‘作品 周辺’ カテゴリーのアーカイブ

ネタばらし

2018 年 4 月 17 日 火曜日

なんちゃってぴかそ「舞台のためにスケッチブックつくったって言ってたけど何?」て 訊かれてたのだけど

「舞台見に行けないから 教えて」の リクエストには

ネタバレになるかな?と

公にしてなかったの

…つうても 大した ネタではないのですけどね

かつて ちょいと パフォーマンス舞台でやったことあるものの 組み直しでもありました

舞台の大きさが違うので

以前よりも コンパクトにした分

絵も もすこし 一捻りしたくなって(以前は その舞台に関係のある人を 等身大弱…で 描いたのだった)

なんちゃってピカソなど 描いてみた

青い帽子の婦人…でしたっけ?

日本名 おぼつかぬ

描いてて 楽しかった

ごめんね ありがとう ぱぶろぴかそさん

現状復帰

2018 年 4 月 16 日 月曜日

いろいろあったものが

あれとか これとか それとか

いっぱいあったものが

次々と はずされて

まっさらな 箱に もどってゆく

さっきまでの時間は

ほんとうにあったのかどうか 不確かな気持ちになる

ここで生きたこと 忘れまい なんて 思ったはずなのに

そんな 時間も 

思いさえ もう 夢のように 消えている

なんとも 素っ気ないのだろう

夢の奴め…

うっすらと残る 筋肉の 痛痒いような 疼きが

さっきの時間へ 夢へつなぐ よすが

まぁ そんなものなのだな

かなしいような

ほっとしたような お馴染みの気持ち

いつものこと

でも またここに なにか お作りなされ と

箱が まだ見ぬ 夢を呼ぶ

いってきます 

行って またここへ 帰ります なんて 思う

お世話になりました

今朝もおった

2018 年 4 月 15 日 日曜日

おった♪

昨日の朝 会った 片羽の蝶

昨日今日の 雨風で もう どうなることやら…と 

こわごわ みにいってみたら

おった!

か細いあし

しっかり とまらせて

水仙と一緒に 揺れてた

どこかに移したほうが と 思ったりもしたけど

そのまんま

そうして 今あることに からだの隅々 余すところなく 総動員して 越えている姿

ひれ伏すような思いで 眺め

うん がんばれ と 身勝手なる 応援などしつつ

やはり 励まされたのは わたくし

この子は この子の 命として生まれて生きているだけで

決して わたくしの たまたまつけた 作品名『片羽の蝶』のために 生まれたわけではない

ただ 出会わせてもらえたこと

ありがたく受け止めて

かつて であった いのちたち 思いたちを 重ねるようにして

本日も 舞台にたちます

午後2時半から

卸町 10BOXで あります

ぐるぐるましーんを覗く

2018 年 4 月 14 日 土曜日

ぐるぐるましーんを覗く装着

ぐるぐるましーんを 覗いていたら

ビデオアトリエ山田ぱぱが その様子をこっそり 撮影してて

むむむむ といいながらも また 覗き続けたら

いつしか 山田ぱぱも 覗いて

「おおぉ」なんて うれしそうに 笑ったりして

横では 着々と 本番の準備 進んでるてのに

おだずもっこら てな 感じ

愉快だった

あちこちきょろきょろ

2018 年 4 月 14 日 土曜日

機材出動用意15236965128871129059551線とか

おのぼりさんみたいに

あちこちきょろきょろ

機材とか

出動用意とか

照らすとか

線とか

むうぅ

たまらん

その命のことも思いながら

2018 年 4 月 14 日 土曜日

その後も 元気でいてねお花が似合う

今朝 水仙に とまってもらった あの 蝶

雨降ったら どうするだろ?

そんなこと ちょ と 気になりつつ

ゲネプロで

ふ と あの 羽の震えを 思い出した

あの子のいのちも 思いながら

その瞬間を 生きようと思う

アイロンかける

2018 年 4 月 14 日 土曜日

アイロンかける

『片羽の蝶』に 用いる 布が

あまりにも しわしわで

どんなもんだべ と 迷っておったものの

昨日のリハーサルで 見ていただいたら

「むしろ ぴしっとしてるより 蛹感ある」というような

好感触など いただき

わ~♪うれしい アイロンかけんで済む などと

不届き なまぐさ やみすけ わたくし

しかし 他のお衣装で

もすこし ぴし とせにゃならんか ものもあるので

久しぶりにアイロンかけいたしましたる

この身も ぴし…と なるかな

さっき ゲネプロ(本番とおんなじように通すリハーサル)で ごっつり抜かしたのは 本番には まるっと 改善だ♪

会わせてくれた

2018 年 4 月 14 日 土曜日

あなたはっ!水仙に のってもらった

濡れ縁に うっし~が 日向ぼっこしてて

近寄ったら

その視線の先に 蝶

しかも 片羽

本日「作品の まとまりとして云々ではなく」

なんとも 浮遊感のまんま

まとめきれずに 迷走気分でもあった『片羽の蝶』

でも 今

ここに添える思いを やらねば という 突き動かされるような思い 確かにあったのだ

木彫 仁吉さん という 作家のかたと 

ふとしたことで 顔本 やりとりしているなかで

あぁ まとまらずとも そういう思いで むかってゆくことはあるよな と 勇気などもいただいたばかりのところ

なんとも 啓示のように 蝶までもが あらわれてくれて

んあぁ やるよ てな 思いに

さらに 光当ててもらえた気分

いや 他のひとにとっては なんの意味もなくても(かぞくらが わたくしが「また 虫ごときに どたばたしてる」とか 笑っとる)

いい

んもう 光 映える 栄える

光栄なる 言うことなしの 一日の始まりだからっ

会わせてくれてありがとう(作品が磨かれたわけでもないのは わかっとるが その瞬間に 生きる思いに なんか 注がれた…て 気持ち 満ち満ち)

生まれよう

2018 年 4 月 14 日 土曜日

15236542888481290084431生まれよう

『片羽の蝶』

それは 見たものであった

感じたものであった

大切な人であり

自分でもあるのだ

生まれよう

今日の 思いを

瀬上パパ登場

2018 年 4 月 13 日 金曜日

瀬上パパ登場

今回も 絡ませていただく

瀬上克之パパ

リハーサルにて 

初めての 合わせ

おおむねの流れから 更に「攻める」カスタマイズの 提案あり

やるなぁ

ふふふふふ

明日 本番 たのしみ(更に「やらかす」らしい)