‘保育仕事まわり’ カテゴリーのアーカイブ

練習鬼

2020 年 1 月 23 日 木曜日

練習鬼保育園の 豆撒き

もうじき

毎年 本格的に 恐ろしくて

阿鼻叫喚!?なのですが

今回は わたくし 不参加なので

周辺サポート

鬼に立ち向かう 練習のための 鬼ポスター(後程これに 赤色を 塗った)描きました

あとは かつて 青鬼だった頃の 化け物セットを

今年 登場するかもしれない「小鬼ちゃん」へ 提供してみる

がむばれ

お子たち

Kくんの 豊かなる世界

2020 年 1 月 7 日 火曜日

同い年の お子たちは

いっぱしの 口きいて

大人ぶったり

策略巡らせたりイタドリ恐竜やさしく集める

しかし Kくんは まだ 発語が 難しそう

いくつか単語を 言えなくはないのだけれど

ほぼ 言葉を喋るというよりも

音を出して コミュニケーションを とっている

これから また すこし 広い「社会」に 交わるとして

困難も多かろう と

おうちのかたやら 周辺の 心配は つのってゆく

その一方で ひとつのことに 集中したり 深めてゆく 豊かなる世界を持っている

イタドリの 根っ子つきの 茎が 広場に落ちていて

あっ 面白そう と 拾おうとしたら

K君が 先取りした

茎のところをやさしくもって

歩かせるように あち こち と 動かしていた

やるなぁ

恐竜さんみたいだね と つい 声をかけてしまったら

でしょ♪といった感じで 満面の笑み

葉っぱのところに 茎を かしげて

「あむあむあむ」と 呟いた

お食事かぁ

イタドリの葉っぱの かしゃかしゃに なりかかりの 大きい枯葉を とって 置いたら

K君 すかさず その上に おおいぬのふぐりの 葉っぱをちぎって 乗っけてきた

まだ こちら どうぞも なにも 言ってないのに まるで 阿吽の呼吸!

