2020 年 4 月 のアーカイブ

思いながら 作る

2020 年 4 月 30 日 木曜日

オレンジジュース よりこせんせからてりてり

先日 食材 まとめ買い

数日は うちの敷地内からでない というのを やりたくて 買ったものの

あっ あれ買っとくんだった…なんて あとから 気づくものあり

それでも なくてはならないものでなければ 別のやり方を考えよう と 切り替えた

一昨日は たっつぁんレシピ 鶏手羽中の オレンジジュース煮を やろう と 思ったら

オレンジジュースがない

むうぅ

これは 買いに行こうかな

己のなかだけで こさえた 縛りなど 容易くほどけるものだし…と 財布をつかみかけて 思い出した

そういえば 200ml オレンジジュース…あったな

三月に 急逝した よりこせんせ

おうちへ タップ出張稽古に うかがったある日

「これ飲んでね~♪」て くださったやつ

わ~ 見たことない オレンジジュース 美味しそう~♪て 受け取って

そのまんま 持ち帰って 冷蔵庫の引き出しに しまってた

亡くなった報せ受けたとき

呆然として まだ手をつけぬ オレンジジュース見て

だばだばっ と 泣いたりしちゃったんだったな

うん いま 使わせていただこう♪

その他 足りない ママレードは 先日 ちょっと失敗作 と うなだれ気分になった 固い固い レモンピールを入れてみたりもして

出来上がり

なんとかなった

これまでこさえた オレンジジュース煮のなかで

一番 好評だった

やわやわした状態の 鶏皮 苦手な母も

「いい味だね」て

ぺろっ と 平らげてくれた

なんか よりこせんせの「うふふっ♪」て 笑い声 思い出した

今でも ずっと いきてるんだなぁ…

発掘の日々

2020 年 4 月 30 日 木曜日

読みたい本いっぱい生き物の死にざま

昨日で 7daysbookcoverchallengeは 一応の締め

あ♪あの本のこと…と 紹介したい思い生まれても

それを 取り出すのに もんのすごく 大変だったり

結局見つからなかったり

しかし そのお陰で

ただ 思い付いたものを ならべるだけでなく

次に繋いだバトンを受け取ってくださるかたに

ほのかな 関連性というか

わたくしの 手前勝手な紐づけのようなものも 生まれでてきて

なんだか面白かった

特に つっち~先生に お繋ぎするときに 紹介した 最後の本(内澤旬子さんの『世界屠畜紀行』)に関しては

別の本を と 思っていたのに 結局 掘り出せなくて

違うものにしたのでしたが

それまでの本よりも 紐づけは 薄かった…と 思いきや

昨年辺り しばし離れていた 内澤さんの 最近の著作を つっち~先生が 読んでおられる ときいて ふと また 追いかけたくなり 入手(ストーカーとの闘いの本)したのだった…という いきさつを うっかり失念していたけど 思い出して

あら 結局 繋がりありましたね と

己のなかだけの 符合に 愉快な気持ちにもなったりして

いやはや

まだまだ 読み返したい本

読んでない本が てんこ盛りもりにあること 再認識

もう本なんて 買わずに生きていこう と 思ったのに

バトンお渡しした 茂さんが紹介なさった(滋さんの投稿は 顔本…Facebook限定です すんまへん) 遠藤ケイさん という方の 本に 惹かれ

つい hontoさんで ためた ポイントの 有効期限切れ前に!と

注文してしまったりもして

ああああぁ

積ん読 増えてく

ま それも たのしいっちゃたのしいのですが

読まずに 圧死する前に

あれやらこれやら また 開きます

やりたいこといっぱいだ

大丈夫だ(駄目な部分がまだまだあるとしても)

