そうならないように

fb_img_1631263356057fb_img_1631263360421psx_20210912_112007

わたくし 昨日 出演させていただいた「私たちは『買われた』展」

仙台では 本日まで(仙台駅前 イービーンズ九階)

展示の部分は 

性暴力や 虐待 居場所のなさから 性搾取の 被害を受けた 少女たちの 写真と ひとり ひとりの ことば

あまりに つらく 重い 思いを

よくぞ 発してくれた!と 思う

自分のようにならないで の 思いやりさえ 受け取れる

読めば読むほど

無理解 無節操な 成長しきれていない「大人」が お子たちを そこへ行かざるを得ない状況に追い詰めているのだ と 思う

いろんな ケースがあるけれど

少しでも早く 突破口や 逃げ道へと 導いてくれる いい大人に 出会えたら良かったね て 思う

「そんなの 警察や 児童相談所に 任せとけばいい」とか

軽く言えない

夕方時間で締め切る 児童相談所 て もしかしたら 役立たずで 終わってしまってない?(ある程度の 救済はあるのだろうけど…)
 
補導や 逮捕では 解決できないと 改めて思う(「補導しときゃいい」て 言い放った人おったのよ!)

「難民高校生」当事者であった 仁籐さんの 立ち上げた 一般社団法人Colabo

相談窓口 食糧支援 病院紹介 シェルター…

その働きは素晴らしく 具体的で 今 必要な支援だなと思う

責められるべきは 少女たちではない

買おうとする 搾取しようとする 「大人」だ

そんなのみたくない 関係ない と 目をそらすものたちも

被害を 容認していると同じだ

助長させているのだ

加害者と 何か違うか?

もちろんわたくしもだ

ごめんなさい

これからできることしていきます

幼いさんたちが

たがいになかよくにこにことわかちあうのって楽しいよねっ♪て 骨身から思える出会いを

何かあったら 手をのべるって 構えるこっちゃないよね てな 思いが 育まれてゆくように

関わり続けてゆくこと

問題からだいぶ離れているようでも

やはり そういう根っこの健やかさが

搾取の側にも

される側にも なるべくゆかずに生きてゆけるのではないかと思うのよ

私の立ち位置からまず やれること

具体的な 支援の 物資とか 助太刀とか

そういうのも 無理なく できるときにしつつ

物事を 一般論だけで 片付けてしまわぬような 

想像力豊かな

きちんと人と出会ってゆく誠実さに満ちた社会になってくれろ!と

強く強く思う

この投稿は 2021 年 9 月 12 日 日曜日 11:20 に お知らせも含む, 応援しちゃうぞ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