‘ご本のこと’ カテゴリーのアーカイブ

泣き笑い

2022 年 1 月 25 日 火曜日

理恵子さんたら 泣かせる指先に貼る

ちょっと 片付けを のとこで

西原理恵子さんの ご本を 開いてしまい

読み耽り 泣き 

気づけば 片付かんまんま 何時間か経っておる

くくく

『ダーリンは76歳 後妻星編』(小学館)

『りえさん手帖』まで 手を付けると すべてが滞るので 我慢だ 今は…

ばんげの支度に取り掛かる前に 父の様子見に 行ったら

もう今日の分の うんこさんは 大丈夫…じゃありませんで

名残の お出ましてた

ぬうぅ すまぬ!

しかし 昨日から今日の昼にかけて

もんのすごく ねむねむしてて

寝る子は育つなのかよおお〜い!と 呼びかけても 瞼開けず

本日の 訪問診療のときも ほとんど 反応せず

苦しそうとか ないから まぁ そんな日もあるさ なんて 笑ったりしてたけど

なんとなく 気がかりだったりもしてた

みちこおばさんからきいた 父の兄の おんちゃんの「屁に名前をつける」愉快な話にも 無反応で

しょんぼり

…なのに 諦めきれずに 夕方の お襁褓替えにて 3度目の正直

愉快な 名付け屁の話をした(しつこい わたくし)

みちこばちゃん おんちゃんの顔の筋肉 動かなくなんないように…て 出た屁に名前つけさせるんだってよ〜

すると

「ぶほ!」て 咳き込むような音だったけど 笑ってくれた

うおおおぅ!

屁の力再び!!

やっぱりうれしいな

笑うって すごくすごく 脳内の 高度な働きなんだよなぁ

しみじみと うれしくて

んでは 今度わたくし 屁たったらば 父に 名付けてもらうかな〜なんて いった

笑いながら 涙出た

今日は いろんなこと やりきれなかったけど

やれたこともある

ご褒美みたいな 父の ぶほ笑いもあった

何よりだ♪

お襁褓替えのとき また 血がついてて

また 玉流血!?と 焦ったけど

なんのこたぁない

わたくしの 指の先の ひび割れからだった

問題ない♪

ありがとう 今日…て まだ あと 5時間もあるけどな

先に お礼を言っとく

7daysbookcoverchallengeSpinoff「譲り受けたものの一部」テーマ その⑦

2022 年 1 月 23 日 日曜日

さんねん峠#7daysbookcoverchallenge から 勝手に 派生させた

個人的 本の振り返り おたのしみ

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

今回のテーマは「譲り受けたものの一部」

学校法人になったものの

諸事情で やむなく閉じることとなった 母校幼稚園 角田幼稚園から

受け取ってくださる方へ と 橋渡ししておりました

あれやこれや

渡ったものもあれば

未だ 手元にあるもの

手元にとどまることになったもの 

応接できない応接間にも どっかどっかと 置いてあるので

覗いたことある方は

何だこれは!?前より本 増えてるではないの!!!て 驚かれましたでしょう

そういう事情だったのです

いや そういう事情なくても 大変なことになってるのはわかってますとも

積ん読サグラダ・ファミリアの一部には そういう事情もあったのね てこと

お含み置きいただけなくてもいいんですけど

ちょっと言ってみたかったの

相変わらず 前置き長いが…

そんな中から 手にとって 今読んだぞ なものを ご紹介

まだまだまだまだ あるものの

とりあえず今回で このテーマ 一旦 締めにします

七回目『朝鮮のむかしばなし さんねん峠』李錦玉 作 朴民宜 絵(岩崎書店)

あまり 手に取られていなかったのかもしれない

傷んでいない

幼稚園では すこぅし せいのびさんなら 手に取るかな?