昨日 ちょこっとずつ読んでた『生き物の死にざま』稲垣栄洋 著(草思社)読了

さっき会った 蜂のこと

蜘蛛のこと…

情け容赦なく 淡々と 事実を 列記しているようで

ふいに その生き物目線の 主語となり

アミニズムファンタジーに 丸め込まれて

気づくと だばだばと 涙が流れてしまうという

意外に 危険な本だった

ふぅ

合間読書

もっと 時間とれるように 工夫しよっと

7daysbookcoverchallenge 七日目

2020 年 4 月 29 日 水曜日

迷いに迷った 七日間自然の 命の 声を 聴きながら
その声を 色合いを 染め上げたり
草木の力を 受け渡す 魔女!?
くさかあやこさんから 受けとりましたる

#七日間ブックカバーチャレンジ
#7daysbookcoverchallenge

読書文化普及貢献のため
そして このご時世 おうち時間を楽しもう ということから 始まったらしい この 流れ

ルールは

↓↓↓↓↓

一日一冊

内容を説明せず

本の表紙写真を投稿

そして 次に このchallengeへの招待を
お友だちに受け渡す

↑↑↑↑↑

というもの

人によっては 縛りを緩めちゃえ…というのも ありのようです

いよいよ の 最終日

7daysの 七日目は

『世界屠畜紀行』

内澤旬子 著

解放出版社

…です

次の バトンは

つっち~先生 こと 土屋 聡さんです

すでに受け取った バトンの七日分を 終えてから

わたくしからの バトンで 再び 七日間 ご紹介くださるとのこと

初めてお目にかかったのは「にしぴりかの映画祭」

なんのきっかけだったか ことば交わし

繋がりて後

「女川から未来をひらく夏の文化祭」への お誘いくださり

その活動を 知れば知るほど

からだいくつあるのだ!?と 驚愕する

気になることを うっちゃっておかない

困っている人がなるべく おいてけぼりにならないために…と

よりよい 生き合い方のために

東奔西走なさってる

…なのに 面白がることも 休まない

お子達と 対面する 教育の現場でも

広々のびのびした ところで でっかい紙を広げて「おえかき つっち~先生」としても

みんなが 大好きになってしまう人

たくさん 読んで 見て 感じて 伝えて かいて つくって

…これまでの 日々を けっしてむだにすることなく

迷いを抱えておられても

「よりよい」を 毅然として 選んでおられる姿

あぁ こういう先生に 出会いたかったなぁ なんてことを しみじみ思っちゃう 素敵な方です

つっち~先生を 作り上げてきたものの片鱗

たのしみにしてまする

墓参り掃除草むしり

2020 年 4 月 29 日 水曜日

スギナの波がばあちゃんがたてたお土産にもらったった角田幼稚園敬老の日すかしてるこたちばあちゃんが飾ってたローザちゃんはいまもローザちゃんと いま

ばあちゃん命日

春の彼岸に

あれだけ 徹底して 草引き抜いてても

ざぶ~ん と スギナの 波が 押し寄せてました

まぁ スギナの 海の真ん中に あるようなもんだからね

仕方がない

一時間半ほどかけて ぐるりと 草引き抜きましたる

割れちゃった 湯呑みは

うちにあった どっしりマグカップ(たしか 大学のときに 東北大学男性合唱団と 北海道大学の 合同コンサートのポスターを描いたお礼とかいって お土産にもらった キタキツネマグカップ)に かえた

草むしりに命かけてたような ばあちゃん

すまぬ

うちの庭も もっと大変なことになっとるよ…楽しいけどね

そんなこと ぶつぶついったりしながら

お供えした 手作り林檎ケーキ はむはむして しばし 休憩

帰宅後 ばあちゃんと 写ってる写真を 何枚か 拾ってみる

幼稚園の 敬老の日…ばあちゃん むちうちかなんかか!?

あんちゃが 東京いた頃の ちょい 帰省した 正月(平成五年)

ばあちゃんが ずっと 机に飾っててくれた 二人でとった写真

逝ってしまったときは もう かなしい気持ちは一生なくならないかもしれない なんて 思ってたけど

だいぶ 穏やかに 過ごしていられるようになるものだね

それは 悔しいけど

ありがたいことだ

あちこち なつかしさを 引っ張り出すと

いちいちとどまってしまって

なかなか 次へ 進めやしない

でも また 踏み出すときは

なんとなく 前よりは 胸はって ぐん と 進める気もする

いただいた愛を 思い出すからかな

おまけは 五歳の もりあやこ

手元に 写ってる ローザちゃんバッグが

いまも手元にあるという

捨てられないやつです わたくし

でもね

いらん こだわり 哀しみ 執着は 手放してゆけるようになったのよ

すこぅしずつだけど

すすむ

目覚める

2020 年 4 月 28 日 火曜日

姿かたちも 素敵だ目覚めた 辛味

生では

よくある アブラナ科の 葉っぱで

でも 湯がいて 塩揉みして 密封して 寝かせると

奥から 目覚める 辛味

時には 封印を解いて 開けた瞬間に

目が しぱしぱしてしまうほど

すごいな

隠し持ってる能力

からしな

かっちょええ♪

ちゃんと 生きてるよ

2020 年 4 月 28 日 火曜日

蠅取蜘蛛本日は 出掛けないでいる

…のに 気づくともう昼下がり

何してたんだろ?

