‘ご本のこと’ カテゴリーのアーカイブ

追体験みたいな

2018 年 7 月 28 日 土曜日

読了し芭蕉と 曽良

お江戸 行き帰り

助さんの『線量計と奥の細道』携えておったので

経路は 違ったけれど

助さんの辿った 道を

心象を 追体験するような ひとときでありました

蓋をしていた思いを 改めて 開け放して

心持ちの 内壁を 手のひらで ずぞぞぞぞ と 丁寧に 撫でるような 感覚

助さんの ことばの選び方 比喩の 小気味良さには

いつも あぁ いいなぁ その言い回し…と 思わせてもらうのだけど

今回のは また 身に覚えのある 道程だし

更には わたくしのとこに 来てくださった「奥の寄り道」の 経緯も 触れてくださってるから なおさらのこと

肌身に迫る

そうだ そう思っていたはずなのだ と 震災後 ほどない辺りの思いが よみがえり 新たに 息づく

助さん ご自身 今や 国内外ひっぱりだこの

作家で

歌ったり 語ったりの 表現者で おられるけれど

かっこつけたり

かっこつかなかったり…の

市井の 生活者の 身体感覚を失わないからこそ

ひとと 出会って 向き合って 受け取り受け渡し続けているからこそ

体温を伴った 共感を 湧きあがらせてくれる

かつて 声高に 叫んでおられた カリスマ的 表現活動だったけれど

今の しみじみと 呟くような いのちのかたちに 添いながら 語りかける やりかた

その芯に 変わらず…いや むしろ かつて以上の 熱量を 抱く 表現は

かつてより以上に 多くのかたに 広く 深く 届いていくと思う

「無言の人々が我慢を重ねている状態に、為政者は寄りかかるべきではない。」

届く「言葉をもって訴えたい」と いってくださること

より届き 結ばせるために

また1つ 2つ

つないでいくぞ と思ったりしてたら

電車 乗り換え待ちの 福島駅前に

芭蕉と 曽良の 旅姿像

んだな やるど 性懲りもなく…と

勝手に 励まされる

ありがとう

帰路続行

2018 年 7 月 27 日 金曜日

笑って紛れろいつものように 黒磯途中下車で

心のとまりぎ「生そば 冨陽」さんへ と 思っておったのですが

終点黒磯で 座席から 立ち上がるとき

ふと ふわり と

水で薄めた 眩暈手前のような感じ

いかんな

具合悪さまでは 到達してないけど

ここは 取り敢えず

帰路続行した方がよいかもしれぬ

『線量計と奥の細道』読了したので

こんだぁ 『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』みうらじゅん 宮藤官九郎 対談(集英社文庫)を とりだす

笑ってたら まぎれて 消えるかな?

