‘たべもの’ カテゴリーのアーカイブ

雑雑たる自室のナイトキャップ

2018 年 4 月 21 日 土曜日

雑雑たる自室にてナイトキャップ考えたり

考えなかったり

ゆらゆらしてみる

猫穴から 吹き込んでくる 夜風が 

気持ちよい季節になった

気の持ちようも よくなってゆくのだ

アースデイ東北で

2018 年 4 月 21 日 土曜日

152430396986182612378115243042271181290084431薄明かりのなかでファラフェルプレートと 無添加ソーセージ

打ち合わせの後

錦町公園でやってる アースデイ東北に 行ってみた

地球を愛する…てな コンセプトもあって

夜は 太陽光発電とか 蝋燭なもんで

ほの暗い

ちょいと 目の調子も よくなくて

どこがなんだか よくわからぬまんま

うろうろうろうろ

でも そこいらに おられる方は

なんとなく「アース」な 雰囲気の人ばかりみたいだ 

んでもって うろうろ二回目くらいで 大好きな 漫瑶茶さんの ブースは みつけたぞ

ジャスミンラテ いただいた

ゆっくりと お茶ができるまで

月など 仰ぐ

ちょうど 買ってて と 頼まれた 焙じ茶もここで買えたし

火の点いた棒 ぐるぐる回す踊りみたり

山形蔵王から こられた「オトチャヤ」さんブースで

ファラフェルプレートと 無添加ソーセージ買って 晩御飯したり

おいしくやさしくゆるるんと 楽しめた

ごみ問題も やさしく美しく解決考えられてて

さすがだなぁ アースデイ

明日もいいひとときであるだろうなぁ

こういう やさしいおまつりって 素敵だなぁ

からしな 二種

2018 年 4 月 21 日 土曜日

からしな 二種

ネットで 論争…まではいかずとも 批判を受けている 相反するやりかたを やってみた

湯がいてからつけるのと 

生でつけるのと

二つの方法

とはいえ 適当なんで あまり 立証に繋がるとも言えんが…

左が 湯がいてからのやつ

「辛味が飛んでしまうのに どうしてそんな嘘がまかり通ってるのか」と 批判されてたのだけど

湯がいてからの方が 色よく 辛く漬かりました

むむむ

んでもって どちらも しょっぱすぎて

塩抜きしようとして

辛味が すこし 抜けちゃいまして

とほほ

それでもまぁ 噛み締めると 奥の方から

辛味の幻が やさしく 手をふるよ

なんだゃそりゃ!?だが…

手が込んでるわりには

2018 年 4 月 20 日 金曜日

 込んでるぞ 手しゃこえびもしくは ふなむし?獣の足の裏みたいな

あかむつ その後

三枚未満に おろして

頭とか 骨は 焼いて

鰹だしで さっと 煮て あんをつくり

身を 昆布と共に 酒蒸ししたやつに

とろりと かける

なんてな かなり 手の込んだことしましたものの

まぁ なんつうか なんちゃって手間掛け料理なもんで

素晴らしい結果には 繋がりませんでした

ちちははの 微妙な 顔ったら…

豆腐の 木の芽味噌田楽とか

他に 惣菜も あれこれ あったものの

全体的に うっすらと 食べごたえのないものばかりだもんで

父は いきなり ご飯に ふりかけ かけだすし

母は「細かい 骨ある~」とかいって 残したりして

あぁ すみませんすみません ちゃんと 隅々まで 手を掛けずに 至りませんで…と 口には出さなかったけど

「徒労」という言葉を浮かべて あからさまに 不機嫌になってしまいました わたくし

だいなし

己の足りなさを 棚にあげて ムッとしてしまう 未熟なる 甘えた気持ちなのだなぁ

「この わたしの いかに やすものの ぎやまんみたいな」てな

八木重吉さんの『大木をたたく』の 一節が 巡るぐるぐる

残されたものも わたくしが 食べました

しゃこえびならぬ たぶん ふなむしも

共に 蒸して 餡掛けて いただきました

あかむつの 耳石は かつて 得た のどぐろの 耳石と 違ってて 

獣の足の裏みたいな ありさまが 愉快で

出世してないうちだから こんなにも違うのかな?と 思ったりして

情けなさに 泣きたい気持ちになったりもしたけど

耳石に 慰められたりもして

あ~ もおおぉ

とっとと 寝ちゃえ

あかむつ…て のどぐろの ちいさいさんか

2018 年 4 月 20 日 金曜日

ちっこすぎるかも のどぐろののどのとこにおったしっぽあたりしゃこえびの 幼生?

