雪だるま 転じて

仕舞いきれないしわっしわのへろへろへ~

昨日の 保育園壁絵は

アイディアが 技術に 結ばず

どうにも 残念な感じになっちまいました

ミルクマグを 段ボールに 拘らなければ よかったろうに

いつもの 段ボールにしちゃったもんで

中に 仕込む 許容量が だいぶ少なかった

…てのに 雪だるまの質感は も少し 分厚い方がよいかな?と

欲張ったのも 仇になり

「ミルクを注いだら なんと 中から 雪だるまさんが 登場」てな 手品っぽくしたかったのに

デモンストレーション的な お披露目で

無理矢理詰め込んだ しわっしわの 雪だるまを

ぴしっとのばそうとしたものの

壁につける前に

へろへろへ~と お辞儀するみたいに しなってしまい

「ミルクが溢れそう と 思いきや へろへろの こんにちはおばけが 出てきました」

…てな なんだか ぐだぐだぐずぐずな感じ

まぁ それはそれで ちみっとだけ 受けてくれたので

よしとしようか

しかし 色味が さびしいまんまの一日でありました

本日は もすこし 色のあるものにしようっと

この投稿は 2019 年 12 月 19 日 木曜日 09:20 に 作品 周辺, 保育仕事まわり カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