サイトにあるメールでなく(この投稿 しばし 先頭表示いたします)

2014 年 10 月 4 日 土曜日

相変わらずです

すみませぬ

こちらのホームページの ところにありますメール…

受けとれぬ状態におりますもので

ブログのコメント欄(表示されない場合は 投稿記事のタイトルを クリックしていただくと 登場します)

もしくは

bunx22@ezweb.ne.jp あてに ご連絡くださりませ

ほんっとに 電脳世界に 関わっちゃいかんような わたくしですね

とほほ

よろしくお願い致しまする

7daysbookcoverchallengeSpinoff「あいうえお順」その四十四

2021 年 1 月 19 日 火曜日

ベンジャミンバニーのおはなし自分ちなのに 宝さがし気分

#7daysbookcoverchallenge の 流れから 勝手に 始めた

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

テーマ「あいうえお順」は 続く

濁点シリーズ

四十三回目「べ」

『ベンジャミン バニーのおはなし』ビアトリクス・ポターさく・え いしいももこ やく(福音館)

揺るぎない 世界観

すごいよなぁ

はじめて知ったのは

小学生の頃か

同級生の よーちゃんちに あった

日本に 紹介されて 間もないあたりかな?

うっわ!すごっ!!て びっくりした記憶

うさぎって 自分としての 自我みたいなもので(自画像を なんの疑いもなく 兎でかいてた ぽんつこだったわよ わたくし)

しかしそれらは 泣いたり笑ったりの表情あるものだったけど

この ピーターラビットシリーズは

紛れもない 現物兎の 一見「無表情」そのまんま

しかし 物語は 現実と 想像との あわいの 線引きを うつくしく 滲ませて

作品として まるっと まとめておられる

無表情だけど 物語を見せる てのは

まるで パントマイムの 仮面のテクニックだわね

…違うか!?

ま とにかく 見れば見るほど

感服敬服

気持ちきりかえうまくやりたい

2021 年 1 月 19 日 火曜日

うしたんめんこ母の 夜中の 痛み訴え 加速

メガホン(ベッド枠に ぶら下げてある)で 叫ぶ

留守番電話に 叫ぶ

電話かけて呼ぶ

しっこ助太刀は あんちゃを 呼ぶものの

それ以外に さすってほしいときは わたくしを 呼ばるようだ

薄情娘 それを 寝物語に聞きながら うとうとしたまんま

しかし ふっ と 枕辺で 牛太郎

小腹すいたのだが…と ちくちく 時計に 変身する寸前

その様子に

うっし~ったら いっつも めんこちゃん♪などと

糖度300倍増し増しな 声で 起き上がって 写真など 撮ってみたりして

ああぁ…

すまぬ 母よ

ぞんざいだけど 背中さすりに 行きました

この「なんだよなんかいもよぉ ちっ」てな 安易な ぶつくさ感情を

否定せず まずは受け止め 手放し 切り替え

もすこし 柔らかな気持ちで

辛かろうに とりのぞくことできなくてごめんごめん…なんてな

ゆくゆくは

透き通る 天使のような気持ちになれたらよいのだけどね

…まぁ まんず 無理だ

でも ぶつくさ言うても やってゆこうと思うよ

なるべく ぶつくさしたくないので

せずにいられる心持ちの ご機嫌の取り方 工夫してな

余計な働きばかり一生懸命になっとる 母の脳細胞の一部も

切り替えうまくなってくれろ~!!!

