‘たべもの のみもの’ カテゴリーのアーカイブ

黒増し増し十八雑穀

2020 年 1 月 27 日 月曜日

黒というか赤というかこことこ わたくしだけが気に入ってる 雑穀ご飯は

黒増し増し十八雑穀

母とあんちゃは「ちょっと黒すぎる…」と

やや 呆れ気味

母が 倒れる前から 取り寄せている やずやの 十六雑穀に

パンダ豆と 胡麻を足しただけなのですけど

時々 古代米も 増し増しにしてたりして

なんだか やたらと 赤黒い

効能は よくわかってないのだけど

寒い時期に こういう色味のあるもの 食べたくなっちゃってるってことかね?

春遠からじ

多分も少ししたら

もっと うっすらした色のものになる

パンダ豆と 胡麻と 古代米のストックが なくなるだけだが…

ゆるんのろん

2020 年 1 月 26 日 日曜日

ざぐっ美しい霜柱かんたんごはん

朝 ざぐっ と 霜柱を踏んだあと

年賀書き

…とはいえ わたくしのことだから ひたすら とはいかず

合間に 食べたり

珈琲淹れたり

ゆるり のろん と すすめてました

やっとこ さ行 半ば

昼は 母と二人なので

茶の間にて ご飯

場所柄 母が つけっぱなしてた テレビなど観るともなしに 観てしまったら

なんとも 爆裂に わたくしの人生に 必要としない情報が 駄々漏れてくる

必要としないのに 気持ちが 引きずられる

人の 色恋の みちならぬこと 倫理観 正義感 盾にして

なんとも いぢわるな視点で 番組を作るのだな

おえ~

その他 一大事とばかりに掲げる速報が「卒業」ではなく「脱退」であるとかいうの

…レジェンド化すか!?

もおおぉ なんなの!?と唸ると

「観っこだぁねぇのに」と母

いや…母が点けていたのでしょうよ テレビを

「観でねぇおん」

んだらば 消しとけっ!などと

突っ込んだりしながら

終了

母昼寝の合間に 五分の二までは 進みましたる

本日中に 半分行けるかな?

無理なくゆくよ

今日の父

2020 年 1 月 25 日 土曜日

食べられるようになりますように四角いシフォンケーキ

毎日いろいろ

日々新しくある 父の状態

でも 今日は 行くなり

「なんだ 何回も来てもらって 申し訳ねぇな」と 言う

!?

すぐ前の記憶なんてものは 今や 期待してはいないものの

なにか夢を見ていたのかもしれないけれど

ちみっと じぃんと うれしかった

母を ちぎり絵教室顔見せに 連れていった話で

退いて 落ち込んでた話したら

「それは かわいそうだな…」ですと

あぁ

目の前に差し出されたことに 注がれる眼差しは

紛れもなく 父で

その日その日が 繋がりなく 立ち上がるだけとしても

とてもとても ありがたく幸せだとも思う

よろこんでゆこう

諦めないでゆこう

「心のおと」の シフォンケーキ

「これは うまそうなにおいがする」て

きっと 食べられる日へ たどりつけよう

怠け者の わたくしだけど

そういうことは 頑張るよ

午後は奮起

2020 年 1 月 24 日 金曜日

野菜たっぷりラーメン歯医者さん…あんちゃの 同級生 鎌田満くんとこ

相変わらず ていねいで やさしい

わたくしが おだった(ふざけた)こといっても

なんてことなく するりと 受け取り(流し)

必要なことを さらりと 執り行ってくださる

来週 抜歯ということになりました

横向きに生えてて

ほとんど 噛む役割なんぞ していなかったであろう のんきな そこにあるだけの 親不知

三分の一が 欠けてて

残りの部分も 神経に到達する虫歯になってたって

痛くないですか?て 訊かれて

普段なんてことなくて…フック船長みたいな やつ(爪楊枝的なもの)で つつけば 違和感あったのですけど

…と 相変わらず 伝えんでもいい情報まで だらだらと 並べてしまうわたくし

ちみっと さみしい

でも ま 今後の健やかさを 脅かすひとつが なくなることは いいことだ

昼のラーメンこさえて

さてと 午後も 要件 もりもりにある

奮起してこなすぜ

ふぁいっ

こっそり もうかちゃん

2020 年 1 月 24 日 金曜日

もうかさめ蒸しあがりぐにょごまかし

先日の 焼売(しゅうまい)

材料の一部に 「もうかさめ」使いましたる

母と あんちゃ

鮫と 聞いただけで 食べなくなりそうなんで

食後に 報告

「また 種明かしメニューすか…」と

ゲンナリした顔するものの

美味しいって 言ったよな!?

