2020 年 2 月 2 日 のアーカイブ

抱卵的

2020 年 2 月 2 日 日曜日

丸々したのを抱卵的に林檎酵母の 元種

強力粉と 水とを足して 練り練り

丸々したのを

暫し 腹の辺りに 抱えてみる

抱卵的ひととき

その間に 数枚 年賀書き(←まだやってんのよ!やっとこ 折り返し地点過ぎたとこ)

しかし 父のとこに ゆかねば と

抱えたもの そのまんま 炬燵に 託す

「炬燵の中の 謎の物体 踏んづけそうだった」と あんちゃから 苦言

すまぬすまぬ

食べられるものになるかなぁ?

とらいあんどえらー ぶっとばし

願わくば エラーなし サプライズ成功 かも~ん!

宿題もあり

2020 年 2 月 2 日 日曜日

槻木にて3月1日(日)

耳の日記念 手話祭りの

イベントにお呼ばれ

出番は 午後からなのだけれど

午前中に 映画監督 今村彩子さんの 記念講演もあるので

朝イチから 現場入りしちゃうつもり

昨日は 二回目の打ち合わせ

なんと この 忘れっぽい わたくしに 宿題も出された

パフォーマンスののち

手話で インタビューされるので

それに答えるというもの

うわわわわ!

がむばる

普段から オーバーアクションなもんで

以前 手話を操るかたから「手話やってるのかと思って 手話で話しかけたら 通じなくて 笑った…ただの大袈裟な動きだったのですね」というようなことを 言われたっけな

でも 舞台でのインタビューでは

「それくらいのオーバーアクションは 分かりやすくていいです その調子で 頑張ってください」と 励ましていただいた

よおおぉし♪

すぐ調子に乗るぞ

彩子さんと 久しぶりに お会いできるのも 楽しみ♪

しかし 前に 彩子さんから 教えていただいた 手話…

動き覚えてるのに 何の意味だったか 忘れちまっているという 間抜けさ

あ…忘れる て 意味だったかな?

いかんいかん

復習しとこ

じゃわめく菌たち

2020 年 2 月 2 日 日曜日

元種へ

先日 またもや 無計画に 林檎酵母 起こしてみる

起きた起きたよ

しゅわわわわ~♪

…なのに

うっかり 元種作りせずに

強力粉と 練り混ぜてしまって

あぁ こりゃもう ただの グルテンになっちゃうのかしら と 思いつつ

あとからもう一度 しゅわしゅわ酵母液と 粉を混ぜただけのもの

かけてみた

…らば!

ぷくぷく と 元種へ向かう道 進みはじめた様子

すげぇ!酵母菌たち

しかし だからといって ちゃんとした パン作りが できるわけではない わたくしです

飯台に ぷくぷくしたものを 置いとくことを 怪しがる あんちゃ

「なんでそんなことしてんの」と 問われ

菌の活躍が見たくてねぇ などと こたえてしまい

更に いやがられておりますが

パン ぽいもの こさえてみようかなぁ

前回のは 柚餅子っぽくなっちまったし

温度管理とか 今回もたぶんできなさそうだし(がっぷり組み合うほど そこに かまけられない)

雑雑たるわたくしに 負けるな 菌よ…なんつって

困ったもんだ

「治す」というよりも

2020 年 2 月 2 日 日曜日

仙台整体会ぜひまたもう 一昨日のことに なってしまった

「旅する整体師」木村理恵さんの 整膚 硬膜整体の 施術 してもらってきましたる

数日前 予約申し込みの段階で

前もっての 不具合 問われ

それについての 緩和の 対策のアドヴァイスもいただいた

「今もう 施術は 始まってると思ってくださいね」とのこと

施術の場では まず お喋りや

症状を 改めて 伝えたり

動かしてみての 反応を 見たり感じたり伝えたり

「やりとり」

息に 添う

まさに「呼応」だなぁ と しみじみ 感じ入る

ゆるりと 施され 動かしゆく ひととき

こんなに やさしく 触れることでも

明らかに 変化してゆく

つながり 流れを ふまえ

一方的に「治す」ではなく

その人が「治る」に向かう 導き

もしくは 伴走なのだな

理恵さんの 施術で 劇的変化をなさった 持病持ち的 高齢の 御婦人たちの おはなしも聞いていた

わたくしの場合

細胞たちが ざわざわざわ と 治るに向かう方向に 動きはじめた感じ

じわじわと 受け取った

確実に 和らいでいる 膝の痛み

片寄った ぶれに 陥らぬ 歩き方で 帰ることができた

ここ数日

もしや このまま 風邪っぽくなっちゃうかも…の「いが」やら

もしや 再び 眩暈的な症状がやって来るかも…の「ふわ」が あったのだけれど

それら ちみっと 表出してのち 流されてゆく

からだが 排出に向かう ざわめきの 感覚

大正時代からの ロングセラー民間漢方薬「きうれいこん」も バッチリですた

楽になってもらいたくて と ふんわり笑う理恵さん

ご自身は 熱くも 温かなその思いを より良く結ぶために 常に 深く学んで 行動に移してきた お方

からだによろしくないもの 一切用いずに 作られた 旅するピザ屋さん?

震災後の 放射線から逃れてきた方々を受け入れる バリの保養所

困ったことがあれば 国境も何も 関係なく そこへと 駆けつけて より良くしようとなさる 心のフットワークの軽やかさ…

その越し方を あらわせば ドキュメンタリー番組何本ぶんになるか!?てな 行動力の人

なのに…いや だからこそ 謙虚におられる

今回の施術で 受け取った お金は そのまんま シンガポールで 受け入れられてる アフガニスタンと ロヒンギャからの 難民の女性の方々へ 施術しにゆく 費用へと 活かしてゆくとのこと

安全圏確保して 物言うだけの輩とは 確実に 一線を画する

ああぁ もぉ 痺れる

…なはんて あまり 言うと また 謙虚に 照れてしまわれるかもしれないけど

わたくしなんぞが 語り尽くせぬほど

もんのすごいはたらきなさってるのだ

今日も 大阪で 旅する整体師 理恵さんは

確実に 人たちを 癒し治し導いておられるはず

理恵さんを真ん中にして やわらかにあたたかい波紋が ふうわりと 広がってゆくさまが 見えるようだ

どうか ゆく道のりのすべてが

さらに よきことに 結ぶものでありますように

んでもって また その 手わざの恩恵に 預からせてくださりませ

自分でも なるべく 壊れすぎぬよう 気を付けてまいりますけども~