‘ねこ周辺’ カテゴリーのアーカイブ

ひなたぼこ

2018 年 1 月 2 日 火曜日

ひなたぼこでまどうし

ひなたぼこ

出窓うし

みてるだけ

ねむくなる

とろとろり

ほっとして飯台牛(猫だけど)撫でる

2017 年 12 月 25 日 月曜日

しょくたく

昨夜 日付変更線越えることなく 帰宅できましたる

お江戸 出番が 二回あっても

新幹線用いなくても

その日のうちに帰ることができるなんて

なんだか 感慨深いなぁ(ここで 九割九分のひとが「なんでそんな 難儀な移動方法を試みたのだ?」と 返してきたのは また のちほど 改めて検証するとして)

夜遅くなると さほど 道が混まないということもあり

行きは 三時間とちょっと かかった 角田 黒磯間

帰りは 二時間半くらいでした

しかしね 混まない道なもんで

ぶっとばしたいさんもおるわけですね

最近ニュースに上がっている「危険運転」野郎も 結構な確率で 遭遇する

福島から 宮城に入る辺りで 迫ってきた 秋田ナンバーの でかいトラック

二車線から 追越禁止車線に 変わる頃までに

わたくしを追い抜けなかったもんで

苛っとした 様子

追越禁止だから 追い越さんで そのまんま 緩やか運転に切り替えてくれるんかな?と 呑気に構えてたら 大間違い

煽るって これね てな 迫り具合

こういうときは 相手に 違反させてでも

ゆるりと速度おとして すこうし 路肩に 寄るべきなのだね

…なのに やっちまったよ

迫ってくんなよあぶねぇな と 速度あげてしまいましたわたくし

すると 更に 張り合おうとしやがったなてめぇ 的な 更に更に 迫り来るの

ひ~!

そして 対向車来る ぎりっぎりなのに

ぎょぎゃぎゃぎゃ なんて 爆音とともに 追い抜かしやがりました そいつ

こわっ

コンテナの 尻が フロントグラスに 擦れるかと思うくらい

やらかすのね

そんなに 死に物狂いで運ばないと 誰かの命にかかわるものなのか?なかみ…

関係ないところの命を奪ってしまうことがあったとしても?

ま 奪われなかったけどさ

いつかやっちゃうよ?そんなことしてたら

社会という場で 

人とちゃんと関わって 思いあって 生き合っていくなら

自分の思い通りだけで ことが進まないこと あるのに

ああいった 自分のペースごり押しな気持ちのままにいこうとする人が 増えているのって

なんなんだろうなぁ

人間関係希薄なまま 事を済ませてしまえるとか

合理化とか

そんな辺りにも 種はあるのかな?

危険運転秋田ナンバーは 白石インターチェンジに 消えていったけど

近いうち しかるべきとこに 捕まえてもらいなさいね と

激励?など 吐き捨てつつ

ちょ と ほっとした

朝 そんなこんな 父にいったら

「そういうやつは 頭おがすねん(おかしい)だから いったって通じねぇ。そんなやつに 殺さったら 損だ。道端に寄んなくてわがんねど(よらなくてはいけない)」と 叱るようにいわれた

んだね

意地になっちゃいかんね わたくしも

危険運転の芽

わたくしにもある

良からぬ育ち せぬよう

気を付ける

無事帰ることができて

ほっとして

うっし~など 撫でる

似てるけど

2017 年 12 月 25 日 月曜日

やさしいねこ の 本

『やさしいねこ うちのぽー』太田康介 著(扶桑社)

なんだか うちの 牛太郎に 似てて

買ってしまった

しかし ぽーさんは もうこの世にはおられないとのこと

その事実に まず 泣くという

でも いてくれたことを こうして見せてくれてありがとう と 思う

今 いる うっし~を 撫でて

今 漏らすことなく 愛でていたい とか 思いながら

うし入りの季節

2017 年 12 月 19 日 火曜日

牛入り

上に乗っかるだけでなく

布団のあいだっこに 潜り込むことあり

踏んづけないように

「うし入り」の 注意書き 必要になる季節だ

くにゃり感

2017 年 12 月 17 日 日曜日

くにゃり感

この くにゃり感が 

たまらなく いいんだわね

みてるうち くにゃり なんて 転た寝てしまう

いかんいかん

仕事せにゃ!

無事帰宅

2017 年 12 月 16 日 土曜日

みっちみっち

その後 メールの返事なくて

「まさか わたくしみたいに 隣町から歩いたりしないよね?」の 問いかけに 触発されて 歩いちゃったりしてないだろね とか

病を得たあとの まだまだ 心配多かったときのことやら 思い出したり

己の 飲んでしまったのだことなど 悔やんでもしょうがないのに

はらはらじりじりくよくよ

アルコール摂取したの 七時間も前だし

水 何リットルか飲んだら アルコール反応 出なくなるものかな?なんて 考えたりもして

座ってはいたものの

心は 中腰気分で

白湯など ごぷごぷっと 飲み続けてた

…らば

のんきな顔して「ただいまっ やっちまった…」なんて あんちゃ帰宅そ

ううううぅ よかった…

要らん心配しちゃった

それまで の~ん と 膝の上におった うっし~

あんちゃの 足元に 駆け寄り すりすりしたりしてて

まぁ まさか 実際そんな風にしたいわけではないのだけど

ぶじかえってきてかったよかったよかったよぅ なんて

こっそり うっし~の 行動に 己の 心情が 重なってたりもするな と 思う

かえってきてくれてありがとう

大袈裟だけどそんなことも思った

こぼれみず

2017 年 12 月 15 日 金曜日

こぼれみず

こぼれている水は

うまみが あるのだろうか?

器に汲んどいた水 あまり 飲まないのに

こぼれ水は よろこんで 飲むので

ちょいと 真似してみた

ステンレス感触が 

ちょ と 不味い感じ

振り向くと

あんちゃが いて

「げ」と ひとことだけ 言った

なでなでかりかり

2017 年 12 月 13 日 水曜日

めんこめんこ時間かりかりめんこあゆったり時間

父 お泊まり会から 無事帰宅

茶の間で

それぞれの 過ごした時間のことなど ひとつふたつ 交わし

牛太郎(うしたろう)も 加わって

かりかりなでなで

眺めてるだけで

かりかりなでなでしてもらってるような気持ちになっておる わたくし

猫膝針仕事

2017 年 11 月 28 日 火曜日

危険ですけど

寒いから 膝に乗る と

針仕事してるとかなんとか

全くお構いなしで

まったくもおおおぉ と いいながら

にやにやにや と

うれしがる

偉大なる働き…そこにいること

2017 年 11 月 23 日 木曜日

牛太郎なでなでめんこちんたんめんこめんこ

労働力とか 考えると

力など 使っておらんだろう と 思うけど

偉大なる働き…そこにいること

牛太郎

いるだけでいいんだ て

人に対しても

気張らずに 思えたら 

みんな 幸せな気持ちで 暮らせる