2020 年 1 月 13 日 のアーカイブ

やっちまってる

2020 年 1 月 13 日 月曜日

開運まねき猫「もうやらない…多分」つってて

やっちまってる

がしゃぽん

こんだぁ 「開運まねき猫」

二回連続 金運ではない

こういうことやってるから

まぁ そういうことになるわけだが

運が開ける 暗示に かかろうと思う

今年は 増す増す いい年だ

はっぴ~ご~らっき~♪

無理なく

2020 年 1 月 13 日 月曜日

みどりの草の旋律年賀状書き がんばるぞぉ と 声に出してたら

母「あんだ どうせ もう こだん遅ぐなっつまってんだから 今更 焦んねぇで 無理なぐ やらぃん」とな

おおぉ

かつては 遅く始めることを

なんでいっつも 早く始めねぇんだが…やら

もう お年玉当選発表だよわ とか

嘆き たしなめる口調ばかりだったのに

もう 言ってもしょうがない と 諦めたか…

まぁ かかりっきりになると 他のこと 更に ほっぽり投げの とっちらかりが ひどくなって 「呼ばっても 来てけんねぇ」てことなり勝ちだから…てこともあるだろけどね

うん

無理なくやるよ

定型文 部門は一枚につき15秒くらいかかる

単純計算すると ひたすら書いたとして 六時間くらいで 書き終えるはず

しかし きちきちきつきつに 頑張ると

言葉が 言葉としてでなく目の前に立ちふさがるような

ゲシュタルト崩壊的なことが 起こるので

無理は禁物なのだ

ましてや 思いや 意味を込めているはずなのに

意味がわからなくなるってのも いかんですので

緩やかにまいりますわ

言葉書きの時も 旋律に あてはまっちまって

そっちに引っ張られ過ぎて 字が わやわやになったりしそうな時は

休み時

息抜き抜き ゆきます

画像は 最後の色入れ

ホルベインドローイングインクスペシャルグリーンの 草っぽいの 描きいれるときに 頭の中に流れた旋律

こんな なんのやくにもたたんようなこと さしはさみつつ

のろのろり

「なんか虫みたいなもの」

2020 年 1 月 13 日 月曜日

「なんか虫みたいなもの」

昨日のうちに 年賀状の 墨すって「あけましておめでとうございます」書き入れ部門 終了させたくて

ばんげも 終えてから

奮起

も少しで 終わるぞ~の あたり

あんちゃが「玄関に なんか 虫みたいなものいるんだけど…」と 言ってきた

この季節に 虫みたいなもの?

越冬 蛾さまか?

わざわざ 報告に来るような 大きなもの?

ちょ と わくわくしながら 見に行ったら

蛾じゃないな

蝙蝠だ!

いつ 紛れ込んだのだろか?

以前も 蝙蝠騒動あって

その時 用いた 虫捕り網あったはず

逃げられぬよう そっと…と

網を 近づけたものの

身じろぎもせず

引っ掻けた爪を ゆっくり はずすように 網に入れた

おとなしい

おさるみたいな顔

網越しに 触れたら

ほんのり温か

息づかい

鼓動

ぬあぁ 生きてる

お猿のような顔 目を閉じて

なんとも 愛らしや♪

ブロック塀の 透かし模様のとこに

猫らに 見つからぬよう

そっと 外の ブロック塀の 透かし模様のとこに 置いた

もぞもぞ 掴まろうとしてるだけで

飛び立つわけでもない

眠いのか?

とにかく 達者で生き延びろ なんて 声かけて その場を離れた

なんか 幸せな 温もり 指先に残ったまんま

文字 書き終えたよ

ありがとうよぅ

のろり とてぱた

2020 年 1 月 13 日 月曜日

歯応えがっつり二度寝したけど

急ぐ予定もないし…と のろりと 構えていたら

あわわ

母 デイサービスお出掛けの日であった

とてぱた 起きて

己の 食事して

…と ここで

わたくしが 慌てて ごはん食べずとも

母の お支度 整えてから ゆるりと食べてもよかったのだ と

ちょ と ゆるめる

ほーりーぱんさんの 歯応え がっつりラスクで 珈琲時間

の~ん と してたら

結構な お時間となりまして

再び とてぱた

己の制約がないと とことん 見通したてずに 動くわなぁ と

のろり とてぱた いったりきたり

それもまた よき朝の始まり