サイトにあるメールでなく(この投稿 しばし 先頭表示いたします)

2014 年 10 月 4 日 土曜日

相変わらずです

すみませぬ

こちらのホームページの ところにありますメール…

受けとれぬ状態におりますもので

ブログのコメント欄(表示されない場合は 投稿記事のタイトルを クリックしていただくと 登場します)

もしくは

bunx22@ezweb.ne.jp あてに ご連絡くださりませ

ほんっとに 電脳世界に 関わっちゃいかんような わたくしですね

とほほ

よろしくお願い致しまする

ヘリポートで

2018 年 2 月 21 日 水曜日

1519177691518-152269344715191777380481099029260ひさしぶりに ぜろちゃんたち(零歳児クラス)に 助太刀で 入った

もう みんな 一歳となり

ぐんぐん 一人で歩けるようになって

わかるような 単語も 幾つか 言えちゃう

Aくん 得意な単語は「とぁっくっ」

トラックのことですが

以前は すべての車が「とぁっくっ」だったのに

今では ちゃんと トラックが「とぁっくっ」だよ

進化したね♪

散歩に出掛けるぞ てな 「その先のたのしみ」のために 楽しいんじゃなくて

歩くことそのものが たのしい♪て 弾ける笑顔

いいねいいね そういうの

果たして わたくしは そんなふうに こころもからだもまるごと 突っかかりどころなく 楽しく笑ってるだろか?なんてなことを ふっと 思ったりもして…

その後 Aくん

大きいさんたちと 合流しても 物怖じせずに 遊んでて

そうそう 危険なとこにも いかなそうだし

みんないるとこに 馴染んでるから 大丈夫だ~と 目を離したらば

気づくと みんなで 注意!と 避けてた ベンチの近くにあった 犬の うんこ 拾い上げてました

うあああぁ!

ゆきこせんせの 素早い対応で 回収

みんなの叫び声で さすがに まずいと 思ったか

逃走もせず 神妙な顔で 回収に 従ってました

消毒のため ひとあしさきに 園に戻っていった Aくん 見送り

後半は 大きいさんたちと ヘリポートで 煉瓦の 目地から 詰まった つちを ほじくりだしたり

「ピース」と「三歳」できるよ~ と 自慢してきた Rちゃんと Yくんの リクエストで 指先写真を撮ったりして

ほのぼの ひだまりに にこにこがおも たっぷり たまっておりました

懲りずに煮魚

2018 年 2 月 21 日 水曜日

なめたがれい

父 朝起きるなり

「夜 痒ぃくて 目ぇ 覚めだ 蕁麻疹だ ひどい目に遭った あの鯖だ…買ったばっかりでねがったべ?」ときたもんだ

確かに 昨年末にいただいて 冷凍してたもんだけどね

わたくしは なんでもないのですけんどね

父 からだ弱ってるからかなぁ

すぐ鯖のせいにしてるけど

昨日 初めて使った 抗菌目薬のせいとかではない?

しばらくしたら収まるといいけど

ばんげの なめたがれい 煮付けながら

また魚かよ…て 思われるだろか なんてなことも 懸念しつつ

ちょ と 腰から 警告信号 び…

あぶないあぶない

慌てずいこう

松島かもめ印

2018 年 2 月 20 日 火曜日

まつしまかもめじるし松島かもめ印 春雨

国産原料

白石興産のもの

安心素材だ~♪

母が 春雨 苦手になった理由が

ちょいと前に あんちゃが 昼の弁当で よく食べてる カップ春雨スープを 母に提供して

それが しょっぱくて辛くて

はるさめもろとも 嫌いになっちまったのだと…

んでは しょっぱくも辛くもない 春雨の スープで 好きになってもらおう…と じわじわ 懐柔中

この間は 先入観で 春雨 総残しだったのだけど

次回は如何に!?
 
たのむぞ 松島かもめ印

塩なのだけど味噌

2018 年 2 月 20 日 火曜日

塩鯖なのに 味噌煮

本日のばんげ

父と わたくしは 鯖の味噌煮

母と あんちゃには 海老入り魚の擂り身 ステーキ風(しゃれていってるけど 擂り身焼いただけ さつま揚げっぽくなった)

うきうき 準備してたら

あれれ まてよ

頂き物の 冷凍鯖が

どうも 塩 纏っているらしい

しまった…

ざっと 茹でて お湯なげて

またしばし 茹でてから ひっぽの元気な味噌 三年仕込み 入れてみる

生から作るよりも しょぼしょぼしてる気はするが

思ったより しょっぱくはなかった

まぁ よしとしよう

こんだぁ 焼こうっと

光陰矢のごとし…的な

2018 年 2 月 20 日 火曜日

光陰矢のごとし…的な早すぎる

うちの 応接間にある

電波を受けて 時間を合わせる時計

こことこずっと 合わずにいて

電波 どうなっとる?と 思ってましたが

昨日 ふとみたら

高速で ぐるりぐるり回ってました

光陰矢のごとし…的な 戒めですか?

いやいや きっと 合わずにいたの 悔い改めて

これから 時間ぴったりになったら 止まるかな?

しかし 現在時刻を すっ飛ばして また ぐりぐりぐりぐり

まるで ホラー映画の なにかが始まる前触れみたいな 有り様

うひゃあ

それ 今日になっても続いてて

うちに ピアノに来た お子達が

うひゃぁ…と やはり 驚いてましたる

ちょ と こわがる お子

うひひひ て 面白がって 楽譜も見ずに 時計ばかり見て 弾く お子

なんか…すまぬ

うちの時計って いくら 合わせてもすべて それぞれ勝手な時間指してて

もう 諦めて

概ね そんなあたり 程度で 気にせずにおりましたが

この 高速ぐるぐる時計は どうしたもんかいな と 思いつつ

いつまで回るか 面白がって ほっといてる

あんちゃから「止めてやったら」なんて

時計を 労うような言いかたされたが

電池なくなったら 止まるのかな?

見届けたい気もしつつ

次のお子達が また 怖がったら

はずすか…