‘だれかのさくひん’ カテゴリーのアーカイブ

気仙沼と ドイツと 仙台と 角田と

2018 年 1 月 30 日 火曜日

151730859228912359962741517308680540-1151329693

恭子せんぱいの「うさぎ舎」さんで 買った

気仙沼と ドイツを結ぶ 復興毛糸

大好きな色で うっとり眺めて にやにやして

なに編もうかなぁ も少し眺めていようかなぁ♪と

一年くらい そのまんま

んで 先日 恭子せんぱいに その話をしたら

なんと…

おんなじ 大好きな色の毛糸と もひとつ「アットホーム」という名前の 色で

ネックウォーマー 編んでくださりました

ひゃっほぅ♪

うれしいうれしい

まえに やはり 恭子せんぱいが 編んでくださった 手首ウォーマーと セットで

いい感じだぞ

さっそく うきうき 身に付けさせてもらいましたる

目出し帽的にも 被れるぞ

素敵なの ありがとござります~♪

焦がれるみたいに

2018 年 1 月 11 日 木曜日

でこぼこがいいね

知らぬことばでは ないのだけれど

思いもかけぬ 改行で

そのままの 意味で 受けとるのを 躊躇うような 段差や 陰影が生まれる

わかりやすい おもての うらがわに

わたくしのしらない

しかしその人はよくよく知っている 逸話が あるのかもしれない と 

勘繰る

それを 読み取れるかもしれない と 

もすこし 近づく

気づくとまた ひらりと 交わされて

見失う

わからぬものだ と はなれようとすると

ふと 残されている ことばに 気づく

受け取った 手のひら

気のひら?から

じわり と 根を伸ばすように

何気ない それが はなれなくなる

比喩の 蔓草を伸ばして咲かせた花が結んだ 種のようなものだからなのか

かつての できごとと 思いを 吸い上げて

ふと 芽吹く思いになる

わからないままに 惹かれてゆく 

そんな詩がある

恋みたいだな

届いた すてきな声

2018 年 1 月 5 日 金曜日

届きましたる すんぷちょさんの今は セネガルで 活躍なさってる みかささん

届きました クラウドファウンティングReady for 「重度重複障害や自閉症の子ども達に感覚で伝わる演劇を届けたい」事業の リターン

「NPO法人アートワークショップすんぷちょ」さんたちの プロジェクトでした

「すべての人にアートを」と 2008年に 設立され

年齢や障害の有無に 関わらず 誰でも 誰にでも と 活動なさってきた 道のりは

それはそれは素晴らしいものだったのに

英国の 「多感覚演劇」の劇団「オイリーカート」との出逢いで

さらに 広がり深まり進化なさったようで

報告書 ちら と 見ただけでも その素晴らしさに 震える

「みなさんどうぞ」と 迎える 優しい言葉の裏打ちは

どんな「みんな」が いるのか

どうしたら 迎え入れることができるのか

考え 学び あそび やってみる…を 重ねる

ほんとうの 希望の光だ

すんぷちょ 立ち上げ人の みかささんも 載ってて うれしい(彼女は今 JICA シニアボランティアとしてセネガルで 障害支援に 奮闘中)

「療育」だけでなく

すべてにおいて この あたたかくひろくやさしい考えで 育んでゆくことがあれば

なんぼ 世の中がよくなることか なんてなこともおもって

からだの奥の方から なんだか みりみりと 力が湧いてくる思いになる

ありがとうございます~♪

ぶじかえる

2017 年 12 月 28 日 木曜日

無事蛙

また「エンジン温度高いっす」ランプ点灯が こわいので

帰路を 考え直し

いつもの 起伏ある裏道ではなく

平坦で 賑やかな 国道4号線を 主に 通ることにした

路肩側を 走ること

周りの流れにもよるけど 法定速度周辺で

なるべく エンジン回転数も 3000くらいで ゆくこと

兆しが あったら すぐに 停車すること

いくつかの 停車候補地点を 浮かべながら 

慎重に 運転いたしましたる

本日も 冷え込んできたため

スリップ警戒さんが 多かったようで

おおむね 安全速度の人が 多くて

煽られることもなく 凪ぎの心で 運転できましたる

半ば辺りで ちみっと 不安になって

そうだ 先月 茨城に行ったとき

ゆきひめが 作ってくれた けろチャーム

ぶじかえる に 因んで

握っていこう と いつもつけてる 鞄探った…らば ない!

どこかで落としたか?と 焦ったら

ちゃんと 外れたその先は 鞄の中にありました

ふぅ

そんなこんな どきどきしつつも

無事 「エンジンの温度高いっすランプ」も 点灯することなく

帰りつけました

ご心配くださった方々

ほんに ありがとうございます

年末年始は 車休ませて

年明けて 2日に HONDA Cars 角田店 駆け込みだな

ほびおさんには 大活躍してもらったからなぁ

ありがとうよぅ

改めて 身が引き締まる

2017 年 12 月 25 日 月曜日

23日(土)

