残念どんと

さびしいのぉ消してるとこうしはなわ暁粥

本日の どんと祭

ピアノ仕事 終了後

あんちゃが帰宅したとこで

外した 松飾と共に

や~ほいほいほい 叫んで うちの周り回って

天神社 着いたのは 8時20分くらいだったか…

すれ違った方が「もう火 消えてんのよぉ」と 声かけてくださった

え?

燃やしてるはずのとこ

消防団の方々が せっせと 水かけておられた

「燃やしたいもの 横においといて」とな

…残念

現場にこれない 母から「煙に あててきて」と 託された ハンカチと 父の腹帯

取り急ぎ 消えゆく煙に 晒すようにしてみる

同級生 げっぴくんの 宮司さん 曰く「これでも だいぶ ひきのばしてもらってるんだけどね」とのこと

昔 じいちゃんとやってたときは 真夜中 零時の 時報と共に や~ほいほいほい~♪やりはじめたのにね

今は 翌日が 成人の日で休み…てんで なくなっちゃったしね

やりにくいよなぁ

時代と共に 変わってゆくのだとしても

なんだか さびしいのぉ

帰宅して 仕込んどいた 暁がゆ 食べながら

来年は もっと早くにいった方がいいかな

年賀状も も少し早めに 書き進めてたらいいな

…なんてなことを思いつつ

締まりのないまんま

締めの行事 終了

この投稿は 2020 年 1 月 14 日 火曜日 23:06 に たべもの のみもの, 歳時記 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