可能性を探る

アン・サリヴァン先生「奇跡の人」というと

ヘレン・ケラーが 浮かぶけど

作家の マーク・トウェインが この言葉を 捧げたのは むしろ 彼女を導いた アン・サリヴァン先生へなのだと

ふむふむたしかに そうだよなと 思い

サリヴァン先生について書かれているものが 読みたいなぁ と 思っていた

日本語のものは あんまりないのね

やっとこ 手に入れられたは 二冊

ちょっと こそばゆくなる 漫画伝記と

サリヴァン先生自身が 書いた手紙を まとめたもの

あきらめないこと

まっすぐに向き合うこと

とても 簡単そうで難しいこと

とっくの昔から 何とかしようとしていた人が おられたという 希望の光と

それから よりよくかわっているのだろうか という 失望と

複雑だけど

諦めて 傍観者になってしまわないで と 改めて思う

可能性を探る

この投稿は 2020 年 7 月 31 日 金曜日 14:55 に ご本のこと カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