‘作品 周辺’ カテゴリーのアーカイブ

季節のたまご

2017 年 12 月 10 日 日曜日

季節のたまご

来週 児童館で行う「あ♪のねの会」クリスマスコンサート用に

季節のたまご 仕込み中

しかし 思っていた ブツが 使えぬこと判明

代替え案 模作中

むふふ♪ 楽しい

おいしい部門 継続中で

2017 年 12 月 8 日 金曜日

デザートまでも!ちょここーひーも

のほほん にこにこと おいしいおいしい 言っておりますけど

まぁ そんなこんなしながらも

二ヶ所の コンサートプログラムは 着々と よい方向に 組み上げられまして

また 楽しい展開になりそうですわ

軽~く 言っといて 

作業やら テーマの掘り下げなど 増えるわけですけど

それはそれでまた 楽しい作業なのでした

ふふふ♪

迷走瞑想

2017 年 11 月 23 日 木曜日

なんだこれ?途中まで 仕込んだ 色塗り関係

なんか 迷走

なにやってんだ?

気持ちがぼんやりして

瞑想してるみたいに なっとる

もうこうなったら

ひとまずおいて

一晩寝て

剥がれ落ちていったり

淘汰されるものがあれば

いいな と

今より 時を重ねた 自分に 期待してみる

明日 そんなに 時間がとれるわけでないとしても

短い時間に 集約できたらいいな

思いと形

2017 年 11 月 23 日 木曜日

どうせやるなら 嬉しい驚きがほしいよね気持ちが 先走り

形が 追いつけずにいて

凝り固まった 注視ではなく

しばらく 揺するように

薄目で いるような感じ

そんな時間が多すぎて

でも 必要で

じたばたしたり

のろのろゆらゆらしたり

そんなこんなで もう一日半分過ぎている

焦るな

作業は まったく 進んでいないようでも

きっと なにかは 動いている

やるからには うれしいおどろきが ほしいんだ

たまご作成…の前に マスク捜索

2017 年 11 月 23 日 木曜日

ますくあった本日は 来週月曜日の 児童館での「あ♪のねの会 冬のあったかコンサート」個人的仕込み

たまご作成…てことにしてましたが

他の 仕込みネタ…マスクがないことに気づき

舞台もの物入れに 使わせてもらってる その3…かつての ちちははの部屋

大捜索

いやぁ なんというか 己の 増殖ぶりを 反省したり

おっ♪ここにこれあったかぁ とか 

お馴染みの 脱線も ちょいとやらかしつつ

結局は はじめに「仕舞い込まないでおこう」と 置いといた ピアノの部屋にあったのでした

「仕舞い込まないでおこう」の 上に また 時は積み重なるのね…なにいってんだもおおおぉ

と 朝から 相変わらず どさくさ

珈琲 淹れて 落ち着こう

いいかげんにせえよ!と 己にビンタ

2017 年 11 月 11 日 土曜日

一人ずつやるとこ昨夜の 出張タップ稽古

こっそり!? 嵐の曲で 振り付けておるところですが

相変わらず わたくしの 忘却力に 磨きかかるばかりで

紗世さん すまぬ!

あなたが頼りなのよ

…という 紗世さんも わたくしに 気をつかってか

この先なんだっけええぇ?確か こんな風なかんじの こっちいってあっちいって ぴょん♪的なやつだったね…などと 困惑するようなことばかり 駄々漏らしに 喋る わたくしに

やんわりと 微笑みながら

えっと なんか 私も…ごめんなさい みたいな 表情でいてくれて

どうしてもっ てな 脈絡でないなら また 作ればいいよね と

なんつう ぐずぐずぐだぐだな やり方なのだか 振り付け本人がよ…

いつもこんなです

人に 受け渡した瞬間に わたくしの中から 消え去るみたいな…

すぱん♪と 決まったところは 忘れないでいたりもするのですけどね…

忘却食いとめのための 動画録りでは

んも 申し訳ないくらい 白紙になって

んおぉ!?などと 止まってしまい(本番の場合は 白紙になっても 決して 止まらないのだけどね)

五回も やり直し

しかも 五回目も ある一瞬が 間違ったものの

そこは 忘れるこたぁねぇべ 紗世さんもわたくしも…てことで

強行突破

こんな ありさまなのに

いつも にこにこ踊ってくれてありがとうね~

また 楽しく 締められる まとまりになりますように

あと三分の二 ふぁいっ♪

泣かせるかもしれない

2017 年 10 月 29 日 日曜日

やおやのおみせとかだるまさんとかはやおきおばけとかたっぷとかあれこれ

明日の仕込み

「あ♪のねの会」で おうかがいする 

保育所でのコンサート

はやおきおばけの 仕掛けの確認とか

あれとかこれとかそれとかどれがどれやら とか

何だかんだと 荷物が多いのいつものことで

忘れ物ないようにしなくちゃ

右足が 足底筋膜炎ぽくて ちと 困っておりますが

一晩寝たら ましになってろよこのやろお と

撫でつつ おどす

そんな心持ちでおったら

いつも以上に お子たち 泣かせるかもしれないな

うひひひ

いや 泣かせるつもりでいくわけではないのだけどね

たのしみたのしみ

めりはりばつぐん

2017 年 10 月 29 日 日曜日

サンキューカードウェルカム顔だしブース国のことをおしえてもらういろんな工夫椅子取りゲームとかプログラムホールのお約束ホールにて

金曜日に 呼んでいただいた アブロードランゲージセンターの フェスティバル

仮装した お子たちの 楽しんでいる姿

そしてそれを 楽しんでいる おうちの方々の姿

ほほえましかった~♪

インタナショナルエレメンタリースクール とでもいうのでしょうかね?

