2021 年 2 月 12 日 のアーカイブ

かなしみのきもち

2021 年 2 月 12 日 金曜日

庭にやって来ただれか昨日

父の 腹違いの妹 塩釜の「かずこばちゃん」の 訃報を 受け取った

大分前 倒れ 病を得たのちも

どうにか持ちこたえ

不自由な思いありつつも

震災も どうにか乗り越えた

父 母 兄…の 倒れたときも なにかと心配の 心寄せてくださって

共にがんばりましょね というような 思い 伝えてくださってた

6人きょうだい 女性3人とも 先にいってしまった

幼いうちに 実の母を 亡くして

親代わりに面倒見てくれた「せつこばちゃん」

30数年前に 難病発症していってしまった「ゆきこばちゃん」

なんとも 切ないな

父はどう受け止めるであろか

がっくりしてしまうだろうか

黙っているわけにはいくまい と

伝えてみた

目を丸くして 聞いていた

わかったのだろうけれど

そのあとした話に紛れたか

あれこれ用足ししたあとに

もう一度 部屋へいくと

「おかえり」なんて 声を出して わたくしの顔を見た

さっきの話はもう どこかへ 流れていってしまったかもしれない

かなしみをとどめつづけなければならないということはないよね

これはこれで 幸せなことかもしれない

かなしいきもちは 引き受けとくよ

そして いまここにいられること

支えていただいたありがたさを

おしいただきながら

いくよ