‘お知らせも含む’ カテゴリーのアーカイブ

届きますように

2017 年 12 月 13 日 水曜日

『泥の水へとかかる虹』

つちびと作家 廬原可南さんの ご本『泥の水へとかかる虹』(わい・アート発行) 届いております

かなしかったことも

苦しかったことも

ぎざぎざちくちくしたあたりを 撫でて撫でて撫でて まあるくして

土の 

思いの 温もりで 温めた

そんな 言葉と かたち

かつてのことを

痛みとしてでなく

やさしく やわらかいものとして 思い出せるようになる

ちょ と すきま風吹いて さむいなぁ なんて 思いの くぼみに

すっぽりと まあるくおさまるような やさしさに

あたたまります

やわらぎます

そんな ご本です

つちびとパネル展 伝書鳩的 お届け人 させていただいております もりあやこ

こちらの ご本の お届けも いたしまする

初版 500部限定発売

是非にっ!と 希望なさる方は

ご連絡くだされ

届きますように

船岡駅前 花マルシェ

2017 年 12 月 2 日 土曜日

準備中二階の楽しいこと駅の前も楽しいよ鳴海キッチンさんフリゴレスさんとか控え室

お隣の 町

船岡駅前にて 花マルシェ

商工会議所さんに 控え室 提供していただき

現場を ぐるりと 見て回る

話すほどに すがすがしく 朗らかな気持ちになる 鳴海キッチンさん(お店のかたが 親戚んちの お酒『伯楽星』の 前掛けしててくださって はしゃいでしまった♪)

優しく素朴な 駅のかた

ふんわり素敵な雰囲気の ネイルの おねえさん

物販の かわゆい 親子さん

珈琲の フリゴレスさんとか

お花の販売とか

クリスマス装飾ワークショップとか

楽しみいっぱい

明るい時間から 夜8時半まで

ゆるるんと 楽しめそうです

わたくし オープニングあたり 3時頃

駅の二階のあたりで パフォーマンスしちゃおうかな てなとこです(いらっしゃるお客様次第)

ぜひ 美味しかったり楽しかったりきれいだったり…に おでかけくだされ

本日 船岡駅

2017 年 12 月 2 日 土曜日

本日 2日(土) お邪魔するのは 

船岡駅「花マルシェ」

うわさにきいて 行ってみたいなぁと 思ってた「鳴海キッチン」さんも 出店なさるとか

わ~い♪

わたくしは オープニングの 3時あたりで パフォーマンスさせていただきまする

夜8時半までの イベント

ゆるりとお楽しみくだされ(チラシが 昨日あがったばかりとか で 画像ないです すんまへん)

まだ あきがあるっ

2017 年 11 月 24 日 金曜日

1511いよいよ明日 

大阪の あったか 元気玉「がん家族セラピスト」たえさん こと 酒井たえこさん 

仙台に 来てくれるです

たえさんの お話を聞くと

きっと にこにこしたくなったり

だれかにやさしくしたくなったり しちゃう

ハンドマッサージの ワークショップでは 

きっと 自分も 気持ちよくなるぞ

だれかも 気持ちよくしてあげたくなっちゃうぞ

いまのとこ まだ 空席 ございます

予約なし 飛び込みも なんとか できそうなのだな

定員越えても なんとかしますで

ぜひぜひ おでかけくだされ~!

あすなろは 落ちこぼれの木じゃない

2017 年 11 月 23 日 木曜日

写真家 米原敬太郎さんの 紹介で 知った記事

これ 感動なの?

暴挙じゃないの?

プラントハンターって 植物密猟的な人なのだね?

干ばつ地帯とか 災害にあったところの緑再生とか 砂漠緑化に 尽力してほしかったりするけど…無理?