「三年峠」の むかしばなしは

十数年前 仙台の とある小学校で この物語を 劇にするにあたって

「韓国のことも知っていて 演劇にも通じるような人はいないか?」と 

知り合いの方が 相談を受けていて

その方からの 紹介で 

ワークショップ的なことを やりに 行ったことがあった 

ちょっとしたミュージカル仕立てにしたい とかの 野望も持っておられた 熱心な先生だったので

韓国の童謡の 研究書や しーでーなど 貸し出したり

挿入曲を アレンジしたり

行くたびに 給食に混ぜてもらったり

楽しかった

しかし…貸し出したものが帰ってこず

まぁ 先生も忙しかろうから と 待ったものの

音沙汰なくて

だいぶ時間たってから お手紙書いたら

「担当の者がおりませんでわかりません」てな お返事で

数冊のうちの一冊は 返ってきたものの

あとは それっきり

うむむむむ

そして もやっとしたものが残ったものの

わたくしもいつしか 担当の熱心な先生の 名前も失念してしまい

あれって もらえたものとか思ったんだろか?なんて 無理やり解釈して

もやもやを 手放してしまったんだったな

手渡した本の名前も 覚えてないし

まぁ いいや

しかし

借りたものは返せよ〜借りたかもらったかきちんと確認しろよ〜もうやるなよ〜と

忘れてしまった その頃には 若々しい 青年先生の ぼわんとした 面影へ 声をかけてみる

あのとき がまずみ や ぬるでのポーズをやったら面白いよね♪なんて アイディアに乗ってくれた お子たちは

今どうしているんだろうな

その時のことは 忘れてしまってても いいけど

楽しかった時代の空気感が

今生きる日々に 活きていてくれたらうれしいな

そんなことを ふわふわと 思う

7daysbookcoverchallengeSpinoff「譲り受けたものの一部」テーマ その⑥

2022 年 1 月 20 日 木曜日

いやいやえん#7daysbookcoverchallenge から 勝手に 派生させた

個人的 本の振り返り おたのしみ

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

今回のテーマは「譲り受けたものの一部」

学校法人になったものの

諸事情で やむなく閉じることとなった 母校幼稚園 角田幼稚園から

受け取ってくださる方へ と 橋渡ししておりました

あれやこれや

渡ったものもあれば

未だ 手元にあるもの

手元にとどまることになったもの 

応接できない応接間にも どっかどっかと 置いてあるので

覗いたことある方は

何だこれは!?前より本 増えてるではないの!!!て 驚かれましたでしょう

そういう事情だったのです

いや そういう事情なくても 大変なことになってるのはわかってますとも

積ん読サグラダ・ファミリアの一部には そういう事情もあったのね てこと

お含み置きいただけなくてもいいんですけど

ちょっと言ってみたかったの

相変わらず 前置き長いが…

そんな中から 手にとって 今読んだぞ なものを ご紹介

六回目『いやいやえん』中川李枝子さく 大村百合子 え 子どもの本研究会 編集(福音館)

いまさら ですけどね

初めて ちゃんと 読んだな これ

わたくし生まれる前に 

『ぐりとぐら』コンビが

『ぐりとぐら』より前に かかれた ご本

場面設定や 空想への切り替えのなさが むしろ

保育現場感 ありあり

中川李枝子さんの 保育仕事現場での 日常から 生まれでたものなのだろうな と 思う

わたくし 関わる 保育仕事場『おひさま原っぱ保育園』は 

中川李枝子さんに お願いして 認めていただいてお名前を いただいたところ(いただく経緯については 過去に何度か ご紹介したので 端折りますけど)

ここを立ち上げるにあたっての 園長先生の お子たちへの思いは 変わらずにあっても

近頃の 行政の成約などで なかなかに 難ありなことも多い

でも そんな中でも なるべくよりよく…は 諦めずにいる

中川さんの 書く物語が 決して「旧き良き時代」と 振り返るだけのものになりませんように

そんなことを思いつつ

ほんの 週イチだけだけれど

できること

手を添えてゆきたいのでした

読むには読んだが

2022 年 1 月 11 日 火曜日

コスタリカへ近づく昨年 仙台YWCA企画上映『コスタリカの奇跡』で

もっと コスタリカに 近づきたい!と 思いつつも

なんとなく 足踏みばかり

それでも 地味に コスタリカ と 名のつくもの 由来のものを 見つけては 手にとったりしておりましたる

いつも 季節になれば 購入している ピープル・ツリー フェアトレード・チョコレートは 

実は コスタリカ由来の カカオが 多かったりすることに 気づく

すでに身近にあっても 

目を留めないものだな

富久栄珈琲さんの コスタリカチョコレートと コスタリカスペシャルの アイスコーヒー(豆だけのは なかった)

しばたまさん 時折 おられる 多々楽達屋には コスタリカパイン

そのあたり もぐもぐ ごくごくしながら

も少し人にも 近づきたいのでした

んでもって やっとこ『丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ 60年の平和戦略』足立力也(扶桑社新書)読み終えました

まぁ 読み終えたからとて なにか 目覚ましい理解とか 知識が 増えたわけでもないけど

映画で見るほど すんなりと 簡単なことでもなく

やはり 問題は山積みのようで

しかし 法律で 守られているから安心なのではなくて

平和とは 常に努力し続ける 終わりなき闘いなのだということ

求め続ける精神力が 耕されてこそ ということを 思う

地道に 暮らしで 思い伝えることを肥やし続けようと 思う

観てしまった

2022 年 1 月 11 日 火曜日

テレビドラマとしてはなぁ…昨夜 久しぶりに 「テレビを 観よう」と 意思のもとに 観た

そういうの久しぶり

テレビごときに わたくしの 大切な時間を 拘束されるもんか…みたいな 妙な気持ちが 生まれて

時間の決まった 連続ドラマなど 観たくなくなったりしてて

その割には 携帯電話でちまちまと 動画観っぱなして 時を過ごしてて

なにやってんだ!?ですけど…

何観たかというと

comicが 好きすぎて はひはひしちゃってた『ミステリと言う勿れ』田村由美(小学館フラワーコミックス)

