‘おんがく’ カテゴリーのアーカイブ

無理なく

2020 年 1 月 13 日 月曜日

みどりの草の旋律年賀状書き がんばるぞぉ と 声に出してたら

母「あんだ どうせ もう こだん遅ぐなっつまってんだから 今更 焦んねぇで 無理なぐ やらぃん」とな

おおぉ

かつては 遅く始めることを

なんでいっつも 早く始めねぇんだが…やら

もう お年玉当選発表だよわ とか

嘆き たしなめる口調ばかりだったのに

もう 言ってもしょうがない と 諦めたか…

まぁ かかりっきりになると 他のこと 更に ほっぽり投げの とっちらかりが ひどくなって 「呼ばっても 来てけんねぇ」てことなり勝ちだから…てこともあるだろけどね

うん

無理なくやるよ

定型文 部門は一枚につき15秒くらいかかる

単純計算すると ひたすら書いたとして 六時間くらいで 書き終えるはず

しかし きちきちきつきつに 頑張ると

言葉が 言葉としてでなく目の前に立ちふさがるような

ゲシュタルト崩壊的なことが 起こるので

無理は禁物なのだ

ましてや 思いや 意味を込めているはずなのに

意味がわからなくなるってのも いかんですので

緩やかにまいりますわ

言葉書きの時も 旋律に あてはまっちまって

そっちに引っ張られ過ぎて 字が わやわやになったりしそうな時は

休み時

息抜き抜き ゆきます

画像は 最後の色入れ

ホルベインドローイングインクスペシャルグリーンの 草っぽいの 描きいれるときに 頭の中に流れた旋律

こんな なんのやくにもたたんようなこと さしはさみつつ

のろのろり

旋律

2020 年 1 月 5 日 日曜日

下絵の旋律おんなじ 作業を繰り返していると

そこから 旋律が 生まれてくる

何かの歌の 一部に填まることもあるのだけど

今回の 年賀状の 下絵の時は

こんな 旋律だった

一小節目は 概ねの まるまるした形のとこ

二小節目は ちょんちょん と 小さな丸の形のとこ

最後の 伸ばすとこで 横によける

自分の意思で 歌おうと思ってないのに 生まれでるってのが

なんだか 不思議に愉快なのでした

楽しむ才能

2019 年 12 月 20 日 金曜日

音確認とかネタ確認とかふざけたり音を さぐる集合写真!?アー写とはいえないか…

本日「あ♪のねの会」で 呼んでいただいた 保育所

何度目だっけ?

なんか もう「ただいま~♪」の 気持ちになっちゃうとこ

全体的な 雰囲気が あたたかく 肌馴染みのあるとこ…建物も 人たちも…

前にも 会いましたさんも いたのかな?

始まる前から

わたくしの ウォーミングアップ姿に 突っ込み反応してくれてて

楽しむ才能 ありあり

つい 乗せられるように やたら 張り切っちゃって

始まる前から 汗だくになっちまった

いつもより 激しいの少なめ てのは

気のせいだったかも…

新ネタの『びっくりこたつ』…実は 昨日 おひさま原っぱ保育園で 12月の誕生会にて 初お披露目してみたのだが

かなり ぐだぐだだったとこ

本日は 若干 解消できたものの

改良の余地 大有り

コンパクトさ 優先して 不都合を 笑いにかえるか

見てくれを優先して 運搬の不都合を選ぶか…の 二択になりがちなとこ

両面おっけにせにゃならんよな とも思いつつ…

メンバー四人 それぞれが 己の得意とするもの 寄せ集めて

何倍にも 膨らむ感じ

支えられる中で うきうきのびのびやらせてもらえる

しあわせだ

珍しく 仕込み時間から参加できた はずなのに ただふざけてた

すんまへん

「もっとみたかったなぁ」

「またきてね」

「すっごく おもしろかったよっ」て

ハイタッチしてきてくれる おこたちに 救われつつ

甘んじすぎぬよう

また 更に 楽しいの 仕込んでゆくね

また会えたらいいね

明日も 別現場 児童センターにて

張り切る

いいぞいいぞ 七ヶ宿

2019 年 11 月 23 日 土曜日

台風19号によって

国道113号線やら 通行止めで

辿り着けなくなってた…と 思われてる 七ヶ宿周辺

迂回できます…てなことを

お歌にしたとな

DA PUMPの『U.S.A.』の 替え歌

その名も『U.K.D.~迂回できます~

こりゃいいぞ♪

こういう たてなおしかた 最高ぢゃ♪

水守の郷 石釜ピザの 海ちゃんも

今日から 三日間 お店オープンだっていうし

ふぁいとだ♪

はっぴーごーらっきー

2019 年 11 月 4 日 月曜日

わにばあちゃんも みつかった♪音楽ご機嫌ぼろぼろは続くいつか終わるのだろうか?

