‘作品 周辺’ カテゴリーのアーカイブ

今回の わたくしトワル

2017 年 10 月 15 日 日曜日

巣葉いが今ここのトワルそこにいたからこその

今回の わたくしの トワル

風の沢ミュージアムに つくまでは

なんとなく あんなの 描きたいかも

こんなの 拾ってつけたいかも…と

浮かべたりもしてたものの

現場について

あれこれ 見つけて

よろこんだり

お喋りしたりしているうちに

あらかじめ きめごと なぞって その中に閉じ込め 閉じ籠るのは なんか 違うな と 思い

先々のこと 練りすぎて 今 ここの 宝物を 跨ぎ過ぎ行くのは 惜しすぎる!と 気持ち 動いて

保存のこととか

ゆくゆくの使い勝手とか

計画的 デザインとか

すべて 手放してみる

拾ったもの

出逢ったもの

好き♪と 思うもの

動いた気持ちを 

トワルに 向かって 放ってみた

ま さすがに 杉の 曲り枝は くくりつけ 難しかったし

栗の いがいがは 痛いので

描いた

あとは 保存できぬこと 重々承知で

茸も 葉っぱも どんぐりも ぺたぺた 貼り付けた

拾ってきたものだけでなく

風に吹かれて 偶然とどまった葉っぱも 

おぉ そこに来るかい と 貼りつけた

今だけの もの

それが かつて になったとき 思い出す よすがに

風と影のような ひとふでふたふで 入れてみた

杉の枝みて 描いたけど

杉の葉っぱだけでなく

そこからいろんなもの 生えてほしくて

色んな 葉っぱ

実のついた 小枝

花実をつける 軸のようなのも 縫い付けた

すると そこいらにいた 蜘蛛が

軸のところから 巣を張りはじめた

裏山でであった よとうさん一族の みどりこさんの絵

うりはむしの絵

バランスもなんもあったもんじゃない

でも 奇を衒ったわけでもなく

この場所が 

出逢った いのちたちが

周りで ふんわり笑う やさしい人たちがいてくれたから生まれた

その日があったからこその トワルでした

あ~

たのしかった~♪

蛸出張

2017 年 10 月 11 日 水曜日

大漁トワル8月に 参加した「タムタムと、めぐるトワル」ワークショップで トワルに描いた海のものたち

多夢多夢舎中山工房の みとむさん(ぼたもち堂として 素敵なジャグリングなどのパフォーマンスなさるかただ♪)が

「大漁トワル」と 呼んでくださったもの

実は 11月に 関東方面で 開催される 「タムタムと、めぐるトワル」展示会に 出張することになりました

おおぉ♪蛸上京

なんかうれしいなぁ

みにいきたくなっちゃうぞ

日程 調整してみようっと

かつてと 今とを

2017 年 9 月 27 日 水曜日

これでまたあれを?にしぴりかの美術館にいくと

今の胸のうちの表しかたは ほんとにそれでいいの?と

いつも 突きつけられる思いがある

とりあえず ではなく

これっ♪というもの

かつてのことでも

今 手元になくても

そういうことすべて 引っくるめての 今ならば どうするか 

そういうことを ずっと うすらぼんやりと 悩み未満のような思いでいたけど

今朝 すこうし 降りてきたような 湧いてきたような思いが見えた

大好きだったあの事この事

今はいない あの子とこの子と笑いあってたこと

重ねてきた日々の あれとかこれとかの やり方で

今ならば の やりかたで また やっていこう

TAP SHOTS で 用いていた おっきな ボクシンググローブなんかもでてきて

よっしゃあ♪なんて 思った朝

目指しておった

2017 年 9 月 10 日 日曜日

まだ 道を外れる前堀江さんと 先生と皆さんの作品 お手本に倣っててしっかりと素敵勝手に行っちまった道の先

お手本の 縄文土器 本物を まじまじと 見つめ

遠目からも ちらちらと見て

捏ね 

練り

積み上げ

器になるものを こさえてゆきました

東北歴史博物館の 先生(名前失念してしまってすみませぬ)の やさしい説明も

のっけから しくじりかかり 道を外れそうな わたくしを

じょーもぴあ宮畑の 堀江さんが もんのすごく わかりやすく 納得のいく導きにて 軌道修正してくださり

こりゃもう どっちが本物か わからんくらいのもの できるはず~♪と たかをくくっておりましたが

あれれ?

なんか 思う方向に 進んでない感

「絶対 見本のように作れというわけではありませんよ」と 言っていただいたものの

頑なに わが道をいくつもりなど さらさらなく

…のはずなのに

気づいたら 迷走しとる!

普段の 生活でも 迷子になりがちだけど

まさか ここでもとは!

