‘おんがく’ カテゴリーのアーカイブ

7daysbookcoverchallengespinoff「郷愁」その六

2020 年 11 月 14 日 土曜日

日本童謡百曲集#7daysbookcoverchallenge

今やっておられるかたって

もう 身近には おられず

あれなんだったのよ!?くらいの 一時期の波感

なのになのに ずっと続いてるぞ もりあやこ

そこから派生させた

#7daysbookcoverchallengespinoff

ワンテーマの 七日間

余波というか

余波の方が 長いけど

まだ 引き続く

今週テーマは「郷愁」

懐かしいような 切ないような 思い

六回目は

本といっていいか?

『加藤省吾 編 日本童謡百曲集 その一』(新興楽譜出版社)

かなりきちんとした 伴奏がついている

旧仮名遣い 昔の漢字

編者 加藤省吾さんて 誰かと思ったら

『みかんの花咲く丘』『かわいい魚屋さん』などの 作詞者でした

おばの 誰かのものだったのかな?

小学生の頃

めくっては

聴いたことない歌を 覚えたり

あぁ これ知ってる と 確認したりしたっけな

すべて 見通したわけじゃなかったようだ

改めて 全部 弾いて歌ってみようかな

何でか泣くやつ

2020 年 11 月 7 日 土曜日

たまきこうじ先日

車に乗る前に

しばらく聴いてないCDでも かけていくか と

無造作に つかんだのが これ

玉置浩二『カリント工場の煙突の上に』

この 表題の曲

初めて聴いたのは

CONVOY SHOWの 舞台だったな

ええぇ こういう曲で踊るのかぁ と 思った次の瞬間

曲の力に ぎゅううううん と 引き上げられるようにな感じになって

ちょっと びっくりしたまんま 涙が だばばばば~ん!と 流れた

そのときは 踊りの力も あったろう

カタルシス…つうか

吸引力に 身を任せる 快感みたいなものに

呆然としたっけな

のちに 曲だけ聴いたら

その 物語とか 歌の言葉と旋律の 相乗効果にも 揺さぶられた

んで

やっぱり泣いた

車で かけちゃいかん!(わたくしはね)

やはり 泣く

何でか 泣く

何のツボなんだろう?

わかんないけど

いい曲だ♪

音楽作戦

2020 年 11 月 7 日 土曜日

阿川泰子さんもの別に何かしなくちゃいけないわけではないのだが

己の中の 停滞も 相俟って

父のことも 停滞させてしまってるような気がして

焦ったって なんもならんのですけど

ふと 父の好きだった 音楽を かけたらどうか と 思って 何もせずにいたこと思いだし

父が手元に持ってる 数少ないCD

枕辺で かけてみた

まずは 阿川泰子さんもの

聴こえる?うるさくなかったらかけとく?と 聴いたら

うなづいた

心地よさが 生まれればいいなぁ♪

7days book cover challenge Spinoff「宮城県」その三

2020 年 10 月 8 日 木曜日

宮城のわらべ歌昨日はどたばたで 7daysbookcoverchalleng 投稿できず

誰から頼まれてるわけでもないのに 一週間 つとめようとする…全くもって 道楽者

みんなが忘れ去ろうとしてるってのに

そこから勝手に 派生させて 続けてる 物好き もりあやこ

ワンテーマの 7日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

今週は「宮城県」

三日目は

『日本わらべ歌全集4上ー宮城のわらべ歌』鈴木幸四郎 (柳原書店)

昭和61年の 刊行

短大卒業して 保育専攻科で 聴講生になってた頃に 入手した本

ばあちゃんの うたう わらべ歌的なもので 育まれた 幼少期

そのうたは やはり 載っておらず

どうやら 普段歌ったりしていたのは

自分等で こさえた歌だったらしい

小学校で「知っている わらべ歌を うたいましょう」授業で

いつも歌ってるやつ うたったら

「そんなのだれもしらないよ」て 笑われたのだった

しかし 試しに あちこちで 歌ってみたらば

近隣の 年配のかたがたの 中には

「あれ?ほいず 聴いだごどあっとぃん♪」と 懐かしそうに いってくださるかたもおられた

しかし…だ

「あぁ あんだ 森さんぃの がぃん?(森さんの家の子かい?)あんだぃの じいちゃんさは うんと お世話に なったんだどぃん」などいわれ

もしや 地域に根付いた スタンダードではなく

うちの じいちゃんばあちゃんが こさえた歌が 界隈で 流行ったということも 考えられなくもないかな…と

そんな大それたことさえ思う

…でも 公スタンダードの 始まりとて

大それた作曲家さまが 発表したものというわけでなく

こんな些細な日常が 始まりのはずだよね

そんな 根っこのとこ 体感できてたってことだよね

すごい財産じゃないか!