でも 恐竜さんの ご飯のお皿にどうぞ…という 気持ちだったのは 確か

なにも言わずに事を進めるのは 時には よろしくないことと 言われてはいるものの

今は なんとなく 互いに 流れている 思いが

届いてること

受け取ったこと

了解しあってる手応え

それからしばし K君は

おおいぬのふぐりの葉っぱだけを 見事に 選んで のっけ続けた

もうこれ以上 乗っけられない…てなあたり

他のお皿に 移るかな?と 見てたら

もりもりのお皿を 手のひらで ぐっ と 押さえて 平らにして

再びそこへ 乗っけ続けた

あぁ そうだね そういうやりかたもあるね

ひとつのところへ ひたすらに

何事にも そうなのかもしれないね

そんな K君の あり方は 素敵だよ

しばらくしたら また イタドリ恐竜さんを 連れてきて「あむあむあむ」と 呟いていた

よかったら トッピングどうぞ と 違う 葉っぱを乗っけたら

おっ♪という表情で

今度は さらさらの 砂を どこからか持ってきて

トッピングし始めた

そんなこんな 愉快で豊かで楽しいひととき

翌週 お散歩時間

おんなじ場所に そのまんま イタドリ恐竜は あった

お♪と わたくし 見つけたらば

ほぼ 同時に K君も それをみつけた

ぱっ と わたくしのこと 振り返り

にっ と 笑って イタドリ恐竜に 駆け寄り

また「あむあむあむ」と 始まった

あぁ

焦りも わかるのだけど

この豊かな K君の 感性の世界を どうか 大切に 育みながら

社会の あれこれに 混ざり 生き合えますように と 願う

受け取ってくれる人たちは たくさんいるよ

出会いにくいかもしれないけど ちゃんといるからね

立ち向かうことのできる 心の安定を

今の 遊び三昧の日々に 培ってもらいたいものだ と

強く強く 思う

ふれ~

ふれ~

吸い込まれると言えば

2019 年 12 月 27 日 金曜日

移動してるものビックリちゃんに ぐるぐるがこれで締め

昨日で 締めにした

保育園 12月の 壁絵

最後は まとめて 吸い込まれてゆく感じ

吸い込まれると言えば 掃除機

…なんだか そのまんまで 芸もなんも無い感じですけど

お片付け担当してくださる まりせんせの やり易いように

掃除機の 絵を貼り付けて

その 本体の部分を 大きなビニール袋で こさえて

あとで剥がして ここに入れてください~ と お願いしてきた

一部 の 絵をあちこち貼り付け変えたり

壊れた ミルクカップとか いくつかは 既に 吸い込まれて はいっちゃってるとか

マイナーチェンジも 一人遊び的に やったら

何人かの お子は 気づいてくれた

「あれ? ここに うさぎさんいるよ?」とか

「ツリーの飾り こっちにきた?」とかね

あぁ 楽しかった♪

今年度の 壁絵係りは 終了ですけど

なんにゃらかに 活かしてゆきますとも

またね~♪

今日で締め

2019 年 12 月 26 日 木曜日

ツリー箱からなんだこりゃ?

保育仕事

わたくしの シフトは 本日が 締め

今月担当してた 壁絵も 締めなもんで

昨日の クリスマス会バージョン付近も すこぅしかえて

あとは また来年…的なものにしようかな

来月の 壁担当の まりせんせが 明日 お片付けしてくださるそうなので

片付けしやすい

吸い込まれていく感じ…なんてなことを 考える

全体的に 統一感とか

完成品てな 感じは 全くない 八回(今月の 出勤日と イコール)

一番 楽しんでたのは 自分だな

クリスマス会で ちょこっと パフォーマンスしたときの 大事な 鞄を 園に忘れて 帰ってきてしまったことに うなだれたけど

本日忘れずに持って帰ればよい

いやはや 最後まで 粗雑だが

たのしく 過ごそうっと

季節感 まるでなし

2019 年 12 月 20 日 金曜日

ふゆのけろクリスマスツリー出現

何で 今頃 蛙?かというと

ただ 描きたかったというわけでして

ほんと 唐突ですわ

んで ぴょん と 飛ぶと クリスマスツリーが 出現するという

脈絡ないので

もう 手品もなんも あったもんじゃない感

これも「へろへろこんにちはおばけ」と おんなじ

しゃわしゃわした薄紙(母が かつての ちぎり絵の 生徒さんたちに いただいた 素敵なショールを 包んでいた紙)なもんで

もしゃもしゃクリスマスツリーと なりました

来週は クリスマス会もあるし

最後の 二回

ツリーへの 装飾周辺で なんにゃらかやろうかな?と ぼんやり思ったり 思わなかったり

ウサギ変化(ウサギ二羽が ぺりりと 剥がすと 家鴨と 栗鼠に なるやつ)みたいに お子達に 簡単に 操作してもらえるものの方がよかったのだろうけど

難易度高くて すまぬ

ウサギ変化は いじられ過ぎて

ネタ仕掛けの ガムテープの 粘着力が 弱々しくなり

時々 勝手に 剥がれて開いて

ひゃあ!マジック!?てな 驚きが 時々あって

思いがけなく 愉快

雪だるま 転じて

2019 年 12 月 19 日 木曜日

仕舞いきれないしわっしわのへろへろへ~

昨日の 保育園壁絵は

アイディアが 技術に 結ばず

どうにも 残念な感じになっちまいました

ミルクマグを 段ボールに 拘らなければ よかったろうに

いつもの 段ボールにしちゃったもんで

中に 仕込む 許容量が だいぶ少なかった

…てのに 雪だるまの質感は も少し 分厚い方がよいかな?と

欲張ったのも 仇になり

「ミルクを注いだら なんと 中から 雪だるまさんが 登場」てな 手品っぽくしたかったのに

デモンストレーション的な お披露目で

無理矢理詰め込んだ しわっしわの 雪だるまを

ぴしっとのばそうとしたものの

壁につける前に

へろへろへ~と お辞儀するみたいに しなってしまい

「ミルクが溢れそう と 思いきや へろへろの こんにちはおばけが 出てきました」

…てな なんだか ぐだぐだぐずぐずな感じ

まぁ それはそれで ちみっとだけ 受けてくれたので

よしとしようか

しかし 色味が さびしいまんまの一日でありました

本日は もすこし 色のあるものにしようっと

宿題的な

2019 年 12 月 19 日 木曜日

くまちゃんかんむりさきちゃんにさい本日は 保育仕事の お誕生会

わたくし担当で

Sちゃんの 冠 作成

お仕事は 勤務内に…が 無理なもんで

宿題的に ばんげ 終えてから

飯台で ちょきちょき ぺたぺた

…ちょいと 微妙な感じが 残るけど

概ね「くまちゃん」な感じがわかればいいかな?

