パパラホテス(paparajotes)の朝

ちょっとこんがり過ぎ葉っぱは 食べないパパラホテス

念佛さんの ココノツファームから 送っていただいた 第一便は

無農薬 青檸檬と 檸檬の葉っぱのセット(おまけの レモングラス…これまた んまい♪)だったのだけど

檸檬の葉っぱの用い方に

パパラホテス(paparajotes)という スペインのドーナッツ的なものがあるとな

檸檬の葉っぱに ドーナッツ的な生地を まとわりつかせて 揚げるもの

生地に 檸檬皮のすりおろしと シナモンを 混ぜ込む

揚げたら シナモンシュガーを まぶす

そんなあたりが ポイント

んで またもや ポイントを抑えつつ

基本を かなり 逸脱してみたりするやつ わたくし

小麦粉でなく

ベーキングパウダー使わず

量も 適当に…て

なんかもう 本家本元さん ごめんなさい だけどな

米粉と 牛乳 同量くらい

その半分くらいの卵

卵より少し多いかな?の 甜菜糖

塩と 重曹 ひとつまみずつ

レシピ通りなのは 檸檬の皮のすりおろしと

シナモン(十数年前に 神戸の中華街で買った もんのすごく分厚くて硬い 桂皮の 擦り削りおろしたもの)を 入れたことかなぁ

揚げ油も レシピだと オリーブオイルだけど

米油にしましたる

要は 揚がればええんぢゃ

できるもんです

母とあんちゃは「んまい…けど 食いづらい」(葉っぱから こそげるようにして 食べるの)てんで

葉っぱから 外して みたら

結構 残念な 見た目になるので

うむむ

でも あれこれいいながら

ばらぼろと こぼしながらも

楽しく美味しくいただきましたる

パパラホテスの朝

さわやか すこやか な 香り

この投稿は 2021 年 10 月 24 日 日曜日 10:17 に たべもの のみもの カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