水を渡り

無事で水しぶき

昨日から 元気な お百姓のお店「あぐりっと」さんが 再開した というで

本日 どきどきいそいそと 向かった

道路に ハードルみたいな 注意喚起の ゲートが 置かれてる

でも 通行止めにはなってない

この先に 不具合あるけど 自己責任で どうぞ てな感じかな

打ち上げられたような 稲藁 堆積や 泥砂 避けながら 注意深く 走行

田圃は 田植えの前みたいに 満々と 水を湛えていたりして

ただ そこにまだ刈り取られなかった稲穂があったり

稲藁ロールがごろごろぷかぷかしていて

どきりとする

少し沈んだ 道路のとこ

モーターボートみたいにしぶきあげて 進む

あぐりっとさんでは

相変わらず 朗らか愉快に 迎えてくださり

互いに それぞれの「おうちどうでした?」の 言葉を交わす

「うちは たまたま…」と 微笑みつつ

だからこそ今ここにいられる とか

よかったけど よかったとばかりもいってられないんだけど まずは よろこぼう とか

みなまで言わずとも なんとなく 言葉が纏う 空気が 似ている

元気でよかった…なんて

また 何をか含みつつ

「今日もまた雨だって言うし…気をつけて 」と 思い 渡し合い

また 水を 渡って 帰った

きっと 元気でまた

この投稿は 2019 年 10 月 18 日 金曜日 23:55 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