…よりこ先生の お宅で

タップ稽古をしている

あの頃と ほぼお変わりない

むしろ 今の方が 溌剌若々しくおられるって

驚異的

稽古の合間に あれ これ と

お話ししてると

あの当時 いろんな大変なこと 納得のいかないこと てんこ盛りもりにあって

先生のなかでは 悩み通しだったのだとか

定年よりか 前に 退職なさった理由も

いろいろと あったようだ

組織のなかでの縛り

それを越えてでも差しのべられる手があったはず と

今でも 悔やまれてるとか…

でも あの頃の わたくしたち

よりこ先生は 決まり事やみくも押し付けや その場しのぎの 誤魔化しや 対面保つためだけにものを言う輩とは 違うってこと

ちゃんと 感じてたんだよ

熱くなって 喋ってるうちに 泣いちゃうような よりこ先生

金八先生…てのが 放映され始まった頃で

「つっぱり」なんてのも 流行って

だいぶ 荒んだ空気があったなか

「よりこには手ぇ出さねえ」と 騒ぎ起こしても 暴力はおさえてた「つっぱり」やろこを 知ってるぞ(他の教師には 体当たりしたり 椅子など投げてたけど)

信頼されてた

んで その頃の 思出話などしてると(かなり「事件」てんこ盛りだった)

「なんだ そういうことだったのか♪腑に落ちた ありがとう ずっと心に引っ掛かってたの」なんて

嬉しそうに笑ってくださったりして

…素敵だなぁ

そんな よりこ先生から

かなり 大量の 味噌を いただいた

わたくしが ひっぽの元気な味噌 愛用してることを聞いた上で なお

「ご近所さんと大量に仕込んだやつなの 美味しいから 手前味噌自慢したいから うけとって~♪」とな

稽古は 動きかたが 性格そのまんまあらわれて

笑っちゃうほど

動きについての 分析と アドバイス言ってるだけなのに

「なんであたしの性格わかってくれちゃうのっ!?」なんていうし

愉快

そのうち ご一緒に ステージやるの 楽しみ

重右衛門農産さん ふたたび

2018 年 8 月 27 日 月曜日

重右衛門農産の おかあちゃん昨日 病院の帰りに 元気な お百姓のお店「あぐりっと」さんに 寄ったら

重右衛門農産さん 再び 出店なさってた

秋辺りに 宮床にて オープンするかも…の お店の 進み具合など おうかがいしてみる

「まだまだ かがっかも…なんせ お父ちゃん一人でつくってっから」ですて

コンテナ 4つ もちいて

建築法に違反にならないデザインを その道の人にやってもらったあとは

おとうちゃんが 窓穴を開けたり 溶接したりなさってるそう

大変だけど 楽しみも大きいね

来し方など 波瀾万丈であったろうこと あれこれ さらりと 語られるのが

また なんとも からりと 軽やかに 突き抜けてて ほがらか愉快

そんな話聞きながら

お買い物したり 食べたりできるお店

みんなのいこいの場所になるだろな

ゆっくり急がず納得いくまで いごこちいいとこ つくってくだされ

宮床の 原阿佐緒記念館の近くの パトカー止まってるとこの近くの 青いコンテナが目印…だそうで

界隈の人なら「パトカーとまってるところ」で ぴんとくるらしい

謎解きみたいで愉快だな

今度 近くを通ったら いってみよっと

いくつかの再会~やさしいこと おいしいこと~

2018 年 8 月 26 日 日曜日

健やか野菜田尻の蜂蜜女川…翌日のご飯立派~♪タイル看板…つっちーせんせいによる?駅がわ海側

ここ 数週間

出逢いと 情報が てんこ盛り盛りすぎて

まだ 撮った写真 出しきってない

まぁ それで 誰かが 困るわけではないのだけど

性分というか

備忘録的とか

個人的精神衛生保持とか

伝達報告お便り的てことです…

「女川から未来をひらく夏の文化祭」での いくつかの 再会

パフォーマンス合間に お野菜買ったら

「去年も来たったよね?」と 声かけてくださった

無農薬野菜を 届け続けておられる 佐々木さん(『おだやかな革命』トークショーにて ご紹介があって お名前知りましたる)

