‘作品 周辺’ カテゴリーのアーカイブ

小鳥がバナナをつつきます

2017 年 8 月 16 日 水曜日

とりやっこお空を見上げたその時に小鳥がバナナをつつきます

本日の 保育園 壁絵

『とんでったバナナ』その後

三番の♪君はいったい誰なのさ 小鳥がバナナをつつきます♪

のとこ

しかし 一番の ♪こどもがふたりでとりやっこ♪の 存在が でかすぎるもんで

明日辺り この子らを 縮小した絵にして

過ぎ去った感じに しちゃうかな?

四番の ワニと バナナの 踊りのくだりは

来週かなぁ?

精麻

2017 年 8 月 13 日 日曜日

麻かたち結ぶもの おねがい

麻光 ふっちゃんさんに お願いしていた 精麻

届きましたる

育ててくださったのは 昨年から あれこれと お世話になった「豊穣庵」さんですて

あぁ あの あたたかく やわらかく 豊かな 土からやって来たのねと

はじめてなのに 懐かしげに 郷愁など わく

曖昧なる 思い

作品に繋ぐ あれこれ

これに 背中押してもらう というか

これに触れて 

また 涌きあがり かたち結ぶもの

祈りのような

祀りのような

あのあたりから 涌きあがっていたものとともに

縒り合わせてゆく

頭にあてがおうとしたら なんか なまはげっぽくみえたので

むしろ わたくし そっち系の イメージかもな とか

ちみっと とほほなこと 思いつつ

楽しみ

小鳥っぽくない

2017 年 8 月 9 日 水曜日

羽もないのに ふんわりこ本日の 保育園壁絵

『とんでったバナナ』の 二番

♪小鳥が一羽おりました♪の あたり

小鳥っぽくない

そこいらにも いなさそうな鳥

先月の 写実 海産物とは 大分違いますけど

まぁ よかろ

また来週 

この鳥に バナナ つついてもらうかな

まだ続くかもしれない

2017 年 8 月 5 日 土曜日

中村さん撮影してるとこ乾かしてるとこたこわかめほや

蛸と わかめと ほや

海のトワルに なりましたる

まるで「大漁旗みたい」と 言われ

あぁ 大漁を 願う気持ち あるかもねぇ こんなかもねぇ

うれしい たのしい おもしろい やさしい…て気持ちが

どんなひとのところにも わんさか ありますように

そんな風なこと 思うよ

次回の 宮城での『タムタムと、めぐるトワル』は 10月

またあの 気持ちよすぎる 風の沢ミュージアムにて

「また 風の沢であえたらいいね」なんて 合言葉みたいに言って 手を振って辞した

まだ名前も知らないけど お馴染みさんたちと

いつのまにか しゅるり と 風と光を 含んだリボンで 繋がってるような

そんな 素敵な気持ちになれた

ありがとうありがとう

またね

初歩的

2017 年 8 月 1 日 火曜日

鞄風河北TBCカルチャーセンターパントマイム講座

取り急ぎ工作「鞄」で やってみた

初歩的な部分の 説明で

己が 意識せずとも 悪い例をやっちまってて

あぁ いかん こんなとこ 癖ついちゃってる…と

猛反省

気持ちの勢いだけじゃ駄目なのだよね

おかげさまで また 己の足りなさを知りつつ

じわり と まいりますです

それぞれの みなさんの 成長 開眼ぶりが 眩しい♪

次への思い

2017 年 7 月 23 日 日曜日

由美さんが 撮影してくださったものお客様の一部

昨日の 海鮮食堂「やま登」さんでの パフォーマンス

いつの間にやら「ぶんぶんワールド」とか

「ぶんちゃんワールド」という 言い方になっており

「次の『ぶんぶんワールド』のときも お知らせくださいね」てな 声 寄せていただいたのだと

うわ♪光栄すぎる

来てくださった方々との 距離が近かった

物理的だけでなく

気持ちの 距離みたいなものも

いつの間にか 手を繋いで 隣同士みたいな 

また会おうな♪なんて 遊んだあとに 手を振るみたいな感じ

やま登さんの 空気というか

そこに集う方々の 寄り合う 寄せ合う やさしさみたいなものから くるのだろうか

そんなあたりが とてもとてもしあわせだったのだよなぁ