わたくしのなかでの 愛唱歌は

『ねずみこが』

『ぶだごなすた』

『おつきさんそらのひとりたび』(これは きっと どこかに伝わるわらべ歌とも思うが)

『あげづぼんぼ』(はやしことば)

『あんこもづどでがんす』(はやしことば)

『あそらだがんよ』(じゃんけん)

一般に知られてなくても

大事な だいじな この身に 染みてる わらべうた

お寺でチェロを

2020 年 10 月 6 日 火曜日

鈴木秀美さんちらしうら

お知らせ

もう差し迫ってて すまなんだす(いつものことだが…)

来週の土曜日 10月17日(土)

仙台 北山にある 資福禅寺で

午後2時より 鈴木秀美さんのチェロのコンサート「無伴奏の多様な世界」あります

主催は わたくしも 関わらせていただいてる 一般財団法人 仙台YWCA

入場料 4000円(ワンドリンクつき)ですが 中学生から 29才までは 2000円という 太っ腹(年齢確認可能なもの ご提示くだされ)

チェロ奏者であり 指揮者でもあり

著作も多数という このお方

知る人ぞ知る…つって わたくし 今回の 企画に触れるまで 知らずにおりまして ごめんなさい ですが

「えっ!?鈴木秀美さんなのに こんなお値段で 聴かせてもらっていいんですかっ!?」て 破格らしいです

パンフレット叩き台のなかの 鈴木さんによる 寄稿を ちょい読みさせていただいたら

いやはや 素敵♪

専門的なお話が するりと 流れ込むように 届く

なんの疑問もなく 見知っていた「無伴奏」という言葉

チェロって「落語なのかよ!?」とか

いやはや 愉快

多分 当日も そんな素敵で愉快な ひとときになるのだろな

楽しみだ~♪

受け付けお手伝いするけど

どっぷり 奏での世界にも 浸らせてもらうんだ~♪

有能補聴器オーティコンアジャイルプロライトミニさん

つけたりはずしたりしながら 聴こう

まだ お席 残ってるはず

きっちり ソーシャルディスタンスやら 消毒やら

コロナ感染防止対策も 怠りなく(来てくださるかたも マスクとか よろしくね)まいります

どうぞ お時間 こさえて 来てくだされ~♪

根本から 歪む

2020 年 8 月 23 日 日曜日

はじめの音己の心身の 調子をみる バロメーター的

ドビュッシーの『アラベスク 第一番』弾き

思えば もんのすごく 久しぶり

おそるおそる 弾いてみる

がったがた

ちょっと 忘れちゃったどころじゃない 錆び付き具合

いや もうそんな 部分的なことじゃなく

根本的な 枠組み自体 歪んでる

でも きっと それに気づかせてくれるから

よい兆候なのだ…と 思おう

ゆっくり弾き直すと 探り当てられず

前の前に戻って 勢いよく 弾き直すと

突っかかったところが ずぐっ!と 通りぬけられる

いつも 使ったり磨いたりしておかないといかんね

そんな反省

持続せいや!

三番まで

2020 年 8 月 15 日 土曜日

三つ編みぢょがくせい

先日『学生時代』の 歌詞を 改めて調べた話したら

母が「おかさんさも 書いでけらぃん」というので

三番まで 書いた

昨日 母の髪を 三つ編みにしてみたら

なんとなく ぢょがくせい という言葉を思い

「なんか つたのからまるちゃぺるで~♪てな風情だなぁ」と言ったら

母 すぐさま「祈りを捧げた日」と 応えてきた

すかさず わたくし ゆめおおかりしあのころの…

そして母「思い出をたどれば」

申し合わせたわけでもないけど

結局 三番まで かわりばんこで 唱和?した

あんちゃも「すごいじゃん」なんて 誉めてくれて

なんか ほのぼの楽しくなった

いいもんだね

唇に歌を

…まぁ 歌ったつうか

歌詞 言い合っただけだけどさ

ありがとうの思いと共に

2020 年 8 月 9 日 日曜日

わんだふるらいふっ先日の ダンスブルームさん 舞台の フィナーレに当たる 曲

主宰のゆきこさんが 選んでくださった JUJU『Wonderful Life』

コロナ禍による 延期だけでなく

己の状況 心象と もろかぶりのとこがあって

いつも以上に 曲が 染み入ること染み入ること!

