‘ねこ周辺’ カテゴリーのアーカイブ

豚小屋うしの部屋

2018 年 4 月 18 日 水曜日

うしの部屋昨夜は 父 お泊まり会のため

父の寝床にて 当直でしたが

念のため 自室の布団も 敷いときました

案の定

いつものように 真ん中に 牛太郎

わたくしよりか ここにおる時間が 長い

すっかり うしの部屋だな

家族らからは「豚小屋」と 呼ばれてますけどね

昔から 乱雑に 片付いてないことを「ぶだごやみでぇだ」と 言っておりましたる森家ですが

それ しみじみ 綺麗好きの豚に 失礼と思う

いや 本気で 己の有り様のこと

認めておりますってことなのよ

近々 また ミクロの世界で 片付けてゆく 予定

…多分

重し

2018 年 4 月 14 日 土曜日

重しうし

重石の 夢を見て 目覚めたら

夢でなくて

現物が そこに…

重し うし 愛し

布団の まんまんなか

2018 年 4 月 2 日 月曜日

まんまんなかに

布団の まんまんなか

朝まだきの頃 出掛けるときと おんなじ

毛玉が ねむっとった

安心感とか 愛しさとか

ぶわわっ と せりあがり

ただいまうっし~♪と 鼻うずめ

「やめろやっ」てな 嫌がり顔みつつ

すまんすまん と 思うものの

また 二度三度

…しつこい

はるのうし

2018 年 3 月 26 日 月曜日

はるうし肉球くにゃり具合もたまらん

夜になっても

さほど冷え込まず

炬燵の布団に 潜り込まなくなった

牛太郎

めんこいありさまが 丸見えで かまっちまうがあぁ~♪なんつって

鼻擦り付けて 

うざったがられ

家族らから「ば~か」呼ばわりされ

みんなだって めんこがってるくせに…と 思い

でも やはり ちょっと いかれた風だな とも 思う

でも 改めるつもりもないが…

ふがふが ぷすっ!(毛に 鼻を埋めて のち 拒否の爪をたてられてる音)

よりそう…わけではないが

2018 年 3 月 17 日 土曜日

うしがよこに昨日の朝

母の 起床助太刀に 行ったあんちゃに 呼ばられて 行ったら

母起きたとたんに 

空いたスペースに うっし~ 乗り込んできたのだと

「こういう場面 君は 写真に撮りたいんじゃないかと思って」とな

「毎日よく飽きずにおんなじような写真とるよね」とこ 呆れて 言うくせに

けしかけてきますのね

ふふふ

もちろん 写しましたとも

寄り添ってるわけではないけど

そんな風に見えるから

猫らったら まったく 愛しさ 倍増しになっちまうわっ!(ねこばかはとまらない)

生湯タンポ

2018 年 3 月 5 日 月曜日

生湯タンポ

うっし~の 動向を うかがうに

こことこの 気候は

母の介護ベッドあたりが 一番いい 塩梅らしい

母が 起き上がるや否や 飛び乗りて

さっそく 香箱たてて 落ち着いたりして…

夜寝る前まで いるときは

さながら 生湯タンポ(なまゆたんぽ)

母も「なんだべこら」と 車椅子から 移り座るとき

お尻に敷いてしまわないよう 気を付けたり 困惑したり ほぐれたり…

温めてもらってる

ありがとうよぅ

庭を眺むる

2018 年 3 月 4 日 日曜日

庭を眺むる 庭を 眺むる 牛太郎

ごはん粒を 啄む 雀っ子さんたちの方へ 視線を向けてはいるが

捕獲する気持ちは 一ミリもないらしく

ただただ ぼぅ と

濡れ縁に 座り居り

その背中

のんきに へいわな おずんつぁんのようでもあり

なごむ

ひなたぼっこ

2018 年 3 月 2 日 金曜日

ひなたぼっこ本日の メインイベント…というか

やったことの 八割が

ひなたぼっこであったかもしれない

変な格好で うたた寝してたので

むしろ 身体が痛かったり 頭 ぼうぅっ と してしまったり

休んだ手応え 体応え 全くないのだけど…

どれ 買い物にでもいってくっか

うしまんなか

2018 年 2 月 18 日 日曜日

1518928950585-447960943どかないひなたぼこあしとうし父の布団が いい塩梅に あたたかくなっとるで

うっし~ いつのまにか 占領

「俺どうしたらいいんだ」と 憤慨風に 父 言うものの

かつてなら 有無を言わさず どかしてたのにね

そんな父に こわごわ 遠慮してた うっし~も

いまや 遠慮してない てことですわ

父も なんだかんだ言って 強く出られなくなってるのですわ

ちょっと お邪魔します とか 言ってみたら?と いったら

「俺の布団なのに なんで 俺が お邪魔すっこどになんだ」と 

ムッとしたような言いかたしたくせに

こそっと 覗きにいったら

「はい ちょっと お邪魔しますよ」なんて

ほんとに 言ってた

わはは

うしをみならえ

2018 年 2 月 17 日 土曜日

かりかりカリカリタイムこりたいむかいてくだたい

げほ の せいで

デイサービスも 2回も休んで 風呂も入れず

髪の べたつきが 気になる様子の 母

先月辺りから言ってた「さんあい美容室に連れてってもらいたい」話も

宙に浮いたまんま

しかし 今朝 薬で だいぶ 身も心も 楽になったせいか

「前からいってた さんあい いつ連れでってけんのか 考えででくなぃん」とな

待ち焦がれてたのはわかるが

まだ げほ残りでしょう

しかも 森家 げほ 持ち回り アンカー的 あんちゃ

一昨日辺りから げほ はじまり

…しかも 父も 出戻りげほ

あれやらこれやら おたおたわたわたしてんのに 今その話かい?てな 気持ち

こんな状態でいったら お店に 迷惑だから ちゃんとなおってから 考えようよ…てなことを

ちょ と キツめに 言ってしまった

「どこいったって 迷惑ばり かげっつまう…」

ああああぁ 落ち込ませてしまった

すまん

どこいったって とか 言うなな うちでのこととか 迷惑だなんだて 思わないでよね…そう思う気持ちもわからなくもないけど…

いままで さんざん わたくしたち 大変なことあったとき すべての面倒見続けてくれてて 迷惑かけてきたとは思うけど その時母は わたくしたちのこと 迷惑かけやがって て 思ってたのかよ?

…なんて 問うたら

「そんなこと思ってなかった」

んだらば わかるだろ わたくしだって 母のこと 迷惑なやつめなんて 思ってねぇがんなっ!

…て もっと優しく言えそうなもんなのに

美容室のことだって もすこしあとで考えようね とも 言えたろうに

なんだか 語尾きついよ

きつきつしてると

疲れるばかりだよ

もすこし 余白 空気 含もう

省みつつ

うしをみならいつつ

また じたばたどたばたおたおたと 

ゆく