もう出来上がってる世界を 改めてドラマにするなんて いらんわ!と 思いつつも

菅田将暉さん 主演と言うし

これはまず観てみないことには と

すこし 斜に構えつつ おりましたる

構えた割には

風呂に入って うたたねしてしまって

はっ!と 気づいたら

放送開始から ちょいと過ぎてました

あほう…

んで 茶の間では あんちゃが 書き物してるみたいなんで

父の 介護ベッドと ベッド用テーブルと 小机との 隙間から 変な格好で 覗き見る形で 観てみた

腰にも 目にも よろしくない

もぞもぞ 体勢 変えつつ 落ち着かぬ観かたでしたが

…ふ〜む

いい役者さん揃えた感じ

しかし 

本で 読んだ世界が 素晴らしすぎて 比べてしまう

あぁ これはあの場面 とか 照らし合わせてしまう

役者さんが 役そのものというより

演じてます…なる距離感

そのものに乗り移るのではなくて 演技ってそういうこと?

その世界に 巻き込まれるような 力 期待しすぎてた?

出来上がりの問題ではなくて

観ている わたくしの問題だろうな

書き物してたと思いきや あんちゃも 観たらしく

「なかなか 面白かったんじゃない?」て 言ってた

まっさらな気持ちでみたら よいのだろうな

次回も 観るかどうか ちょ と 迷う

自分 めんどくせえ

いたむ

2022 年 1 月 9 日 日曜日

先月亡くなられたと…おしい!訃報というものを シェアするのは 苦手なのだが

昨年 なんのきっかけだったか 手にした『まぁ、空気でも吸って』の 著者 海老原宏美さん(かあさまである けえ子さんとの 共著 現代書館)が 先月 亡くなられていたことを

今さっき 知った

篠田さんという方が 書かれた インターネットの記事

彼女の 前向きなとこ

しかし 気負い過ぎぬところ

ユーモアに 転じてゆくところ
 
好きだった

宍戸監督の『風は生きよという』未見なのだけど

きっと 近いうち 観ようと思っていた

いろんな思いめぐりながら

己にも「生きよ」と 改めて 言いつつ

いたむ

昨年の「最後」

2022 年 1 月 8 日 土曜日

ゴフスタインものもう これ以上本を 買わない!と 言っといたあとに 買った

本当の「最後」は

M.B.ゴフスタインもの 2冊 というか 

2セット

『Your Lone Journey あなたのひとり旅』谷川俊太郎 訳(現代企画室)と

『海のむこうで』BOXセット 石田ゆり子 訳(トンカチ)

『Your Lone Journey』の方は  ローザ・リーと ドク・ワトソンの 歌の言葉に 絵を描いたもの

何年も幸せに 過ごした二人を 死が分かつとき…という かなり わなわな 前が見えなくなるような 涙なくしては 読めないテーマで

案の定 ぱらりとめくって 滂沱!

しかし 元歌は カントリー とかいうあたりの 分類?

るんたかるんたか♪軽快な 旋律

しかし だ

内容を知ってから また聴くと

かえって 涙が 止まらなくなったりする

♪おーだーりん まいだーりん♪て あんた!んもおぉ

んでもってまた この御本を開くと また 涙

いかん!

「大好きな思い出はなくならない」という一文に なぐさめられながら

うぅ と 立ち上がる

そんな感じでした

BOXセットは 

五十年前に 発表されながらも 日本初翻訳

そして 原本を 忠実に再現した 英語版と

手触りの素敵な 布装丁の 日本語版

行ったり来たりしながら

愛しい本が増えたことをよろこぶ

ご褒美本だ

また後でゆっくり なでなでしながらよもう

7daysbookcoverchallengeSpinoff「譲り受けたものの一部」テーマ その⑤

2022 年 1 月 6 日 木曜日

森に学校ができた手に取られなかった本#7daysbookcoverchallenge から 勝手に 派生させた

個人的 本の振り返り おたのしみ

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

今回のテーマは「譲り受けたものの一部」

学校法人になったものの

諸事情で やむなく閉じることとなった 母校幼稚園 角田幼稚園から

受け取ってくださる方へ と 橋渡ししておりました

あれやこれや

渡ったものもあれば

未だ 手元にあるもの

手元にとどまることになったもの 

応接できない応接間にも どっかどっかと 置いてあるので

覗いたことある方は

何だこれは!?前より本 増えてるではないの!!!て 驚かれましたでしょう

そういう事情だったのです

いや そういう事情なくても 大変なことになってるのはわかってますとも

積ん読サグラダ・ファミリアの一部には そういう事情もあったのね てこと

お含み置きいただけなくてもいいんですけど

ちょっと言ってみたかったの

相変わらず 前置き長いが…

そんな中から 手にとって 今読んだぞ なものを ご紹介

5回目は『森に学校ができた』きたむらえり さく 片山健 え(1995年初版 2000年 第五版 福音館)

