‘保育仕事まわり’ カテゴリーのアーカイブ

お手に触れて

2019 年 12 月 14 日 土曜日

いちに早速やってみるできるかな?ギリギリ届く位置

木曜の 保育園 壁絵

変化が楽しいもの と 思ってたものの

先週は 水曜→木曜と 変化つけてみて

今週は 水曜ものを 引き継がなかったもんで

木曜だけで解決するもの

変化前と 変換後…と 2パターンの絵を 貼り付けるかどうか 迷った

しかし 2コマ漫画みたいにしても

結果が出てしまってるのって「変化」っぽくない

んで 見てる人…お子たちに「変化」に携わってもらおうかと

動かせる からくりものにしてみた

スライド式とか

ムーブメントしっかりさせる技術も 計画性もなく

その場でどたばたがしゃごしゃこさえたので

だいぶ ちゃちで

絵も 雑で違いがわかりづらいものに なっちまったけど(兎 二羽から 栗鼠と家鴨になる)

あまりにわかりづらいであろう と

おやつ時間前に デモンストレーションしたら

やさしい お子のみなさん うお♪と受けてくれて

のちほど おそるおそる 「変化」に 挑戦してた

ふふふ

参加型 壁絵

水曜マイナーチェンジ

2019 年 12 月 13 日 金曜日

マイナーチェンジトランプはちょっとずつ増えるはず

水曜日の 保育園 壁絵は

あらかじめ貼っといたマジックテーブルに

水瓶と

そこから 吹き出すなんにゃらか…と 思ってたものの

吹き出す 動線を「わっかわっか繋ぎ」の ちみっちゃいので 作りたくなって

ちまちまちまちま 繋げてたら

時間足りなくなってしまい

もんのすごく 中途半端になっちまいました

でも クリスマスミニバザーのときに 飾った サンタさんの ガーランドみたいなんが そのまんまあったのを幸いに

そこに 繋げさせてもらいましたる

申し訳程度に トランプ三枚

時間かかったわりには マイナーチェンジ的だなぁ

あまり 驚きはないよなぁ と 思ってたら

案の定 お昼寝明けの 大きいさんたち

さほど 注目するでもなく

もにょもにょと 傍で お着替え

しかし そこへ 「あかちゃん部屋」から 高速ハイハイの Tちゃんが やって来て

パッ と 視線を 壁に留めて

だっだっどっだっ と 再び 突き進んできて

新しく 貼り付けたところを 指差して「んっあっ!」と 叫んだ

つられた 大きいさんたち 顔をあげて

あ…あれれ?なんか 変わってる と 気づいた様子

ふふふ

そんなんもあり

トランプは こそっと また のちほど あちこちに 増やそうかな

目的地 定まらぬ 彷徨的 壁絵は 続く

他人とは思えない!?