あぁ 庭で 虫を見ていた

草を摘んだ

草団子をつくって食べた

昼御飯の 準備をしてた

母と 話をしていた

「いちいち考えるなあほう」と

蠅取蜘蛛が 背を向けた

ちゃんと生きてるよ

草味増量

2020 年 4 月 28 日 火曜日

草団子あんこ添えて

庭の蓬(よもぎ)で 草団子

だいぶ おがったやつなもんだから

草味というか

苦味成分 増量

「なんだぃ 苦ぇごだ…たいじょぶなの?」と 母

蓬のいい成分も 増量してっかもしゃねがら だいじょぶ

手作りあんこ

も少し甘くした方がよかったかも

お腹が じんわり 草色に染まる感じ

なんか うれしい

7daysbookcoverchallenge

2020 年 4 月 28 日 火曜日

永瀬清子詩集くさあやちゃんから 受けとりましたる

#七日間ブックカバーチャレンジ
#7daysbookcoverchallenge

読書文化普及貢献のため
そして このご時世 おうち時間を楽しもう ということから 始まったらしい この 流れ

ルールは

↓↓↓↓↓

一日一冊

内容を説明せず

本の表紙写真を投稿

そして 次に このchallengeへの招待を
お友だちに受け渡す

↑↑↑↑↑

というもの

人によっては 縛りを緩めちゃえ…というのも ありのようです

7daysの 六日目は

『永瀬清子詩集』

思潮社

…です

次の バトンは

大切な 心の 言葉の 恩人であり おともだち

朗読詩人芸人!?でもあられる みおよしきさん です

おともだちのおともだち…という きっかけだったか

はじめは 顔本(Facebook)だけのつながりだったものの

その 選ばれる言葉

思いを向ける 方向性

確かなる芯を

やわらかく ゆかいに 届くかたちに結ぶところ

知れば知るほど 感じ入りておりましたが

ある時 わたくし もんのすごくつまんないことで 落ち込んでるとこに

ふわり と 投げ掛けてくださった言葉だったか

暗闇だった思いが 一瞬にして 日向の縁側に 転がりでたような感覚になり

あぁ なんて 届く ことばを 持っておられるんだこの人はっ!と

ふいに 立ち上がり(確か 上野駅のスープストック東京の店内)

「会いに行こう!」と

岐阜まで 行っちゃったのでした

実際お目にかかって 更に深まる その 味わい深き お人柄

ことばへの 真摯なる 向き合い

どんな本を選んでくださるか うずうずわくわく 更に増し増し

よろしくお願いいたしまする

筍で笑う

2020 年 4 月 28 日 火曜日

かわゆい筍石巻丸平さんのぴったり具だくさんもりもりに筍ご飯

昨日

かわゆい 筍

あぐりっとさんで 入手

うきうき 筍ご飯

ついつい頼っちゃう「白だし」は 封印して

今回は 石巻丸平さんの 鰹枯れ節にて 出汁とり

既製品より 拙い 足りない味になってしまうよなぁ と 思うものの

出汁だけで 味見たって 足りないのは当たり前

頼むよ 筍たちよっ と

託す

たっぷり出汁で煮て

汁余ったら なにか別のものに…と思ったものの

奇跡的に 二合の米に ぴったりの 水積り!

味見過ぎたのが 幸いしたのか…どんだけ 飲んだんだ!?

ま そんなこんな 心の 紆余曲折経て

美味しい筍ご飯となりました

東向いて笑った(初物だから)

地物初物

ありがたき恵み

ごちそうさまさま

やべ…号泣

2020 年 4 月 27 日 月曜日

ちょっとした空き時間に

携帯電話で 動画を見てしまって

号泣

視覚障害やら 持ってるのかたがた?

グレイテストショーマンのでぃすいずみーを 歌っておられた番組のやつ

いいなこりゃ

その人たち自身の たましひの歌だ

文中リンクで どうぞ