問題なし

自分としては も少し 粗びきのまんまがよかったなぁ とか

蒸かし釜から 出すの失敗して ごぢゃ…て なっちまった とか

反省はあるけど

まぁ よしとする

おはよう

2020 年 1 月 24 日 金曜日

しゅわしゅわだ冬なのに

適当なのに

またもや 起きてくれました

林檎酵母

しゅわしゅわだわ~♪

んで

これをどうするかってぇ 計画性は 全くないのでした

たのしひ♪

馴染む

2020 年 1 月 22 日 水曜日

茹で玉子にヒマラヤ岩塩 には

概ね白

淡い薄紅

赤黒っぽい

…の 三色が入ってて

赤黒っぽいのは ルビーソルトというらしく

硫黄の成分が含まれている

「匂いの気になる方は ご使用を控えてください」とな

あっさりした味付けには 確かに 気になる

でも 言うなれば 固茹で玉子のような匂い

んだらば 茹で玉子に かけちゃえ

違和感なし

むしろ 馴染む

しかし 茹で玉子なんて 普段 ほとんど食べないもんで

一生かけても なくならんかも

他にいい用い方

探ろうかな

違う子もおる

2020 年 1 月 22 日 水曜日

たちうお?いつも 味噌汁に 用いてる 出汁は

片口鰯の 煮干しなのだが

明らかに 違う子も おった

おおぉ♪

なんかうれしくて よけて とってたら

「飼うの?」とかいわれ

蘇生手術でもすっかな ふふふふふ と こたえたときには もう 家族らの話題は 別のところに行ってしまっておる

まぁ いつものことだ

しばし 眺むる

ほどほど奮起の のろのろり

2020 年 1 月 21 日 火曜日

皮はよかったけど 中身がいまいち

顔本(Facebook)の 五年前の今日の お知らせは

「年賀状 あと16枚」とかいってた わたくし

今年は あと546枚よ♪

五分の一は 越えたのよ

…くうぅ

夜に 奮起しようと思ったのに

焼売の 皮作りの際に ぷしっ♪と やった ヱビスさまが

疲れたからだに 染みたのか

ばんげののち 炬燵で メルトダウンの ちどごろ寝

そのまんま 朝を 迎えてしまいましたとさ

んでもって ちょいと前 お仕事 絡みで 送信してたメールが 戻っていたことに 今頃 気づき

慌てて アドレス入力し直して 送信したとこ

とほほ

さぁて これから も少し 年賀状 書くぞ

「慌てなくても」て 言ってた母が

「年賀状は 寒いうちに出すのが礼儀なんだってさ」とか うっすら プレッシャーかけはじまってきた

暖冬で暖かいとき どうすんだ?なんて 憎まれ口たたきつつも

ほどほどに 奮起しようと思う

のろのろり

せめて 五分の一まで

2020 年 1 月 19 日 日曜日

トマトも入ってる野菜ソース年賀状書き

昨夜の時点で 十分の一まで 行ってた

それとおんなじくらい書けたら 五分の一まで 到達できる

本日の 緩やかな目標

そこまではいくぞ

昼食に こさえた スパゲッチ

「トマトソースなのぉ!?」と 不満そうに あんちゃ

トマトも入った 野菜ソースだ と 応えた

も少し トマトならではの味が 目立たない方がよかったのだろうけどな

確かに トマトの 割合は 高かったかも

そう思いながらも「うっせぇな ばーろー」的な 顔をしてしまったもんで

なんか すまん と 思いつつ

後片付けと 母のお昼寝助太刀を まるっと あんちゃに任せて

茶の間へ

まぁ そんなパターンは いつものことだが

一時間くらい 茶の間に 腹這うて 記憶を失ってた感じ

大した頑張りもしてないのに すごく疲れた人みたいになってる この頃

うまく 抜きながらゆこう

父のとこに顔見せに行くまで

もひとがんばり