2019 年 12 月 12 日 木曜日

好きな色合い昨日の 保育仕事

お散歩で お子たちと ちぎって遊んでた イタドリの 枯れかかった葉っぱ

初めて会うのに 初めての他人とは思えない…てな 感じ

こんな色合いを 好んで よく 身に付けるからかなぁ

好きだぁ

ぽっけにいれてたけど

わしゃわしゃに なっちゃってた

とどめられないけど

好き♪と 思う気持ちが 胸のうちにあるから

まぁ いいや

見せてくれてありがと~♪と 野に 放ったら

お子たちが「何~!?」と 興味津々に 問いかけてきて

葉っぱに ばいばいしてたの と 言ったら

ちょうど お帰り時間になり

そこにいたお子たちが「葉っぱ ばいばい また来るよ~♪」て 手を振ってた

そうだね

また 来るよ

また 巡り来るよ

「また」を 信じることのできる 希望の光

ありがとうありがとう

なんだって だいじょぶなんだ

2019 年 12 月 10 日 火曜日

さかえあれ本日 角田幼稚園

クリスマス祝会前の 最後の 練習「リズムであそぼう」の日

中心になって 引っ張っておられた 先生が 体調崩して お休みになってて

もんのすごく わかりやすく お子たちが 乱れとった

行ったらもう 園長先生と 新人先生と 助っ人先生とで てんやわんや的な 混乱中

やらないやらないいやいやいやいや!と じたばた 泣いてる お子 二名

ほかにも やだやだ して 寝転がってる お子 二人

概ね みんなも ざわついてる

大変そうだ

ひとりは わたくしだっこして ピアノのとこ座ったら 落ち着いてきて

他のお子も リハーサル的なもの始めたら

なんとなく 参加してもいいかな…てな感じになってきて

一件落着?

いつものキュー出し してくれる先生がいなくても 流れわかってるくせに

キュー出ししない先生に向かって

「そこは『さんはい』って いってくれなくちゃ 言わないよ」とか 言ってる

覚えてるんだよな 他の人の台詞まで…

ならば 先生いなくても やっちゃえるのに

ダメ出し的なこと 言ったりして

まったくもぉ しっかりさんだな お子たちよ…

まぁ なんというか きっちり きめきめにならなくたって

お子たちの 頑張りは素敵なのよね

そこがうまくいかないからって 思い悩まず

はやいとこ 体調整えて

お子たちと にこにこがんばれ~♪と

むしろ 先生に エールなど送る

どう進むか

2019 年 12 月 6 日 金曜日

手品師けろマジックテーブルなど

保育園 壁絵

明確な ビジョンもなく

でも 毎回 おどろきとよろこびを…てのが テーマで

昨日の時点で

鳩と兎 出してみました

髭の手品師の 顔も こっそり変えて

誰か気づくかなぁ と ドキドキしてたら

お昼寝明けのお子たち(いつも お子たち お昼寝中に 作成する)

む!?と 見入って

あ♪と 指差す

わ~い

反応してくれてありがと~♪

この瞬間が一番好きだ

本題と ずれてるけど

己の好きなものを 忍ばせたいもんで

蛙など ちょい と 帽子のとこに 描いてくっつけたら

そこも 突っ込んでくれた

うひひ

来週は どうしてくれよう

無展望に マジックテーブルなど 貼り付けて

己の想像力に 挑戦状叩きつけてみる

あと六回

楽しむ

クリスマスっぽさも ちみっとは 踏まねば

自分から 伝える思い

2019 年 12 月 5 日 木曜日

南天と蔦の実Aくん

楽しいお遊びのときや 虫さがしのときは くっついてくるけど

基本 そんなに わたくしに ぺたぺたしてくるわけではない

ぺたぺた甘えたいのは 担任の かおり先生だったり穏やか優しい 吉田先生にだったり…

でも 昨日は

ひざにのっけて 足を ぐーちょきぱーして ぐるん と 回すやつ終わっても

まだ ぺたぺたして 甘えっ子モード

そしてふいに『くだものかいだん』やって と 言ってきた

リトミックで いつもやってるやつ

Aくん これが 大好きで しかも 果物も 大好きだから ノリノリに やってくれてたものの

こことこ いまいちのノリ

積極的な Kくんに 気圧されて ひっこんじゃってるようなとこあるのかなぁ ては 思ってた

マンツーマンで やりながら

次はなんのくだものにしようか?と やりとりして

「メロン」を 出したとき

「それ Kくんが いつも言ってるから…」と やりたくなさそう

あぁ そうか やはり こことこの 乗らなさは Kくんに 被せられるように 意見を言われたり

先を越されリードされちゃうのが 残念な気持ちだったのだね

薄々 気づいて こちらで 気遣うやり方をしていたとしても

自分から そのあたりの気持ちについて 言えるてのは

また 大きく 次へ 踏み出せるきっかけになるはず

伝えてくれてありがとう

きっと また 越えられるよ

「もりせんせにあまえてばっかりいないで~」との 声がけも きっかけで

膝から 離れていった Aくん

幾分か 晴れやかな表情になった 気がする

次のリトミックでは 果物好きの 本懐 みせちゃれ♪と

こっそり エールを 送った

髭の手品師ぢゃ

2019 年 12 月 4 日 水曜日

髭の手品師ぢゃ保育仕事

今月の 壁絵係り

前回の 写実と うって変わって

今月の絵本『てじな』に 関連してはいるものの

まるっきりの つくりごと

髭の手品師

さぁて どうしてくれよう?

