2021 年 2 月 4 日 のアーカイブ

よろしくクリッパーちゃん

2021 年 2 月 4 日 木曜日

レンタカー

昨日の バッテリーfade outから

心落ち着かずにおりましたが

代車…というか

レンタカーが届き

あまり 根本解決してないのに

ぺろん と 心配の 薄皮が 剥け落ちた感じ

損害保険て すごいな

今まで お金払ってただけあるよな

あんなこともこんなこともしてくれんのか

むう

ありがたい

まぁ そんな事態に陥らないのが 一番だけどね

通りがかりの 見知らぬ 手をさしのべてくれた方々(酒のこまつさん 真ん前での出来事で お酒買ったばかりのお兄さんが こちたない 車体を ものともせず 警察官さんたちと共に 移動に助太刀してくれましたよ)

道を塞いだのに 怒鳴りもせず…まぁ ちと「ちっ」て 顔した人もおられたが

概ね あらまたいへん 頑張れ てな 表情で

車の後ろのとこで ぺこぺこ頭下げて こちらへどうぞ的 手振りしてるわたくしに 一瞥?と 黙礼とか 頭下げてくださった方々

若干1名「そこから曲がりたいのにもおぉ!ちょっと 誘導してくださいよっ!」て 目の前を早く曲がりたいのに 大きな車(外車)が 微妙に通れるかどうか 不安でもあったのか 苛ついた声を 投げてきた 女性もおったが

あわわわ!わたくしが 誘導すか!?何を!?と どまづき

しかし 無事すり抜け曲がり

あとは プロフェッショナル 警察さんと サポートセンターさんと 損保さんと レッカーさんと タクシーさんと…

ありがたい 連係プレー

どうにか 帰宅できたのでした

「レッカー車にのせるまで 寒いから トラックの助手席に乗ってて」と いっていただき

あたふた 出しといた方がいい荷物まとめて 小走りしようとしたら

すって~ん!と

今までに転んだことがないような 有り様で転びましたる

右足が滑って

左膝と 尾てい骨あたりと 顎を打つという…

どう転んだらそんなことになるんだ?と

不思議

まぁ 同時に打ったのではない

最後が 顎だったのは覚えてる

レッカーさんも「だいじょぶっすか!?結構すごい転び方だったみたいで」と 気遣ってくださり

いやはや わたくしもびっくりうまれてはじめてこんなころびかたしましたわはははは…て

なんで そんな応えかたしてんのかな?と

あたふたのあまり 訊かれてもいないことまで べらべら喋ってたな

お世話になってる 舞台監督の こうさんに 似てる感じしたからかな?

悪い癖だなぁ て あとから ぢわぢわ反省した

やたらと 丁寧で優しげな 損保さんとこの おねえさんと 何度か 代車についてのやり取り(当初 地元の 頼れる ホンダカーズ角田中央店の 天野さんに いつもみたいに頼んじゃえばいいや と 思ってたら 今 わたくしにとって いい代車がないとのこと)経て

「ほびおさんに近いタイプ」の レンタカーを 回していただくことになりました

日産クリッパーですて

イルカみたいな名前だな…それは「フリッパー」か

まぁ とにかく

保険では 30日までは 借りられるということだ

それより早く ほびおさんに 帰ってきてもらいたいけど

修理もしくは 部品交換の 金額が こわいっちゃ こわい

また やんわり 新車の方が 安心できるのに て 言われるだろうけど

まずは 直してくれろ

それが望みだ

サポートセンターで 始めに電話に出てくれた人は ゆるく 関西周辺訛りみたいだったけど

損保さんの住所

あとで レンタカーさんの 伝票で見たら

鹿児島ですて!

そうか あの優しい声の やたらと「すみません」て 謝ったり気遣ったりしてくださったお姉さんは 鹿児島におられたのか

一度だけ「サッポロ一番味噌ラーメン発売◯周年記念イベント」の パフォーマンスのため 行ったことあったな 鹿児島

二十年以上前

…とまぁ なんだりかんだり もりもりと やらにゃならん 電話やり取り(苦手!)一段落して

財団の総会資料用原稿も 送ることができて

ふぅ

年賀状書き 捗らないけど

今日も 無理するのやめとくわ

あとで レンタカー慣れのため ちょこっと 買い物行くかな

ドキドキだけど

明日の 出勤で どきどき初乗りよりは よかろう

大事に 乗らせてもらう

考えれば考えるほど

災難というよりも

何て素晴らしく良い条件で 最悪を避けられたことよ♪と

むしろ 嬉しくなる

どこむいていいかわからんので

全方向に 最敬礼~♪