内容は

①コミックマイムショーで よくやる ネタ的なもの 喋りっぱなしながら

②『パントマイムエチュード~旅~』

③『副作用』

④『別の顔』

⑤『夕やけこやけ』

を やらせてもらいましたる

「次回は 10月か 11月ね」なんて 話まで いただいて

うおぉ ぼやぼやせずに ネタしこまにゃ なんて 褌の紐締めなおし気分

ありがたやありがたや

うまっうま

2017 年 7 月 21 日 金曜日

入り口乾杯葡萄酢お店のかまのあたりお店前で

コンサート終了後

「あ♪のねの会」お疲れさま打ち上げ的 ランチ at「L ‘Albero

打ち合わせ作戦会議は 克之パパが 出られないことが多いし

大抵 コンサート終了後は それぞれの都合で

ばらしたら とっとと帰ることばかりだったので

久しぶりの フルメンバー打ち上げ

薪窯菜食レストランですて

アンティークなもので 設えてある 店内が なんとも 洒落ておる…

ひとつひとつが やさしくておいしかった

それらが おなかいっぱいすぎるほどに 満ちました

真面目だったりふざけていたり…の あれやこれや 

たのしく弾むことばかり

反省点とか 全く出てなかったけど 

自分等を甘やかしてばかりじゃいかん とか 思うけど

思い返しても みんながいてくれたからこその 安心感や 

アクシデントの 活かし方や 

おもわぬ 展開が どれも 愉快だったことばかり 

…いいんだよね?

ま とにかく 次回は 冬場のコンサートが決まってるけど

また そろそろ お呼ばれコンサートばかりでない 自主コンサートへの構想 ふくらませたりもしたのでした

ごちそうさまありがとう

みんながいてくれて しあわせであります

のりっのり

2017 年 7 月 21 日 金曜日

ステージのとこにあった笹スタンバイけろもでた開幕一分前

熊ヶ根保育所のみなさん&周辺の小学生の お友だちやら かあさまたち

「あ♪のねの会」コンサートを のりっのりで 観て 聴いて 動いてくれて

楽しかった

「やおやのおみせ」で まさか 「玉子」がでるとは!

しかも 急ごしらえで わたくしの 手拭い 丸めて 卵形にして 持っててもらう…てのでは

発言した 男の子が

見事に 玉子を 壊さないように 捧げもって

みんなに見えるようにしてくれてたのが 

いぢらしく 愛しかった♪

克之パパとの ヴァイオリンと タップの掛け合いのところなんて

仕込みの人か?てなくらい 受けたり突っ込んだり

あげく 座りながらも 足を ぱたぱたぱたぱた 踏んでくれて

ゴセックのガヴォットが 大合奏みたいになった

ひとつひとつの ネタに 諸手をあげるように 食いついてくれて

しあわせ~♪

すっとぼけすっ飛ばしも 互いに なんとか やり取りで 仕込みのネタみたいになっていって

「あ♪のねの会」メンバーならでは の 落としどころに おさまった

「はなかっぱ エンディング」野菜しりとりは 

己の担当の 遅れをごまかすみたいに 顔出して 

モロヘイヤ~!とか ドリア~ン…野菜じゃねえぇ!なんて 叫んじゃったけど

それを 指さして 笑ってくれて 本望ぢゃ♪

尻からも 滴るような 汗だくだくでしたが

楽しいまんま おえられてよかった

ありがとうありがとう

熊ヶ根 現場入り

2017 年 7 月 21 日 金曜日

頼もしいメンバ!セッティングおっけ

朝 ちょ とした 書き置きのことで

どったばたしたものの

こもごものことご なんとなく 歩みより収まりそうで ほっ としつつ 出発

渋滞に 巻き込まれることもなく

熊ヶ根保育所に 無事 着きましたる

また 楽しいひととき「あ♪のねの会」メンバーで つくりますだ

楽しみですだ

いっしゅん 眠った

2017 年 7 月 20 日 木曜日

もう一息あと二枚で 色入れ終わり…てとこで

ぷっ と 途切れた感じ

茶を飲んで仕切り直そうとしたら

一瞬 昏睡した

…でもお陰で すこぅし すっきり

たのしく あと一踏ん張り 仕上げしたら

別件難題 ちょ と 書き物

がんばれ