あと 数回 じわりと たのしむ

犯人は わたくしだ

2019 年 11 月 28 日 木曜日

凸凹宮城県美術館の 北側

広瀬川沿いの 河川敷広場

台風直後から 現れ

未だに 残る

ミステリーサークルならぬ

ミステリー鱗状 紋様

…なんちゃって

記憶しておられる 奇特なかたも おられるようですので

正直に言いますが

犯人は わたくしです

保育仕事の 泥んこ遊びにて

爆裂筋肉痛になった程に 夢中で掘った(わたくしが)

鱗状の 溝

結構しっかりした 固さのでこぼこ

均しといたほうが いいかなぁ と

ドキドキしてみたものの

凸ってるとこ 削ろうとしたり

凹を たどって遊んだり

あればあるなりに なにかが起こるので

まぁ そのまんまにしとこはなんて 思ったりもする

ゆるりとした 昼下がり

2019 年 11 月 19 日 火曜日

たのしいのやっていこ本もたのしみ

角田幼稚園「リズムであそぼう」活動

本日も 怪我もなく

ぴょんぴょこ 楽しく 終了

あの 我先に!の まっすぐな 眼差しやら お喋りやら

すべて 受け取れなくて 申し訳ない…というよりも もったいなく 悔しいなぁ

ふむふむふむふむ と 受け取ったり

受け取れないけど みんなの 熱情は 感じてるよ と 聴こえてなくても 眼差しは 合わせたりしてるものの…

クリスマス会 発表の 工夫も

提供した 素材をもとに せんせいたちが

一所懸命 全方向が 丸く収まるように 苦心しておられて

ああぁ がむばれ…と 思う(お子達の おうちのかたたちの それぞれの思いを 汲みながら…ね)

母も

おしっこ問題 切羽詰まることなく わたくし帰宅するまで 緩やかに過ごすことができてて

ほっ

ネパールズボンに 新たな 襤褸が 発生したとか

丸森シルク 手紡ぎしたいけど

三好春樹さんの『シリーズ考える杖 ウンコ・シッコの介護学』(雲母書房)届いたやつ 早く読みたいなぁ とか

でもまず 珈琲でも 飲むか…なんて

のんきに幸せな 迷いを ふわふわ漂わせる

昼下がり

率先したわけでもなく

2019 年 11 月 19 日 火曜日

葉っぱとか 野薔薇の実とか先週の 保育仕事で

美しき 落葉が いっぱいのとこに お散歩にいって

「きれいだね~♪お土産に持って帰りたい人は 先生に言ってね お土産袋 あげるからね」と

まりせんせが お子達に 声かけてて

でも お子達は まず 駆け回ったりしてて

行くなり もりもりに 葉っぱ拾ってたのは わたくしだけで

ふっ と まりせんせが 微笑んで「森せんせ…袋…あげましょか?」て 言ってくださった

率先したわけでもなく 夢中になっちまって

ちみっと こっぱず!

でも よろこんで 袋 いただきましたとも

んで つられて Kくんやら Gくんも 拾いはじめて

どんどん 競争みたいになってて

いや 数だけじゃなくて 葉っぱの お手紙の彩りよっくみたらよかろうになんて

余計なこと思いつつも

気づくと わたくしが拾った葉っぱが 一番多くて

美しいの いっぱ~い♪とか 胸張ってて

おとなげなかったす…

いやしかし 拾い物が たのしい季節だ