‘ねこ周辺’ カテゴリーのアーカイブ

なでなでかりかり

2017 年 12 月 13 日 水曜日

めんこめんこ時間かりかりめんこあゆったり時間

父 お泊まり会から 無事帰宅

茶の間で

それぞれの 過ごした時間のことなど ひとつふたつ 交わし

牛太郎(うしたろう)も 加わって

かりかりなでなで

眺めてるだけで

かりかりなでなでしてもらってるような気持ちになっておる わたくし

猫膝針仕事

2017 年 11 月 28 日 火曜日

危険ですけど

寒いから 膝に乗る と

針仕事してるとかなんとか

全くお構いなしで

まったくもおおおぉ と いいながら

にやにやにや と

うれしがる

偉大なる働き…そこにいること

2017 年 11 月 23 日 木曜日

牛太郎なでなでめんこちんたんめんこめんこ

労働力とか 考えると

力など 使っておらんだろう と 思うけど

偉大なる働き…そこにいること

牛太郎

いるだけでいいんだ て

人に対しても

気張らずに 思えたら 

みんな 幸せな気持ちで 暮らせる

にゃ

2017 年 11 月 23 日 木曜日

めんこさそのまんま 撮れない

めんこさ そのまんま 写し取れない

んもおおぉ めんこな顔しやがってええぇ とか 悶絶して

自分の声に ありさまに 失笑して

毎日 家族らに「ば~か」と 笑われ

…でも ずっと そんなん 続いておる

自分が 暑苦しい

お膝に のっさり

2017 年 11 月 22 日 水曜日

のっさり

冷える日々

触れていたほうが

温かい

心許ないとき

触れるだけで

励まされる

踏み出せる

そんな触れかたを

していきたい

今日の牛

2017 年 11 月 16 日 木曜日

めんこやろうめえええおみずのみ

四種類の 食べ物を 

声を出すわけでもなく じっと そこにいて 粘り強く 待ち

食べたあとは

シンクに 飛び乗り

そこに 水をこぼしてもらって 飲み

寡黙なのに

ついつい ほいほい かしづく 人々

本日も 最優先事項

残せると思うことで 流してしまうこと

2017 年 11 月 14 日 火曜日

撫でり撫でりしまわす今までのようには 

新たに撮った写真を 画像データファイルに 残すことができない

携帯電話の 写真機能だけでは 立ち上がらないので 

ワードプレス内で 撮るのだけど

それは ブログなどに 貼り付けることはできても 

今のところ カードにも 本体にも 保存できない

ちょっと さびしいような気持ちなのだけど

気軽に 撮れて 残せる と 思うと

その瞬間を 味わうよりも

流してしまうこと あるものだよな と かえりみる

画像がある 安心感ではなくて

今 生きてる

感じてる

その実感

それが何よりなのだよな

触れる手のひらのあたたかさを 改めて 感じ直す

…とかいって また 撮ったり

いつも以上に 撫でり撫でりしまわすので

うざがられる始末なのでしたが…

喫茶で 鼻水 ちり紙タイミング

2017 年 11 月 7 日 火曜日

路地裏的泣かされた

夕方の 河北TBCカルチャーセンター パントマイム講座まで

ちょ と 時間空いたので

現場にも まぁまぁ 近い

「ランチとコーヒーの店 ミニレストラン ネルヘン」さんへ

音楽が 流れていても

しん とした感じが 落ち着く♪

何冊か 携えておった本のうち

時間的に『今日も一日きみを見てた』(角田光代 著 角川文庫)の 残りかなぁ と

猫とともに暮らすものの共感 てんこ盛りエッセイに 

くふくふ なんて 笑ったりしながら

軽く 読み始めた…らば

うっかり 最後の ボーナストラック短編小説で

滂沱!

ずおおぉ

猫というと もう すぐに 己に引き寄せて 受け取って 膨らませてしまうんだよな

垂れました 鼻水も…

ちり紙持ってない

手拭いで 鼻水拭い

こっぱず!

しかし 寡黙な お店のご主人 

別段 こちらを 見ているわけでもなく

気にすることもないか

しかし こことこ 鞄に ちり紙 きらしたまんまにしてたこと

反省などした

んで お店を出たらば なんというタイミングか

メイドみたいな格好した おねえちゃんに

ポケットティシューを もらいましたる

ここ十年くらい 誰からも ポケットティシューなど 貰わなくなってたもんで

あぁ わたくしなど なんの商売からも 益にもなりそうにない お客として見込みのない者として見えるのだろうなぁ と 

諦念みりみりに 満ちた気分でおったもんで

ちょ と びっくり!

なんの店かと思いきや メイド コスプレ オタクの殿堂ですて

ひゃあ…

見極めて 渡したのか どうか わからんけど

助かりました

ありがとう♪

…ち~ん

ひなたでまるまる

2017 年 11 月 3 日 金曜日

紫式部のあしもとまるまる

掘り下げてゆけば

さびしさや 

ざんねんな思いは 

相変わらず そこにあるのだけれど

紫式部の 丸々とした 実が 照らされていたり

おひさまと 埃の匂いを 纏った 牛太郎が 足元に まるまったりするので

とりあえずいまはなんなく生きていられるではないか と 思い直す

心持ちを 

まるまって 日向ぼっこしているみたいに

光に あずける

万年床的

2017 年 10 月 29 日 日曜日

埋まる牛中心

わたくしの 混沌自室

布団を畳んだら 半畳くらいのスペースが

唯一 畳の見える部分となるのですが

こことこ 獣が 布団の真ん中を 必要とするもんで

ついつい 万年床的 秋冬の日々

片付けもできん…てのは こじつけいいわけ

快適そうで なによりだ