7daysbookcoverchallengeSpinoff「あいうえお順」その五十六

夢のもの地震で崩れた 宝の山 ご本の サグラダ・ファミリア

ぐずぐず山 あちこち…のおかげで

あぁ こんなのあったっけなぁ なんて 発見気分

#7daysbookcoverchallenge の 流れから 勝手に 始めた

#7daysbookcoverchallengeSpinoff

テーマ「あいうえお順」

濁点「だぢづでど」は 避けたけど

いくとこまでいくぞ

五十六回目「ゆ」

二冊 似たようなもの

『夢事典』トム・チェトウィンド著 土田光義 訳(白揚社)

『夢分析』美童春彦(牧野出版)

占う とか

分析 とか

テスト とか 書いてあって

ちょっと すぴりちゅあるぽいとこもあり

でも 概ね フロイトやら ユングの 流れの

夢の中のものが 何を 象徴をしているか て

そこいらから 意味をひもとくようになってるけれど

実は 猜疑心ばかりが 膨らんでしまった

とんがったものは すべて 男の象徴 とか

入れ物的なものは すべて 女の象徴とか

んんんんんん!?

あぉ と 腑に落ちるものもある

しかしな

核になってるの 西洋文化とか

キリスト教的だったりもするしね

かつて「母から『鉛筆貸して』て言われて 筆箱開けたら 二本ある鉛筆 どちらも 芯が折れてて んんん?どっちにしようかなあぁ~と延々と 迷ってる夢」を 見たことがあり

当時 二人の人が 気になっていて どちらも好きだけど どうにもどちらとも決められぬ心持ちであった…てことがあり

あぁ そうか 符合するな なんて思ったこともあるけど

あとはねぇ…

何度も見た夢は 試験に間に合わない!と 走ろうとするのに 足が道路に「ねっぱって」持ち上げられない とか

なんもネタを 仕込んでないのに 舞台袖にいて えええい!ままよ と 舞台に 飛び出して行く とか

分析どころか

まんまですがな!てなかんじ

かつては夢日記 つけてみたり

分析を試みたけど

河合隼雄さんに「創作してゆこうという人は 分析してしまわない方がいいよ~」「夢にとらわれすぎ 結びつけすぎると 現実との境界が曖昧になったり 現実での洞察力判断力が 疎かになる(違う言い回しだった気がする)から注意」て 言われて

ん~ まぁ そんなこともあるかもねぇ なんて あっさりやめちゃったのだったな

心踊る冒険譚♪と思って ノートにかいて

あとから読むと

おいおいおいおい と 呆れる つまらなさ とかね

ま ほどほどに 楽しむのがよい

この投稿は 2021 年 2 月 21 日 日曜日 17:59 に ご本のこと カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