‘ねこ周辺’ カテゴリーのアーカイブ

もふ…

2020 年 3 月 20 日 金曜日

のすのすのす未明に

のすのすのす…と 布団へ

毛のもの きたる

その 重み

あたたかさ

湿り気

いのちを

愛しさを 思う

胸元 息苦しくなりながら

よろこびなども わきあがる

一気に!

2020 年 3 月 14 日 土曜日

後れ馳せながらお出まし

火曜まで

なんの音沙汰もなかった

今年はもう 会えないかな?と 諦めかけてた

庭で 日向ぼっこしてる 牛太郎に にじりよろうとした時

みつけた

蕗の薹

あちこち

なんだ!いたのか

慌ただしい 水曜木曜あたり

見てぬうちに

出てきてたのだな

ふふふふふ て

笑ってるみたいだ

ほあほあを なでる

ふふふふふ

わたくしまで 笑いたくなる

またか…

2020 年 3 月 10 日 火曜日

蝙蝠のめんこいちゃん昨日の夜

通い保護猫の だーさんが

なにやら 挙動不審

見れば またもや 足元に 蝙蝠

まだ めんこいちゃん…お元気な様子

申し訳ないけど

横取りして 外へと放した

一瞬のことで

ん?と なったまんまの だーさん

すまん

しかし 猫ら さかってきて

見たこともない 雄猫が

続々と うちの周辺に来ておるぞ

去勢してないものたち こんなにいたのか!?

むむむ

こちらでも手を打たねば

だーさん 親 なーさんは

あまり家にいついていないので 捕獲は難しいが

ほぼ うち猫みたいになってる だーさんなら

打つ手はあろうか

自然界に 余計なことをしでかす感じ ありありでも

今後の いきる道に 難儀なこと すくなくしてやれるかな…を 言い訳に

がんばらねばならんわね

ううぅ

のろりと這い出て

2020 年 2 月 11 日 火曜日

うし目覚めてから

布団去りがたく

うだうだのろのろ 一時間半ほど 留まり

このまんま うっし~(牛太郎…猫)と共に ぬくぬくしていたいなぁ と 思いつつも

いかんいかん

本日は 年明け初 ぶんぶんパフォーマンス at こじゅうろうキッズランド

張り切る

そう思い直して

深呼吸して 這い出す

しっかりごはん食べて 雪掻きして

ゆくぞゆくぞ

あたためるもの

2019 年 12 月 24 日 火曜日

湯タンポと蜜柑檸檬お湯さしてのむ笑ってるみたいまえあしもふもふ

先日 汗だくだく ステージのあと

夜に すうぅ と いろんなものが 引いていくような感じ

体温さえも

あわわ なんぢゃこりゃ 風邪の前兆か!?と

体力気力 使い果たしてしまって「がおる」しかないような気持ちになったものの

いやいやいや そのまんま 不調の波に 呑まれてなるものか と

理恵さんからいただいた ゴム湯タンポ 尾てい骨辺りに当てて

念佛さんから 送っていただいた 無農薬檸檬を 蜂蜜に浸けといたやつ お湯で割って

外からと中からと 温める

牛太郎の もふもふなど 撫でているうちに

じわん と なんにゃらかが 戻ってくるような

湧き出すような 感じ

体調不良阻止!

このまんま乗りきれ 師走を!

…いや これからも こんな風に 越えてゆく

本日の目標

2019 年 12 月 9 日 月曜日

畠も 寝床本日の ささやかなる目標は

「ちどごろ寝を」しない

でしたが

さっきまで やっちまってて

いかんいかん

ちゃんと 寝ろ…と

自分でも 突っ込む

おやすみなさい

頼むぞ 根菜先生たち

2019 年 10 月 29 日 火曜日

大根生姜蜂蜜かわゆい湯タンポと自ら出動

どうも 一昨日辺りから ぢごく声

風邪の初期症状だな

倒れる前は ほぼ 風邪など 引かぬ人だったのにね

むうぅ

明日 デイサービスだ

悪化させるわけにはいかん

大根と生姜を 耕野の蜂蜜に漬けた汁 飲んでもらったり

普段あまり口にしたがらない 蓮根 生姜 塩糀 ココナツ油の きんぴら 食べてもらったり

根菜先生の力 借りる

あとは 米糠カイロと

Rieさんに 譲っていただいた ゴム湯タンポと

牛太郎カイロ(自ら出動)にて

温かくして 寝ててもらうことにする

頼むぞ 本来の 回復力 かも~ん!

横取りされて うれしがる

2019 年 10 月 28 日 月曜日

ひなたのしあわせ投げ出しっぷりがいい裏返しもふもふ寝過ごさないように

午後の 要件がなくなり

日向ぼっこ座布団だして

腹這うて のんびりしようと思ったら

のすのすのす と 座布団に 乗っかってきて

ひとあし先に くつろぎ脱力しやがりました

くうううぅ!

めんこい

横取りされて うれしがる

猫バカの昼下がり

もすこし の~んとしたら

病院行こうかな

牛帰る

2019 年 10 月 14 日 月曜日

いったんはけて寄ってきて一気に くう鳴きながらめんこうし天婦羅御馳走うしのおかげ

タップ稽古ののち

父の病院 まわって 帰宅

ばんげの支度してたら

茶の間から 叫び声

「牛 帰ってきたよ~!」

思わず うわああぁ!と 叫んで

天麩羅鍋の火を止めて 茶の間に駆け込む

あまりのテンションに 一瞬 ひるんで 逃げ出す うっし~

すまぬ

心落ち着けて

声も 押さえて

うしっ!と 呼び掛ける

撫でる

写真とる

普段 そんなに 写真など撮らぬ あんちゃまで

携帯電話構えてる

涙でた

よかった

出迎える 喜びをありがとう

ここ四日間

悲観と 楽観との 寄せては返す 大波に

心揺れ揺れでして

そこいらの 振り幅が

大きな 安堵のため息と共に

凪ぎの 水面のようになりました

ふうううぅ

あまり 鳴かない うっし~なのに

なにやら 鳴きながら 一気に ごはん食べた

どこかに閉じ込められた状態だったりしたのかな?

くんくんして 調べた限りでは

特殊な匂いも 汚れも 怪我も ないみたいだ

よかった

揚げかた いまいちになっちまった 天婦羅ではあるけど

この上ない御馳走気分であった

ご心配くださった皆々様

ありがとうございます

気が気でないない

2019 年 10 月 11 日 金曜日

帰ってこ~昨日出掛けるとき 見たのち

猫穴から出掛けたのであろう

牛太郎(うしたろう…♂猫 11歳)が 帰ってきておらず

姿が見えなくて

空模様以上に どんより の 森家

いやいや ひとりでなんとかできるのであろうから 帰ってくるまで おおらかに 待て

…と 思おうとしても

ついつい うろうろ 外見たり

呼び掛けたり

ああぁ

始終 うなだれているわけにもいかないので

紛らし騙し

今日を ゆかねばね