当たり前業務だとしても

ゆりにゆき昼下がり

再び 七十七銀行 角田支店から 電話

午前中に「またお電話することあるかもしれませんが」と 電話切るあたりに 言っておられたけど

こんなにはやくくるとは なんだろ?と 思ったら

「その後 トラブルあった(わたくしが トラブルを突っ込んだ)機械にまつわる収支など 精査したらば どうしても 一万円多い…考えられるのは お客様が 四万円と思ってらっしゃるところ 実は五万円あったのではないかということ」なのですと

うおぉ!

わたくしも もしや とは思ったものの 確かに なんつって確認しあって 受け取って 入金もさせてもらって…の すべてすんだあとなので どこにどういったもんか 勘違いかもしれないし…と 諦めようとしてたとこでした 情けない話ですけど 絶対一万円足りないそれ私のもんだ!とも言えない ぼんやりした把握なのです

んも どうしようもない状態のことも 有り体に お伝えしたらば

「お客様が トラブルにあわれた前後 なにも 問題は生じておらず 機械のなかに何かが残っていたら 機械は作動しないことになっていますので 間違いなくお客様のものと思われますので ご安心ください」とのことでした

「機械トラブルということもありますし わざわざ取りに来ていただくのも申し訳ないので お客様さえよろしければ こちらの口座に 入金させていただくという形でよろしいでしょうか?」ですと!

うわ~ん!やさしいよぅ

あると思ってなかったものとはいえ

確信ないにしても もしや あったのかもしれないもの

戻らんと思っていたもの

優しい形で戻していただいて

なんだかんだ言って 忘れることもできずに くよくよしていた うなだれ気分

ぱややん♪と 空を仰ぐ

ひとってやさしい♪

…いや ただの 当たり前の 銀行業務だとしても

救われた気分だ

母ったら

「やっぱり ちゃんとした銀行に頼むって いいもんだなんや」とか言うけど

ちゃんとしてない銀行って あんのかよ?なんて返して笑った

いたいいたい いって 落ち込んでるははも 一瞬でも 笑わせてくれてありがとう

これからも 変わらず利用させていただきますわ 七十七銀行

ありがとうございます♪

この投稿は 2021 年 1 月 12 日 火曜日 15:20 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