カリキュラム設定も 日本風とは 違うところもあれど

お子たちの 成長力を 育む 心遣い あちこちに 満ちてて 

彩りも鮮やかで 

見ていて うきうきする

聴く力や 伝える力が のばされている

ここに来れば 楽しいことが待っている 信頼感と 安心感に 支えられている

いくつかの 国の国旗が 書いてあるカードを手に

スクールのなかの 遊びや 国のテーマブースをまわり

そこを まわりましたマークシールをもらい

最後に ホールに集まって わたくしの ショーを 観てもらった

去年と ちょ と 違う格好だけど

覚えててくれた人もいて

ちょ と 英語で 話したけど

ほぼ 日本語の『ごちゃまぜカメレオン』パフォーマンスは

積極的に(過ぎるほどに)助太刀もしてくれちゃって

持っててもらった 蝿ぬいぐるみつき 杉枝を 奪い合おうとしてる おこたちとの やり取り 盛り上がりすぎて

最後のうたが 歌というより ラップみたいになっちゃったけど

なんとか とりまとまった…のか?

I ‘ m glad I am me♪の メッセージは

わざわざ言わなくても ここの おこたちは するりすんなりと 今それを生きているなぁ と 思えた

どうか そのまんま そして 周りに向ける目も おんなじように するりすんなり「うん」て 笑い合えるものでありますように

あそんでくれてありがとう~♪

コンパクトになってない

2017 年 10 月 26 日 木曜日

あれもこれもそれも持っていく明日は アラビア語で お世話になってる アブロードランゲージセンターの イベントで パフォーマンス(仙台)→出張稽古(船岡)→出張稽古(仙台)と

行ったり来たりな感じ

三ヶ所とはいえ

用いるもの 共通したものもあるので

コンパクトに…と 思いきや

なんか ものすごく 雑雑と 荷物が多い

ぶんぶんの 格好するけど

パフォーマンスは『ごちゃまぜカメレオン』やることになったもんだから

お荷物多いの 仕方ないのだな

しかも 今時 音源を カセットテープで…なんつうたら

やはり 先方に デッキ無いそうで

己の 持っていくことになったりするわけで

そのあたり もう なんとかせんと いかんかもしれないのだけどね

んでもって さっきまで セルフ音出し用に 小分けにした音源 全部 見つけられずに

結局 17年前に こども劇場 お楽しみかいのために作った オリジナルテープ引っ張り出して用いることにした

なんか フルバージョンの 久しぶりに聴いて 懐かしくなった

はみ ぷ~と 共に

お菓子食べて 笑いながら

面白がって どんどん作っちゃったんだよなぁ…

調子にのって あれもこれもやったっけな

…なんて ついつい 時間経ってしまった

いかんいかん

明日へばらないように 踏ん張る♪

ふれあうひととき

みんなも 面白がってくれるといいなぁ

今回の わたくしトワル

2017 年 10 月 15 日 日曜日

巣葉いが今ここのトワルそこにいたからこその

今回の わたくしの トワル

風の沢ミュージアムに つくまでは

なんとなく あんなの 描きたいかも

こんなの 拾ってつけたいかも…と

浮かべたりもしてたものの

現場について

あれこれ 見つけて

よろこんだり

お喋りしたりしているうちに

あらかじめ きめごと なぞって その中に閉じ込め 閉じ籠るのは なんか 違うな と 思い

先々のこと 練りすぎて 今 ここの 宝物を 跨ぎ過ぎ行くのは 惜しすぎる!と 気持ち 動いて

保存のこととか

ゆくゆくの使い勝手とか

計画的 デザインとか

すべて 手放してみる

拾ったもの

出逢ったもの

好き♪と 思うもの

動いた気持ちを 

トワルに 向かって 放ってみた

ま さすがに 杉の 曲り枝は くくりつけ 難しかったし

栗の いがいがは 痛いので

描いた

あとは 保存できぬこと 重々承知で

茸も 葉っぱも どんぐりも ぺたぺた 貼り付けた

拾ってきたものだけでなく

風に吹かれて 偶然とどまった葉っぱも 

おぉ そこに来るかい と 貼りつけた

今だけの もの

それが かつて になったとき 思い出す よすがに

風と影のような ひとふでふたふで 入れてみた

杉の枝みて 描いたけど

杉の葉っぱだけでなく

そこからいろんなもの 生えてほしくて

色んな 葉っぱ

実のついた 小枝

花実をつける 軸のようなのも 縫い付けた

すると そこいらにいた 蜘蛛が

軸のところから 巣を張りはじめた

裏山でであった よとうさん一族の みどりこさんの絵

うりはむしの絵

バランスもなんもあったもんじゃない

でも 奇を衒ったわけでもなく

この場所が 

出逢った いのちたちが

周りで ふんわり笑う やさしい人たちがいてくれたから生まれた

その日があったからこその トワルでした

あ~

たのしかった~♪