ううううぅ

結局 捻り戻す もしくは 本物風に 進みゆくには 粘土も足りなそうで

買い足すこともできたものの

それはやめにして

縄文時代の 者に なりきって のりきったれ と

見本でなく 

目の前のものを じいぃと 見てみる

足りなくなって ぶっつり切れた辺りを 宮畑周りの うねうね山並みの起伏に見立てることにした

せめて 縄目は 美しく…と 思ったのに

いやはやこれがまた

縄文の 美しき法則も律動も ぐなぐな雑雑

日の出日の入り芽吹き種結び凸凹陰陽…などと

なんかもう こじつけもいいとこだが

わが道をいくことにしてしまい

そんな 外れ道で こだわり生むとか

粗雑なくせに 要らんとこ 細かくこだわるの

性格そのまんま出ましたね

普段 そんなに集中作業しないもんで

休憩も入れつつ 5時間近く

ふらりぼんやり 目を上げたら

世の中の建物やら ものものの 出っ張り 起伏に 水つけて 練り練り撫で撫で

捏ね伸ばしたいような 幻覚に しばし 囚われてました

その後 おまけ 土笛的なもの作らせてもらって

音が 鳴るとか 鳴らないとかより

ついつい 芋虫様風のもの こさえてしまった

もっと 丸々した 可愛い 芋虫にできたらよかったのが

半端いびつ…

割れちゃうかもしれないな

いや しかし 楽しかった

得難いひととき ありがとうござりました

野焼きも たのしみであります

石巻再会

2017 年 9 月 10 日 日曜日

須江瓦山の粘土ここの粘土がよいらしいお手本とか

本日 福島市の 宮畑にいったというのに

昨日に引き続き 石巻に 再会

それというのも

縄文土器を作るに 用いた粘土が

石巻の 須江瓦山というところでとれた 粘土なのだと

野焼きするのに適しているのだとか

ほおおおぉ

土捏ねながら

昨日いったんだよなんて 話しかける

当初は 縄文土器の作り方 形 模様の法則性に倣い

そうすることによって 縄文土器を 内側から知ってゆく…てな 目論見でありました…はずなのに

わたくしってぇやつは…

根性なしなのでした

つづく…

フィナーレ後

2017 年 9 月 5 日 火曜日

オペラに お着物で…なんて 粋だこと♪4000円越えたっけしゃぶしゃぶ食べ放題その日の入り日

素敵なお姉さん(くみこおねーちゃん)が 通りがかって 声かけてくれたり

カンパお志に よろこんだり

運んだり 詰め込んだり

おえ て なるくらい 食べ放題したり(事務局の女子会みたいなのに 混ぜてもらった)

楽しいとこだけ 乗っからせてもらっちゃったけど

ほんとにほんとに うれしかった楽しかった素敵だったまたやりたくなった

ありがとうありがとう

また よろしくお願いいたしまする

いきるよろこび

フィナーレ

2017 年 9 月 5 日 火曜日

みんな踊れ踊れ愛ちゃんも踊れ白鳥さんもたのしくおどる

定禅寺アート2×3の フィナーレ…てのは 

別に決めていたわけではないのだけど

総元締め?矢野さんが 出演者を ご紹介くださり

ラインナップしたときに

A Mi Manera(『地図にない道』でも用いた MYwayジプシーキングス版)流れて

出演者も お客様も 入り乱れて 踊って

ちょっと泣きそうだったけど 楽しかった

お空かなんかわからないけど みててくれるかな?がんばる とか そっと 呟いてみたりもして

また やっていこうと思う

結末が変わった!

2017 年 9 月 5 日 火曜日

『地図にない道』

わたくしの 出演部分

己で 写真撮ることはできぬので

2×3事務局の 矢野文子さん 撮ってくださったのを いただきました

『恋セヨ乙女』

日々のどさくさの中

ものがたりの中での より良き 生き直しの 磨き上げが 今一つ 不足感 ありありで

実は 今まで以上に 手応え 不確かのまんま 本番に臨んでしまいました

しかし 今までこの作品 お外でやったことがなくて

お客様の顔が いつも以上に 明るく照らされて 間近くて

気づいたら

お客様に すっかけて 

結末が 変わってしまった

でも 題名の意味合いが「懲りることなく 恋セヨ乙女」てな感じで

自分の中では 前のよりも 納得して 腑に落ちた

いやはや…思いがけない なんて いっちゃっていいんだかなんだか…

あけみさんも

『地図にない道』は

やはり やる前に 見えてるのかなこれでいいのかな…の まんまだったところ

木漏れ日に 助けられ

なんとか たどり着けた

粗いけどね…

そっと 込めている「おしゃさん」への思い

共感してくださる あけみさん(ベルベットヴォイス 素敵ヴォーカリスト)も 来てくださってたこと 

あとでわかって

しかも やはり 思い 受け取ってくださってて

泣いてしまったよ

…だからといって 己の甘さのすべてが おっけになるわけではないが

こうして これからも とたばたじたばたと 日常を 暮らしながら

抽出してゆくような感じなのだな と

あらためて思いましたる

時間を 空間を 寄せてくださる心を…ありがとうござります

晴れまして

2017 年 9 月 3 日 日曜日

秋の空気持ちええ

おはようございます

なんとも すこ~ん と 秋の空

おのれのぐだぐださが 申し訳ないくらい

いや でも ぐだぐだあるからこそ

なんかやろう とか 作品作ろう とか 思うわけだ

定禅寺通の 真ん中の そよそよしたとこで

本番前の

仕込みを眺める(下手な 手出しは 混乱のもとなもんで 必要なときだけ 呼んでもらう)

本番は 一時から

わたくし 司会と 3時ちょいすぎから パントマイムであります

いろんな踊り手さん 歌い手さん 目白押し

よかったら来てくだされ

乾くのを待つ

2017 年 9 月 2 日 土曜日

乾くまでタイトルボード

一枚 書いたものの

スケッチブックに そのまんま 書いとるで 

乾くまで 次のタイトルに 着手できぬ

てことで 珈琲時間

ほぅ♪