探し物をしてた

ないなぁ なんて

己の始末の悪さに うなだれかかったときに

ふ と かつて探していてなかなか見つからなかったあれこれが出てきて

おぉ ここにあったか

あらら あんたもここにっ!?なんて

しだいに 楽しくなり

あれこれ引っ張り出して

本来が どこにあったのか どうでもよくなったりして

はは のんきだね♪

本日は 母デイサービスお出掛けも見送り 完了

ゆるりとした気分で

思いがけなく出てきたカセットテープかけながら

永遠に 終わらないかもしれない ぼろぼろ ネパールズボンの 繕い継ぎ接ぎ

そういや このカセットテープの もとの音源レコードの ジャケットが ご機嫌な感じだったよな

『HAPPY GO LUCKY』RAGMAN LUCKY ROBERTS PLAYS A HONKY-TONK PIANO

はっぴーごーらっきー…て言葉を 知ったのも

これがきっかけだった

幸運を祈る とか

楽天的な とか

のんき とかいう ゆるんと 明るい意味合い

あとは 言葉からして しあわせ~♪て 思ってたら ますますいいこと 幸運を呼んでくれるよ…てなかんじだろかなぁ て 解釈してて

人に 声援を送るときも つい 用いていた

…間違ってない?

ま とにかく

ゆるんと 楽しい気持ちで

レコードも 探してみよう(一応 そのものにたどり着ける道を切り開くという お片付けもかねる)

そんな一日

はっぴーごーらっきー♪

の~んの日

2019 年 10 月 20 日 日曜日

最後の練習の日フォーメーションなおみきぬこえみさなみわかまゆみなぎさあやこ久しぶりに聴く

本日は わたくしも 舞台のはずでしたが

台風を受けて イベント中止

一年かけて どきどきわくわく初舞台のために 練習に 励んでくださってた「ぶんぶん倶楽部」の みなさま

残念…

ほんっとに 一人一人の キャラクターが

励みっぷりが

美しくて 愛しくて

いつか ぜひ

何かのかたちで みなさんに見ていただきたいなぁ

きっと もっともっと 余裕の心で(余裕ない感じもまた すごく かわゆかったりするのですけど)

たくさんの ナンバーを ひっさげて

お目にかかれる日 探らねばな

そんなこと 思っておりますで

みなさまよろしく

んで イベントがなくなった分

切り替えて

被災助太刀とか 行楽とか

お出掛けでもしようかと 思っていたのでしたが

一昨日辺りから 体調 あやしげ

喉におった 嫌な感じの いが…が

今 頭に上りました

出掛けちゃダメな感じだ

ううううぅ

休めってことだな

休める日に 具合悪くなってくれて

なんとも お利口な からだだよ まったくもぉ

茶でも 飲んで

音楽聴いて

または なんも せんで

時間に縛られんで(母のお迎えに 行くまで)

の~んとする日に しよう

ちょっと 染みた

2019 年 9 月 7 日 土曜日

今更だけど

竹原ピストルさんて人の歌を 聴いて

うわ 染みる と 思った

武骨に 熱い

直球

むしろ新鮮

言葉も受けとりながら 聴く とか

聴こえの問題 で

言葉を 受けとりながら 聴くことから 遠ざかっていたし

こことこ 左右の 音程のバランスも 違ってきてるようで

尚更

久しぶりに 聴こうとして 聴いたから 余計に 染みたのかも

また うたを 聴くことを 諦めずに いよう

「救われます」に 救われる

2019 年 7 月 12 日 金曜日

たのしくやれるといいな先日の 角田幼稚園「リズムであそぼう」活動

今からもう クリスマス会での発表を目指したものもやってほしい 要望あり

ストーリー性のあるもの

一人一人に出番…台詞と 見せ場があって

楽器も演奏して

締めに 合奏をしたい…という

昨年は 物語だったけど かなりのびのびしすぎてて

やってるお子たちは いまだに「あれまたやりたい」と

すんごく楽しんでくれたのだけど

一人一人の見せ場…という面では 足りなかったんだろうな

合同クラスだし(年齢の違い 混ぜっこしてある)

