罰おしまい

罰ゲーム的…と 思わないことにしよう

急ぐこたぁない日だから と

のろ~ん としてたら

牛すじ煮込みの 汁がなくなりそうになってたり(焦がしてないぞ)

父の 経管栄養周辺のこと やらねばならんこと 忘れかけたり

日程調整の連絡 入力できてなかったり

あわわわわ!

罰として!?

罰ゲーム的な味の ガムを噛む

…とかやってたら

思いがけないところから

「仕舞い」の 助太刀のことで

受け取ってくださるかたが現れたり

ふうわり と 思いが 繋り結ばれるような連絡が続いて

わあぁ

うれしいな

台所にいただけなのに

たくさんの人の思いを

にこにこな 顔を 思い浮かべられるようなひとときになって

わ~い

罰は おしまい と

ガムを出そうとしたら

あれ?

以前ほど 不味く感じない

まてよ…若い人ほど 不味く感じるとか言ってたけど

それは まぁ いいや

ガムのなかの 銀杏葉エキスが 働いてくれたと思おう

味としては そう うまくないけど

銀杏のことを 思い浮かべると

あの葉っぱだね ありがとね とか 思えるし

罰…と 思うのやめよう

年賀状まだ書いてない という 驚異的のんき状態継続で

もうどうすんの!?と 思わなくはないが

書くのやめたいわけじゃないので

本日は 一枚しか出してない状態は 脱却する予定…多分

この投稿は 2021 年 2 月 21 日 日曜日 10:50 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