かわゆい♪と 思って

何の展望もなく 買っちまった あかむつ

のどぐろの ちいさいさん

煮付け んまいのだったが

以前 ちいさいさんを 煮付けて 食いづれぇ!と たいへんに 不評でありまして

本日は 心結に余裕もあるので

ちょいと 手の込んだ 調理法で 唸らせようか なんつって

腑分け はじめました

しかし 三枚おろしとか まったくもって 自己流で へったくそなの

忘れとった!

しかも ネット調べの 蒸し物 餡掛けを…と 思ったのに

さっき見つけた サイトが わからなくなり

でももう 発車しちゃったやり方だから

あとはもう 勘でいく

…ぐっだぐだ

酔っぱらったから とかじゃなく

まぁ いつものことです

調べや 詰めの甘さは 創作の 入り口だ(強気)

腑分けの際に 喉のとこにおった しゃこえびちゃんみたいなの 接眼レンズで めんこいのぉ なんて 眺めながら

今後の道のりを 検討中

やっちゃおかな

2018 年 4 月 20 日 金曜日

やっちゃおかな

昨日 呑もうとおもってたものの

体調 いまいちだったので 控えてた

明日 仕事あるのだが

はやいうちならいいかな

なんつって

キッチンドランカー

ひさしぶり

ごりごりするかぁ

2018 年 4 月 20 日 金曜日

ごりごりするかぁ♪

ごりごりするかぁ♪

すっかり 遊び半分

香辛料茶と おからドーナツ

2018 年 4 月 20 日 金曜日

香辛料茶と おからどーなつ

本日は なんもしない 休養日 と 宣言した

…とはいえ うちにいればなにかしら やらねばならないことは 発生してくるわけで

それを 最小限に 押さえようと あれこれ試みる

前に 母から頼まれていた ちぎり絵作品を 生徒様たちに見せるため たとう色紙掛けに 入れるために 選ぶ とか

ちちははに 午前中の おやつとして 香辛料茶と おからドーナツなど 揃えたり とか

ご飯の支度…とか

いつもと なんもかわらんな

…しかし それって 指図的に なにか言われてからだと やる気が 失せる 感情的なだけの 問題で

無理しない程度に やりたいことをやる て 態度でおれば

何の苦もないことでもあるよなぁ と 思う

畠辺りで あそんでくる と 出ようとしたら

「出るなら そこにわさわさはえてる 草むしりもしてこい」なんてなこといわれて

む と したけど

ま 無理なく やったろじゃないのさ と 気持ち切り替える

やろうとしてること やりたいことが

言われたことと 重なっていても

「指図されたくない」てな思いは 生まれたりするのだなぁ

自分で自分の時間を謳歌する感てのを 守るため

我を張るのではなく

我を しなやかに そよがせればよいのかもしれぬ

めんどくせぇ 性格なの 重々承知さ

受けて流して

そよそよ ゆこう

とろけた…

2018 年 4 月 20 日 金曜日

蕗が とけた…

昨日の朝の 筍ご飯に 入れきらなかった 筍と あぶらーげに

庭の蕗を 加えて さっと 煮といたもの

うっかり 今朝も 煮込んでしまい

蕗が とろけてしまった

まぁ それでも 流動体的 蕗は

ちゃんと 蕗の味なのでした

んまいぞ 春の味

真鯛耳石かたわれ

2018 年 4 月 20 日 金曜日

真鯛耳石

昨夜 真鯛 あら汁の 最後

一人楽しんだ

耳石は ひとひら…かたわれだけ

養殖だとて ここに あなたの 生きてきた日々が 記憶されてるのだね

なんて また しみじみ眺めながら いただいたのだよ

すべての食べ物が いのちであるのに

ついつい 忘れがちなこと

耳石で 思い出させてもらうんだ

生きてきた道のりも ありがとう いただきます いきてゆきます なんてな

生きてゆく