‘保育仕事まわり’ カテゴリーのアーカイブ

たのしいかわべ

2018 年 4 月 20 日 金曜日

152410235090182612378115241024096451290084431

誰も「袋ちょーだい」て 言ってないのに

真っ先に ちょーだいしたのは わたくしでした

すんまへん 仕事中なのに 己の趣味も 同時進行してました

もちろん 注意怠りなく 保育仕事してましたが

わたくしの 石物色のとこに Yくんが やってきて

一緒に じゃかじゃか 掘り出したので

うれしくなって

いい石あるよね~♪なんて 水向けてみたけど

「ね~♪」て 応えて

「ちょうだいちょうだい」て 言ってくれたわりには 

すぐに それ 川に 放った

投げるのに いい石でしたわね 確かに

なかなか 水辺に届かず

なんども 石 もらいにきては 投げにゆき

自分で投げるもんは 自分で 拾ってよっ なんて いわれたら

たしかに…と 納得したか

こんだぁ 自分で 物色し始まった

いいぞいいぞ

たのしむとこ それぞれでよいです

かわべは 楽しいぞぉ

お手玉課題

2018 年 4 月 20 日 金曜日

お手玉課題

Yくんが ままごとの 食べ物を「はいどーぞ」て くれた

いただきます あっちっちっちっはふはふはふ あ~美味しかった ごちそうさまでした…てな 定石的 受け取りのあと

それが ブロッコリー3つだったので

お手玉カスケードを ブロッコリーブロッコリーブロッコリーブロッコリーと 投げあげながら 一瞬やって お返しした

えらく 受けてくれたのはいいが

そののち「はいどーぞ」の 内容物を 変えてきた

ブロッコリー 長葱 チョコレートケーキ

むむむむむ 

やったろうぢゃねぇか

ゆっくり 投げ上げつつ ブロッコリーながねぎちょこれーとけーきぶろっこりーながねぎちょこれーとけーき…あわわわわ

お手玉の腕も へろへろなのに

さらに 滑舌も 試される感じ

大笑いしつつ 大根 ハンバーガー ラ・フランス 苺ケーキ…

お手玉課題は 続いた

精進しなくちゃ

次回も みてろよ…

拾いながら

2018 年 4 月 11 日 水曜日

1523416435346826123781

本日の 保育仕事 お散歩にて

お子たちの 安全のことに 気を付けつつ

それぞれが いちいち 構わなくても

自分なりの遊びが できていることに 感じ入りながら 

その愉快な 遊びのようすを眺めつつ

己の気に入りの石を 見つけることにも 余念がなかったりして

…ま そんなに 珍しいものは 期待してなかったけど

なかなかによい 珪化木石あり

また 石磨きしたくなるるる♪

河原へ

2018 年 4 月 11 日 水曜日

15234098572191290084431本日は かつての 大きいさんだけが こっそり行った 河原の とある 砂地まで 行くってんで

すこうし 興奮気味の お子たち

朝の集まり終わりあたりに 出勤したら

まりせんせが「森センセに 今日いくとこ 教えてあげて」と 言うと

「魔女の家」とか

「おおかみさんのとこ」とか

あれれ いく道々にあるものばかりが 話題になっとる

先生の ヒントで なんとか「砂のとこ」と たどり着けて

いざ出発

草深かったり

石やら枝やら 起伏ありありで

でっこぼこ

平らなところでも 転びやすい Mくん

自分で 枝を拾って 杖がわりに 使い始めた

やるなぁ と 思ったら

それが へろへろの枯れ草的なもので

ぼっきり折れたり

丈夫そうな枝にかえたら

かえって引っ掛かって 転んだり

まぁ いろんなパターンの 転びかたが 学べるかも なんて

後ろから 見守りつつ

転んでも 笑ってて

えらいぞ

このくらいの転びは

たのしいうちのひとつだね

花をいただく

2018 年 4 月 7 日 土曜日

花をいただく

帰り道 勝山公園で

桜の花落ちを いくつか 拾った 

小寒く 薄暗くなってきたので 

もうそろそろ おしまいだな と

立ち上がって

仕事の ことでも おしまいを覚悟せねばならんことなど 

うっすらとした さびしさとともに 思い浮かべた

すると そこに ぱたぱたぱたっ と 足音がして

「リトミックせんせっ」と 目の前に飛び出してきた

先月末で おしまいになった 二十数年 関わらせてもらってた「こどもの家エミール」さんの リトミック時間に いたった 女の子

「ね~♪ひざてって~♪ひざてって~♪って したよね♪」と 

始まりの挨拶あたりにやってた 導入の 三拍子リズムを やりだした

んでもって「おかあさ~ん リトミックせんせだよっ ひざてって~♪したんだよ♪」て 大声で ちょ と はなれたところにいた お母さんを呼んだ

「あ~ お世話になってました なんか すごく楽しかったみたいで…こんど もう 小学校に 入学なんです」て 

ご挨拶してくださった

その間中「ひざてって~♪ひざてって~♪」て 踊るように リズムとってた

そんなに そこ 楽しかったのか…

あぁ なんか それまでの うっすら さびしい気分が

すぅ と どこかに 消えていった

あっ そこの YWCAて とこで ピアノやってるから もしかしたら また ここら辺で会えるかもしれないね なんて

不確かなこと言いながら

そういや エミールさんで 締めの挨拶も「また会えるはずだから さよなら じゃなくて いつもみたいに『まったね~♪』にしよう」なんて 言ったこと 思い出した

うん おしまいじゃなくて もすこし がんばれる てな 思い

ふわり と おりてきた