最近 夕方遊びで くまちゃんを 寝かしつけてる Sちゃんに 捧ぐ

よろこんでくれるといいな

お手に触れて

2019 年 12 月 14 日 土曜日

いちに早速やってみるできるかな?ギリギリ届く位置

木曜の 保育園 壁絵

変化が楽しいもの と 思ってたものの

先週は 水曜→木曜と 変化つけてみて

今週は 水曜ものを 引き継がなかったもんで

木曜だけで解決するもの

変化前と 変換後…と 2パターンの絵を 貼り付けるかどうか 迷った

しかし 2コマ漫画みたいにしても

結果が出てしまってるのって「変化」っぽくない

んで 見てる人…お子たちに「変化」に携わってもらおうかと

動かせる からくりものにしてみた

スライド式とか

ムーブメントしっかりさせる技術も 計画性もなく

その場でどたばたがしゃごしゃこさえたので

だいぶ ちゃちで

絵も 雑で違いがわかりづらいものに なっちまったけど(兎 二羽から 栗鼠と家鴨になる)

あまりにわかりづらいであろう と

おやつ時間前に デモンストレーションしたら

やさしい お子のみなさん うお♪と受けてくれて

のちほど おそるおそる 「変化」に 挑戦してた

ふふふ

参加型 壁絵

水曜マイナーチェンジ

2019 年 12 月 13 日 金曜日

マイナーチェンジトランプはちょっとずつ増えるはず

水曜日の 保育園 壁絵は

あらかじめ貼っといたマジックテーブルに

水瓶と

そこから 吹き出すなんにゃらか…と 思ってたものの

吹き出す 動線を「わっかわっか繋ぎ」の ちみっちゃいので 作りたくなって

ちまちまちまちま 繋げてたら

時間足りなくなってしまい

もんのすごく 中途半端になっちまいました

でも クリスマスミニバザーのときに 飾った サンタさんの ガーランドみたいなんが そのまんまあったのを幸いに

そこに 繋げさせてもらいましたる

申し訳程度に トランプ三枚

時間かかったわりには マイナーチェンジ的だなぁ

あまり 驚きはないよなぁ と 思ってたら

案の定 お昼寝明けの 大きいさんたち

さほど 注目するでもなく

もにょもにょと 傍で お着替え

しかし そこへ 「あかちゃん部屋」から 高速ハイハイの Tちゃんが やって来て

パッ と 視線を 壁に留めて

だっだっどっだっ と 再び 突き進んできて

新しく 貼り付けたところを 指差して「んっあっ!」と 叫んだ

つられた 大きいさんたち 顔をあげて

あ…あれれ?なんか 変わってる と 気づいた様子

ふふふ

そんなんもあり

トランプは こそっと また のちほど あちこちに 増やそうかな

目的地 定まらぬ 彷徨的 壁絵は 続く

他人とは思えない!?

2019 年 12 月 12 日 木曜日

好きな色合い昨日の 保育仕事

お散歩で お子たちと ちぎって遊んでた イタドリの 枯れかかった葉っぱ

初めて会うのに 初めての他人とは思えない…てな 感じ

こんな色合いを 好んで よく 身に付けるからかなぁ

好きだぁ

ぽっけにいれてたけど

わしゃわしゃに なっちゃってた

とどめられないけど

好き♪と 思う気持ちが 胸のうちにあるから

まぁ いいや

見せてくれてありがと~♪と 野に 放ったら

お子たちが「何~!?」と 興味津々に 問いかけてきて

葉っぱに ばいばいしてたの と 言ったら

ちょうど お帰り時間になり

そこにいたお子たちが「葉っぱ ばいばい また来るよ~♪」て 手を振ってた

そうだね

また 来るよ

また 巡り来るよ

「また」を 信じることのできる 希望の光

ありがとうありがとう