ふわりよ

旅のお伴

2018 年 7 月 26 日 木曜日

共に剥いて連れ出す南下するこれは下り電車

もんやりとした雲が

のろり と 動いて 青空を覗かせて

蒸し暑さが ぐいぐいと 坂をのぼるような 頃合い

ちっとも 急いで行くつもりなどないような 電車 阿武隈急行線に 乗った

南下する お伴には

先日 受け取った『線量計と奥の細道』ドリアン助川 著(幻戯書房)携えて…

受け取ってすぐに ちょいとは めくってみたのだけど

すこぅし 手が震えるような思い 湧きあがった

忘れ去っていると思っていた思いが

未だに 蓋をされただけで

おさまりつかなく あったのだ

鈍磨というわけではなかった 狼狽えと 安堵と ないまぜ

震災の翌年に 線量計をもって 自転車に乗り 芭蕉の道程を辿って

んでもってちょいと 奥の寄り道 角田にも たずねてくださった

「オリンピックへ向かう景気の陰で見えにくい存在になりつつある」被災のこと

原発のこと

「恣意的な忘却ではないのか」と

危惧しつつも

今なお その場所で暮らし続ける人たちへの 不安を煽ることにはならないか と 迷い

それでも 心寄せてゆこうと

揺れっぷりもそのままに 書き記してくれたもの

助さんならではの 身覚えのある 感覚をよみがえらせてくれる しなやか痛快な 書きっぷり

今更 ではない

今だからこそ の

待望の 一冊

みんなも読んでくれろ

夏休み的な

2018 年 7 月 24 日 火曜日

とどうふけんのおはなしいもむしとけむし

本屋さんは 夏休み学習対策仕様になってるところ多い

夏休みが 関係ない暮らしではありますが

そこいらの おすすめに のってみる

母 先日 デイサービスでやった 都道府県名と 県庁所在地問題

あまりにわからず

家でやり直したとき

「ちょっとおしえて」と いわれたものの

相変わらずわたくしも ぐっだぐだだったので

こりゃいかん と

母と二人 勉強し直そうぜ と

日本地図ドリル的なもの…『都道府県のおはなし』 (Gakken)購入いたしましたる

もすこし 単純な 白地図欲しかったのだけど 見つけられず 残念

もう一冊は 図鑑『小学館の図鑑NEO イモムシとケムシ チョウ・ガの幼虫図鑑』

愛用の『イモムシハンドブック』(文一総合出版)より

取り扱い種は 少ないけど

豆知識的なことが わかりやすく かいてあるので

改めて 好きな子達のことを 知り直したいと思う

夏休み的な 心構え

助さん著作 アラビア語

2018 年 6 月 16 日 土曜日

三ヶ所助さん こと ドリアン助川さんの『あん』が

アラビア語でも 発売されるとな

レバノンの 出版社から

絶対ほしいぞ

これで アラビア語の勉強 強化したいぞ

日本語版と 照らし合わせて ずるしちゃいそうでもあるけどな

アラビア語の 先生たちにも 差し上げたいなぁ

アラビア語 ならうきっかけになった はっぢおぢちゃんにも とどけたいけど

病気で 療養中なのか

連絡とれないのが 気がかり…

何はともあれ

おめでとう 助さん

「どれが 作者名か」と 問う方が おられて

助さんが「そのくらいならぶんぶんが わかるはず」とか いうで

画像 緑の丸と 赤丸と 青丸で かこんでみました

「え」と「お」の 母音がないので

「どぅりあん すきがわ」てな 発音

今 入手方法を 模索中

ふんわりあったかい

2018 年 6 月 15 日 金曜日

お茶目な話昨日

空き時間に 読む本が手元に なく

…いや あったのだけど

それ きっと 号泣必至な 予感があったもんで

仕事前に まずいぞ と

取り急ぎ よさげな 文庫を 買ったのね

わたくしとしては お久しぶりの 角野栄子さん

三十年近く前に 落合恵子さんの クレヨンハウス主催の サマーカレッジでも お目にかかったことあった

良い意味で とても 特殊じゃない人

普遍的な 立ち方で

やわらかくしなやかな人てな 印象だったっけなぁ

まぁ 灰谷健次郎さんとか 佐野洋子さんとか 工藤直子さんとか 五味太郎さんとか 長谷川集平さんとか…とかとか…

そうそうたる 印象深い方々が 講師陣だった中では

講師というよりも

一見 講習を受けに参加したかたのようでもあったのでした

ま それはさておき

この「自伝的小説」

自伝的!?と

狐につままれたみたいな気持ちになりつつ

ふふふ と ほのぼのたのしく

しかし それだけではない

やはり 奥の方から 知らず じんわり滲み出てくる

体温と馴染んだ あたたかい涙

やられました

お茶目で やさしい

ふわん て 浮かぶような 心持ちにさせてもらえた

昨日のうち 読み終わらず

本日 病院で 母の診察待ちのときも 読んでいたのだけど

ふと 顔をあげたら テレビに 角野さん 出ておられた

おおぉ

偶然にも

なんだか それもうれしくて

また あれこれ引っ張り出して 読みたくなっちゃう気分

これも ひとつの タイミングだね

『花ばぁば』

2018 年 6 月 7 日 木曜日

花ばぁばこのままでは 埋もれてしまう作品を 是非 出版させたい
という クラウドファウンディングで 出逢った本

『花ばぁば』クォン・ユンドク作 桑畑優香 訳(ころから)