おそらく お子たちは 誰も 手にとっていないかもしれない

読者はがきと 栞が 真新しいまんま はじめの場所に収まっていた様子

よっぽど 物語好きで

早いうち 字も読めるようになった お子じゃないと 手に取らないだろう感じの本

かつて 人が出てくる物語よりも

動物の 物語が好きだった

神沢利子さんの『うさぎのモコ』が 基本みたいな感じ

揺るぎなく その子らの 世界観に まるめこまれるのが 心地よかった

しかし これ

動物たちの しあわせなものがたりではあるけれど

作者の方の 出身地「北海道空知郡の、石狩川沿いにあった古い小さな小学校の思い出とともに」とあるように

現実的なことも 基盤になっているからか

中心的動物と 捕食の立場で 敵対するものたちの 線引きが 難しいな と 思う

いや ものがたりは やさしく 楽しかったのだけれどね

やさしいだけに

自分の中では すとんと 受け取る前に 

ちくり と ひっかかってしまったのでした

7daysbookcoverchallengeSpinoff「譲り受けたものの一部」テーマ その④

2022 年 1 月 4 日 火曜日

みんなくいしんぼう#7daysbookcoverchallenge から 勝手に 派生させた

個人的 本の振り返り おたのしみ

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

今回のテーマは「譲り受けたものの一部」

その④

学校法人になったものの

諸事情で やむなく閉じることとなった 母校幼稚園 角田幼稚園から

受け取ってくださる方へ と 橋渡ししておりました

あれやこれや

渡ったものもあれば

未だ 手元にあるもの

手元にとどまることになったもの 

応接できない応接間にも どっかどっかと 置いてあるので

覗いたことある方は

何だこれは!?前より本 増えてるではないの!!!て 驚かれましたでしょう

そういう事情だったのです

いや そういう事情なくても 大変なことになってるのはわかってますとも

積ん読サグラダ・ファミリアの一部には そういう事情もあったのね てこと

お含み置きいただけなくてもいいんですけど

ちょっと言ってみたかったの

相変わらず 前置き長いが…

そんな中から 手にとって 今読んだぞ なものを ご紹介

4回目は『みんなくいしんぼう』長新太(1978年発行 福音館)

長新太さん 大好きだ

すべて読んだわけではない

まぁ その仕事量は 膨大だったものね

これも 未読だった

繰り返しのリズム

おなじでも それぞれに 出てくるものの彩りで 愉快さは 衰えぬまんま

「ちょっとおやすみ」のページが

いそいでよむことないからね〜て

長さんの 朴訥とした 声色を 思い浮かべたりしながら

ふふふ と すすむ

出版年に 幼稚園に 届いたのだとしたら

中学生だけど

なんやらかんやらと 幼稚園に 出入りしていた頃だ

その頃の空気から 染み込んでいるのだろうな

愛しさ 倍増したりもする

何人の お子たちが これを楽しんだかなぁ

そんなことを思って

色褪せた 背表紙を 撫でたりしてみる

これがもう最後…から二番目

2022 年 1 月 4 日 火曜日

ドクターハッシー

先月 

今年はもう本 買わない!と 言っといて

最後から 三番目の本を(中山七里さんの『おわかれはモーツァルト』と 田中由美さんの『ミステリと言う勿れ』)ご紹介しておりましたが

誰もが覚えてなくても

最後から 二番目も 言っちゃえ

動画沼の 一つ ドクターハッシーさん(橋本将吉さん)の 著作 三冊でした

『ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則』(KADOKAWA)

『医師が教える 薬のトリセツ』(自由国民社)

『ドクターハッシーの 不調の味方』(主婦の友社)

自分に必要な 内容だから というわけではなく

ハッシーさんの「多くの人が 医学的知識を武器に 健康で 笑顔でいてほしい!」という 心根に 感じ入って 人柄に 惚れて 購入いたしましたる

儲けたいとか 注目されたいとかよりも

「お金に余裕できたら 地球の裏側の 食べられないでいる こどもたちに ご飯食べさせたい!」て 言っておられる

応援したい

でも 読みやすい本ばかりだよ〜♪