口調ばかり 思い出す

ちゃよてぇばあちゃんが おしえてくれた「ちゃよてぇ」

いかにも「おかしな名前だろ?」てな 含み笑いと共に 言ってたから

てっきり 本当の名前じゃない「じーくれぇかだり」(いい加減 嘘臭いこと)だと思ってた

しかし 数年前 それが メキシコの方から来た「チャヨテ」という ちゃんとした名前であり

「ハヤトウリ」という 和名も あると 知って

「じーくれぇ」で ねがったのが と ばあちゃんを 疑ってたことを 申し訳なく思う

いや…でも ばあちゃんの いかにも 世間の常識的に 吹き込んどいて 実は 自分ちメイドの ルール…てのは

一時期 「そんなことないよ!」とか「そんなうたきいたこともない」とか「おかしぃんじゃないのお!?」なんて 周りに笑われて

恥ずかしい思いをしたものの

やはり 大好きで

いまでは 宝物 と 思う

これはやっぱり わたくしにとっては ばあちゃんの にやにや笑いを浮かべながら「ちゃよてぇ」と 発音するものなのだ

にやにや笑いやら この形は 覚えがあるのに

どうやって 食べさせてもらったかの 記憶はない

粕漬けあたりだったかなぁ?

味としては 印象深い味でもないしね

今回は きんぴらにしてみようか

一人の台所だけど

ばあちゃんが にやにや笑いで 見ている気分

そんな朝

この投稿は 2019 年 11 月 9 日 土曜日 06:44 に たべもの のみもの カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