そんな思いが からだの隅々満ちて

皮膚という 境界線越えて

膨れ迸り

それまた よろこび 伴っていたりもして

この曲に 出会わせてもらって

音楽の水底に 揺蕩うような思い いただけて

わんだふるらいふっ♪でした

今も 日々の とてぱた ざつざつのなか

いや しかしこれ まさに お~♪わんだふるらいふっ♪と うたう

ちと ヤバイ感じ

その熱 おさめるに(…まぁ おさめなくてもいいんだけど)

やはりまた 曲を じっくり聴こう

いただいた ダビングテープでなくて

曲を生み出してくれた JUJUさんへの お礼の気持ちも 込めて

「中古CD売り場にあったよ」の 情報もいただいてはいたけれど

ちゃんと 注文して 買って

作り手さんにも 印税がいくようにしよう とか

いつになく 生真面目なこと 思いましたとさ

高いけどね

十年近く 前に出てた アルバムだそうで

hontoさんから

「少しお時間をいただきます」と 言われた割には

結構早く 到着しました

彼女が 小田和正さんの 音楽番組で おしゃべりしていたの 聞いたことがあったけど

素敵な ことばだった印象

きっと 他の曲も よいだろうな♪

たのしみ

るん♪

7days book cover challenge Spinoff「幼い頃に」その7

2020 年 7 月 26 日 日曜日

ドレミphoneシリーズ自粛おうち時間をたのしく…と 誰かが 始めた

7days book cover challenge

そこから勝手に派生させた

1テーマの 七日間

題して #7daysbookcoverchallengeSpinoff

まだやんのよ~

今週の テーマは「幼い頃に」

七日目は

「ドレミphone」シリーズ(千趣会)

幼稚園の頃かな?

母が 注文しててくれた

毎月一枚 音楽つきの お話と 二曲の歌(みんなしってるうた あたらしいうた)…レコード絵本の 体裁

お話として 印象深く覚えていたのは

ギリシャ神話からの「やまびこエコー」と

「ふくろうのそめものや」

執筆者も そうそうたるメンバーで

長新太 今江祥智 芥川也寸志 大石真 大中恩 團伊玖磨 田島征彦 林光 神沢利子…などなど

4月から 7月までが 抜け落ちてて

どこにいっちゃったんだろう?

それとも 8月から申し込んで

翌年の3月までだったのかな?

今となっては 放送禁止にされてしまいそうな『ひとくい どじんの サムサム』作詩/谷川俊太郎 作曲/ 林光

マザーグース的で(マザーグースなんてまだまだ知らなかったけど)

今でも 時々歌っちゃう

こういうの いまもあるだろか?

ゆっくりゆるりと 注がれるような ものがたりと おんがく

今の時代のスピード感と 違ってるかもしれないけど

とても こころに よいと思うけどなぁ

ゲンズブールめぇ

2020 年 7 月 23 日 木曜日

夢見るシャンソン人形先日の 舞台で

ゆきこさんが JUJUうたうところの『夢見るシャンソン人形』踊られましたが

わたくし なにで この歌聴いたことあるんだっけ?と

思い巡らせてたら

あぁ 手持ちの 中尾ミエさん しーでーに 入ってましたよ

改めて みたらば

作ったの セルジュゲンズブールおんちゃんではないの!

あの 一捻り二捻りの人が

ただ かわゆい歌作るなんて…と 疑ったりもして

調べたら

揶揄とか

…やはりな

セルジュゲンズブールおんちゃんの キャベツ頭…とかなんとかいう アルバム持ってるけど

多分そこには 入ってなかったよな(発掘しないと 出てこん)

かわゆいおねえちゃんに 歌わせないと 意味ないもんね

いや まてよ

あの おんちゃんが 紅つけて 歌うってのもよいかも

…なんて あれこれ 妄想してたら

父の 携帯酸素ボンベの 予備一本だけになった連絡 せにゃならんかったの 忘れてた!

…いや 別に セルジュゲンズブールおんちゃんの せいではないのよね

おっと

昼の 経管栄養(白湯)の 時間ぢゃった

本日は ゆるりとした流れ

いい休養日