フェリシモは 結構 長く 関わっているけど
最近は 募金などするくらいでおった

なんか 残念なものに 関わっちゃってるなぁ
世界一を狙うことは 誰かは楽しいかもしれないけど
目先のことばかりなのって 
森羅万象に優しくない

木々は それぞれのやり方を得て 生きてきてるのに
人のイメージで「落ちこぼれの木」とか 言ったりして
あすなろの気持ちがわかる なんて 言っちゃうの だめだ

しかも もうやらかしてしまったことなのね

残念すぎる

神戸も だめぢゃん

米原さんの投稿ごと シェアしようとしたら
何度やっても できません なので
ネット記事のほう ひろってみました

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1947671.html

今週末 お話を聞きに来てちょうだい

2017 年 11 月 21 日 火曜日

いよいよ今週末ブログやら 顔本(Facebook)での 告知 遅くなっててすみませぬ

いよいよ 今週末 大阪は八尾の 元気玉 たえさん こと 酒井たえこさん 仙台に きてくれます

「ガン家族セラピスト」とか「リフレクソロジー」の プロだとか

ガン患者を 看病する家族を支えるための プロボラ活動

八尾の 楽しいもの美味しいものレポーター

いろんな 顔を持ちつつ

その根っこには ご自身の キツかった体験を 辛い思出話だけでは終わらせないぞっ!という バネのような しなやかさと強さ

「できるだけみんなが きらくにたのしくやわらかくいてほしい」という 温かな 思い 持っておられる

今回は「ガン患者の家族を救う55の Q&A~癒しのプロが体験から語る『つらさの乗り越え方』」(コミュニティ・パブリッシング)出版記念 全国行脚の ひとつ

和やかに お茶でも飲みながら お話を聞いたり

簡単セルフハンドマッサージの ワークショップもあります

11月25日(土)14:00~15:30 参加費500円

仙台YWCA(上杉の 勝山公園の近く ちっこい建物です) 一階ホールにて

ぜひぜひ 来てくだされ

わたくしも 司会的な立ち位置で うろうろしとります~♪

まるで セミオーダー

2017 年 10 月 23 日 月曜日

かずえさんのとうこう顔本投稿より

ずっと 気になっていたのに タイミングが合わない 舞台が

その舞台映像上映会があった

いつかきっと…と 焦がれる思いだけを

また 横に 積み重ねようとしていたとき

それを聞いた 制作の Kazueさんが

「森さんの 都合のよい日に 開催を試みましょう」と 言ってくださった

たとえ わたくしだけのためになったとしても

「本当に 観たいと思ってくださるかたに 届けたいのです」と

…とはいえ 

ただそのものを 観るためだけに プライベートな 密室で ということではなく

より その映像が 生きる場所

流れを 思い巡らせ

巡り合わせを 繋いで 

仕立ててくださった

小池博史プロデュース パパ・タラフマラ『海と横丁のある風景』

ヴァネツィア・ヴィエンナーレでも 上映された この作品のイメージを 更に 色濃く縁取るために

上映会後の イタリア料理屋さんでの 食事会もある

ふとしたきっかけで 気になっていた 詩人についての本を 手に入れようとしていたら

制作の Kazue さんが 手にしていた という本が その詩人のものだった

そして その題名が『タラウマラ』

「パパ・タラフマラ」の 命名に 関係あるのだろうか?

その事については まだなんの 情報もない

そして 昨日観た 映画『ニーゼと光のアトリエ』の中で 

映画のモデルになった 精神科医ニーゼが「アルトーのことばで…」と 

その 気になっていた詩人の名前を口にしていた

お友だちの ご縁で

効率よりも

より 確実に 手のひらに 受け渡すように…と

ていねいに ていねいに 撫でるように 整えておられる Kazue さんの 仕業を 知ったとき

このかたに お会いしたい と 密かに 憧れていた 

作品そのものを 知らぬままに

出会いが整えられていることを 感じる

まるで セミオーダーの イベントではあるけれど

扉は開かれているのです

時間と 気持ちの タイミングの合うかた

ぜひ いらしてくださりませ

きっと 何かが 腑に落ちる と 思うのです

より そのものにとってよい…と 整えられた 極上を

ご一緒に 辿りましょう♪

https://www.facebook.com/events/289013298269166/

雨でも 晴れがましい日

2017 年 10 月 21 日 土曜日

ぶんぶんせっと台風来てるの?

近くとおるのだっけ?

悪さしないでほしいなぁ

昨日の帰り道も

川みたいなところ ざんざぶざざざと 越えてきたよ

本日も そんな風

でも 定義山の 門前喫茶Norah さんの 一周年記念という 晴れがましい日

ぶんぶんで おめでとうぴょんぴょこしに まいります

お声がけ うれしいなぁ

雨だけど

大々的な ショーではないけど

来てくださったお客様と

美味しいたのしいひととき

ご一緒できたら うれしいなぁ♪

雨の日の お寺とか 山々って

また 格別にいいもんですし

混み合わない 紅葉愛で愛でできる ちゃーんす!

んでもって 門前喫茶Norahさんで

やさしくてたのしくておいしくてあったかい あれやこれや お楽しみくだされ

トワルのこと

2017 年 10 月 15 日 日曜日

パンフレットからトワルのことたくらむ人たちチラシに わたくしの 昨年の…が

服の デザインサンプル「トワル」

素材は 綿や 麻の しっかりしたもの

役割が終わると 廃棄されていたもの

これを 再利用しようというプロジェクトを 

毛皮リメイクTADFUR 松田真吾氏

写真家で美術家の 中村紋子さん

仙台市の 障害者福祉施設「多夢多夢舎中山工房」のメンバー18人とが 協同ではじめた

新しい服作りプロジェクト

塗っても描いても切っても貼っても 

思いのままに…

描くことに集中したり

お喋りをしたり

同じ風に吹かれたり

「服を作る」を 真ん中において

まあるい 時間と気持ちが そこに ふくらんでゆく…至福

夏に 参加した ワークショップで わたくし描いた「大漁トワル」(多夢多夢舎の みとむさんが 名付けてくださった)も 出張する 東京での展示は

11月30日(木)~12月10日(日)<4日~6日休廊>

11:00~19:00 A/A gallery(千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331#208)にて

7日(木)には ワークショップもあるそう

ぜひ この素敵な 巡りの輪に

ふれてみてくださりませ

気軽なお値段じゃないんだけど

2017 年 9 月 19 日 火曜日

切手と フィギュアセットで

7900円なんて

気軽に買える お値段じゃないんだけど

鳥獣戯画ときたら

心ぐらぐら 揺れる

郵便局め…

年賀で 売り上げ落ちてるからって あれこれ考えとるな

予約開始ですて

でも 年賀葉書は 毎年増えてるのよ わたくしが書く分は…

むうぅ