滑り込み

サマショール購入いたしましたる味噌のパンフレットにかいちゃった

本日 出掛ける予定だったあんちゃ

前の晩に 何時に出掛ける予定なのか とか 確認したら

やらなくちゃいけないこともあるし「出掛けないことにした」とな

その瞬間

んだらば わたくし出掛けたい!よいかな!?と 言ってしまった

「えっ?ど~ぞ~」なんて 軽く言ってくれたから

その場ですぐ ネット予約

福島フォーラム『サマショール ~遺言 第六章~ 』

夜 父の もぞもぞ落ち着かなさもあって

若干 寝不足ぎみではあったのだけど

出掛けたい時間の寸前に 父の うんこさんもお出まして

ちみっと それが ゆるめで 心配がないわけではなかったけど

今日 行かないと 今しばらく 巡り会えない!と

えいやっ!と 出掛けた

満席(ひとつおきに空けて座ってるけど)

のっけから 画面がにじむ

一昨年 お話聞かせていただいた 飯舘村の方々も 出ておられる

今週末 仙台YWCAに来ていただく 河合弘之さん(弁護士であり『日本と原発 4年後』の監督でもある)も 登場してた?

いきなり もぎ取られる それまでの暮らし

終わることができない 原発事故後のこと

「隠し伝えない」国のやり方を 越えて

正しく知って

その上で 選びとって行けるようになればいい

「放射能が効く前に 死んでしまうからもういいんだけど」

「こどもたちを すくう 守ってゆくのは 大人の役目だから」という おんちゃんたちの ことば

今もそこで暮らしながら

記録し続けること

その記録を伝えること

諦め 忘れ 受け流してはいけない大事なこと

改めて 受けとる

共同監督の お一人 豊田さんと お話しすることができた

宮城でもやっていただけるよう 動きます!とか 大それたこといっちゃったけど

やるよ

動くよ

仙台フォーラムへの リクエストだけでなく

また何らかの形で…ね

お名刺 いただいたのに

お渡しできるもの なんもなくて…ていったら

ひっぽの元気な味噌の 未弧ちゃんの おともだちで…とか言ったからか

そこにあった 「ひっぽの元気な味噌」パンフレット つまんで

「んじゃこれに 連絡先 書いてください」なんていわれて

書いちゃったよ

すまぬ 未弧ちゃん!

アフタートークで 豊田さんと共に お話ししてくださった 「モニ爺」さん こと 伊藤延由さんのお話も いいなぁ

宮城県 ただのお隣さんで 遠い土地のはなしとか

過去の話とか 思ってちゃいかんのよぅ

この投稿は 2021 年 2 月 23 日 火曜日 23:19 に だれかのさくひん カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