やわらかに うつくしい絵

しかし 内容は 日本軍に「 慰安婦」(国連などの 英語圏では「Military Sexual Slavery by Japan」日本軍性奴隷ということばがある)として 連れて行かれた シム・ダリョンさんの 証言をもとにつくられた もの

決して やさしくうつくしいはなしではない

けれど 衝撃的に 過激に 過去の出来事を訴えるのではなく

ひとりの やさしき 人格ある女性の人生に 添いながら

その 背景にまきおこっていた歴史を みせてくれる

まつりごとにまきこまれず

人の命と 向き合い

いたわりあうことの大切さを思う

そして過去のこととして 箱に入れてしまうのではなく

今も コンゴや イラクでも続いているという 愚かしい事実の提示で 結ばれている

「不用意に触れない方がいいよ」と 忠告されたこともある「従軍慰安婦」の はなし

「そんなのなかった」と 攻撃的に言う人がいるからかな?

でもね やっぱり 知らんぷりはできないのだよな

いたみは なるべくこれから うまれさせてはいけないよ

買ったことを忘れるな

2018 年 5 月 22 日 火曜日

昨日買ったやつちゃんと読もうね昨日 てくてくの 間に

THE BIG ISSUE仙台のアイドル

はしもっつぁんにも 会いに 行ったのだったよ

「ちょっと休憩してますが 気軽に声をかけてください」貼り紙があったから

またにしよう と 思ったら

ひょい と 顔出して あっどうもどうも顔してくださった

もぐもぐ中 すんまへん

…な もんで 長居すると申し訳ないかなと

いつもの おすすめガイドうかがうのと 記念写真は やめにして

野外劇団 楽市楽座さんの チラシいただいて

また今度ゆっくりっ♪と 神戸YWCAの珈琲とクッキーお裾分けして 辞した

そのあと しゅわしゅわなもので ひと息いれて

とてぱたと パントマイム講座に いって

お久しぶりに 新しく初めてさんが 入会してくださって うれしくて

からだとこころ フル回転

…ののち 電車で帰宅してすぐ 八月にある とある試みの 打ち合わせ電話などかけて

あれやってこれやってしてたら

THE BIG ISSUE買ったことを すっかり忘れとった

今さっき ピアノ仕事のもの 出そうとして

鞄から見つけ

本日も 午前中から フル回転的に 動いてた

はじめのうちは まだしも

昼下がりの運転移動では

ねむねむ波きて 大変だった

絶対 疲れてるはずだから

いろんなこと抜け落ちそう

気を付けねばね

ばんげ支度したあと

もひとつ ピアノ仕事

ふぁいっ♪

旅のお伴に

2018 年 5 月 17 日 木曜日

触媒のうた今回の 旅路は

携えてゆかねばならぬ 資料などあり

なるべく 持ち物少なく

着替えなんて パンツくらいでいいか…と 思ったものの

三日間おんなじ服で 会議に参加するのも ちと まずかろか…個人というより団体代表的な 立場も ちみっとあるでね

リュック 小さめのまんま

めりめりもりもりに 詰め込みました

壊れませんように

携えてゆく本も 一冊だけ

カバーはずしちゃったけど

西宮の 大切な おともだち(なんていいかたしたら 申し訳ないけど 心のとまりぎ ことばの恩人)今村さまの『触媒のうた 宮崎修二郎翁の文学史秘話』(神戸新聞総合出版センター)

宮崎修二郎さんは 一頃 入れ込んでた 柳田國男さんへ 直接取材なさったことのある 最後の人…というとこ以外

あまりに 無知なる わたくしの 有名作家への ピントこなさ加減を 差し引いても

有名作家の 厚顔無恥なる 剽窃逸話とか

今村さんと 宮翁さまの やり取りから立ち上がる 輪郭が

興味深い

そしてなにより 今村さんの 宮翁さまに対するまっすぐさ

尊敬の思い

この方によって 耕されてこられた日々なども思う

大切に じわじわ読ませていただいとります

旅のお伴に

2018 年 4 月 1 日 日曜日

おともに

ウィルスが かつて 人のからだの一部であった 放蕩息子みたいなもの…なんて

痺れる

「福岡ハカセ」の『ルリボシカミキリの青』(文春文庫)

旅のお伴