ありがとう 背中押してくれたね

本人は 気づいてないんだろうけどな

またね~♪て 手をふったら

手を振るかわりに「ひざてって~♪ひざてって~♪」て してくれた

じわじわ~ん と あったかいもの にじんできた

「はいどーぞ」の 枝

2018 年 4 月 6 日 金曜日

1522907426369-502434291

枝を拾っていると

「ちょうだい ちょうだい」とか

「○○ちゃんも~!」と

手をのばしてくる

はいどうぞ と 差し上げてた時期もあったが

今は そっちにもたくさんあるから 探してごらんよ に なんとなく スライドしてる

自分で 探し出す喜びに 目覚めたまへ なんて 呟きつつ

そしたらば Kくん

はじめ すぐもらえないことに 不満げであったものの

「あっ あったっ♪」と 表情が 変わった

「これも ここも こんなのも♪」と 

あっという間に

片手で 掴みきれぬほど 

もりもりに 枝を拾い集めた

しかも その中から

「はいどーぞ」て 渡してくれた

持ちきれなかったからとか きっかけはどうでもいい

でも わあぁ ありがと~♪て 受け取ったら

また もっと 弾けるほどに 満々に 膨らんだ 表情で

ぴょん と 小躍り

しばらくすると また「はいどーぞ♪」と

小枝をくれた

あぁ 自分で 拾うよろこびだけではなくて

わけっこしてよろこんでもらうよろこびも 見つけたんだね

なんだか うまれたての「よろこび」の 初々しさに

ちょ と 震えた 

花をみながら

2018 年 4 月 6 日 金曜日

1522891520225-502434291

桜を見上げて

きれいだねぇ て 言ったら

ん?てな 顔で 見上げた お子たち

あぁ 

たのしいなぁ 面白いなぁ ではないものは

これから 感じる心が 育ってゆくのかもしれないな

たくさん 美しいものを見て

あぁ 美しいなぁ と 扉が開くような思い

育ってくれますように と 思った

なんだか 貴重な時期に 関わらせてもらってるな なんて

改めて思う

15228919102831910356392

見上げる花より

身近な花

お子たちの きれいだねぇ は

ぢびたに まいおちる 花花に 贈られた

1522892202152-183412044

かつての 大きいさんたちが

こっそり 遊びにいってた 河原の 秘密の場所 偵察

せいのび気分で

どきどき わくわく

こわごわだけど にこにこ

1522892424331-718962344

たくさん 転びながら

大きくなってゆこう

春散歩

2018 年 4 月 4 日 水曜日

152280484400619103563921522804629598-5024342911522805924886-1834120441522806823591-71896234415228069685211956040147

小さいさんクラス…なんていってたら

新年度は 大きいさんクラスに なってしまいました

ま そう簡単に なにかが変わるもんではないけどね

…と 思いきや

それぞれに 期待や プレッシャーは 感じているようで

いつになく しっかりと お話を聞いてくれたり

もう 先生と 手を繋がなくても 

お友だちとだけで しっかり 歩けたり

わあぁ

なんだか 眩しいなぁ 

感動記念に 後ろから ちょいと 写させてもらった…らば

その瞬間に 気になるものがあって

軌道 ぐなぐなになったりもしたが

それでも 頼もしく 見えたよ

気張りすぎずに 伸びてっておくれよぅ

桜も 咲いて

柳も 萌えてて

今までより 遠い 遊び場に たどり着けて

よい 春の日 散歩でした

土筆を 摘まむ

2018 年 3 月 28 日 水曜日

1522200552954274753966

土筆を見つける

わぁ♪て よろこぶ

摘まむ

みつけて 一番に目につく あたまのところを つまんでしまうので

摘んだあとは

わぁ♪て 思った形と 違ってしまう

ちょっぴり がっかりする

また 見つける

よろこぶ

摘まむ

また がっかりになる

そうして 土筆を見つけたけど かなしいかおで

「取ってぇ」て 言ってきたんだね

わぁ♪て おもったら そこ じゃなくて 下のとこ 摘まんでごらん て

目の前で 根本から 摘んでみせた

も一回 わぁ♪て よろこんで

こんどは 自分でも 根本から 摘めた

「わぁい わぁい」て 小躍りして

土筆は 手から ほろけ落ちてしまい

小躍りの 足のうらに 踏まれてしまったけど

わぁい♪が 続いたまんま Yくんは 踊り続けてた

ふふふ

よかったね

うれしい…は 続いてゆけ

卒園進級お祝い会

2018 年 3 月 24 日 土曜日

1521852360736-1294942199152185352856215870264415218590715651068470568おされちみっと

おひさま原っぱ保育園 卒園進級お祝い会

諸準備 抜かりなく 先生方が してくれてたもので

ちょこっと お花かざり 貼り付けたくらいで

あとは 入場退場の 『さんぽ』行進曲風 弾き係として 電子ピアノのとこにおったので

始まるまで ぐずりそうな 赤ちゃんチーム あやすみたいに

なんにゃらかの音を ぴんぴろ 鳴らしておりました

いろいろあったね 笑ったり遊んだりしたよね

もういろんなこと 忘れちゃうかもしれないけど

見守る 笑顔と眼差しに 耕された 安心感やら 自信をもとに

これからも 踏みしめて すすんでいってね

おめでとう♪