簡単に 無農薬というけれど

大変なこといっぱいあるだろな

作物の仕上がりよりも

周辺との兼ね合いあたりのこととかね

まだまだ やりづらいだろうな(地域によっての 色合いいろいろだし)

でもそんなこと 微塵もにじませず

「たいへんだね~ 着替えたり動いたり あっちこっち…頑張ってね~♪」て

むしろ 励ましてくださる

困難を 健やかな思いで 越えてこられた方々の 慈愛に 裏打ちされたことばの あたたかさ

染みました

力強く美味しい 野菜たち

田尻の蜂蜜

そののちの わたくしと 家族ら

健やかに 支えてもらってます

そして 顔本情報キャッチして 石巻から駆けつけてくださった「Karin Karin」さん

わたくしがよく十三浜のワカメを 食べてること 覚えててくださって

差し入れてくださった

こんな 立派な箱入り 見たことない!

Karinさんの 生まれ故郷なのですて

いつも 涼やかな風みたいに 素敵な人

いただいたの 早く封切りたくて

今までのストック 大盤振る舞いで 食卓に出してたら

「なんで わかめまつり?」と いぶかしがられた

焦るこたぁなかったな

すまん(ストックわかめに 謝る)

そしてスペインタイルで女川の町を彩ろう 復興クラウドファウンディングで いっちょかみした

おながわセラミカ工房さんの スペインタイル

わたくしのも 変わらず おんなじとこに おりました

これも ささやかにうれしい再会

そんな「うれしい」が ひとつひとつ 積み重なって

大好きが 膨らんでゆく

昨年から たのしい部分ばかり 乗っからせていただいている「女川から未来をひらく夏の文化祭」だけど

「女川の未来」ではなく

「女川から」未来を開いてゆく というのは

多くを失って

大変なことがあって

いつどうなるかわからぬ危機危険物が 近くにあって

それでも ほんとうの ゆたかさを支える 財産…素晴らしい自然環境 気付き繋ごうとする人たちが あって

そんななくしたりあったりとりもどしたり…を 重ねたからこそ

「ここから声をあげて 伝えて繋がって つくりあげてゆこう との思いがあるのです」と

実行委員の方がいっておられたこと

自分ばかり見つめようとする 近眼的視点と違う

広く深い 遥かな 人間愛とか…

最敬礼の思いで 噛み締める

またまいりますね

ありがとうございます

たのしみにしてた

2018 年 8 月 20 日 月曜日

光枝さんとほやごはん素敵なお店だよカップ かわゆい素敵なご夫婦ほやべー

女川から未来をひらく夏の文化祭へ まいるとき

Cebollaまま 堂賀光枝さんに 再会するのも楽しみだった

復興仮設店舗 きぼうのかね商店街が 閉じられてから

しばしの 充電期間を 経て

先日 浜テラスの 一角にて

新たなスタートを きられたところ

昨年は ぼやぼやしてたら

ほやごはん うりきれになったので

今回は 早めに 確保

お昼御飯にて 実は 人生初の ほやごはんいただきましたる

そうだったのか ほやよ

生の美味しさばかり いただいていたけれど

熱を通しても おいしくいてくれるのだね

また違った味わいのよさを ごはんとともに くりひろげてくれるのだね

あぁ 海の よろこびだ~♪

んで 午後の パフォーマンス終えてゆっくり…と おもいきや

販売ブース 店仕舞い

店舗の方も 既に 閉店してて

記念写真だけ 撮って 帰るかなぁ と思ったら

奥に 灯り

覗いたら

「入って入って~♪」と 手招きしてくださり

のこのこ お呼ばれる

仮設店舗も 素敵だったけど

やはり 更に 素敵に あかるく あたたかなかんじ

Cebollaぱぱ(光枝さんの お連れ合い)デザインの 新作グッヅ…ほやべーTシャツなど いくつか 購入して

コーヒーなど ごちそうになりながら

堂賀ご夫婦の 青春のお話なども きかせていただいちゃったりして

なごませていただきましたる

ごちそうさまでした

これからも たくさんのかたがたの なごみどころでいてくださいね

本日 ほやべーTシャツ着て がんばる~♪

ありがとうございますた~♪