届けられた

このてがみ父は自分で読めないだろう…スタッフさんが読んであげてくれるのかな母のデイサービスと

父の 短期入所施設は

同じ建物なのだけど

今朝は 母を送っていって

父の着替えを そのまんま 託せるかな…と

あまいことかんがえてみたものの

人手が足りなくて なんだか わやわやしてて

頼んだら 混乱させちゃいそう?と

やはり 正規の受け付け窓口まで行ってみる

コロナ対策で

気軽に荷物手渡すだけ~ともいかず

消毒して 名前書き入れて

暫し待つ

ううううぅ 遅刻確定だこりゃ と焦れながらも

ここまで 徹底してくれるのは いいことだよな と 己の心持ちをなだめる

今回は 熱計ってから…てのが なかったのは

幸いでもあったかな

今度はもっと 洗濯物も溜めないで

マメに行こうっと

お手紙 父は 文字認識の問題もあるようなで

自分では 読めぬであろ

今回も 職員さんが 読んでくださるのだろかな?

そうすっと 結構 恥ずかしいこと書いてるかもな

まぁ 恥や 外聞の 線など

とっくに 消えてしまってる気もするが…ははは

この投稿は 2020 年 3 月 25 日 水曜日 21:53 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