2020 年 3 月 22 日 のアーカイブ

かたいな…

2020 年 3 月 22 日 日曜日

ぽーぽーゆげでるおふかすかでぇのも んまい朝御飯に

わたくし以外 誰も喜ばない 「おふかす」 など こしぇでみる

母と あんちゃ

餅米を あまり好まぬものの

「お祝いだから」と しぶしぶ お相伴

誕生日に 自分で 蒸かして 自分だけ喜ぶ

おめでたい

いや しかし 固いぞ

追い蒸かししたけど

固いまんまだぞ

古米だから とかでなく

まだまだ 加減がわからないからなんだが

こういうの自分は 好きだ

自分で作った うたなどもうたいながら つまみ食いで

腹いっぱい

『てんのご』

おでんずさんの おまづりで

ばあちゃん おふかす こしぇでけだ

朝の五時がら こしぇでけだ

(ぽーぽーゆげでる おふかすば)

てんのご てんのご すて けぇば

ほいづが いづばん んめぇんだどぃん

ばあちゃん ほいなぐ おしぇでけだ

「てそずらすい」ど ごっしゃぐ 母の くづの周りさ ごはんつぶ

やっぱりおららは 親 子 孫

↑↑↑↑↑

三十年くらい前

やなせたかしさん編集の『詩とメルヘン』の 方言詩の 頁に 載せていただいたときは

(ぽーぽーゆげでる…)の くだりがあったものの

その後 旋律をつけた際に その部分は 省いておりました

午後には 叔母助太刀に 出掛けるので

ばんげのことなど 対策たてねばならないけど

お腹いっぱいだと 頭 回らぬ

洗濯でもして カロリー消費しようかな

おめえが 心配だよ

2020 年 3 月 22 日 日曜日

お湯割り梅干し晶洞

最近 あんちゃ

蓄積疲労だかなんだか

風呂でうたた寝してしまうようで

はらはら

母なんて「おにいちゃん 風呂さ 沈んでんでねぇがって 心配で心配で 眠らんねぇ」と めそめそするので

なるべく 母とわたくし起きてるときに 早めに 風呂に入ってくれろ と お願いしてる

…とはいえ 互いに 慌ただしくして

うっかりそんなことも 失念したりして

昨夜は わたくしが ばんげののち 炬燵で ちどごろ寝してる間に 風呂に入ったようだ

あんちゃ 風呂上がって「お風呂どうぞ」の 声にて

あわわ!無事でよかった と 起きた わたくし

心配だからさぁ て 言ったら

「君こそ心配だよ 呑んだくれて 変な格好で 転がってるからさ」とな

久しぶりに 焼酎 お湯割り…いつのものとも知れぬ 梅干し結晶化した塩を 接眼レンズでまぢまぢ見て

晶洞みたいだは~♪て うっとりしたまんまの格好だったもんでね…わはは

ま そんなこんなでしたが

わたくしも 風呂に沈む(よくない意味で)ことなく

二日酔いになることもなく

健やかに朝を迎えましたとさ

焦燥は 横においといて

2020 年 3 月 22 日 日曜日

んまいねぇ昨日の夕方

うたた寝から目覚めたとき

母も 横で 車椅子のまんま うたた寝してたのから うらり と 目を開けたところで

やおら「今 おかさん(「お母さん」…自分のことを わたくしに語るときに 用いる)の生前葬やってて 婦長さんだの 前の 事務長だの 挨拶終わって 最後に『はい 生まれ変わりました』つって おかさん出でって 挨拶し終わったとこなの…ひゃっこくて んまいもの 食いでぇごだ」とな

夢の話すか?

いきなり夢の話するとか

いつものことなのだけど

脈絡なく おやつ要求に 着地してる…これも 母なりの脈絡 昔からだ

取って置き過ぎて 霜 付着しまくりの アイスクリームが 冷凍庫の奥に 一個あったはず と

三等分して

母 あんちゃ わたくし で 遅めの おやつ

んまいねぇ ていいながら

こんな ささやかなことよろこべる のんきさとか

父も 口から 食べること 復活できるといいなぁ てな 「無理かも」といわれても諦められない 希望とか

手放しかかっている 作品への 思いや 熱への 焦燥やら

なぜか一気に 吹き上がりそうにもなり

あわわ と ひっそり 狼狽えて

しかし 焦燥だけ 横においといて

改めて んまいねぇ なんて 味わい直して 言ってみる

大丈夫

心は動いてる

充電しながらゆく

足りないと思うとやり過ぎる

2020 年 3 月 22 日 日曜日

あれこれやり過ぎ泣く てぇのは

体力 気力を消耗するもので

帰宅後

昼御飯食べたらば

すとん と 日向ぼっこ昼寝(ちどごろ寝)夕方までしてしまい

目覚めた頃には

すっかり 買い物にいく気も 失せていて

あぁ ばんげは ありもので何とかしよう と 決めた

身欠き鰊と へそ大根と 馬鈴薯の 味噌煮 しこんであるし

野菜天婦羅ならできるな

野菜だけだと物足りないかな…と

あれこれやって

やりすぎました

いやはや

足りない感じするかな と 思ったときほど

過剰になっちまうな

しかし おかげで 心身立ち上がれてきた感じ

動く

作る

食べる

生きる

思い どうあれ

まずやれることある しあわせ

噛み締める