練習しやすくて たのしくて…と

あれこれ 絵本も 思いめぐらせて

『とりかえっこ』作 あまんきみこ 絵 二俣英五郎(ポプラ社)にしてみた

お子たちにも 大ウケして 手応えあり♪と すすめてみたものの

登場する 役柄で ひよこばかりが でずっぱりになる…

ならば そこは 先生にやってもらうてもあるね と いったものの

物語と登場人物の 組み立てをなさる 担任の先生としては

悩みどころだったらしい

しかし 先日の リズムであそぼう時間に

お子たちの遊ぶ様子を見て

もしや ひよこだけが 延々と とりかえっこするのじゃないパターンもありかな?と 思い付いて

活動後に 担任の先生と 話をして 路線変更

物語も組み替えてしまうけど

そこはまぁ ベースになるお話があって そこから遊んじゃう てことで ゆるしてもらおう

挿入歌も 気に入ってもらえたようだし

なにより 不安そうだった 先生のかおが ぱぁっ と 明るくなって

「希望が見えました♪救われます!と」言ってくださった

おぉ

そんなことばに わたしが 救われますわっ♪

夏休み明けまで しばらく 会えないけど

また 夏を越えたたくましさで 再び たのしいひととき&完成へと向いて行くひととき

たのしみだっ♪

昨日のライヴ

2019 年 6 月 9 日 日曜日

踊るおぢちゃんたちご機嫌なピアノおどるおどるJudithさん前半終了

きっと 常連さんとか

バンドの ファンのかたがたなんだろな

でも「いつもどうも」てな やりとりも

いやみなく 愉快に あたたかかった

ステージ真横 1番テーブルに どこぞかの 紳士と 相席

バンドのかたや お客さんと 会釈したりしてるから 身内のかたかと思いきや

jazzが好きで イベントなどで 顔見知りになった…てだけのような

「さっきの あの人 なんの人ですか?」とか わたくしに 質問してくるし

えとえと わからんです なんですかねぇ 重鎮ぽいですねぇ なんて 応えた

「寒くなるかと思ったのに 雨やんで なんか暑くなってきたよね」て

知り合いみたいなのりで 話しかけてきて

あぁ もう 顔見知りとか 顔見知らないとか

どうでもいいんだよな

ここに 居合わせて

ひとときを 共有してる

感じたことを 構えなしに 受け渡す

いいね♪とか

ゆかいだね♪とか

そんな ことば 交わすだけで

充分だね

指揮するみたいに のりのりの人

ついつい 踊り出しちゃう人…踊りたくなるのは おじいちゃんぽいかたがたで

出るときに 司会なさった 女性と ヴォーカルのJudithさんが 引っ張り出されるのだけど

お二方とも 見事に それを受けてたってた

素晴らしいや

緊張なさってる?ハワイアンバンド五~六曲 踊ったかな?ありのぶぱぱ空がかわってゆくお衣装 かわゆいうっとりじゅでぃすさん 再びみんなが たのしんでるやっぱり踊っちゃうハッピーバースデーのとこ踊らずにはいられないありのぶぱぱ メインヴォーカル最後も 盛り上がり大団円

後半の ゆきひめパパ ありのぶリーダー率いる ハワイアンバンド

フラの方々も 共演なさって

緩やかに華やか

前半の ビバップスとは また違った ノリだけど

時折 ジャズナンバーも 繰り出して

jazzファンも のりのり(やはり踊り出す人あり)

All Of Meでは ビバップスのかたも 飛び入りで うたいだしたり

誰だかわからないけど 誰かの知り合いのかたがお誕生日だから と

はぴばーすでー 演奏してくれ なんて

思いっきり ハプニング的 サプライズもあって(頼まれたバンドのかたも いきなりでビックリしつつも にこにこ応えてて)

いやはや ゆかいでありました

意地をはるとか

こだわりすぎるとか

何かのために…とか

そういうのさておきにして

そのまんま その場を たのしんだひととき

ほぼリアルタイムに ゆきひめには パパの 姿を 顔本(Facebook)メッセンジャーにて 送ってたけど

「緊張して顔あげられないんじゃない」なんて

親子の思いも ほほえましかった

それから 支払いの時

始めにチケットと共に受け取って 飲み物注文で 渡したドリンク券

伝票ボードに はさまってて

一緒に出したら

「これ 次回こちらにいらしたときに 飲み物サービスいたしますので お使いください」とのことでした

あらま そういうの 素敵♪

はじめからおわりまで よきひととき

ゆきひめ&ありのぶパパ

きっかけ ありがとうござる~♪

てゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃりゃ~♪

2019 年 5 月 2 日 木曜日

乱暴な一人飯布を並べただけ明日はも少し進もう

本日の 作製仕事

くろあげは羽化に 浮かれ(まさにこれとしか言い様のなさ)

うれしささびしさ脱け殻感などに

ぼぅ と してしまい

気づけば ほぼ手付かずのまんま 昼になり

乱暴な 一人飯など こさえ

昼下がりに やっとこ 材料を並べたら

致命的な 買い忘れに気づき

近くの 100円ショップに 小走り

帰宅してほどなくしたらば

ちちはは デイサービスから 早めのお帰り

むうぅ このままでは なんも 進まん!と

ばんげの支度始める前に

マッハで 一部分の パーツ 切出し 縫い 綿詰め

…なんとか 一歩進んだ感じかな

この まだるっこしさ

『一週間』の おうたを 思い出したよ

まぁ 楽しいからいいや

明日 も少し 進んだら 御の字

てゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃりゃ~♪