阿佐ヶ谷のパフォーマンス終えて

黒磯お宿に「帰った」のち

何気なくつけた テレビ

坂本長利さんが 出ておられた

もう何年も前

さなおばが 仙台町中で 坂本さんを見かけて

感激の勢いのままに 公演依頼をして

あれよあれよという間に エルパークにて

『土佐源氏』を やることになって

わたくし ちょ とだけ お手伝いさせていただいたことがあった

幕開けすぐ

ひとくだりの 台詞ののち

和蝋燭を 吹き消す役目だけだったのだけど

絶妙のタイミングと 空気加減で

物語世界の 空気感を 

蝋燭の芯を 駄目にせず 吹き消すこと

それが 針の穴のような 一点目指すという 

其の世界の 一員としてある と 

短い時間で 感じさせてくださった 坂本さんの わたくしに対する 向き合いかた

とてもとても 濃密なる時間だった

神経を集中させた あのときを 思い出す

あぁ すごいなぁ

さらにすごくなってるなぁ

其の近くに居合わせる光栄を 活かしきれてない 己の 甘甘さを 改めて思いつつ

胸の奥が 

きゅ と 引き締まった

「ハミンチ」さん

2017 年 12 月 24 日 日曜日

ハミンチさんの しりあなはんかち木彫 仁吉さん

昨日 JULES VERNE Coffee 行ったら

しっし~から「ぜひ 見せたいものがあるから」と

並びのお店に 引率された

北海道で カフェ写真館を ずっとやってらした ハミさんが 開いた「ハミンチ」という

お顔ポートレイト写真やさん&洗面周辺雑貨セレクトショップ

その一角に 木彫 仁吉さんという方の 蛙の 作品があったのでした

うおぉ ツボど真ん中♪

なでりなでり させていただきました

ハミさんも とても かわゆく 味わい深く 素敵な方で

蛙つながりでの あれこれ お喋り たのしかった

決して「蛙好き」ではなかったのに

仁吉さんの作品に 出逢って 引き込まれてきたとか

ふふふ ようこそ 蛙好き世界へ と思いつつ

仁吉さんの ご紹介 ありがとうございます

作品お葉書 いただいてしまった(お店にあった作品は これではなかったのですが…)

お店で取り扱ってる かわゆいねこ刺繍ハンカチ

しっし~から プレゼントしてもらっちゃった

よく見たら ねこ「しりあな」あり

シリアナハンカチと 呼ぼう(いつ呼ぶんだ?)

素敵な出会いたち

ありがと~♪

けろろ

2017 年 12 月 24 日 日曜日

けろろ

今や 講師もしてるという

しまあねの バルーンフラワー

蛙王子アレンジメント 

いただいた

すごいなぁ 

ほんとに 全部 風船でできてるなんて!

保存のために 袋から出さないで 楽しむように…てことなので

袋の上から 触れてみる

予測のつく 作りのとこと

なんでなんでなんで?てな ところと

壊さぬように おそるおそるおそる…

「あかまんま(蓼…タデ)」的 お花が 

蛙感 倍増しにしてくれる感

すべてに しまあねの 思いとか 技とか 満ちてるんだなぁ

移動電車のなかで 添えてくれた ラブレター うっかり読んで

泣きそうになる 不覚

ありがとうありがとう

ありがとうは こっちこその台詞なのに~

旅の宿の 一室で

見守っててくれた(しかも しまあね実家近くの宿)

心強かったり 温かだったり

会えたり 会えぬまんまだったりの 人たちに 支えてもらってること

幸せ噛み締めたりした 夜

しまあね♪

2017 年 12 月 23 日 土曜日

1514011606512370429664クラウンぽっかちゃん

しまあね こと クラウンぽっかちゃん パフォーマンス

こそっと 盗撮

この姿での パフォーマンスは 初めてみたかもしれない

おこたちとのやりとりの ふわん とか やわん とか

なんか あったかくて

しまあねの 人柄そのもの

一瞬で 膨らむ 風船マシーンに 

思わず お子たちとともに おうぅ♪などと 声をあげて

通りがかりの 子犬さま 二匹を 一瞬 飛び上がらせてしまった

わはは

驚きとか やさしさとか

好き♪

届いた♪『スタートライン』

2017 年 12 月 19 日 火曜日

スタートライン

今村彩子監督さんの『スタートライン』でーぶいでーセット 届きましたる

パンフレットは 既に持っているものの

ちょ とした 企みの資料として 用いるので うれしい

手拭い 大好きなので 更に うれしいうれしい

彩子さんの 直筆メッセージも あたたかくて うれしいうれしいうれしい♪

にやにや 眺めてたら

あんちゃから「えっ?怒られっぱなしのやつ 買ったの?」と 言われた

チケットあげて あんちゃにも 観てもらったのだったが

その感想の ひとつが

「なんか 自分が 怒られっぱなしの気分になってしまった」で

ま 共感してくれたってことだよね なんて わらったっけな

何かを達成して 終わる ということよりも

何かが いつもまた 始まりになる という

希望の光とか

今ある姿で じたばたどたばたとでも ゆく姿の すがすがしいいじらしさとか

そんな思い また ひたひたと 満ちてきて

うん がんばろ と 思う

ぜひまた宮城に…の お話

当初の 目論見と 別のところで 結べるか?てなあたり

更に がんばろ

光を ありがとうございます~♪

スピカさんカスタマイズ

2017 年 12 月 5 日 火曜日

かわゆい普段バッグ

今は もっぱら『ねないこだれだ 幼稚園バッグ』の 

紐を 工房スピカさんの さおり織り カメラストラップに付け替えて 愛用しておりますが

昨日 仙台駅の ハートバザールにて

またもや スピカさんとこの ブースにて

さおりおりものの 猫ブローチ 購入して

カスタマイズ

しかし 紐のとこだと 何かと 擦れて落としそうなので

福島とっておき音楽祭支援リターンの 福島さおりキーホルダーのとこに つけてみた

おさまりいいぞ♪

落とさないように

めんこめんこしながら 共に ゆく