さりげない一言で受けとる

薔薇色 野薔薇の新芽本日午前中は

母の 火傷の 診察 その後の ご様子うかがい

愉快な若人てな 風情の 有明せんせい

母が足 持ち上げられたとたんに「いでででてぇ!」ていったら

「は~い じゃあ 痛くなったら 言ってくださいねぇ」と にっこり

「いだいっていってんですけどっ!」とか また 声張り上げる 母

遠慮なく 叫んでましたわ

ちょっと 母 朝「いででで」禁止つったよね

「なんつえばいいんだっけ?」

「ぶぶぶぶ」て 決めたよね

「ぶぶぶぶぶ~!」と

あほうな おやこやりとりしてました

有明せんせいも 看護師さんも おおらかに 落ち着いて笑ってらっしゃいましたわ

「ぶぶぶぶぶ」は

数年前 謎の 背中腰 痛みを 暇なし 訴えた 母に

あんちゃが「いでででばかりいってると うるさいし 悲観的になるから」と

考え出した もの

なかなかに愉快で

聞いてる方も 苛々っとせず

笑ってしまえたっけな

こことこも あまりに 昼夜 のべつまくなしなもんで

久しぶりに 導入しよう と 提案したのだけど

病院では 恥ずかしがって 言わないかな と 思いきや

なんのためらいもなく 言ってくれましたわ

くすくす

「もうじきなおりそうだけど また 来週も 様子見せてね」と にっこり言われ

「えっ!?また来なくてねぇの!?」と キッと 睨み返す 母

良くなるためなんだから がんばろね

その後

近道(職員通用口)通らせてもらって デイケアへ

緩やかで 長いスロープでなく

急で 短いスロープ 後ろ向きで降りようとしたら

ちと バランス崩し

加速して 道路に 転げ出そうになったもんで

腹ぢからで 食い止める!と 踏ん張ったら

ぞぢぢぢぢ と 雪駄が 両方とも 脱げてしまい

ややや 焦ったら やっぱりだめだった 雪駄が 脱げちゃったよ わはははは なんて 笑ってごまかしたら

「大丈夫ですか?」と 柔らかな声

どこの紳士かと思いきや

お米クリエイター 農業愛 の 人 佐藤裕貴さん

お米 配達中らしきとこ

声かけてくださったのでした

うわは 無様な 慌てっぷり 見られちまいましたね

しかし なんだね たった一言だけど

その 声色含め

その人の 人柄のよさとか

ほわん と 伝わるものだね

なんだか まあるくつつまれたみたい

こちらまで やわらかな気持ちに なっちゃうな

ありがたいな

雑は いかんね なんて もう 何百万回めかの 反省などもしつつ

母を送り届けた

寒い日々の 中の 暖かな 日差し受けて

花より 薔薇色の 野薔薇の新芽 眺めて

うむ 大丈夫だ なんて

脈絡ないのに 結びつけてみる

ふゆきたりなばはるとおからじ

呪文のように唱えつつ ゆく

この投稿は 2021 年 1 月 18 日 月曜日 20:31 に 葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