さりげない一言で受けとる

2021 年 1 月 18 日 月曜日

薔薇色 野薔薇の新芽本日午前中は

母の 火傷の 診察 その後の ご様子うかがい

愉快な若人てな 風情の 有明せんせい

母が足 持ち上げられたとたんに「いでででてぇ!」ていったら

「は~い じゃあ 痛くなったら 言ってくださいねぇ」と にっこり

「いだいっていってんですけどっ!」とか また 声張り上げる 母

遠慮なく 叫んでましたわ

ちょっと 母 朝「いででで」禁止つったよね

「なんつえばいいんだっけ?」

「ぶぶぶぶ」て 決めたよね

「ぶぶぶぶぶ~!」と

あほうな おやこやりとりしてました

有明せんせいも 看護師さんも おおらかに 落ち着いて笑ってらっしゃいましたわ

「ぶぶぶぶぶ」は

数年前 謎の 背中腰 痛みを 暇なし 訴えた 母に

あんちゃが「いでででばかりいってると うるさいし 悲観的になるから」と

考え出した もの

なかなかに愉快で

聞いてる方も 苛々っとせず

笑ってしまえたっけな

こことこも あまりに 昼夜 のべつまくなしなもんで

久しぶりに 導入しよう と 提案したのだけど

病院では 恥ずかしがって 言わないかな と 思いきや

なんのためらいもなく 言ってくれましたわ

くすくす

「もうじきなおりそうだけど また 来週も 様子見せてね」と にっこり言われ

「えっ!?また来なくてねぇの!?」と キッと 睨み返す 母

良くなるためなんだから がんばろね

その後

近道(職員通用口)通らせてもらって デイケアへ

緩やかで 長いスロープでなく

急で 短いスロープ 後ろ向きで降りようとしたら

ちと バランス崩し

加速して 道路に 転げ出そうになったもんで

腹ぢからで 食い止める!と 踏ん張ったら

ぞぢぢぢぢ と 雪駄が 両方とも 脱げてしまい

ややや 焦ったら やっぱりだめだった 雪駄が 脱げちゃったよ わはははは なんて 笑ってごまかしたら

「大丈夫ですか?」と 柔らかな声

どこの紳士かと思いきや

お米クリエイター 農業愛 の 人 佐藤裕貴さん

お米 配達中らしきとこ

声かけてくださったのでした

うわは 無様な 慌てっぷり 見られちまいましたね

しかし なんだね たった一言だけど

その 声色含め

その人の 人柄のよさとか

ほわん と 伝わるものだね

なんだか まあるくつつまれたみたい

こちらまで やわらかな気持ちに なっちゃうな

ありがたいな

雑は いかんね なんて もう 何百万回めかの 反省などもしつつ

母を送り届けた

寒い日々の 中の 暖かな 日差し受けて

花より 薔薇色の 野薔薇の新芽 眺めて

うむ 大丈夫だ なんて

脈絡ないのに 結びつけてみる

ふゆきたりなばはるとおからじ

呪文のように唱えつつ ゆく

におう

2021 年 1 月 18 日 月曜日

におう先週 母

デイケア お風呂なし 着替え持たずの日

ウォシュレット操作の 間違いなのか 故障なのか

パンツと ズボンを だら濡れにしてしまい

紙パンツ 買わされ(140円 高級?紙パンツ)

ズボンを お借りすることになった

5Lでかい!

でも 安心してはけました模様

洗ってお返しすることになってたのでしたが

この ズボンの 臭うこと臭うこと!「匂い」…というより 「臭い」なのですわ

嘘果物?

嘘花?

昔のバスクリンとか

安い居酒屋の トイレの芳香剤っぽいと言うか…

わたくしの 洗濯が 石鹸(ほぼ 石鹸素地のみのもの)と クエン酸中和だからか

余計に 臭いが 気になる

洗おうとしたら ほかのものに臭いがついちゃいそうで

別に 分けて洗ったけど

脱水だけ 機械使うもんだから

そのとき ほかのものに 若干 移り香あり

うちでは あんちゃが 自分のものと 家の タオルなど 洗うとき

頂き物の 液体洗剤使ってるので

ある程度 においは あるのだけど

それにしても その比ではない

いやはや すごいね

洗っても 落ちないよ

デイケアの スタッフさん お迎えに来てくださるときも

動線に 匂いのリボンを ひらひら なびかせてゆく

みなさん においがつくようなものを 敢えて選んでるのだろうな

いろんな匂い 香水に 興味があって あれこれ 購入したり 調べたりしてたけど

こことこ そういう人工香から 離れてるからかな

余計に 敏感になったのかも

これ アレルギー的 過敏症で悩んでる方々 辛かろうなぁ

そんなこと 改めて しみじみ思いつつ

お返しした

父の ズボンの うんこさんついちゃったものは

やはり 石鹸だけだと う~む 残り香?て 思っちゃうので

やはり アロマオイル的なものを使ってしまうから

わたくしとて 人のこと言えないのだけどさ

すこしはできたのさ

2021 年 1 月 17 日 日曜日

かわかすだーちゃんパレット本日の 年賀状作成は

色入れ 第六行程に やっとこはいった

しかし 500/700どまり

飯台に 並べた 塗りたて200枚

乾いたら 残りの 200枚 やって 一区切り…と 思って

一旦 珈琲休憩 と お湯沸かしてたら

どぅっ! と くぐもった音

振り返ったら 外から帰った にゃんこ

年賀状の上に 飛び乗り

なんかたべものあったらうれしいなっ♪てな風に

ぴゃ~♪などと 一鳴き

そんなに 泥足ではないとしても だ

やめれやめれやめれ~!と

静かに焦りつつ 抱き上げ下ろす

…というのを 数回繰り返すことになり

ううぅ

ただ どかしたとて なんの解決にもならないの わかってますとも

ちょいと おやつ的なものを 差し上げたあと

作業に戻ろうと思いきや

あれれ?

さっきたっぷりあったはずの インクが なくなっとる!

蒸発?

しかし よくみたら パレット的に 使ってる お菓子の缶の蓋の かどっこ

錆びて 穴が開いてた

そこから 漏れだしたようで

敷いていた タオルが 素敵な ホルベインドローイングインクスペシャルグリーンに 染まってた

ううぅ

気を取り直して 新しいインクを と いったとこで

父の部屋から うめき声

行ってみたれば

滞らず おでました うんこさん

しかし お襁褓の ズレから 気持ちよくない風に 漏れてました

んがぁ!

このゆるみは わたくしの 装着のせいかもな

緩く装着したのではなく

漏れぬようにしっかり と やり過ぎて

父としては いづくて 自分で緩めちゃったらしい

ああぁ すまぬ

しかし 滞らず出てよかったよ

しかも もしかしたら…と 漏れ防止シート 敷いててよかったよ

そう すべて よかったんだよ

良い区切りのきっかけだったよ てことで

作成継続は まるっと お仕舞いにして

お襁褓交換 に 立ち向かいました

…立ち向かう てのも 妙な言い方なのだけど

まだまだ 手際良くできんもんでね

えとえと これはどうしたらいいんかな なにをまずやったらうまくいくかな!?なんて

毎度毎度 べらべら 喋りながら やってるもんで

父も 何やらかし始めるんだ!?てな 困惑顔になったりする

でもそのうちもっとうまくなるからねっすまんねがんばるねっ なんて ずっといってる

呆れたり ムッとしたり

その日によっていろいろだけど

そんなやり取りできる幸せを 改めて 味わってもおるです

お尻拭きペーパー消費削減への道 地道に ゆけ!